2007年02月14日

No.302 連想音楽 のち めぞん

 2月14日はバレンタインデー。
 脳内では『バレンタインデー=バレンタイン監督=DEEN』という図式が成立したりするのですが(すんなっ!)、今日の話には全くもって関係ないです。
 ……いきなりどうでもいい話、すいませんでした。反省してます。たぶん。

 今日も今日とて9時まで残業(先週に比べりゃ随分早い)。
 当たり前ですが、会社での話題はもっぱらバレンタインデー。
 昼にテレビをつけてもバレンタインデー。
 帰り道、街を歩いていてもバレンタインデーの文字が飛び交い、電車の中の広告もバレンタインデー。
 家に帰ってもバレンタインデー。
 とにかく一日バレンタイン。
 そこまで連呼されると、イヤでも連想してしまいます。
 そう、バレンタインデーと言えばチョコレート。
 チョコレートのCMで思い出される曲と言えば?

 

 チョコレートのCM曲で好きな曲は、この安全地帯のショコラという曲ですね。
 これ、いつの曲だっけ? まぁとにかくお気に入り。
 こんな日に聴くのもオツですな。

 まぁそんなこんなで、脳内でショコラの曲が鳴り響けば、次に思い出すのは過去の名曲。
 私は今でも安全地帯が結構好きなんですが、最初に安全地帯を好きになったきっかけってなんだったっけな、などと考えると、あるアニメを思い出しました。
 犬夜叉などでお馴染みの人気漫画家、高橋留美子の『めぞん一刻』ですね。 

 

 86年に発売した『好きさ』という曲ですね。
 この漫画、私が小学生の頃にやっていたんですが、その頃は存在を知っていても熱心に観るほどではありませんでした――が、中学生くらいに、まとめて読むとその面白さに夢中になってしまいましたね。
 それからレンタルビデオでアニメのめぞん一刻を探しましたが……ありませんでしたね。田舎でしたし。
 今はネットという手段がありますけど、当時はとても悔しい思いをしました。うん。
 そんな中でも、この『好きさ』という曲は今でも放送で流れていたのを思い返せるくらい、好きな曲でした。

 で、このめぞん一刻で好きになった曲がもう2つ。
 それがED曲で、ピカソというグループが歌っていた曲です。

 
 

 1つ目は『ファンタジー』という曲。
 2つ目が『シネマ』という曲。
 CDは持っているんですが、前の家に残したままで……今手元にないんで超強録で作成したファイルなんですよね。

 安全地帯の『好きさ』といい、この2曲といい、どこか哀愁を感じさせるメロディが印象的。
 私はこういう曲が好きなようです。
 そのなかで、このピカソの中でも一番お気に入りの曲がコレ。

 

 めぞんとは関係ありませんけど『a Piace of Love』という曲です。
 ファンタジーやシネマとは違った感じの曲で、ピカソの今までの曲とはまったく感じの異なる、新しい可能性を感じた曲でした。
 その後、ピカソは4枚ほどシングルを出すのですが、あまり売れなかったのか、95年に活動停止してしまいました。
 と思っていたら、2000年に自主レーベルを立ち上げて、活動再開していたことが、今日wikiで調べて発覚。
 マジかよ、知らなかったよ……。

 なんか今年の春に、めぞん一刻のドラマ化が決定しているそうで。
 そのときには是非、ピカソに再び主題歌なり挿入歌なりを歌ってもらいたいなぁと思います。
 無理かな?

 とりあえず今日はこんなところで。

 ――――――――――――――――――――――――――――

(一部の人が知りたいであろう事柄として報告すると)私のバレンタインデーは、ハルちゃんから手作りチョコケーキを頂きました。
 他にも会社から義理チョコを大量に頂いてしまいました……その数21個。
 異動する前の会社でも結構もらったりはしていたんですが、異動してすぐに頂けるとは思いもよらず、どうやって持って帰ったものか途方にくれ、一部まだ会社に放置したままだったり……。
 しばらく糖分とカカオ成分には事欠かなくなりそうです。
 つか、食いきれねぇよ。
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。