2007年02月18日

No.307 フェブラリーS

 書きたくねぇっ! 書きたくないけど、けど……書かないわけにはいかないじゃないかっ!

 マヤノトップガン産駆期待のメイショウトウコンがフェブラリーSに挑み、結果は……


 1


 でした。
 ……間に小さく1が入っているのには目を瞑ってください(T-T)


 とまぁ、悪あがきはおいといて、強かったですね、サンライズバッカス。
 ここのところウオッカといい、酒の時代が到来したのかよ、と言いたくなるほどの快勝。ディープインパクトっていう名前のお酒もありますしね(まぁあれは活躍してから製造されたんですけど)。
 それにしても、さすが、同距離でカネヒキリを破ったことのある馬です。

 サンライズバッカス.jpg

 それにしても、サンライズバッカスより、アンカツこと安藤勝己騎手の好調さが目立ったレースでした。最終レースもサクッと勝ってるし。
 今年重賞3勝目だっけな。
 フサイチホウオーの主戦騎手として、春は彼を中心にまわることになるんでしょう。
 止めてくれ、オーシャンエイプス!! と思ってたら、聞いたところによると怪我しちゃったそうで……セツナイ。
 悪いニュースって重なるもんだなぁ。

 結局春の楽しみは、暮れ同様、ハロースピードに委ねられちゃいましたねぇ。
 また新たなトップガン産駆の台頭を期待したいと思います。


posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。