2006年12月17日

No.268 ダイヤのA

 ダイヤのA.jpgダイヤのA 2巻.jpgダイヤのA 3巻.jpg

 最近お気に入りの野球漫画、それが週間少年マガジンで連載中の 『ダイヤのA -エース-』 だ。

 この野球漫画は、よくある 『弱小校が強豪校に立ち向かって行く』 といったストーリーではなく、強豪校の中で主人公がエースを目指して邁進する、といったストーリー。
 選りすぐられた大勢の選手たちの中で、ひた向きに己を磨くことに腐心する主人公、沢村栄純(さわむら えいじゅん)がひたすら熱い。――馬鹿だけど。
 武器は本人も意識せずに投げている、関節と手首の柔らかさから繰り出される、上下左右、ナチョラルに変化するムービングボール。
 本当に意識せずに投げているためか、キャッチボール相手に「キモい」と言われたり、返球した球がランナーを直撃したりといちいち笑える。
 その武器に磨きをかけ、1軍のマウンドを目指す。

 ライバルも面白い。
 降谷暁(ふるやさとる)は一年生とは思えぬ速球を投げる怪物。
 ただ速球だけが武器で、守備やチームプレーが苦手。
 捕手の返球すらグラブで弾くほどの下手っぷり。
 だがそれらを気にせずクールで無愛想な態度は傲岸不遜。
 沢村とどちらにエースナンバーが渡るのか、今から楽しみだ。

 今月、待望の3巻が発売されたばかり。
 物語は(たぶん)まだまだ序盤だろう。
 長く楽しめる作品となっていってくれることを期待している。

(ただ同じマガジンの、はじめの一歩ほど長かったら困るけど(^^;)


posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。