2007年02月25日

No.316 絶叫の果てに

 物事には限度と言うものが存在する。
 そしてその限度とは、人によってマチマチであることは言うまでもなく、何をされても仏のように微笑み「ええよええよ」と許してくれる忍耐強いを通り越し、もはや変態の領域か? と思えるような稀有な人も存在すれば、すれ違いざまに肩が少し接触しただけで鬼の首を取ったかのように喚く――具体的に言えば、私の姉のような人間(?)もいたりするこのご時勢。
 私はといえば我慢強いほうだと自負するにやぶさかではないのだが、ことゲームに至ってはそういうわけでもなかったらしい。
 つまりだ。

 モンハンやりたいんじゃーっ!!

 とまぁ、こういうことである。
 発売日から3日。私の忍耐力はオヤジの薄っぺらい頭髪の如し、であった。

 しかし現実はそうもいかない。
 喚くだけでは願いは叶わないのだ。
 現状を整理しよう。

 モンスターハンターポータブル2nd(以下MHP2)のロムは弟が、PSPは妹が預かっている。
 MHP2は約4500円。
 新しく買ったとしても余ったほうはオークションなりで転売できるため、妥協範囲だ。
 問題はPSP本体のほうで、これは新品で買えば2万円。中古やオークションでも15000円は見積もらないといけない。……これが厳しい。
 どうする? 諦めるのか?
 確かに弟は受験に向け勉強中。
 弟はMHP2をやりたいという気持ちはあるが、受験という人生の岐路に屈してはいけないという情念をもって、机にかじりついて最後の追込を図っている模様。そんな弟を裏切ってMHP2をプレイするというのは兄として、というか人間としてどうなんだ、と思わなくもない。
 妹だって推薦でもう進路は決まってはいるが、弟の受験が終わるまで羽目を外して遊びに出かけたりなどしないで、夜食を作ってやったりとサポートしてやっていることだし。

 やはり我慢すべきなのか?
 でもずっと楽しみにしてきたMHP2やりたい、というこのピュアで一途な自分の心を裏切りたくもない。

 ――では、賭けようではないか。

 私はゲームファンであると同時に、競馬ファンでもある。
 今日はなんだ? 日曜日。そう、競馬開催日だ!
 ここにMHP2をもう1つ買える金額、4800円がある。
 これを……。

 本日のメインレース、阪急杯。
 ここに1頭の馬が出走する。
 その馬の名はプリサイスマシーン。
 私の大好きなマヤノトップガンの子で、その初年度産駆。
 初年度産駆ということは、99年に産まれた馬のことだから……なんと8歳馬なのである。競馬を知らない人にはピンと来ないかもしれないが、馬の8歳といえば、人間で言うと35歳前後。野球選手でもサッカー選手でも、引退を考える、もしくは引退するお年頃だ。
 周りの馬たちは皆平均して5,6歳の馬たちが多く、彼らは人間に換算すれば20〜30歳。一番活躍できる時期で、脂の乗った状態と言える。
 なので、プリサイスマシーンは老雄、とでも言うべきか。
 そんな馬に賭けるのは間違っている、と競馬を知らない人は思うだろう。

 しかし馬にだって個性というものがあるわけで、若い頃はイマイチでも、年を経てからその力を発揮する奴もいる。
 プリサイスマシーンはデビューが遅かったがジワジワと成績を残していく、去年の秋にはスワンSという、今回阪急杯で行われる1400mの距離で勝利を上げている。
 それに前走だって前が壁になる不利はあったものの、同じく1400mの距離で2着と健闘。
 さらに手綱をとるのは、先週のフェブラリーSというGIで勝利し、今年最も勢いのある安藤勝己騎手。
 人気も16頭中3番目と、競馬を知るものはその実力を素直に認めてくれさえいるのだ。

 ここでオッズを確認したい。
 プリサイスマシーンの単勝オッズは5倍。
 MHP2用の4800円をそっくり賭けて当たれば24000円になる計算で、掛け金を差し引いても20000円近くの儲けとなる。
 新品のPSPが余裕で買える計算だ。

 買うべきか、買わざるべきか。
 そう悩む私にとって、当たれば買い、外れれば諦める、という単純かつ明快な答えが返ってくるこのレースに全てを委ねることにした。
 これこそ競馬ファンたる姿と言うもの。
 4800円を単勝にそっくり賭けて、伸るか反るかの大博打。
 たかだか5000円足らずの勝負だが、このお金は私にとっての一世一代の賭けにも等しい、純粋な大勝負だ。

 いざ、尋常に、勝負!!

 ゲートが開く。
 短距離戦はスタートが肝心。
 プリサイスマシーンは――大丈夫、好位につけた。
 一方、1番人気のキンシャサノキセキは出が良くない。
 先頭を行くのは今日が引退となる本田優鞍上のニシノデュー。
 これが最後だ、と言わんばかりに逃げる逃げる。

 大勢そのままで直線迎え……プリサイスマシーンは中団。
 少しきついか?
 しかし今年の阪神競馬場は違う。
 長い直線。
 逃げ粘るニシノデューも徐々に脚色が悪くなる。
 代わって先頭窺うエイシンドーバー!
 そしてプリサイスマシーンも内から徐々に脚を伸ばし始める。

 行け! 行け、行ってくれぇっ!!

 テレビの前で大絶叫!
 大混戦のレースにごちゃつく直線。
 そこを僅かにこの2頭が抜け出すか、と思われたその矢先。
 外から武豊鞍上の2番人気に推されているスズカフェニックスが飛んでくる。

 やめてー!!

 エイシンドーバー粘る!
 プリサイスが堅実に脚を伸ばし、スズカフェニックスが飛んでくる!

 プリサイス! 頼むッ!!

 内エイシンドーバー。
 外スズカフェニックス。
 そして真ん中にプリサイスマシーン。
 3頭横並び。
 そこがゴール。

 一体どの馬が勝ったのか……。
 写真判定。
 じりじりと、胃のきりきりとした時間が過ぎる。
 関西テレビのドリーム競馬の放送時間も残り少なくなり、放送時間が終わっても判定はくだらない。

 どうなっとんねんっ!!

 勝てばモンハン。負ければ我慢。
 明暗くっきり、わかりやすい構図……だったのだが。

 1着、プリサイスマシーン!!


 

 エイシンドーバー、同着!!

 3着スズカフェニックス、という結果に。

 ・
 ・
 ・

 なんじゃそらああっ!?
 勝つには勝った。
 しかし同着。
 その場合馬券は、当たったことには当たったのだが、払い戻し金額がオッズ通りではなく、分け合う形となるため、5倍ではなく2.7倍に。

 つまり、4800円は24000円ではなく、12960円に減ってしまったのであった。
 PSPの値段には足りないし……。

 当たれば買う。
 外れれば諦める。
 じゃあ、同着だった場合は……?


 想定外ですッ!!


 どうしよう……。
 より一層途方に暮れる私であった……。

 



posted by BlueTasu at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こりゃいい案配だねぇ(^^)。非常に愉快であり痛快であり怪物ランドのプリサイスマシーンというところでしょうか?

まぁアレだよ、とりあえずガマンせぇということやと思うわけよ。弟さんも妹さんも同じ方を向いてるんだし、アニキが見せる背中ってのもあるんじゃないの?と思うわけよ。まぁここでの儲けも神様が

 「買うのはゆるさん!でも負けるのもいと哀れ」

と思って下さったお慈悲だと思って、残りの余生を慎ましく過ごして下さいませな。どうせ買ったら彼女もほったらかしになるかもしれないんだから、今のウチにポイント貯めておくのも手だと思いますよ(^^)。
Posted by クリス at 2007年02月26日 01:44
ネタの神に愛されているBlueTasuさんに嫉妬。
とりあえず間をとって――

ソフトをもう一本買って、弟に預ける。

というのはどうでしょうか。
受験終わったら一緒にやろうぜ!
ってことで。
Posted by 那々伎 at 2007年02月26日 07:28
 毎度! コメントありがとです。

>クリスさん
 んーと。まぁ、我慢します。中途半端な結果に泣きそうですが。
 ですが前回は3日。今回の我慢はどこまで持つのやら……。
 ある日突然、脳卒中で倒れるお爺ちゃんの如く我慢が限界に達しますからね。
 この儲けは気分を紛らわせるためのBBH代とでもします。

 彼女の件は、土曜日か日曜日、どちらか絶対に空けて一緒に遊んでますんで、それだけはMHP2が手元にあったとしても変わりません。絶対に。

>那々伎さん
 弟もすでに購入済みのようで……。
 奴にはまだ「お年玉」という、学生のヘソクリが残ってますんで、怖いもんなしです。羨ましい。

 でもなんだ、ネタの神様にだけは愛されたくないなぁ、などと思うんですけどねぇ……。
Posted by BlueTasu at 2007年02月26日 23:35
会社で見て、思わず噴出しそうになりました。
隣の人はどう思ってたことか。

当ったお金で別のゲームを買うと言う選択肢その2。
レイトン教授と不思議な町 なんてどうです?
Posted by 荒屋敷零壱 at 2007年02月27日 00:19
荒屋敷零壱さん、コメントさんくすです。

その後の会社での隣の人との関係が気になるところです。
実は隣の人が査定に関する権限をもっていたりして、密かに荒屋敷さんの給料が来月からえらいメスがはいってた、なんてことがないことを祈っていますよ。

でも思いっきり笑いたいのに我慢しなければいけないときってのは辛いですよね。
昔、卒業式に校長先生のカツラが春風にそよそよと揺れてズレていったのを発見したときも、同様の我慢、苦痛を強いられました。
隣の子が泣いてるのを尻目に、横で校長を指さして笑えないしさ……。

んで、選択肢その2のレイトン教授ですが……最近仕事が忙しいせいか、頭を使うのがしんどかったり。
あと引っ掛け系統の問題が多いらしい、という点も、ひっかかりやすい私にはマイナス要因なんですよね。
そういう軽いイジワルに、現実でよく晒されるためかゲームでは耐えられそうにありません。ストレス発散を求めてしまいますのでね。

レイトン教授は確かに欲しいかも、と思ったゲームの1本なのですが、以上の理由から購入チェックリストから削除したんですよね。
同じ買うなら世界中の迷宮かな、などと思ってますが、BBH熱が高い今、出費は控えているのが本当の理由だったりします。あれ、1ゲーム500円するんですよ。昔の私なら絶対やらないんですけどね(^^;
Posted by BlueTasu at 2007年02月28日 00:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。