2007年06月07日

No.396 父、入院す

 仕事中。
 忙しい午前中とあって、みんな自分のデスクに張り付くようにして仕事している中、鳴り響く私の携帯。
 着信それ自体はなんら珍しいことではない。
 仕事先の人からか? 今出かけている上司からか? 意表ついてハルちゃんからか? それとも姉のイタズラ電話か?
 仕事中にかかってくる電話と言えば大抵その4パターンである――が、今回のその電話は誰にも当てはまらなかった。
 着うたを聞けばわかる。

『かぁ〜さんが〜よなべ〜をして、てぶく〜ろ編んでくれた〜♪』

 この着うたは私の母のものだ。
 ちなみにこの着うたはその名の通り『かあさんのうた』で、これもれっきとしたDEENのカヴァーソングである。
 いやまぁそんなことはどうだっていい。
 問題なのはその電話の内容だった。

 ・
 ・
 ・

 母から電話? 珍しい。
 そう思いつつ電話にでる。

「お父さん、入院することになったから」

 一言目、それ。
 電話は唐突で、しかし内容は鮮烈だった。

「オヤジが入院? どないしてん」

 その一言に気付いた社員、全員こちらを振り向く。
 私はそそくさと物陰にかくれるようにして会話を続けることにした。

 ――オヤジが入院

 とは言っても、冷静に考えればそれはさほど驚くことではない。
 オヤジは煙草を吸えば酒も浴びるように飲む。
 そしてもう結構な年だ。
 いつ身体にガタがきてもおかしくないだろう。

「それがねぇ……」

 母が珍しく言い澱む。
 なんだ? そんなに状態が悪いのか?

「おねぇちゃんとやりあってねぇ……なんだかエスカレートして、関節技極められてもギブアップしなくってねぇ……折れちゃったのよ、腕が」

 ……私が物陰で突っ伏したのは言うまでもない。
 それを目撃した社員の一人は、オヤジが死んだ、もしくは危篤状態なのだと勘違いしたそうだ。大笑いである。

 つか、関節極められてギブアップしないで骨折とは……父親の威厳とは、ここまでして守らなければならないものなのか?
 いや、まぁ父親に関節を決めてそのまま折る姉のほうが大概だが……。
 こちらの脱力状態を知ることなく母は続ける。

「それだけなら入院にはならなかったんだけど、『ちょっくら病院行ってくらぁ』って言って、出かけてね」

「うん、それで?」

「やめとけって言ったのに、その腕で車運転して事故っちゃったのよ」

「……アホやな」

「アホよねぇ」

「で、どれくらい重症なん?」

 事故の程度にはよるが、打撲や骨折している腕がさらに悪化している恐れがある。結構な重症なのではないだろうか? と私は推測した。

「うん、事故では大したことなかったんだけどね」

「なんだそりゃ……」

「だけどね、事故したから警察に事情聴取を受けているとき、ぎっくり腰になったらしくてね」

「いや、その話の流れ、わけわかんねぇ……」

「で、そのまま病院でしばらくお世話になることになったみたい」

 ……ということは

「結局腕の骨折と、ぎっくり腰だけか?」

「そうなんよ」

 なんか頭痛くなってきた。

「で、見舞いにでも行ったらいいのか?」

「違うの、あのね」

「うん」

「道場の修理を頼むわね」

「そっちか!」

「お父さんとおねぇちゃん、やりあったせいで壁に穴あいちゃったのよ」

「そんなん本人にやらせればいいやん!」

「お父さんは入院してるし、おねぇちゃんは壊すほうが得意でしょ?」

「いや、そんなこと言われても……俺仕事あるし。つか今も仕事中で」

「じゃあさ、弟でもいいから頼むわよ」

「そうか、弟がいたか!」

 ・
 ・
 ・

 というわけで...

「今日、オカンが相談したいことがあるから本家行ったってくれ」

 早速弟に携帯で連絡を取ることに。

「え? 俺が?」

「それにマキちゃん、本家にもまだ顔出してないし、ついでに連れて行ってやってほしいしな。学校終わってからでいいから」

「そういやそうやな。わかった」

 修理のことは説明が面倒くさいので伏せておいた。
 つか、オヤジの入院もアホらしいので伏せておいた。
 弟よ、頑張ってくれ。
 家主である私はお前たちを食わせるために働かねばならんのだよ!
 一応、心の中でそれらしき言い訳をしておく私。

 こうして私の馬鹿馬鹿しい午前中の仕事が終わったのであった。
 つか、仕事やってねぇ……いつものことだけど。


posted by BlueTasu at 16:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
不謹慎なのは分かってるんです。
ですが、不覚にも笑ってしまいました。

威厳にかけて、ギブアップ宣言をしない父。
それに対し、容赦なく折りにかかる姉。
折れた腕で病院へ向かう父。

物凄い世界です。
Posted by 荒屋敷零壱 at 2007年06月07日 23:27
別居して威光が遠のいたと思ったらいやいやどうしてキッチリゴーイングマイロードな姉にちょっぴり萌え。
※ビジュアル知らないし。
つかギャルゲーのような展開を地でいくBlue_Tasuファミリーにも萌え。
つかボーイズラブ的視点からすれば弟が結構萌えシチュな気もしないでもないけど、ぶっちゃけ一度もやったことないのでホントのところはわかんない。
Posted by クリス at 2007年06月08日 00:40
 ども、コメントありがとうございます。
 あと2時間もすれば出勤という状態での返信。
 寝ないで一体何やってんだという気もしますが、気にせず返信に参ります。

>荒屋敷零壱さん
 こっちに書くのはどうかと思いますが、P2の乙女さんヒロイン降格は、やっぱりそういう展開というか、彼女がレギュラーのように登場するんだねぇ、と思ったり。
 2巻でそんな気がしました。
 元々ヒロムは乙女さんが部長にお持ち帰りされそうになったときもハンカチ振ってたほどですしね。
 恋愛的な要素としてはそっちとくっつくほうがありそうだなと。

 ……て、ほんとここと関係ないことばっかり書いてどうする。

 不覚にも笑っていただきアリガトウでした。
 私も笑いました。というか笑うしかありませんでした。
 
 物凄い世界です、という意見には、これが引っ越し前、本家での我が家の日常のようなものだったので、なんともいえない香りが漂っているのですが……。
 まぁ確かに色々超越した父娘ではあります。
 私も折られたことありますしね……。

>クリスさん
 >ギャルゲーのような展開を地でいく
 この言葉にかなり考えさせられました。
 なので、それをまとめてみましたので、それの意見も伺いたいところですね。

 ゴーイングマイロードな姉、はいつものことというか、なんというか。
 地球は私を中心にまわっている、という自己中心的な意見はよく耳にしたことがありますが、姉曰く、地球は私がまわしている、ですからね。
 自己中心的な発言もここまで突き抜ければ笑うしかありません。

 被害を被る当事者としては笑えないのですけれど。
Posted by BlueTasu at 2007年06月08日 04:57

腰が痛いのは辛いものです。
私も14年間悩まされました。

私が考案した腰痛解消法をお試しください。

【3分腰痛解消法】で、検索すると見つかります。

腰をお大事に。
Posted by 腰痛アドバイザー at 2008年02月24日 12:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。