2007年06月20日

No.405 事件発生

 これまた子供の頃の話である。

 私の同級生に、仮名・太郎くんというとてもやんちゃな男の子がいた。
 彼の特技はスカートめくり。
 何が楽しいのかさっぱりわからない、というかこの年でやると犯罪だから、子供の頃にしかできない、ある意味、年相応な遊びを趣味にしていた太郎くんは、来る日も来る日も女の子のスカートをめくり続けた。
 しかも彼のスカートめくりのターゲットは同年代とは限らず、下級生、上級生、果ては中学生、高校生、さらにはOLのおねぇさん、その上は……さすがに無かったと思うが、とにかく節操がないことこの上ない。
 しかも、何度となく怒られたとしても、太郎くんのスカートめくりへの情熱は止まるところを知らなかったのである。

 ――が、しかし、彼のスカートめくり人生は、7歳で幕を閉じることとなる。

 小学生になっても太郎くんのスカートめくりの趣味は収まらない……というかエスカレートしていく一方であった。
 そんな1年生の彼が選んだ次のターゲット、6年生のおねぇさん。
 これがいけなかった。
 この6年生のおねぇさんを狙ったが最後、彼のスカートめくり人生の終着点となってしまう。

 要するに、6年生のおねぇさんとは、私の姉のことである。

 太郎くんがスカートを掴もうとしたその瞬間、振り返り様に素早く手刀を振り下ろす姉。

 直撃!

 打ちどころが悪かったのか、変に受けてしまったのか、どういう作用なのかはよくわからないが、その一撃で太郎くんの手首はブラ〜ンと変な方向に曲がってしまった。

 左手首の脱臼。

 姉のスカートを狙った代償がソレである……。
 この事件をきっかけに、太郎くんはスカートめくりをやめたのであった。

 ・
 ・
 ・

 なぜ、こんな話をしたのかと言うと、昨日の仕事中、最近珍しくなくなってしまった母からの電話で、


「おねぇちゃん、結婚 することになったから」


 という水素爆弾なみの発言があったせいである。

 ――ガチャン

 と、私は茫然自失の態で携帯を取り落としたのは当然の反応であろう。

(数分後。衝撃から立ち直りつつ)

「……相手は?」

「お前と同級生の、太郎くんだよ」

 ――ガチャン。

(再び数分後)

「……冗談ダヨネ?」

「冗談みたいだけど、本当だよ」

「太郎くんって、あの太郎くんだよね?」

「そうだよ」

 ・
 ・
 ・

 当然、昨日は仕事が手につかず……。
 帰宅後、その話を聞いた弟と妹も同じだったらしく...

「……今日の講義、覚えてへん」

 と、ただただ呆然と呟くのみであった。
 ……これはとんでもない事件だ。詳細はまた後日。


posted by BlueTasu at 03:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさです.
とうとうお姉さんも結婚されますか^^
おめでとうございます.
ひょっとしてママになったのかな??
続きを読ませて頂くのをたのしみにしてます.
どういうオチがついてくるのか想像つきませんが^^;
Posted by blitzen at 2007年06月20日 10:34
どひゃあ〜〜〜!!
そんなドラマみたいな事が現実にあるんですね〜w
これは「おめでとう」と言っていいんですかね?

続きが非常に楽しみですが・・・
同級生が義兄になるというのはどんなもんなんでしょ?

このサプライズに続いてブルさんも・・・かな?
Posted by kingkazu at 2007年06月20日 12:19
リアルは小説よりもコミックだ、を地でいくBlue_Tasuファミリーらしいエピソードですなぁ(笑。いやいや実に愉快。運命とは生まれたときに既にさだめられているモノなのやも知れぬな。
Posted by クリス at 2007年06月21日 00:09
 各々、コメントありがとうです。
 驚いているようですが、一番驚いているのは私です。
 たぶん長い夢を見ているのでしょう。
 そうに違いない。

>blitzenさん
 おひさです。
 このニュースに1番手でコメントとは、チェックしてくださってたんですね。
 ありがとうございます。

 とりあえず太郎くんに連絡を取って事情を聞いてみたその模様を更新しましたので、ご確認くださいな。

 姉がママ……。
 やっぱ想像つかないしっ!!

>kingkazuさん
 どもども。コメントありがとうございます。
 ドラマみたい、なんですかねぇ……。
 太郎くんは毎週うちの道場に今でも熱心に通っているので、そういう下心があったというわけでしょうかね。
 いや、でも姉愛低下心、とか言うのも違和感が凄いなぁ……。
 同級生が義弟ってのも……違和感が凄まじいなぁ。

 とりあえず私のことはしばらくどうでもいいかと思います。

>クリスさん
 毎度コメントありがとうございます。
 運命、という言葉は微妙に嫌いと言うか使いたくないと言うか、もしあるならこの世に神はいねぇって叫びたい心境ですかね。
 まぁご近所さんは姉から何らかの被害を被っているといっても過言ではないので、このようなエピソードはザラにあるわけですな。
 過去、のカテゴリーにはまだまだ言い尽くせないほどの、思い出したくない記憶があったりするわけです。

Posted by BlueTasu at 2007年06月23日 04:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。