2006年12月11日

No.262 カルドセプトサーガ その十

 眠い、眠すぎる……。

 最近、というかカルドサーガ発売以来、常に3〜5時までプレイ。
 睡眠時間は常に2時間〜4時間というところであった。
 これには理由がある。
 最初はただ単純に面白さから。
 しかし12月に入ってからは様相が変化し、とあるカードがまったく出ず、意地になってプレイし続けていたせいだ。
 26歳のオッサンに、何もここまでやらせなくてもいいじゃないか、と思うほど出ない。
 そのカードの名は 『サクヤ』。
 地属性クリーチャーである。

 今回、地属性が強いんじゃないか?

 火水地風の4つの属性のカードを見比べていたとき、一際惹かれたのが地属性クリーチャーたちであった。
 まずばら撒きように「スピニーアガマ」が強いということ。
 50Gの低コストで、攻撃の1/2を反射する特殊能力は強過ぎる。
 それから 「マッドマン」 も強い。
 40のHPにプラスして、配置されている地属性クリーチャーの数×5が戦闘中に上乗せされるのだ。しかもコストは65Gとこれも優秀。
 他にも侵略時にはSTが50になるワーボア。
 領地コマンドを使用できるようになる啓示を即時能力で使えるヘラルドスピリット。
 戦闘中、30プラス配置されている地属性クリーチャーの数×5するブランチアーミー。
 配置されている地属性クリーチャーの数×20Gを領地能力で得られるスパッドフォーク。
 2回攻撃を行うケルベロスや、先制を持ち攻撃で与えたダメージをHPに加えるバンパイア。

 先制能力を持っていないクリーチャーが多いのが欠点だが、それを補って余りある、魅力ある特殊能力を兼ね備えたクリーチャーが多いのが特徴なのだ。
 今回、地属性クリーチャーは強いだろう、と私は感じ取った。

 ならばこそ。

 単色ブックで構成するには、必ずといっていいほど必要なものがある。
 それは地形を属性変化させることのできるスペルである。
 それはワイルドグロースというのだが、それよりももっと良いものが存在したのである。
 それが『サクヤ』の特殊能力である。
 なんとこのお嬢さんは、80Gのコストで、所有領地の属性を地属性に変化させてしまう領地能力を持っているのである。
 しかも即時能力もあるので、配置したら即効果を発揮することが出来る。
 コイツは絶対地属性の単色ブックに必要な存在だ!
 オンラインで対戦相手が使用しているのを見た瞬間、(その能力に)一目惚れしたのである。

 ナントシテデモ手ニ入レナクテハ....

 目標枚数は2枚。できれば3枚。
 私は帰宅後、毎日狂ったように『サクヤ』を求め、対戦を繰り返す日々。
 求め初めて3日が過ぎた。まだでない。
 当然だ。
 サクヤのレア度はRと、最も出難いカードとして設定されているのだ。
 求めてすぐに出るようなカードでないことは最初からわかっている。
 我慢だ。忍耐だ。根気だ。辛抱だ!!
 私は唇を真一文字に食いしばり、淡々としたカード集めの作業を懸命に進める一方で、ネットにも検索をかけ続けた。
 『カルドセプト』『サーガ』『サクヤ』『カード情報』といった単語から、『うちのサクヤ知りませんか?』 などといった単語も入力して検索してみた……のだが、やはりヒットしなかった。馬鹿丸出しである。

 探し続けて3日が、やがて4日、5日となり、ついには1週間。

「でねぇ……」

 もはや何度目とも知れぬ呟き。
 サクヤ以外のレアカードは溜まっていくものの、一向に出現する気配なし。

 そして9日目。
 
 なんと風属性クリーチャーをコンプリートしてしまった。
 目当てのサクヤは一向に出現する気配はないのに、風属性のクリーチャーは全部揃ってしまうとはなんたる皮肉。
 しかも風属性最後の1枚は、レア度最低のNであるブリッツレイブンであった。

「どないなっとんのじゃああっ!」

 ダイスの目すら乱数にできぬプログラマーが、イタズラ心を起こして私のカルドサーガのサクヤだけ出ない様に仕組んだのではあるまいな! などと疑い始める。
 実際このダイス目バグは致命的だよな……。

 それは兎も角!

 ついに10日目。
 風のレアカード、ソードプリンセスがついに二桁、10枚を突破。
 もうええっちゅーねん、お前の乳は見飽きたっちゅーねん!
 私の精神は異常をきたし始めた(元々ヤバイという説もアリ)。

 そして本日、11日目。

 482種類あるカードのうち、460種類目。
 総計にして2475枚目のカードで、ついに、ついに...

 サクヤ.jpg

 サクヤ でたーっ!!

 辛く、長い戦いであった。
 しかし今ここに、ようやくサクヤを手に入れた!!

「でも、目標数は2枚だったよな……」

 ……。

 5000枚を突破する前に出てきますように……と祈る私。
 次なる試練は始まったばかりであった……。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 サクヤ のようなレア度の高いカードをピンポイントに狙いたい場合、そのカードが出やすいマップで対戦することをオススメします。
 私の場合は 『蒼き密林のメルキゼキア』 で出現。
 ここは12枚の報酬のうち、火・地属性クリーチャーと、武器・防具・道具のカードしか出ないため、火属性や地属性クリーチャーを狙う場合、最も効率よく集めることが出来ます。

 同じく霧の国ブリュメーアなら、水・風クリーチャーと単瞬、単呪、複呪効果のスペルカードしか出ないので、水・風属性クリーチャー狙いならここがオススメです。

 満遍なく集めたいなら、最終ステージである『神々の世界への階段』が良いでしょう。
 ここでなら16枚も報酬がもらえますし、唯一全ての種類のカードが出るからです。

 ちなみに私がサクヤ狙いで、メルキゼキアでの木偶回しを始めたのは実は今日、11日目からだったりします。
 もっと早くに気付いていれば……。



posted by BlueTasu at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一念岩をも通すという感じですね。こういう願いが叶う瞬間というのは本当にタマラナイものがあります。僕もリアルポケモンカードで目当てのカードが出た瞬間の恍惚を思い出しましたよ(^^)。
Posted by クリス at 2006年12月12日 05:22
クリスさんども、毎度です。

今年一番頑張ったことは、間違いなくサクヤ絡みでしょうね(^^;
カードゲームは、ほしいカードが出た瞬間というのは、何事にも代え難い快感があります。
カードヒーローのときも似たような経験があり、私も長らく忘れていたものを思い出しましたね。
そういう意味ではカルドサーガに感謝なんですが……。

とりあえずオフの対戦で、カードのコンプリートを目指したいと思います。
サクヤの2枚目もほしいしね。
Posted by BlueTasu at 2006年12月13日 00:49
はじめましてこんばんは。
そして、サクヤ入手おめでとうございます!
この手のゲームは、100枚のレアカードより1枚の欲しいカードが出ない、なんてざらなんですよね。

カルドガ、あまり頑張って進めていなかったのですが、サクヤ入手話を聞いたら負けてられない!
Posted by 荒屋敷零壱 at 2006年12月13日 04:56
初めまして、荒屋敷零壱さんこんばんわ。
コメントありがとうございます。

サクヤは本当に苦労しましたね。
まぁ魔法のみでDQ5をクリアしようとなさっている荒屋敷さんほどの苦労ではないですが(^^;
あの根気があれば、カードのコンプリートもあっという間でしょう。
頑張ってくださいね。
Posted by BlueTasu at 2006年12月13日 23:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。