2007年05月23日

No.386 プロ野球チームをつくろうONLINE 〜βテストその5〜

 珍しく会社も早く終われた今日。
 早速トレードが解禁されたプロ野球チームをつくろうオンラインにて、横浜選手をかき集めるべく奔走した。
 結果。

 プロ野球チームを作ろうONLINE 12.jpg

 これだけのタレントが集まり...

 プロ野球チームを作ろうONLINE 13.jpg

 これだけの打線を形成することができた。
 素晴らしく打線の連携が……とれているような、いないような打線だが、お気に入りの横浜ベイスターズ選手を揃えているというだけで、思いいれが違うというものだ。
 まぁ惜しむらくは☆7の石井琢選手が獲れていないと言う事。
 二遊間の守備を重視する私にとって、井端を多村のために放出したためショートの守備がBというのが心もとない限りなのだ。
 今まで井端のSだったしね……。
 IDを分けてくれたフレンド、チケットさんが獲得していたからチェットを送りまくったけど返事なかったしさ……。
 心の友よ、応答せよ……。

 とりあえずオープン戦でもして実力を試したいなぁ、というときにやってきたのがご存知 (ではない方もこの読者には多いと思うので紹介すると) 餃子一日百万個的な勢いでヒット数を重ねる パワ・思・考 というパワプロ応援HPの管理人、ナックル最強説さんがログイン。
 今までオープン戦をしよう、というメールを交わしていたものの、私の仕事事情によりログイン時間が合わなくて実現していなかったのだ。
 これ幸い、とばかりに私にとって 調整という名の 夢の対決が実現したのである。

 よろしくお願いします。
 と両者頭を下げて……いたのかはどうかはわからないが、挨拶を交わして試合開始。
『ブルースターズ vs パワ・思・考』 戦いの火蓋が切って落とされた!

 ・
 ・
 ・

 プロ野球チームを作ろうONLINE vsパワ・思・考 第1戦結果.jpg

 そしてあっけなく私の圧勝で幕を下ろした。
 いやー、つぇぇなぁウチは!!
 こちらの先発はエース三浦。
 いつもは打たれて四死球連発という乱調の三浦なのだが、今回は打たれても要所を締めて完封勝利。
 ペナントでもこのピッチングをしてくれればいいのになぁ……。
 対してナックルさんの先発、朝倉は仁志の初回先頭打者補正(注:ありません)を喰らって一発を浴びるなど、いまいちの出来。
 投手の出来のよさがそのまま結果になったというわけだ。

 ともあれ、快勝快勝。

 ところが...じゃんけんに負けた小学生のごとく、ナックルさんは言ったのである。

「3連戦ってことで、先発変えて2戦目をやりませんか?」

 んむ。良かろう。
 私は一度勝った位で偉そうに頷き、2戦目を開始したのである。

 プロ野球チームを作ろうONLINE vsパワ・思・考 第2戦スターティングオーダー.jpg

 2戦目の先発は高宮。
 某BBH2というゲームではナックルボーラーとなっている若手投手である。
 ナックル最強説というH.Nなナックルさんには、おあつらえ向きの投手と言える。――つっこんではもらえなかったけど!(ちょっと寂しい奴)
 対してナックルさんの先発はボーグルソン。
 中日の川上からホームランを放っている、違った意味での大型投手である!
 つか、打てる外国人投手って阪神は多いなぁ。ムーアとかさ。

 まぁDH制だから関係ないけど!

 試合開始。
 先制点は第2戦目も我がブルースターズ。
 上位打線がさすがの繋がりを見せ1点先制。
 しかし直後の2回、高宮があっさり捕まり逆転を許す。
 3回にも1点を許すが、なんとか3失点で踏ん張り、1-3で後半へ。
 ブルースターズのマウンドには吼えるセットアッパー、木塚が逆転を信じ登板――が、手痛い3点差となる4点目を献上。木塚、頼むよ……。

 そして9回裏、マウンドへあがったのはパワ・思・考、田チームの守護神といえばこの人、豊田!
 リアルでは今は完全に上原に抑えの座を譲っている感があるものの、巨人の抑えと言えば100人中53人(推定) という中途半端な数の人が豊田の名前を挙げるだろう!

 ――が

 いきなり6番村田が豊田を粉砕するホームラン!
 その差2点! いけるか!?
 しかし7番、8番と凡退し2アウト。

 ――やはり奇跡は起こらない。

 ラストバッターは9番、ミツル。
 ミツルはこの試合でことごとくチャンスを潰してきた。
 自分では終われない、という想いがあったのか否や?
 放った打球は右中間を破る2ベース!
 豊田、これで切れたのか(キレルの早いよ……)、1番仁志がヒットで1点返し、さらに2番阿部が四球を選ぶ。

 プロ野球チームを作ろうONLINE vsパワ・思・考 第2戦多村!.jpg

 2アウト1,2塁でバッターは3番多村!
 同点、果ては逆転サヨナラのお膳立ては整った!
 しかし多村は繋ぐことを考える。たぶん、そう考えた。
 豊田の第1球...それをコンパクトに捉え、打球はセンター前へ!
 同点のランナー、仁志がホームへ走る!
 センター赤星からセカンドの誰かへ!(誰かって……) そしてバックホームされる白球!! 滑り込む仁志!! きわどい判定の結果は!?

 ・
 ・
 ・

 プロ野球チームを作ろうONLINE vsパワ・思・考 第2戦結果.jpg

 一歩及ばず。
 追い詰めたが、あと一歩及ばずの悔しい敗戦。
 そして戦いは1勝1敗のまま第3戦へ...

 ・
 ・
 ・

 プロ野球チームを作ろうONLINE vsパワ・思・考 第3戦スターティングメンバー.jpg

 第3戦の先発は両者とも グライシンガー!!
 グライシンガーは今年ヤクルトに入団した外国人選手である。
 どちらのグライシンガーが投げ勝つのか!
 両者、同じ投手に爆笑しつつ試合は開始!
 ちなみに私はこの第3戦だけ9番打者を変更している。
 実はコストが100になってなかったんだよねぇ^^;

 第3戦も先制はやっぱりブルースターズ。
 6番村田が放った打球は綺麗な放物線っぽいものを描きスタンドイン。
 えらい、村田! 豊田からの1発を含めれば、2打席連続HRである。

 しかし3回裏。
 突如荒れだすブルースターズのネオ・グライシンガー。
 定まらぬ制球に打ち返される甘い球。
 キンコンカンってなリズムの音が聞こえてきそうなほど単打単打のオンパレード。
 あっというまに2点の貯金を使い果たし、あげくに1点の借金生活。
 その後も4回に1点を失い、6回に1点返すも7回にまた1失点。
 3-5というスコアで後半戦へ。

 プロ野球チームを作ろうONLINE vsパワ・思・考 第3戦7回終了.jpg

 パワ・思・考はグライシンガーを6回まで投げさせると、館山、五十嵐と磐石のリレーで逃げ切りを図る。
 そして迎えた9回表、ブルースターズ最後の攻撃。
 立ちはだかるのはやっぱりこの人、ミスター豊田!
 対する先頭打者は何の因果か? 再び村田!
 豊田がボールを握る指に力がこもる。
 2戦目に浴びたあのホームランを忘れない。
 ここでやらねば男が廃る。 リベンジするんだと魂が燃え叫ぶ!!
 そしてオーナー、ナックルさんも委ねるのだ。豊田の快投を信じて!

 プロ野球チームを作ろうONLINE vsパワ・思・考 第3戦豊田投入.jpg

 ・
 ・
 ・

 プロ野球チームを作ろうONLINE vsパワ・思・考 第3戦豊田粉砕.jpg

 あっさり粉砕。
 村田が凄いのか、豊田が凄いのか?
 たぶん二人の相性は村田にとっては最高で、豊田にとっては最悪だったに違いない。
 そして二人の出会いは私にとっては幸運で、ナックルさんにとっては不幸だったのだ。
 ともあれこれでスコアは4-5。あと1点だ!
 行け! 我がブルースターズ打線よ!!

 きん

 こん

 かん

 こーん!

 それはまるで学校のチャイムのよう。
 四死球連発でピンチ拡大、チャンスに単打単打の猛攻撃。
 怒濤の攻めに豊田陥落。
 終わってみれば9回表は一挙4点!
 スコアは7-5と だーいぎゃーくてーん!!

 9回裏、こちらの守護神は当然クルーン。
 ピシャリ! とはいかないが、ピンチを招くもなんとか抑え、トータル戦績2勝1敗で、パワ・思・考のナックル最強説さんに勝ち越し決定!

 プロ野球チームを作ろうONLINE vsパワ・思・考 第3戦結果.jpg

 げに素晴らしきは豊田劇場。
 今宵は豊田の怪投に酔いしれつつ、2人は再戦を約束し (てないけどまたやりましょう)、この戦いに幕を下ろしたのでありました。

 ありがとう、ナックルさん!!
 さようなら、ナックルさん!!
 あなたの豊田は忘れない……。



posted by BlueTasu at 03:24| Comment(0) | TrackBack(2) | 野球つく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

実況パワフルプロ野球Wii
Excerpt: 『実況パワフルプロ野球Wii』(じっきょうぱわふるぷろやきゅううぃー)はWiiで2007年7月19日に発売される予定のプロ野球ゲーム。 2007年度開幕時のデータに対応した実況パワフルプロ野球シ..
Weblog: ゲーム攻略アーティクルウェブ
Tracked: 2007-05-28 01:46

野球が面白いかも
Excerpt: 安打の中で、打者が一塁で止まった場合を単打(たんだ)と呼ぶ。常に、安打の過半数は単打であるため、安打が単打の意味で使われ長打と区別される事も多いので注意が必要である。また内野安打は大抵の場合、単打であ..
Weblog: 野球が面白いかも
Tracked: 2007-07-27 23:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。