2007年03月17日

No.336 名馬ファイル vol.12

挑戦の日々

96 エリザベス女王杯.jpg

スペシャルウィーク、アグネスデジタルといった後の名馬を管理することとなる
白井寿昭調教師は、敢然と言い放った

エリザベス女王杯は来年古馬に開放されるから、その時獲れば良い

薄曇りに包まれた菊花賞
1番人気を背負ったのは牝馬ダンスパートナーであった

その白井に初めてのGIをプレゼントしてくれた馬もダンスパートナーである
笠松の刺客、ライデンリーダー、桜花賞馬ワンダーパヒュームらを相手に
後方から直線だけでまとめて差しきった
そのタイム 2.26.7
その年のダービーよりも早い、優秀なタイムであった

夏も彼女は休まない
ノネット賞、ヴェルメイユ賞とフランスのGIで善戦
帰国後、今度は牡馬ばかりの菊花賞に臨んだ

そんな型破りな彼女をファンは愛した
牝馬だとか、そういった枠組みを超えて走る彼女をファンは支持した
堂々の1番人気を背負って淀の坂に挑んだ

しかし5着

結果が全ての競馬
だが、彼女の挑戦は多くのファンの心を打ったに違いない
その翌年
明言通り、エリザベス女王杯を制することとなる

生涯、牝馬限定戦は連を外したことはない
いつも懸命に走り、常に善戦してきた彼女
しかし、引退レースとなった有馬記念を戦う力は残っていなかった

力燃え尽きるまで走り続けた彼女の勝利は4つしかないが
その多くのレースに焼きついた記憶は両手では足りない
不器用なまでのひたむきさ
その挑戦の数々は、後々まで語り継がれる偉業とも言えるだろう

ファンの望みはあと1つ
それは彼女の力を素直に受け継いだ仔の誕生を願うばかりである

ダンスパートナー.jpg


――――――――――――――――――――――――――――



競争成績 22戦4勝(うち海外3戦0勝)
獲得賞金 6億527万4000円
〜重賞成績〜
95.優駿牝馬1着、桜花賞2着、阪神牝馬特別2着、チューリップ賞2着、菊花賞5着、ノネット賞2着、ヴェルメイユ賞6着
96.エリザベス女王杯1着、京阪杯1着、アメリカJCC2着、京都記念2着、宝塚記念3着
97.エリザベス女王杯2着、京都大章典2着、宝塚記念3着、鳴尾記念3着、クイーンエリザベスUC8着




posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名馬ファイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。