2006年11月14日

No.232 One Day

 起きたら8時だった。
 出社時刻は8時半である。
 私の家から会社までは、車を飛ばして30分。
 
 ・
 ・
 ・

「うおおおっっ!!?」

 跳ね起きた。
 いつもはもう少しまどろみの時間を大切にするのだが、そんな悠長なことをしている時間はまったくない。
 布団を蹴り飛ばし、パンツまで脱ぎそうな勢いで脱ぎ捨て着替える。
 慌しく階段を転がり落ち、靴の踵を踏みながら車に駆け込みエンジンをかけた。
 目覚めから出かけるまでのタイムはおそらく新記録だろう。
 とにかく会社まで飛ばし、なんとか間に合った。

「Blueさん、頭、すっごい寝癖ついてるよ」

 出社早々、ハルちゃんに突っ込まれた。
 セットしている余裕なんてなかったんだよ……。
 案の定、他の人からも笑われた。おのれ……。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 昼休み。

「おいBlue、お客さんだぞ」

 お客さん? 珍しい。

「誰?」

 私がそう聞くと、笑いながら、ただし目だけは笑っていないけど、先輩は言った。

「女の人だ。お前、ハルちゃんだけじゃ満足できんのか?」

「まさか、大満足」

「くっ、のろけやがって……とにかく表で待ってる。お前を呼べって五月蝿いんだ。どこの誰か聞いても、とにかく呼べ、の一点張り。俺はああいう女はお断りだよ」

 誰だろう?
 不思議に思いながら表に出ると……

「遅い」

 姉だった……。

「なんだ、姉ちゃんか……名乗らないから誰かと思った。なんで言わないんだ?」

「お前の血縁者だと思われたくない」

 そりゃこっちのセリフだ……。

「で、なんの用?」

「お前、本当に可愛げがないな。わざわざ携帯もってきてやったのに」

 あ、そう言えば朝の騒ぎで忘れてったな……。

「今日は遅番だから昼からなんでな。寝てたらお前の部屋で携帯鳴りっぱなしだった。あんまり五月蝿いんで壊したろかと思って1度壁にたたきつけたが、鳴り止まん。その根性に免じて、ついでにもってきてやった」

「投げるなよ……」

 見れば液晶にヒビが入っていた……2ヶ月前に買ったばっかなのに。

「ありがとうは?」

「……アリガトウ」

「よろしい。じゃあな」

 用件はそれだけ、と言わんばかりに携帯だけを渡すと、TRXの大音響と排気ガスだけを残し去っていった。

「すっげー女だな。お前の趣味、俺には理解できん」

「いや、違うから……」

 社内に戻ると、変な噂が飛び交っていた……。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 起きたら8時だった。
 退社時刻は6時である。
 残業をこなすうちに休憩中、10分ほどだがうとうとしてしまったらしい。
 慌てて作業開始。
 ふと携帯を見ると、ヒビの入った液晶に、新着メールのマークがついていた。
 メールはハルちゃんから、何時頃終わりそうか? というメールだった。
 9時頃、と送ると、了解、今日のご飯、楽しみにしといて、と返事が返って来た。
 実は最近、仕事のある日は夕ご飯をハルちゃん家で食べて帰る癖がついている。
 どうせ帰っても冷や飯があるだけなので、とてもありがたいのだが、家族の視線がイチイチ鬱陶しかったりする……。
 あちらを立てればこちらが立たず、ということかな。
 というわけで、どうせ立てるなら彼女のほうでしょ、とばかりに9時ちょいに仕事が終わればすぐにハルちゃんの部屋へ直行。

 ――で

 わざわざメールを送ってくるとは、いったいどんなご馳走か、と思ったら...

「本日の献立は、本物のうどんです」

 うどんだった。
 実はこの間、ハルちゃんが風邪を引いた際にうどんを作ってあげたのだが...

「まずい、こんなのうどんじゃないよ」

 と言われてしまったのである。
 今回のうどんはそれとは比べ物にならない、本物のうどんらしい。

「本物か」

「そ、本物」

 私が作ってあげたのは、病人用にネギとうどんだけの質素なものだったのだが、ハルちゃんが作ったうどんは、釜揚げうどんだった。
 それ専用と思われる桶の中から、出来立てと言わんばかりに湯気が噴出しており、とても熱そうだ。
 醤油色した浸けダシに、ウズラたまご、生姜、ネギ、ゴマの薬味が置いてある。
 本格的だなぁ……。

「まずはダシだけで召しあがれ」

「じゃ、いただきます」

 うどんにしては細めだが、私が作ったみたいに、市販のぶよんぶよんの安物のうどんじゃないということが、箸から感じる。
 ちょいっとダシに浸けて、まずは一口。
 ツルツルっと喉越しよく、気持ち良い食感。
 そしてコシがある、というのはこういうことを言うのだ、と言わんばかりの弾力。
 これは正直、この一言しか思いつかない。

「うまいな」

 ハルちゃんは食べ物に関しては五月蝿い。
 こんなうどんをいつも食べているとすれば、私が作ったやつを、まずい、と言うのも通りである。

「このうどん、どうしたん?」

「自分で打ったんっすよ」

「マジか。すごいな」

「私、履歴書の特技欄に、『うどん打ち』 って書いたくらいだもん」

「なんじゃそら!? そんなん履歴書に書く奴いるんかぃ!」

「事実、美味しいでしょ?」

「うん、うまい。だけど、特技がうどん打ちでよく書類審査通ったな」

「面接でも聞かれたよ。個性があって大変よろしい、って褒められたっす」

「確かに個性的やね」

 ウズラたまごやゴマ、ネギ、生姜といった薬味もありがたく、あっという間に食べつくしたのでありました。
 ご馳走様です。



posted by BlueTasu at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前ブログで「秋元康がプレゼントに使う一番大切なものは時間だ」みたいな話を書いたけど、それはつまりこういう料理に関しても当てはまる。要するにどれだけ相手を思い、相手のために出来ることを探せるか。相手が喜んでくれることを見つけられるか。

結局のトコロ自分と他人は違う。だからいくらがんばっても好みや価値観を完全に重ね合わせることは出来ない。でも、そこに情熱、愛情、誠意などが加味されていくと、いつかは鉄の壁にも穴が空くのだ。

気持ちを返すのは気持ちしかない。BlueTasuさんも時間を掛けて感謝を返さないとね(^^)。
Posted by クリス at 2006年11月15日 09:02
ども。
珍しく、と言っては失礼ですが重みのあるコメントをありがとうございます。

プレゼントといえばクリスマス。
実は今かな〜り悩んでいたりします。
日頃の感謝と気持ちをこめてプレゼントを送りたいと思うのですが、一体何を買えば良いのやら。
お金を使えば良いというものではないとわかっていますし、贅沢できるお金もないのであまり高価なものは買えないのですが、どうすればいいんでしょうねぇ……。

喜んでもらえるよう、時間をかけて考えたいと思います。
Posted by BlueTasu at 2006年11月16日 01:48
試しに自分がかみさんに贈ったクリスマスプレゼント。

ブーツ、バッグ、ピアス、CD、図書券、姿見などなど。

アクセサリー類は付ける人ならよっぽど外しすぎない限りは付けて貰えますが、個人的には履き物が結構ヒットかも。割と値段がわかりにくいものですが、基本消耗品なので結構喜ばれますし、大切に使えばかなりもつものでもあるし。とにかく考えに考えることが最重要ですよ(^^)。
※別に返事はいいよ。
Posted by クリス at 2006年11月16日 02:51
私は「何もくれないで」というタイプなので参考にならないと思いますが…。
(「物より気持ち!」とかカワイコぶっている訳では全然なく(笑)、イベントごとが好きじゃないのと、形に残る物を貰うのが苦手なだけです!)

率直に「感謝の気持ちにプレゼントをしたいけど、何が良い?」って聞いちゃうのも一案かなぁ。それで、2人一緒に品物を選びに行くのはどうでしょう?
ただこれ、贈り物に「サプライズ的要素」を求める人の場合は使えないですね。
贈り物が高価でないとダメなんて事はないし、自分の出来る範囲で良いと思いますよ!!
Posted by 佐緒 at 2006年11月17日 13:34
コメントというか、アドバイスありがとうございます。

>クリスさん
ブーツ、バッグ、ピアス、CD、まではわかるのですが、図書券というのは意外ですね。
奥さんは、よっぽど本がお好きなんですかね?
バッグやピアスなどは個人の価値観によってかなり印象が左右されそうですが、靴ってのはいいですね。
参考になりました、ありがとうございます。

>佐緒さん
佐緒さんには残るものじゃなく、ハロウィンイベントのことも書いてましたし、お菓子などの食べ物が喜ばれそうですね(^^)

率直に意見を聞く、というのも確かにアリですよね。
別にサプライズも狙ってませんし。
ただまぁあんまり高価なものだと尻込みしちゃいますけど(^^;
Posted by BlueTasu at 2006年11月17日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。