2007年06月06日

No.395 プロ野球チームをつくろうONLINE 〜βテスト ラスト〜

 βテストも残るところあと2日。
 135試合のルーキーリーグも終わったことだし、その結果を含め選手個人の成績などをチェックしながら、このゲームもついでに分析して終止符を打ちたいと思います。

 ――――――――――――――――――――――――――――

●野手成績
 繋がり重視で起用。中盤からはほぼ全員が赤くて良い状態で打っていた。
 打撃タイトルは1つも獲れなかったが、トータルバランスの良さは折り紙つきで、マシンガン打線の名に相応しい成績となったのではなかろうか?
 出塁率のデータだけは四死球の数が多かったので、(安打数+四死球) ÷ (打数+四死球) で計算してみた数字。いかにこのゲームのバランスが悪いのかを象徴しているような壊れ数字となったので見てもらいたい……。

 仁志(石井琢と1.2番を務めて活躍。守備Aで投手もきっと助けたことだろう)
 試合数121 打率.304 打点 78 本塁打19
 盗塁10 四死球72 出塁率.391 ☆6
 
 石井琢(仁志とのコンビで活躍。出場数は少ないもののチーム最多安打を放つ)
 試合数108 打率.321 打点 63 本塁打 5
 盗塁20 四死球40 出塁率.373 ☆7

 吉村(開幕は5番を。中盤から3番で固定。勝負強い打撃でチームの打点王に)
 試合数118 打率.306 打点118 本塁打27
 盗塁 9 四死球58 出塁率.380 ☆6

 村田(4番で固定。和製長距離砲として存在感を存分にアピールした)
 試合数118 打率.317 打点 99 本塁打35
 盗塁 4 四死球60 出塁率.393 ☆7

 金城(チームの首位打者として、また足も活かして得点に絡んだ)
 試合数113 打率.327 打点 71 本塁打14
 盗塁19 四死球48 出塁率.392 ☆8

 相川(金城との5.6番コンビで活躍。正捕手としても頑張った)
 試合数111 打率.308 打点 55 本塁打 6
 盗塁 2 四死球41 出塁率.373 ☆6

 河野(下位打線ながら3割台をキープしチャンスを演出した)
 試合数118 打率.301 打点 59 本塁打 2
 盗塁 3 四死球53 出塁率.377 ☆2

 古木(9番ながら19本塁打と長打を見せ付け、DHとして活躍)
 試合数117 打率.278 打点 63 本塁打19
 盗塁 7 四死球60 出塁率.374 ☆4

 内川(序盤に活躍。四死球による出塁率が異常に高かった)
 試合数 64 打率.286 打点 35 本塁打 4
 盗塁 1 四死球42 出塁率.398 ☆5

 小池(終盤から内川に代わり起用。守備とバントを評価したい)
 試合数 59 打率.297 打点 26 本塁打 4
 盗塁 0 四死球28 出塁率.380 ☆6

 鶴岡(コスト関係で相川と入れ替えたことが数回あり)
 試合数 24 打率.241 打点 9 本塁打 1
 盗塁 0 四死球 7 出塁率.302 ☆4


 使いたかったのに使えなかった選手は、佐伯と種田と鈴木尚の3人。
 コストの問題もあったけど、最たる問題はどうやっても打線が繋がってくれないこと。
 特に佐伯と鈴木尚はクリーンアップに配置しないとつながらないため、吉村、村田を据えている時点で組み込めなかった。
 マシンガン打線を意識するなら変えるべきだったかなぁ。
 あと古木が9番で繋がるのが意外だった。
 もしかして投手に代打ばっかり送られているせいだろうか……?
 彼が9番にいなければ落としていた試合も少なくなかったはず。
 DH制度の恩恵もあり、打率こそ低いもののよく頑張ってくれたと思う。
 ……まぁ四死球が多すぎるから出塁率にするとみんな.370↑になるんだけどね。

●投手成績 <先発>
 エースの三浦は固定。あとは川村、工藤、寺原、土肥、山口、高崎、高宮の7人を、調子とコストの両にらみで調整したため登板数は少ない。
 あとは☆6の加藤がいるんだけど手に入ったのが遅かった上に、常に調子が下向きだったので使えなかった。
 なのでデータで見ると、いかに番長に頼りきりだったか、てことがよくわかるかと。
 あとこの防御率で勝ち星が先行しているものが多いのは、ひとえに打線の奮起によるものだと思われる。
 いや、相手投手の四死球の多さによるもの、と訂正すべきだろうか……。
 ここらへんをなんとかしないとこのゲームに未来はないと思う。
 つか、土肥の査定がおかしすぎ。
 なぜ彼が☆4なのか? そこらへん、開発者を問い詰めたいところだ。
 山口と一緒てありえんよ……。
 しかし☆3の高崎が意外な活躍。
 ☆2の河野といい、このゲームのコストがもつ意味がよくわからんとです。

 三浦(ハマのエースとして大活躍。最優秀防御率のタイトルも獲得した)
 防御率2.67 試合数27 17勝 4敗 投球回数205.2
 奪三振140 与四死球60 自責点61 ☆7

 寺原(まぁこんなものなのかなぁ……製品版では良くなってるでしょう)
 防御率5.26 試合数19  6勝10敗 投球回数118.0
 奪三振 45 与四死球38 自責点69 ☆6

 川村(スタミナ切れで引っ張られ打たれること多し。監督を変えたい……)
 防御率5.62 試合数12  4勝 5敗 投球回数 65.2
 奪三振 41 与四死球45 自責点41 ☆5

 土肥(この中では安定していたほうと言える。やっぱコントロール大事だ)
 防御率4.13 試合数10  5勝 3敗 投球回数 65.1
 奪三振 44 与四死球38 自責点30 ☆4

 工藤(ある意味一番現実に近い成績を残してくれた)
 防御率6.15 試合数10  2勝 6敗 投球回数 60.0
 奪三振 28 与四死球23 自責点41 ☆5

 山口(与四死球率高し。なぜこれで勝ち星のほうが先行しているのか?)
 防御率6.15 試合数12  5勝 4敗 投球回数 70.0
 奪三振 31 与四死球52 自責点47 ☆4

 高宮(だからなぜ勝ち星が先行しているのかを知りたい成績)
 防御率6.35 試合数14  6勝 5敗 投球回数 78.0
 奪三振 27 与四死球37 自責点55 ☆3

 高崎(一番意外な成績なのが彼。よほど運に恵まれたのだろう……)
 防御率3.27 試合数11  6勝 0敗 投球回数 66.0
 奪三振 41 与四死球48 自責点24 ☆3

●投手成績 <中継ぎ>
 これまた酷い成績だったりするのだが……。
 とりあえず一番コスト的に犠牲になったのがここなので、この成績は致し方ないところか。
 秦、稲嶺、吉川、横山、佐久本以外には、山北、染田の7人くらいかな。
 何気に山北が安定してるんだけど4試合しか投げさせてないのでデータとしては弱いので掲載せず。
 染田は☆3の割に能力数値がイマイチだったのでほとんど使わなかった。
 なのでここでは5人紹介。
 でもほとんど秦が一人で投げさせられていたことが良くわかる……。
 どうやらCOM監督は上からしか中継ぎを順次投入しないようだ。
 先発はローテがあるのに、中継ぎの疲労度は度外視かぃ!

 (最多登板数を誇る中継ぎエース! と言う割には成績が……)
 防御率5.12 試合数52 3勝1敗10ホールド 投球回数 89.2
 奪三振36 与四死球36 自責点51 ☆4

 稲嶺(使い続けた私自身に問題あり。奪三振数が素晴らしすぎる)
 防御率8.40 試合数23 2勝1敗 投球回数 30.0
 奪三振 1 与四死球 6 自責点28 ☆1

 吉川(奪三振数が稲嶺同様、コストと一緒。笑えねぇ……)
 防御率7.24 試合数22 2勝2敗 3ホールド 投球回数 32.1
 奪三振 3 与四死球 9 自責点26 ☆3

 横山(何気に一番安定していた中継ぎ投手だったようだ)
 防御率4.60 試合数19 1勝0敗 1ホールド 投球回数 31.1
 奪三振13 与四死球 8 自責点16 ☆3

 佐久本(コスト1は奪三振1しかとれないってことがわかった)
 防御率10.97 試合数9 2勝1敗 投球回数 10.2
 奪三振 1 与四死球 1 自責点13 ☆1

●投手成績 <セットアッパー>
 木塚、那須野、ホセロの3人がいるんだけど、主に木塚を使用していた。
 さすがの安定感、と言いたいところだけど……。
 木塚の調子が下向きになってからは那須野を使用した。
 ホセロは木塚と同じ調子で推移したので使用せず。
 すまんね、ホセロ。

 木塚(吼えるセットアッパー、木塚敦志ここにあり)
 防御率3.18 試合数41 4勝2敗1セーブ10ホールド 投球回数 51.0
 奪三振38 与四死球15 自責点18 ☆5

 那須野(奪三振がコストと同様なのが笑えない5億3000万の男)
 防御率3.57 試合数16 2勝0敗1セーブ6ホールド 投球回数 17.2
 奪三振 4 与四死球 3 自責点 7 ☆4

●投手成績 <抑え>
 クルーンしかいません。調子が良いときでも悪いときでも、1人で抑えの座を任せてみたが……防御率がやっぱ悪い。
 調子が悪いときは他の球団でもいいから他の抑え投手を起用したほうがいいと言うことなのか?
 失礼を承知で言わせて貰うと、ナックルさんの豊田より成績が悪いと言うのは納得がいかんのですが……。
 それに木塚より奪三振率悪いというのはどうしたことか?
 自慢の快速球もSEGAの手に掛かればこうなってしまうのか……。
 あと(セーブ数÷登板数)で単純に救援成功率を計算してみたところ、7割前半という数字に。
 これを高いと見るか低いと見るか……いや、低いと見るべきだろうなぁ。

 クルーン(奪三振より与四死球のほうが多し。納得いかーん!)
 防御率3.49 試合数35 2勝2敗25セーブ 投球回数 38.2
 奪三振13 与四死球15 自責点15 救援成功率.714 ☆7

●チーム成績
 135試合 83勝 51敗 1引き分け 勝率.619 得点791(3位) 失点632(4位)
 本塁打数149(3位) 盗塁数84(12位) 打率.305(5位) 防御率4.61(5位)

 ルーキーリーグのペナント最終順位 2位

 ――――――――――――――――――――――――――――

 盗塁数を除けば投打のバランスの良さが、2位という順位に繋がったのだと思う。
 序盤、首位を走っているうちは投手の防御率がダントツの1位で、投手に支えられての首位だった。
 それが後半、相手打線の強化によってだと思われるが、崩壊し始めると負けが先行し始め逆転を許してしまった。
 まぁこのへんが純正ベイスターズの限界と見るべきだろうなぁ、と思う。
 首位に輝いたのは準正ヤクルト(稲葉入り)のチームで、盗塁数を含めてうちと同じくバランスの良いチームだった。
 結局のところ、投打のバランスがとれているチームが勝つべくして勝ったと言える。
 純正ベイスターズが2位限界、と言ったのはつまるところ、足の速い選手がいないためで、走攻守の走にどうしても欠けてしまうからである。
 中途半端に高いと盗塁死も多くなるだろうしね。

 まぁ総合すれば四死球が多いという以外はなかなかバランスがとれているゲームだとは思う。
 打率は恐らく、投手にかけられるコストが総じて低かったための結果だと思うし。
 それでも河野のように、☆2で打率3割達成、とかいうのはワケわからんけど。

 とりあえずβテストはこれで終了。
 またテストするのか、それとも製品版として発売しちゃうのかはわからないが、テストするならばもう1度くらい付き合ってもいいかなぁとは思う。
 ここまでまぁまぁ楽しませてもらったしね。
 ただこのまま製品版じゃ、ちょっとやる気にはならないけど。

 最後に、このβテストに参加するに辺り、IDとパスワードを譲っていただいたチケットさんに深く感謝したいと思います。
 ありがとうございました。



posted by BlueTasu at 16:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球つく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

No.391 プロ野球チームをつくろうONLINE 〜βテストその6〜

 残業に明け暮れる毎日ゆえ、食事による栄養が気になるところ。
 最近健康にいいのか悪いのか良くわからないのですが、カロリーメイトを毎日食べるようになりました。
 味は当然フルーツ味。
 他のチョコレートやらポテトやらチーズといった味は受け付けません。
 でも昔、大塚製薬に務めていた伯父がくれた試作品「抹茶味」は純粋に美味しいと思ったのですが、売っているところはみたことがありませんね……なんで発売しなかったんだろう?

「おいしいけど、見た目は体に悪そうな色してるねー」

 などとコメントした私が悪かったのでしょうか?
 ……いや、まさか、ねぇ。
 そのとき私は中学生と子供だったので、ガキの意見が影響するとは思えませんし。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 というわけで (どういうわけ?) 久しぶりにやきゅつくの話です。
 とは言ってもこのゲーム、マジでやることがないんですよね。
 最近やることといえばたまったポイントでスキルを購入し、適当に分析結果を参考にしつつ合成。Sランクのものが出来上がるまで繰り返すか、適当なところで設定してしまうことくらいでしょうか?
 ちなみに個人的ではありますが、スキルの名称は好きだったりします。
 吉村に「オレ流」(精神Bランク) のスキルと 「宇宙人」 (精神Sランク) のスキルを装着させて、どんな人間やねん、と一人でツッコんでみたり、木塚に「クロスファイア」(制球力Cランク) スキルと「マサカリ投法」(球威Bランク) スキルをつけてどんな投法なのかを想像してみたり……て、ありえないな。
 スキルでも組み合わせるとさらに能力が上がる、とかそういう相性があってもいいと思うんですけどね。
 しかし本当にこれくらいしかやることがない。

 ……これって将来的にはお金をとって遊ぶゲームなんですよね?

 ここまでやることがないというゲームというのもどうかと思いますよ。
 他にも不満点の多いですし。
 中でも一番の不満点が好きな球団の選手と、元所属選手で構成してみたオーダーが、繋がりが悪くて使えないのは納得できません。
 具体的な名前を挙げると、現ホークスの多村選手のことですけどね。
 なんつか、今年入ったばかりの仁志より、長年ベイスターズの一員だった多村のほうが繋がりが悪いというのはほんとファンの心理をわかっていないなぁというかなんというか……。
 しかも多村を起用すると、チームカラーのオールセントラルと横浜の星が選択できなくなるのが痛すぎる。
 なので、結局苦労して手に入れた多村くんは、ホークスでクリーアンップを固めているナックルさんに譲りました。
 代わりに頂いた阿部はどうしましょうかね……金城が調子悪いときにトレードして調子をあげるためにとっておくか。

 ルーキーリーグのほうは90試合くらいまでは首位を走っていたのですが、個々最近は先発陣が打たれまくり……というか四死球の嵐で5回持たずの不甲斐ない成績で連敗街道まっしぐら。
 とうとう昨日に首位を明け渡してしまい2位どころか3位にまで転落してしまいました。
 つかね、そもそもこのゲーム、PCとCOMを含めて16チームでリーグ戦している状態で、先発5人をローテーションさせると毎試合同じ投手と対戦することになるんですよね。
 うちのエース・三浦が投げる3チームには大きく勝ち越していますし、逆にローテの谷間の5番手先発投手と常に当たってしまうチームとは負け越しています。
 同球団と3連戦という日程にすればそういうこともなくなるのにねぇ……。
 特に問題なのがYTO球団のローテ。
 うちと当たるときはYTOのエース・三浦と常に当たるようになっているところがあり、まったく打てなくて負け越しているんですよね。
 なんかね、やってらんね。

 とりあえず打線をテコ入れし、調子の悪いセットアッパー木塚にかわり5億3000万の男、那須野を起用しましたが、これが吉と出るのか凶とでるのか……。
 つか別に吉と出ようが凶と出ようが、どっちでもいいんだけどさ。

 プロ野球チームを作ろうONLINE 15.jpg

 6月2日現在、やきゅつくへのモチベーションは限りなく低くなっております。
posted by BlueTasu at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球つく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

No.386 プロ野球チームをつくろうONLINE 〜βテストその5〜

 珍しく会社も早く終われた今日。
 早速トレードが解禁されたプロ野球チームをつくろうオンラインにて、横浜選手をかき集めるべく奔走した。
 結果。

 プロ野球チームを作ろうONLINE 12.jpg

 これだけのタレントが集まり...

 プロ野球チームを作ろうONLINE 13.jpg

 これだけの打線を形成することができた。
 素晴らしく打線の連携が……とれているような、いないような打線だが、お気に入りの横浜ベイスターズ選手を揃えているというだけで、思いいれが違うというものだ。
 まぁ惜しむらくは☆7の石井琢選手が獲れていないと言う事。
 二遊間の守備を重視する私にとって、井端を多村のために放出したためショートの守備がBというのが心もとない限りなのだ。
 今まで井端のSだったしね……。
 IDを分けてくれたフレンド、チケットさんが獲得していたからチェットを送りまくったけど返事なかったしさ……。
 心の友よ、応答せよ……。

 とりあえずオープン戦でもして実力を試したいなぁ、というときにやってきたのがご存知 (ではない方もこの読者には多いと思うので紹介すると) 餃子一日百万個的な勢いでヒット数を重ねる パワ・思・考 というパワプロ応援HPの管理人、ナックル最強説さんがログイン。
 今までオープン戦をしよう、というメールを交わしていたものの、私の仕事事情によりログイン時間が合わなくて実現していなかったのだ。
 これ幸い、とばかりに私にとって 調整という名の 夢の対決が実現したのである。

 よろしくお願いします。
 と両者頭を下げて……いたのかはどうかはわからないが、挨拶を交わして試合開始。
『ブルースターズ vs パワ・思・考』 戦いの火蓋が切って落とされた!

 ・
 ・
 ・

 プロ野球チームを作ろうONLINE vsパワ・思・考 第1戦結果.jpg

 そしてあっけなく私の圧勝で幕を下ろした。
 いやー、つぇぇなぁウチは!!
 こちらの先発はエース三浦。
 いつもは打たれて四死球連発という乱調の三浦なのだが、今回は打たれても要所を締めて完封勝利。
 ペナントでもこのピッチングをしてくれればいいのになぁ……。
 対してナックルさんの先発、朝倉は仁志の初回先頭打者補正(注:ありません)を喰らって一発を浴びるなど、いまいちの出来。
 投手の出来のよさがそのまま結果になったというわけだ。

 ともあれ、快勝快勝。

 ところが...じゃんけんに負けた小学生のごとく、ナックルさんは言ったのである。

「3連戦ってことで、先発変えて2戦目をやりませんか?」

 んむ。良かろう。
 私は一度勝った位で偉そうに頷き、2戦目を開始したのである。

 プロ野球チームを作ろうONLINE vsパワ・思・考 第2戦スターティングオーダー.jpg

 2戦目の先発は高宮。
 某BBH2というゲームではナックルボーラーとなっている若手投手である。
 ナックル最強説というH.Nなナックルさんには、おあつらえ向きの投手と言える。――つっこんではもらえなかったけど!(ちょっと寂しい奴)
 対してナックルさんの先発はボーグルソン。
 中日の川上からホームランを放っている、違った意味での大型投手である!
 つか、打てる外国人投手って阪神は多いなぁ。ムーアとかさ。

 まぁDH制だから関係ないけど!

 試合開始。
 先制点は第2戦目も我がブルースターズ。
 上位打線がさすがの繋がりを見せ1点先制。
 しかし直後の2回、高宮があっさり捕まり逆転を許す。
 3回にも1点を許すが、なんとか3失点で踏ん張り、1-3で後半へ。
 ブルースターズのマウンドには吼えるセットアッパー、木塚が逆転を信じ登板――が、手痛い3点差となる4点目を献上。木塚、頼むよ……。

 そして9回裏、マウンドへあがったのはパワ・思・考、田チームの守護神といえばこの人、豊田!
 リアルでは今は完全に上原に抑えの座を譲っている感があるものの、巨人の抑えと言えば100人中53人(推定) という中途半端な数の人が豊田の名前を挙げるだろう!

 ――が

 いきなり6番村田が豊田を粉砕するホームラン!
 その差2点! いけるか!?
 しかし7番、8番と凡退し2アウト。

 ――やはり奇跡は起こらない。

 ラストバッターは9番、ミツル。
 ミツルはこの試合でことごとくチャンスを潰してきた。
 自分では終われない、という想いがあったのか否や?
 放った打球は右中間を破る2ベース!
 豊田、これで切れたのか(キレルの早いよ……)、1番仁志がヒットで1点返し、さらに2番阿部が四球を選ぶ。

 プロ野球チームを作ろうONLINE vsパワ・思・考 第2戦多村!.jpg

 2アウト1,2塁でバッターは3番多村!
 同点、果ては逆転サヨナラのお膳立ては整った!
 しかし多村は繋ぐことを考える。たぶん、そう考えた。
 豊田の第1球...それをコンパクトに捉え、打球はセンター前へ!
 同点のランナー、仁志がホームへ走る!
 センター赤星からセカンドの誰かへ!(誰かって……) そしてバックホームされる白球!! 滑り込む仁志!! きわどい判定の結果は!?

 ・
 ・
 ・

 プロ野球チームを作ろうONLINE vsパワ・思・考 第2戦結果.jpg

 一歩及ばず。
 追い詰めたが、あと一歩及ばずの悔しい敗戦。
 そして戦いは1勝1敗のまま第3戦へ...

 ・
 ・
 ・

 プロ野球チームを作ろうONLINE vsパワ・思・考 第3戦スターティングメンバー.jpg

 第3戦の先発は両者とも グライシンガー!!
 グライシンガーは今年ヤクルトに入団した外国人選手である。
 どちらのグライシンガーが投げ勝つのか!
 両者、同じ投手に爆笑しつつ試合は開始!
 ちなみに私はこの第3戦だけ9番打者を変更している。
 実はコストが100になってなかったんだよねぇ^^;

 第3戦も先制はやっぱりブルースターズ。
 6番村田が放った打球は綺麗な放物線っぽいものを描きスタンドイン。
 えらい、村田! 豊田からの1発を含めれば、2打席連続HRである。

 しかし3回裏。
 突如荒れだすブルースターズのネオ・グライシンガー。
 定まらぬ制球に打ち返される甘い球。
 キンコンカンってなリズムの音が聞こえてきそうなほど単打単打のオンパレード。
 あっというまに2点の貯金を使い果たし、あげくに1点の借金生活。
 その後も4回に1点を失い、6回に1点返すも7回にまた1失点。
 3-5というスコアで後半戦へ。

 プロ野球チームを作ろうONLINE vsパワ・思・考 第3戦7回終了.jpg

 パワ・思・考はグライシンガーを6回まで投げさせると、館山、五十嵐と磐石のリレーで逃げ切りを図る。
 そして迎えた9回表、ブルースターズ最後の攻撃。
 立ちはだかるのはやっぱりこの人、ミスター豊田!
 対する先頭打者は何の因果か? 再び村田!
 豊田がボールを握る指に力がこもる。
 2戦目に浴びたあのホームランを忘れない。
 ここでやらねば男が廃る。 リベンジするんだと魂が燃え叫ぶ!!
 そしてオーナー、ナックルさんも委ねるのだ。豊田の快投を信じて!

 プロ野球チームを作ろうONLINE vsパワ・思・考 第3戦豊田投入.jpg

 ・
 ・
 ・

 プロ野球チームを作ろうONLINE vsパワ・思・考 第3戦豊田粉砕.jpg

 あっさり粉砕。
 村田が凄いのか、豊田が凄いのか?
 たぶん二人の相性は村田にとっては最高で、豊田にとっては最悪だったに違いない。
 そして二人の出会いは私にとっては幸運で、ナックルさんにとっては不幸だったのだ。
 ともあれこれでスコアは4-5。あと1点だ!
 行け! 我がブルースターズ打線よ!!

 きん

 こん

 かん

 こーん!

 それはまるで学校のチャイムのよう。
 四死球連発でピンチ拡大、チャンスに単打単打の猛攻撃。
 怒濤の攻めに豊田陥落。
 終わってみれば9回表は一挙4点!
 スコアは7-5と だーいぎゃーくてーん!!

 9回裏、こちらの守護神は当然クルーン。
 ピシャリ! とはいかないが、ピンチを招くもなんとか抑え、トータル戦績2勝1敗で、パワ・思・考のナックル最強説さんに勝ち越し決定!

 プロ野球チームを作ろうONLINE vsパワ・思・考 第3戦結果.jpg

 げに素晴らしきは豊田劇場。
 今宵は豊田の怪投に酔いしれつつ、2人は再戦を約束し (てないけどまたやりましょう)、この戦いに幕を下ろしたのでありました。

 ありがとう、ナックルさん!!
 さようなら、ナックルさん!!
 あなたの豊田は忘れない……。

posted by BlueTasu at 03:24| Comment(0) | TrackBack(2) | 野球つく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

No.384 プロ野球チームをつくろうONLINE 〜βテストその4〜

 きょう〜も やきゅつく〜
 あしたも やきゅつく〜
 やきゅつくあ〜れ〜ば〜
 いっしょう〜をし〜あわせ〜♪

 ――ということもない微妙なゲーム、やきゅつくオンラインのことを4回も連続で書くというのもどうか? (つかこの歌の元ネタわかる人いるんだろうか……)
 まぁ他にやっていることと言えばサカつくオンラインくらいという……つくづく忙しすぎる現在の会社事情が恨めしい毎日です。
 5月はまだ1回しか休んでおらず、他は毎日15〜16時間(通勤時間含む)を会社に拘束される生活は、生きている気がしません。
 睡眠時間を差し引けば、一体私に何が残るというのか……。
 とはいえ、この日記も会社から書いていたり。
 今日行われるオークスも、会社からテレビ観戦予定です。
 ……ダメ社員ですなぁ。

 ――まぁそろそろ本題に。

 やきゅつくオンラインは、現在35試合終わって16勝18敗1分という成績。
 30試合辺りで打線を入れ替えたところ、これが功を奏したのか、4勝1敗で、その1敗もセガからというなかなかの成績です。
 つか、COMのセガ、強くない?
 COMなんだからポイント稼がせてよ……。

 ともあれ、未だPC戦では無敗な現打線はこんな感じ。


 プロ野球チームを作ろうONLINE 10.jpg


 4番リグスがコストの割に打たないので、林を投入。
 そして打線の繋がりに凹みをもたらす森野を外し、楽天の山下を3塁手にした。
 ……守備はちょっと心配だけどさ。

 その結果、打線のつながりは...


 プロ野球チームを作ろうONLINE 11.jpg


 こんな感じに。
 秘書のコメントが変わりました。
 ……つか、これくらいしかすることがないんですよね、このゲーム。
 これで製品なら、課金してまでやりたいとは間違いなく思いませんね。
 追加要素がないと苦しいところ。
 今後の運営に期待、というところでしょうかね。
 ……していいの?
posted by BlueTasu at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球つく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

No.383 プロ野球チームをつくろうONLINE 〜βテストその3〜

 現在仕事中。
 部長がいないとやりたい放題だね、このオッサンはさ。

 さてさて、大好評――ではなく、やれることが少なく微妙に感じていらっしゃる方、大多数のこのゲーム。
 例によって私も首を傾げるばかりでございます。
 はっはっは、トレードさせろや。
 サカつくのときもそうでいたが、最初にトレードを制限する意味ってあるのかね?
 ささやかな複垢対策?
 だったらファン球団の選手をもっとくれってもんだ。
 打線のつながりとかバッテリーの相性とか、どういうデータに基づいて作成したのかわからないグラフにユーザーは縛られ、不満であります。

 とりあえず現在の打線は――

 プロ野球チームを作ろうONLINE 09.jpg

 こんな感じで、守備力は――

 1番 平野恵 (オリックス/コスト6/二塁手B)
 2番 井端 (中日/コスト8/遊撃手S)
 3番 森野 (中日/コスト6/三塁手C)
 4番 リグス (ヤクルト/コスト8/一塁手C)
 5番 鈴木健 (ヤクルト/コスト2/DH)
 6番 桜井 (阪神/コスト3/左翼手D)
 7番 ミツル (横浜/コスト1/右翼手D)
 8番 鶴岡 (横浜/コスト4/捕手C)
 9番 平石 (楽天/コスト2/中堅手C)

 こんな感じで、チームカラーはジグザグ打線だけど、自分的には守備のチームのつもり。
 ジグザグに設定した打線のつながりは――

 プロ野球チームを作ろうONLINE 05.jpg

 こんな感じ。
 他の人はどういうつながりで組んでいるのかわからないので良いのか悪いのかはわからない。
 相手球団の繋がりも見れたらいいんだけどねぇ。
 
 一方投手陣はと言うと――

 プロ野球チームを作ろうONLINE 06.jpg

 こんな感じ。一番手の主力、三浦が現在0勝2敗。防御率5点台。
 番長、頼むよ……。
 投手と鶴岡捕手のバッテリー間の相性は――

 プロ野球チームを作ろうONLINE 07.jpg

 こんな感じ。全体的に良い感じ?
 秘書に言わせると誰を設定してもまぁまぁになるけどさ……。

 最初のうちは全然勝てなかったのだが(ほぼ初期だったし)井端とかのカードを引けるようになってから勝率が徐々に上昇。

 プロ野球チームを作ろうONLINE 08.jpg

 しかし借金はなかなか減らないなぁ。
 早くトレードして横浜選手がほしいところです。
posted by BlueTasu at 15:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球つく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

No.382 プロ野球チームをつくろうONLINE 〜βテストその2〜

 ぐふふふふ、やってくれるやないけ……(超不気味)。
 現在の時刻は午前3時40分。
 6時30分には起きて会社に行かねばならないというのに、私は今日も元気に起きている。
 それもそのはず。
 楽しみにしていたプロ野球チームを作ろうオンライン(以下やきゅつく)のβテストが本日からスタートしたからだ。

 ――が

 臨時のメンテナンス、未だ終わらず。
 うへへへへ、眠い。眠いがこの高ぶり、荒ぶったこの精神状況でまともに寝れるわけがあるまいて。

 が、実は会社でやきゅつくの球団作成だけは終えていたりする。
 うちの会社、部長が睨みを利かせているのだが、午後の5時までは外出が多いため、その隙を見計らって遊べるからだ。
 まぁこれも全て私が仕事を素早く終えているからこそできることだけど(さりげなく優秀さをアピール)。
 5時までに1度プレイできたので、急いで球団は作成したのである。

 まずはチーム名。これはサカつく同様 『ブルースターズ』 を使用することにした。
 もともと私の名前とベイスターズを掛け合わせてできたチーム名。
 やきゅつくにこそ相応しいと言えるだろう。
 まぁそんな元ネタ、誰も気付いちゃくれないけどさ!

 オーナー名は宣言通り 『BlueTasu』 で! ――と行きたかったんだけど、半角はつかえねぇんだよ、よく読めよボケが! と言われてしまったので 『ブルータス』 で行くことに。
 全角でBlueTasuでも良かったんだけど、半角文字に慣れちゃうとなんか間抜けに見えるんだよね……。

 お次はファン球団の選択。
 言うまでもないでしょう。
 横浜ベイスターズですよ!

 そして次はチームロゴ。
 センスを問われる作業だが、実は4時45分から始めたので部長が帰ってくるまで残り15分。
 βだからいいか、という思いもありかなり適当に作成。
 出来上がったのは...

 プロ野球チームを作ろうONLINE 01.jpg

 こんなロゴ。
 つか画像を撮影している時間もないのに、私は一体なにをやっているのか。

 お次は本拠地選び。
 奈良県! ――にしようかと思ったけど、神奈川県にしておきました。

 そしてユニフォーム作成。
 これまたセンスが問われるというより、横浜の今のユニフォームってどんなのだっけ? という記憶テストになってしまった。
 つか、何度も言うが時間が無い。
 βなんだし、適当に……

 プロ野球チームを作ろうONLINE 02.jpg

 作ったらチームロゴが胸に刺繍され、激しく似合わないホームのユニフォームに悶絶。
 つか今のユニフォームは縦じまじゃん!
 ああ、何やってんだ私は!!
 でも時間が無いのでこれで決定。

 そうそう、秘書は釣り目が怖い坂巻という人に決定。
 つか、同姓同名の人が会社にいるんですけど……。

 お次は初期選手の決定。
 打撃重視と守備重視、それからファン重視の3種類があったので、迷わずファン重視に。
 そのメンバーは以下の通り!

 プロ野球チームを作ろうONLINE 03.jpg

 激しく微妙……つか地味。
 何がファンのためのパックなのか、サッパリわからん。

 最後に主力選手の決定。
 今の横浜なら村田か、それとも石井琢さんいるかなぁ、とか思ったのですが...

 プロ野球チームを作ろうONLINE 04.jpg

 投手の2択ですか……。
 まぁ浜の番長、三浦さんのサイン色紙も持ってることだし、ここは番長を選択。
 でもできれば打者がほしかった……。

 そんな感じで発足したブルースターズ、
 運命はいかに!
 むしろメンテはいつ終わるのか!!?

 ……それは誰にもわからない。
posted by BlueTasu at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球つく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

No.381 プロ野球チームをつくろうONLINE 〜βテストその1〜

 βテスターに2通応募した結果、見事に外してしまったBlueTasuです。
 みなさんこんばんわ。

 ・
 ・
 ・

 だと話が終わってしまう。
 実は外してしまったのですが、サカつくオンラインで一緒に楽しんでいる常連さん、チケットさんが2つ当選したので、1つIDを譲り受けることができたのです まる
 心の友って大事ですよねぇ。
 期間中、恩にきたいと思います。(期間中だけかよ)

 とりあえず明日――というか今日の夕方から開始されるプロ野球チームを作ろうオンライン(以下やきゅつく)ですが、サカつく同様、サーバーが複数用意されているものと思われます。
 というわけで、私は下の方のサーバーでプレイすることをここに宣言しておこうかと思います。
 まぁ私の予想では、kingkazuさんあたり、また上の方に行っちゃって離れちゃうんじゃないかなぁ、とか思ったりしてますけど(^^;
 チケットさんとはそういう方向で決定。
 当然 『BlueTasu』 の名前でプレイする予定ですので、ご一緒になったかた、よろしくお願いしますね!

 ……まぁプレイできるのは深夜からですけど(出遅れ必死)。
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球つく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。