2007年07月05日

No.416 ジャンプコミックス2冊

 P2! 3巻.jpg アイシールド21 25巻.jpg

 とりえず購読している新刊2冊、購入です。
 ネタバレあるんで、読む予定なのに読んでない方、ご注意ください。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 ジャンプで卓球漫画という試みが新しいP2! の3巻。
 覇王vs破王という、このフレーズだけ見る限り、卓球というジャンルのスポーツは絶対にイメージ不可能ですが、ともあれその戦いの火蓋が切って落とされる第3巻。
 それと共に現れたのが柳紅州、柳青州の双子君。
 中国人だと思ったら、単に日本人が中国へ留学しただけだったのね。思わず勘違いしちゃったよ……。
 名前といい、顔立ちといい、髪型といい、中国人みたいなんだもの。
 そんな2名の新キャラも、遊部&川末の破王相手の噛ませ犬を演じさせられちゃいました。
 つか、中国卓球ってペンホルダーなイメージがあったんだけど、2人共シェイクハンドなのね。

 そのあとは岩熊vs相馬の主将対決。
 単純で一直線な男ってのは見ていて気持ちがいいですな。
 それにしても、パラダイムとかいう戦術に重視を置く卓球で相手を圧倒する相馬は、それを崩されると脆すぎと言うかなんというか……。
 それで夏に負けたのが岩熊だけ、と言われてもピンとこないのは私だけでしょうか?
 で、その岩熊もヒジは過剰練習のために選手生命が終わったとかそういう展開ですか……。
 2巻で怪我から復帰した、と言っていたところから、なんとなく岩熊はリタイアになる展開にじゃないかと予想はしていましたが、ここでとは早かったですね。

 岩熊のあと、主人公たるヒロムの登場。
 それに関係ないのですが、木之下さんが好きです。
 ダブル小っちゃ可愛い。
 そんなセリフ、生まれてこの方言ったことも聞いたこともないですな。

 んで、肝心の試合ですが、考えてみれば夏大で負けたのは岩熊のみ、と言っていたくらいですから、相馬は全国のシングルでも1位だったということですよね?
 なので、ヒロムの生まれて初めての対外試合・シングルス戦の相手は、全国1位の選手ということに……そこらへんからしてありえないというか、凄すぎです。
 つかアレですな、戦術をチェスの駒に見立てて演出するのは多いですね。
 コードギアス然り。……あと思いつかないけど。
 で、試合の結果はまぁ当然というか、ギフトの片鱗を見せて終了。

 試合後、呆けているヒロムに唯一声をかけたのが、チームメイトではなく晶というのは、どういうことなの久勢北メンバー!? と突っ込んだのは私だけなんでしょうかね……。
 P2にはジャンプお得意の友情という文字はないのか!?

 4巻からは合宿と、しばらく修行編になりそうで、新しく登場しそうなキャラクター共々、楽しみです。
 
 ――――――――――――――――――――――――――――

 アイシールド21は何気に1巻からずっと買い続けてきた作品。
 アメフトには興味ないのですが、面白くなりそうな予感はしていたので買い続けてたら案の定で、アニメ化までしちゃいましたね……。

 この単行本で一番楽しいのが、本編もそりゃ楽しいのですが、話の合間に入る色んなおまけ。
 今回は 泥門vs王城戦ギャラリー1000人アンケートと、お馴染みの調査コーナー。
 1000人アンケートは『ズバリ、ぢっちが勝つと思う!?』『今日のMVPを予想』から、『泥門に弱点があるとすれば、どこ?』『王城に弱点があるとすれば、どこ?』といったものや、『(女性限定)彼氏にするならどの選手?』と『アイシールド21の正体はどんな人だと思った?』と、『実際の正体だった、セナくんの印象は?』があって、楽しめました。
 アイシールド21は、ジャンプの週刊誌だけでアイシールドが好きな人も、コミックスを買って読んでもらいたいなぁといつも思う作りなんですよね。
 週刊誌で連載しているのに、コミックスも手抜き一切なし、な感じが凄く好きです。
 もちろん内容も凄く好きですけどね。
 解説のリコちゃんによる、前半戦のまとめが今回のツボでしょうか。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 サムライうさぎ 1巻.jpg

 あと荒屋敷さんのオススメでこれも買いましたが、時間がないので明日にでもまた。


posted by BlueTasu at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。