2006年12月14日

No.265 カルドセプトサーガ 風属性クリーチャー

 現在ストーリーモード2周目に突入。
 何ゆえこのように長いゲームを、2周もせねばならぬのか、といつも自らに問うているのだが……理由は簡単、私が馬鹿だから!
 カードコンプリートのためには、クリアデータで過去のステージをプレイしないといけないのだが、私はそれをすることなく、最初からスタートしたデータで上書きしてしまったのだ。
 ああ、もうなんたる馬鹿! 馬鹿馬鹿馬鹿! 死んでしまえ私!

 全30からなるステージを1から。あー、しんどい……。
 皆様方はそのような馬鹿な真似をやらかさないように、お気をつけください。
 そんなわけで(どんなわけだ)今回は、サクヤを求めていたときにアッサリとコンプリートしてしまった、風属性クリーチャーを50音順に軽くご紹介。

 アサシン.JPG アサシン配置.JPG

 アサシン レア度=S ST=40 MHP=10 魔力=20+風+□
 特殊能力:領地[80G・対象の、ダメージを20以上受けているクリーチャーを破壊し、自分は手札に戻る]
 私的見解:領地能力が微妙。20以上受けているクリーチャーを破壊するのは良いが、手札に戻ってしまい、しかも再度使用には生贄が必要とあっては……。

 イエローオーガ.JPG イエローオーガ配置.JPG

 イエローオーガ レア度=N ST=30 MHP=40 魔力=50
 私的見解:特殊能力はなし。魔力が50なので、ばら撒き用として序盤は需要があるが……。オーガロードを使用する以外には必要ないクリーチャー。

 ウィッチ.JPG ウィッチ配置.JPG

 ウィッチ レア度=N ST=20 MHP=30 魔力=50
 アイテム制限 : 武器不可
 特殊能力:領地[30G・対象敵セプターから、その手札にあるスペル・アイテムカードの数×20Gを奪う]:巻物強打
 私的見解:巻物強打が地味に良い。領地能力は微妙。せめて使用コストがタダならね……。ブックに巻物が多いなら、ばら撒き用としての価値はある、かも。

 ウェンディゴ.JPG ウェンディゴ配置.JPG

 ウェンディゴ レア度=N ST=30 MHP=50 魔力=70
 特殊能力:戦闘終了時[アイテムを使用しない場合、防御側クリーチャーに『フォッグ』の呪い効果]
 私的見解:一見使い難い特殊能力に思えるが、そんなことはない。倒される心配のない敵クリーチャーに攻め込み、フォッグの呪いを与えれる。特にランドプロテクトに守られている領地に有効で、フォッグの呪いを上書きすることが可能だ。風ブックなら1枚は入れておいて損はないと見るが。

 ガルーダ.JPG ガルーダ配置.JPG

 ガルーダ レア度=R ST=0 MHP=40 魔力=60+風風
 配置制限:地不可
 特殊能力:戦闘中[ST&HP=配置されている風属性クリーチャーの数×10]
 私的見解:STが0なので、ルナティックライトには気をつけねばならないが、風ブックではとても頼りになるクリーチャー。マップが広ければ広いほど効果を発揮するだろう。ただし配置制限が厳しいので注意。

 クラウドギズモ.JPG クラウドギズモ配置.JPG

 クラウドギズモ レア度=N ST=10 MHP=30 魔力=30
 特殊能力:領地[20G・対象セプターの手札を1枚選び、破壊する:対象セプターはカードを1枚引く]
 私的見解:30Gで召喚できる上に、領地能力がなかなか良い。ただしカードを1枚引く、という点がなければだけど(^^; MHPはこういったクリーチャーとしては珍しく30あるし、アイテム制限もないので見かけに反して案外タフだったりする。

 グリフォン.JPG グリフォン配置.JPG 
 
 グリフォン レア度=N ST=50 MHP=50 魔力=90
 配置制限:地不可 アイテム制限:巻物不可
 私的見解:コストが90と安くはなく、特に特殊能力があるわけではない。STとMHP50をどう見るか、だろう。

 グレムリン.JPG グレムリン配置.JPG

 グレムリン レア度=S ST=20 MHP=30 魔力=70
 アイテム制限:巻物不可
 特殊能力:戦闘開始時[対戦相手のアイテムを破壊する]
 私的見解:風地形の拠点防衛として優れた特殊能力を有する。敵のアイテムや援護を完全に封じるということは、選択肢を減らすということ。防衛拠点としてはMHPが30と低いのでなんとかする必要があるが、なんとか出来れば非常に強力。

 ケンタウロス.JPG ケンタウロス配置.JPG

 ケンタウロス レア度=N ST=30 MHP=40 魔力=80
 特殊能力:先制:使用したアイテムはブックに復帰する
 私的見解:ST30は微妙。そしてコスト80も、先制があるとはいえアイテムの使用を前提としているため、微妙に高いのではないかと。

 サキュバス.JPG サキュバス配置.JPG

 サキュバス レア度=N ST=40 MHP=40 魔力=50+□
 配置制限:地不可 アイテム制限:巻物不可
 特殊能力:攻撃成功時[対戦相手の基本ST=0]
 私的見解:ルナティックライトのスペルとコンボになる。生贄が必要なのをどう見るかだが、バランスのとれた使いやすいクリーチャーであることは確か。先制できれば敵のSTを0にするため、反撃を受ける心配もないので便利。

 シルフ.JPG シルフ配置.JPG

 シルフ レア度=N ST=20 MHP=20 魔力=20
 特殊能力:無効化[MHP40以上のクリーチャー]:領地[100G・『ガルーダ』に進化]
 私的見解:アイテムが全て使用可で、比較的多いMHP40以上のクリーチャーの攻撃を無効化するのでコストの割りにタフ。領地能力でガルーダに進化できる点も応用が利くので、ばら撒きようとしてなかなか使えるクリーチャー。

 スフィンクス.JPG スフィンクス配置.JPG

 スフィンクス レア度=R ST=40 MHP=50 魔力=80+風+□
 配置制限:地不可
 特殊能力:攻撃成功時[混乱]:応援[地クリーチャー・HP-10]
 私的見解:配置制限が厳しいが、それなりの能力を備えているクリーチャー。アイテム制限がないところも良い。地属性クリーチャーを使用しないならブックに1枚程度入れるのもアリか。

 スプリガン.JPG スプリガン配置.JPG

 スプリガン レア度=N ST=30 MHP=30 魔力=40
 特殊能力:領地[80G・『グレンデル』に進化]
 私的見解:水属性クリーチャーであるグレンデルに進化できる、というだけのクリーチャー。どちらの属性の領地に配置しても対応できるという点は、ある意味複属性カードと言えなくもない。が、実際グレンデルの能力も微妙なので、そこらへんは好みで。

 スペクター.JPG スペクター配置.JPG

 スペクター レア度=N ST=0 MHP=30 魔力=30
 特殊能力:戦闘中[ST&HP=10〜70のランダムな値]
 私的見解:私の好きなランダムクリーチャー。ランダムで数値が変化するクリーチャーというのは、案外攻め難かったりする。まぁルナティックライトを使用されると一撃で破壊されてしまうが、コストが30のみなので私はばら撒きようとして数枚入れることもある。

 スレイプニル.JPG スレイプニル配置.JPG

 スレイプニル レア度=S ST=40 MHP=40 魔力=60+風
 アイテム制限:巻物不可
 特殊能力:領地[60G・使用者の領地に配置された対象クリーチャーを2マス移動させる]
 私的見解:チャリオットのスペル効果を備えたクリーチャー。このスペルは色々応用が利き、使い方次第で戦況に変化をつけることができるので、風ブックには1枚は入れるクリーチャー。

 ソードプリンセス.JPG ソードプリンセス配置.JPG

 ソードプリンセス レア度=R ST=40 MHP=30 魔力=90+風
 特殊能力:先制:呪身[『ファンタズム』]:領地[100G・『アームドプリンセス』に進化]
 私的見解:別名おっぱい姫。カードグラフィックだけで数枚ブックに入れる輩も。先制能力に加え、自動的にファンタズムで守られる点も良いのだが、拠点用としてはアームドプリンセスへの進化まで行わなければならず、かなりのコストがかかるので、使用者の好みが最も如実に反映されるクリーチャーと言える。

 ソウルコレクター.JPG ソウルコレクター配置.JPG

 ソウルコレクター レア度=R ST=20 MHP=30 魔力=60+□
 特殊能力:戦闘中[ST+今までに破壊されたクリーチャーの数×5]
 私的見解:終盤、展開次第ではSTがどえらいことになるが、インシネレートのスペルを使用されると、途端に役立たずになる微妙なカード。使えるかどうかは相手のブックに左右されるので、そこのところは一種の賭けになる。

 ダンピール.JPG ダンピール配置.JPG

 ダンピール レア度=R ST=40 MHP=40 魔力=80+風
 特殊能力:無効化[地]:即死[地・60%]
 私的見解:地属性キラークリーチャー。攻撃が一切効かず、かつ即死効果をもつという非常に強力なクリーチャー。ただしそれは地属性クリーチャーに対しての話で、それ以外を相手にするときは風属性ファイターと化す、用途限定クリーチャー。今回地属性クリーチャーの使い勝手がよいので、ブックに1枚はあっても良いかと。

 チェラブ.JPG チェラブ配置.JPG

 チェラブ レア度=R ST=10 MHP=30 魔力=30+風
 特殊能力:攻撃成功時[MHPが50以上のクリーチャーを手札に戻す(60%)]
 私的見解:愛らしいお顔の割りに、凶悪な能力を秘めたクリーチャー。60%という数字をどう見るかだが、コストも安いので使い捨てもできるという点が、このクリーチャーの凶悪性を高めている。こやつに泣かした人多し。泣かされた人もまた多し。

 テトラーム.JPG テトラーム配置.JPG

 テトラーム レア度=R ST=10 MHP=40 魔力=60+□
 特殊能力:攻撃を2回行う
 私的見解:生贄を必要とするが、配置に地形が必要なく、かつ全てのアイテムが使用可能。これが何を意味するのかと言うと、巻物攻撃ですら2回攻撃してしまうという点。もの凄く極悪。フュージョンで100ダメージの巻物ダメージとか、ありえないんですけど。配置制限がないので、他のブックにも組み込みやすいクリーチャーで、MHPも40という点もまた極悪。サーガの要注意クリーチャーの1つだ。ヤバイって。

 テング.JPG テング配置.JPG

 テング レア度=S ST=40 MHP=40 魔力=110
 特殊能力:先制:巻物強打:エリア内の離れた、敵セプターが持つ風地形へ移動できる
 私的見解:こいつの存在が風ブックを組み難くしている風クリーチャー。離れた風地形へいつでも飛べるので、風地形の領地レベルを非常に上げ辛い。コストは110と割高だが、召喚に配置制限がないので他のブックにも組み込める。先制で巻物強打という点もまた惨い。前作まで主力の1枚だった忍者を、さらに強化したようなクリーチャー。前述のテトラームと並び、要注意クリーチャーの1つ。

 トランプルウィード.JPG トランプルウィード配置.JPG

 トランプルウィード レア度=S ST=20 MHP=60 魔力=30+風
 アイテム制限:武器・巻物不可
 特殊能力:防御型:配置した領地のレベル変更はできない
 私的見解:領地のレベルを変更できない防御型クリーチャーに存在意義があるのか非常に微妙。確かにMHPは60と高く、防具も使用できる点は評価できるが……。どうでもいいけど、こいつを見て塊魂を連想したのは私だけではないはず。

 トルネード.JPG トルネード配置.JPG

 トルネード レア度=N ST=20 MHP=50 魔力=50
 配置制限:地 アイテム制限:鎧・巻物不可
 特殊能力:先制:防御型:戦闘中[ST+30、HP-10]
 私的見解:防御型なのに攻撃型なクリーチャー。先制能力を持った敵に攻め込まれると脆いが、その攻撃力の高さは脅威。これでコストが50なので、序盤は水・風ブックの方が使い勝手が良いのがわかろうと言うもの。個人的にこいつを使用する場合、チャリオットやテレキネシスのスペルを駆使し、隣の領地に攻め込むような使い方が正しいんじゃないかと。

 ドゥードルビートル.JPG ドゥードルビートル配置.JPG

 ドゥードルビートル レア度=R ST=10 MHP=50 魔力=40+□
 アイテム制限:巻物不可
 特殊能力:防御型:呪身[『クイックサンド』]
 私的見解:微妙。クイックサンドとは、ケルピーのような足止め能力を2Rの間だけ発揮する呪い。ケルピーと違うのはMHPが50と比較的高めな点だが、2Rしか持続しないのでは使いどころが非常に難しい。配置に生贄が必要な点もまた迷うところ。名前の発音のし辛さは風クリーチャーでナンバー1、という点は特に意味がない。

 ナイキー.JPG ナイキー配置.JPG

 ナイキー レア度=S ST=30 MHP=30 魔力=60+風
 アイテム制限:鎧不可
 特殊能力:先制:攻撃成功時[マヒ呪い]
 私的見解:先制を持ち、マヒの呪いを付加させるので、なかなか強力なクリーチャー。防具が使用できれば拠点防衛用としても使えたのだが、道具類を充実させているのなら可。高額領地の隣に配置し、マヒを狙うもよし。使いこなせば相手に嫌がられること間違いなしのクリーチャーだ。

 ナイト.JPG ないと配置.JPG

 ナイト レア度=N ST=50 MHP=40 魔力=90
 特殊能力:強打[MHP50以上のクリーチャー]
 私的見解:侵略用クリーチャーとしては微妙だし(MHP50以上、というのはかなり限定される)、コストも90というのが微妙。汎用性に欠けるクリーチャーではあるが、アイテムは全て装備できる点と、ST50という数値をどう見るか、かな。どうでもいいが、プレートメイルを使用し、鎧の重ね着だー、などとボイスチャットで叫んだ馬鹿は私です。

 ナイトフィーンド.JPG ナイトフィーンド配置.JPG

 ナイトフィーンド レア度=R ST=20 MHP=40 魔力=70+風風
 配置制限:地 アイテム制限:武器・鎧不可
 特殊能力:先制:戦闘中[ST+戦闘が起こった領地のレベル×20]
 私的見解:先制で、かつ領地レベルによってSTが上がるのは頼もしいが、武器が使用できないので確実性に疑問。それでいては位置制限は風地形が2つと厳しく、鎧すら使用できないので、敵クリーチャーの所持アイテムをしっかりチェックできていないと使用が難しいクリーチャーだ。領地レベル5の土地ではSTが120、というのは確かに頼もしいんだけどねぇ。

 ナイトメア.JPG ナイトメア配置.JPG

 ナイトメア レア度=S ST=30 MHP=30 魔力=50+風
 特殊能力:貫通
 私的見解:ナイトと名のつく風クリーチャーは3対いるが、全て侵略用。中でも一番使用し易いのはナイトメアかと思われる。なんといっても貫通が強い。今回、貫通能力を持っているクリーチャーは少ないように思うし、そういう意味では使い応えがあるクリーチャーと言える。しかし防具でアッサリ防がれてしまうことも多いので、過信はできないのだが……。

 ハーピー.JPG ハーピー配置.JPG

 ハーピー レア度=N ST=30 MHP=30 魔力=60
 特殊能力:先制
 私的見解:先制持ちで、水属性のリザードマンよりコストが10安いが、ばら撒きようとしては少々高い。確かに先制能力は便利なのだが、ブックに何枚も入れるようなクリーチャーではない。

 パウダーイーター.JPG パウダーイーター 配置.JPG

 パウダーイーター レア度=S ST=1 MHP=1 魔力=0
 アイテム制限:巻物不可
 特殊能力:移動時に増殖し、元の領地と移動先の両方に配置される
 私的見解:ある意味、最高のばら撒き用クリーチャー。広いマップでどんどん増殖させることが可能。コストも0なので、気軽に使用できるといえばできるのだが、戦闘になればアイテムで補助しない限り確実に殺されるが、そもそもアイテムを使用したくない。ブックに空きがあるのなら。

 パラディン.JPG パラディン配置.JPG

 パラディン レア度=R ST=50 MHP=50 魔力=90+風
 配置制限:地
 特殊能力:強打[無]:再生
 私的見解:さすがナイトの上位ジョブ、的な能力。今回、無属性クリーチャーが使いやすくなり活躍の場が増えたので、無属性クリーチャーに対して強打を持つパラディンの存在は大きいかと。コストはそれなりだが、再生を持っているので拠点としても使えるしね。

 フォートレス.JPG フォートレス配置.JPG

 フォートレス レア度=S ST=10 MHP=50 魔力=30
 アイテム制限:武器・巻物不可
 特殊能力:防御型:領地[30G・対象敵クリーチャーに10ダメージ]
 私的見解:これがコスト30で良いのか? と思うほど使い勝手の良いクリーチャー。防具が装備できる防御型で、ルナティックライトも耐えられる。さらに領地能力も使い勝手が良く、風クリーチャーの拠点はコイツで決まり、といった感じだ。

 フライバッファ.JPG フライバッファ配置.JPG

 フライバッファ レア度=R ST=20 MHP=40 魔力=40+風+□
 アイテム制限 : 道具・巻物不可
 特殊能力:敵破壊時[自分は破壊される]:自破壊時[対戦相手を破壊する]
 私的見解:以前紹介したが、保険に使えるクリーチャー。コストは生贄が必要だったりと微妙な感じだが、高額領地対策として1枚くらいはほしいところ。つか、2,3枚入っていても良い。

 ブリッツレイブン.JPG ブリッツレイブン配置.JPG

 ブリッツレイブン レア度=N ST=20 MHP=30 魔力=30
 アイテム制限 : 巻物不可
 特殊能力:強打[MHP30以下のクリーチャー]
 私的見解:コストの割りになかなか使い勝手の良いクリーチャー。先制があれば尚良かったが。ただ受けにまわると脆いので、ばら撒きようとしては微妙かもしれない。関係ないが、私はコイツが風クリーチャーの最後のカードだったのは謎。

 プルサガリ.JPG プルサガリ配置.JPG

 プルガサリ レア度=N ST=40 MHP=40 魔力=90
 アイテム制限 : 巻物不可
 特殊能力:戦闘終了時[対戦相手がアイテムを付けて戦闘した場合、ST&MHP+10(各最大100まで)]
 私的見解:コストが高い。微妙。特殊能力も相手頼みなので、ファイターとあまり変わらない気がする。同じコストを消費するならナイトのほうがまだ良いだろう。

 ペガサス.JPG ペガサス配置.JPG

 ペガサス レア度=N ST=30 MHP=20 魔力=60
 アイテム制限 : 巻物不可
 特殊能力:先制:スペル領地能力の対象に選べない:無効化[巻物攻撃]
 私的見解:コストもそれなりに使いやすく、先制もあるので使い勝手が良いが、MHPの低さが致命的。同じコストなら巻物も使用できるハーピーのほうが私は上と見るが。

 ホーリーラマ.JPG ホーリーラマ配置.JPG

 ホーリーラマ レア度=N ST=20 MHP=40 魔力=60
 アイテム制限 : 巻物不可
 特殊能力:領地[30G・対象セプターに「ホーリーワード6」の単体呪い効果]:エリア内の離れた風属性地形(空地)へ移動できる
 私的見解:領地能力のホーリーワードがとても役立つ上に、離れた風地形へ移動できるのも便利。かつコストも安く、オススメクリーチャー。

 ミュータイタン.JPG ミュータイタン配置.JPG

 ミュータイタン レア度=S ST=50 MHP=60 魔力=70+風
 アイテム制限 : 巻物不可
 特殊能力:呪身[『シニリティ』]
 私的見解:シニリティの呪いは移動で消せるので、さほど気にする必要はなく、それを考えればなかなか高い能力と言えなくもない。私的には微妙だが……。

 ミラージュ.JPG ミラージュ配置.JPG

 ミラージュ レア度=S ST=30 MHP=30 魔力=50
 特殊能力:呪身[『シミュラクラム』]
 私的見解:使いどころが難しいが、魔力さえ惜しまなければこれほど優秀な防衛クリーチャーもまたいない、のだが……。好みの問題だろうか。私は使わないケドね。

 モスマン.JPG モスマン配置.JPG

 モスマン レア度=N ST=30 MHP=50 魔力=90+□
 特殊能力:先制:戦闘中[ST&HP=配置されている無属性クリーチャーの数×10]
 私的見解:自身は無属性ではないのに、無属性の配置数で能力変化を起こす一風変わったクリーチャー。無属性ブックに必ず入っている。コストは高いが、状況によっては先制能力と相まって、非常に頼りがいのある、また厄介な存在となる。

 ライトニングドラゴン.JPG ライトニングドラゴン配置.JPG

 ライトニングドラゴン レア度=R ST=60 MHP=50 魔力=140+風風
 配置制限 : 地不可
 アイテム制限 : 武器・防具不可
 特殊能力:先制:無効化 : [風属性]:領地[80G・対象の水属性または地属性クリーチャーに30ダメージ]
 私的見解:コストが高く、配置するまでが大変なクリーチャー。その割りに武器・防具使用不可なので、数字ほどの脅威は感じない。最も脅威なのが領地能力で、水・地属性クリーチャーとしてはその領地能力の矛先がこちらへ向かないか、気が気ではないだろうな。条件が厳しいのであまりお目にかけないが、見かけたときは自分のブック次第では即対処しないと酷い目にあう。

 レプラコーン.JPG レプラコーン配置.JPG

 レプラコーン レア度=R ST=20 MHP=20 魔力=40+風
 特殊能力:戦闘開始時[自分のアイテムを対戦相手に与え使用させる]
 私的見解:使い勝手が非常に難しいクリーチャーだが、アイテム破壊の影響を受けることなく、相手に強制的にアイテムを使用させてしまうところがなんとも恐ろしい。ストームコーザー(ST+60,HP-30)や、ガセアスフォーム(ST=0 巻物以外の攻撃無効化)など、状況に合わせて使いこなせば面白い。ただHPが20と低く、マジックボルトの1発でやられてしまうのには笑えないのだが……。

 レベラー.JPG レベラー配置.JPG

 レベラー レア度=N ST=40 MHP=60 魔力=100+風+□
 アイテム制限 : 巻物不可
 特殊能力:戦闘終了時[戦闘が行われた領地が風属性地形以外の場合、領地のレベルを1下げる]
 私的見解:コストが高い割りに能力は微妙なクリーチャー。使いどころとしては、風地形以外の高額領地の横に配置しての嫌がらせくらいだろうが、それだけのために貴重なブックの枠を消費するというのも……。

 ロードオブベイン.JPG ロードオブベイン配置.JPG

 ロードオブベイン レア度=R ST=70 MHP=60 魔力=160+風風+□
 配置制限 : 火不可
 特殊能力:領地[60G・対象敵セプターは、所持する護符の数×5Gの魔力を失う]:応援[水属性・風属性クリーチャー・ST+10]
 私的見解:自分だけでなく、敵クリーチャーの水・風クリーチャーのSTも上げてしまうので、相手次第では迷惑なクリーチャーとなりうる。領地能力は護符戦には強いが、今回あまり護符戦にならないしなぁ……。配置までの道のりがあまりに険しく、コストも高い。ただST70は非常に魅力的なのだが。

 ワイバーン.JPG ワイバーン配置.JPG

 ワイバーン レア度=S ST=40 MHP=40 魔力=90
 配置制限 : 地不可
 アイテム制限 : 防具不可
 特殊能力:先制:エリア内の離れた風地形(空地)へ移動できる
 私的見解:移動能力と、先制能力の使い勝手はとても良い。が、コストは90と高めだし、防具も装備できないので風地形を確保しても守りきることがなかなか難しかったりするので、私的に最近微妙なクリーチャー。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 以上の風属性クリーチャー、全てを集めるとイベントカード、テレイアが手に入る。

 テレイア.JPG

●スペルカード
 テレイア レア度=E 種類=単瞬 魔力=100
 使用者の持つ水風領地数の合計が5つ以上の時、対象領地のレベルを1にする

 使える状況はかなり限られているが、後半になればなるほど効果が非常に大きくなるスペルカード。広いマップでの対戦ではブックに組み込んでみるのもアリだろうか。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 ……疲れた。


posted by BlueTasu at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つかデータを上書きって集めたカードはなくなってないんですよね?もしそうならホントに死にたくなるかも(^^;。
死なないけど。

つかここまで貼るのは大変だったでしょうね。お疲れです。つかコメントを残さない方が多いでしょうけど、水面下で参考にされる方、おっぱい姫を堪能される僕(^^;などもいると思うので、テンションが上がり次第他のカードも貼って貰いたいところ。つかやっぱカードゲームは絵が命かもなぁとシミジミ思った次第です。
Posted by クリス at 2006年12月15日 02:34
色々ためになり、自分自身も改めて考えさせていただきました。
お疲れ様です。
こちらはおっぱい姫が全く出ないので、色々助かりました。
Posted by 荒屋敷零壱 at 2006年12月15日 06:33
コメントさんくすです。
死ぬほど苦労したので、コメントがあるとやっぱり嬉しいです。

>クリスさん
カードデータはなくなったわけではないので大丈夫です。
なくなってたら死んでます。
おっぱい姫は堪能されましたか。
できればアームドプリンセスに進化した姿も貼りたかったのですが、戦闘中しかカードイラストを見ることができないんですよね。
なので、シャッターチャンスがあれば貼ってみたいと思います。

画像は携帯で、しかも(いまだに)ブラウン管テレビのものを撮影したので、色合いがおかしくなってます。
ですがまぁ、雰囲気は伝わったかな、と。
今後も、できればクリーチャーだけでも全てアップしていきますので、楽しみにしておいてください。

>荒屋敷零壱さん
同じくおっぱい姫、堪能されたようで何よりです。
どう助かったのかは詳しく聞きませんが……。
うちにはおっぱい姫は10枚もあるので、出ないんでしたらあげたいくらいですね(^^;
こちらのカードの解説は、私なりの解説だということをお忘れなきよう。
こういうクリーチャーなんだ、と決め付けず広い視野を持って考えてみてください。
そうすれば他の使い方が思いつくかもしれませんから。
Posted by BlueTasu at 2006年12月16日 02:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。