2007年03月26日

No.346 サカつくオンライン 〜準備号〜

 なんつーか気の早い話ではあるが、私はサカつくオンラインを結構楽しみにしている。

 ――が

 そもそも私、声を大にして言うことではないが、野球&競馬大好き人間であるからして、サッカーのことは何もわかっちゃいねぇ んだな、コレが。
 いやいや、基本ルールは知っているんだ。
 オフサイドがなんなのかもわかってる。
 オフサイドトラップで天皇賞制覇だもんな。うん。
 トニービン産駆のことでしょう?

 ・
 ・
 ・

 たぶん、上の3行で10人はブラウザを閉じたに違いないだろうな。
 でも競馬にオフサイドがあったら、サイレンススズカは完全なオフサイドだったね。
 うん、そう。本当はわかっていますよ。ええ。もちろんだとも。
 サカつくはPS2版でJ1優勝できるくらいまでは頑張りましたから。
 でもサッカーゲームの金字塔、ウイイレシリーズなんかはやったことがないし、ワールドカップのテレビ中継だって見ていてもそんなに集中できなかったりするんですな。
 これが野球なら集中して最後まで見れるんだけど、サッカーだと点が入るまでヒマなんだよね……申し訳ない。

 つまり、なにが言いたいかというと、日本のJリーグならともかく、欧州が舞台のサカつくオンラインなんか全然わかりっこねぇ ってことだ!
 うん、これも声を大にして言うことじゃないよね。

 私がわかる選手って言ったら両手で足りたりするし。
 ロナウドでしょ、カカでしょ、ジダンでしょ、ベッカムでしょ、オーウェンでしょ……だめだ、片手で足りちゃったよ。
 こんな私にサカつくができるんだろうか、ねぇ?
 PS2版のサカつくは結構楽しんだのですよ。
 ああ、あとDC版も楽しんだけどさ。
 サカつくってとりあえず監督の得意なフォーメーションにあわせて練習して、試合してりゃそのうちラインが繋がってきて、そんでもってちょこちょこと良さそうな選手をチョイスしてくればCPU相手だし、なんとかなるゲームだったじゃない?
 でもその先、はるか高みを目指そうと思ったらスカウトごとに固有選手がいてそれから吟味しなくちゃいけなかったり、フォーメーションの相性だとか、留学がどうのこのうだとか、戦術だとかで色々頭を悩ませなけりゃいけなかったと思うんだ。
 それが私には無理っぽい。
 んで、今度はオンラインという、CPUじゃなくサッカーを良く知っている、私の知らないはるか高みを経験している猛者が相手なわけで……。
 ゲームってやっぱ勝てなけりゃつまんないもんだし、そういう意味で負けたくないわけなんだけど、サッカー知識で劣りに劣っている私が手を出してよいもんなのか?

 正直、サカつくオンラインには期待している。
 だけど、知らなくてもできるのかどうか、そこが肝心。
 そのへんをテスターとして評価していき、正式版をプレイするかの指針にしたいところだなぁ、と明後日を見据えながら考えている次第です。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 とりあえず、ゲームサーバーは「San Siro (サンシーロ)」または「Azteca (アステカ)」の2つが用意されているそうな。
 順序的に見ればサンシーロが上にくるっぽい?
 でもなんだか響きがイマイチなので、アステカで私はプレイすることに変更したいと思います。

 ――で

 ここまで読んでくれた方に、1つ質問。
 欧州6カ国、それぞれ特徴があってスタートする国を選ばないといけないんだけど……あなたならどれにする?(以下は公式ページより抜粋、つかコピペ)

●イングランド
 経営 B
 育成 C
 選手発掘 C

 育成面、経営面はまずまずだが、選手の発掘・交渉には難あり。
 特に海外選手の獲得は不得手のため、自国選手を重用しつつ、クラブ強化をする必要がある。

●フランス
 経営 E
 育成 A
 選手発掘 B

 選手の育成にかけては他の追随を許さない。
 しかし経営面は厳しく、効率的に育成した選手を高く売り、資金を確保することがポイントとなるだろう。


●オランダ
 経営 D
 育成 C
 選手発掘 A

 資金力には乏しいが、選手の発掘や交渉は得意。獲得した若手選手をトレードに出して、クラブ運営資金を確保していこう。


●ドイツ
 経営 C
 育成 C
 選手発掘 C

 安定した観客動員を誇り、雇用・育成・経営の全ての面でバランスが取れている。
 どんな戦略でクラブを運営していくかはプレイヤー次第。


●スペイン
 経営 B
 育成 D
 選手発掘 C

 観客動員、スポンサー収入とも安定しており、経営面は良好。
 但し育成面には難があるので、海外選手でのチームを強化がカギとなる。


●イタリア
 経営 A
 育成 D
 選手発掘 D

 ――――――――――――――――――――――――――――

 たぶんイングランドはコメントからして発掘はDの間違いだと思うんだけど、このままだとイングランドか?
 オランダは選手を発掘しても育成が普通っぽいので意味がない。
 フランスは選手を発掘しても資金を得られなければ獲得できず意味がない。ただ育成の数値は高いので少数精鋭というか初期メンバーでも結構戦っていけそうなので、最初は有利か?
 ドイツはまぁ普通らしい。
 スペインは育成好きの私には向いてないっぽい。そもそも選手を知らない人間がトレード向きの国を選ぶこと自体間違い。
 イタリアも然り。

 Aを5ポイント、Bを4ポイント、Cを3ポイント、Dを2ポイント、Eを1ポイントとしてトータルすると、イングランド、フランス、オランダが10ポイントで、あとのドイツ、スペイン、イタリアが9ポイントとなる。
 つまり、選ぶならイングランド、フランス、オランダが良いか?

 で、私なら……?

 育成はフランスが圧倒的に高いわけで、また育成値がBの国はない。
 んでもって、私は育成が好きなので、選ぶのなら今のところフランスかなぁ。
 
 みんなならどれだ?

 でもこういうのって、やっぱり好きな選手がいる国やクラブとかで選ぶのが正解なんでしょうけど。


posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サカつく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。