2006年09月01日

No.164 競馬クイズV 解答編

 皆様、お待たせいたしました。

 

 上のmp3は解答開始のファンファーレであります。G1ですね。
 思えばこんなに長い期間、解答を募集する必要ってなかったよなぁ、などと思いつつも、結局仕事の忙しさがあってかこれで良かったような気がしないでもない今日この頃。
 何がなんだかよくわからないけど今という瞬間、9月1日を迎えました。
 まずはお礼。

 ココアさん、なおゆきさん、がんちゃんさん、ビリーヴさん、ヴォルトさん。(メール着順)

 以上の5名の方、解答メール、本当にありがとうございました。
 前回ほどの人数が集まらなかったのは残念ですが、この競馬クイズVが成り立ったのはひとえにこの5名の方々のお陰でございます。
 5名だとぎりぎりレースできるしね。(いや、6頭からだっけ?)

 毎度のことですが、解答のミスがあるかもしれません。
 もしミスがあれば人差し指で突き刺して「異議あり!」と申し立ててくださればすぐに対応させていただく所存でございますので、平にご容赦を。

 それでは、以下、解答となります。
 これまた毎度のことですが、かなりの長文となりますので、読んでいただける方はお覚悟の程を。

 ではでは、血のドラマが織り成す競馬のほんの一欠けらをお楽しみくださいませ。


 ――――――――――――――――――――――――――――

●レース名当てクイズ

第1問 1990年 有馬記念
 
 これはもう大川さんの 「ライアン! ライアン!」 の声援が混じっているのでわかりますよね(笑)
 本当に感動的なレースで、ここには入ってませんけど、興奮しすぎたアナウンサーが鞍上の武豊が左手を上げてるのに「右手をあげた武豊」とか放送しているのには笑えますよね。

第2問 1997年 朝日杯3歳ステークス
 
 90年のリンドシェーバーが記録した伝説のレコードを7年ぶりに破る快記録。
 タイムを聞けば90年代からの競馬ファンならわかりますよね。

第3問 2000年 朝日杯3歳ステークス
 
 2001年からは朝日杯フューチュリティSとなるので、最後の朝日杯3歳ステークスです。
 というわけで、朝日杯FS、と答えた人は間違いです。そこがこの問題の肝なので(笑)
 ただ、朝日杯、と解答した人は正解です。間違ってないからね(^^;
 ここで2着だったタガノテイオーという馬は本当に強い馬だったのですが、このレースで骨折、予後不良。
 新馬戦で2度もメジロベイリーには先着していたのに、G1では負けるという屈辱。
 本当に報われない馬でした……。

第4問 1993年 スプリンターズステークス
 
 サクラバクシンオーが勝ったスプリンターズSは93年と94年の2回あるのです。
 聞き分けるヒントとして、最後のフレーズ 「サクラバクシンオー、G1獲ったぁー」というところですね。
 あとは純粋に2,3着だったヤマニンゼファーとニシノフラワーが揃っているという点かな。
 勝ちっぷりからバクシンオーは90年代最強のスプリンターだったと思います。

第5問 1992年 天皇賞(秋)
 
 前総崩れとなった92年の天皇賞を制したのは、11番人気の大穴、レッツゴーターキンでした。
 テイオーがぶっつけで敗れたレースとして有名ですね。
 これで評価を落とし、続くJCでは5番人気だったわけですが、ぶっつけでの結果だったのですから、今考えるとそこまで評価が落ちるのはおかしいんですけどね……。
 その時代に馬券を買っていれば、たぶんとれていただろうなぁ。

第6問 1997年 安田記念
 
 シルバーコレクター・タイキブリザードがついに勝ったレースです。
 しかし、秋にはタイキシャトルがマイルCSとSSを連勝するので、同じタイキとして影が薄くなってしまいました。
 早くから海外遠征したりと、シャトルの成功を影で支えた功労馬なんですけどね。
 つか、実は96年の安田記念のほうが好きだったのですが、年号を1つ間違えて編集してしまい、こちらが出題となっていました。
 どこまでボケるかな、私……。まぁ次の競馬クイズまでとっておくかな(笑)

第7問 1994年 宝塚記念
 
 杉本清アナが実況する唯一の問題なので、年号はともかく、答えはすぐわかりましたよね。
 実はこの実況ファイルは唯一編集しちゃったレースなのです。
「アラシがくるぞー」のフレーズは好きなんですが、本当は「アラシがくるぞー阪神競馬場」と言うんですよね。
 でも阪神競馬場でのレースだとわかってしまうとクイズとしてはどうなのかと思い、その部分だけを必死で削りました。

第8問 2003年 有馬記念
 
 2着のリンカーンに9馬身も着差をつけたレースです。本当にこの馬は強かったな。
 まだこの時4歳だったんですけど、なぜ翌年に海外遠征しなかったんでしょうね……。
 早すぎる引退、菊には見向きもせずに天皇賞に向かうなど、私としてはあまり好きではない馬でした。
 まぁ馬に罪はなく、単に藤沢調教師の考え方が私の肌に合わないだけなんですけどね……。

第9問 2000年 天皇賞(秋)
 
 オペラオーとドトウが1,2になるレースは数多くあるのでどのレースか迷った人も多いのでは?
 一応ヒントとして 「1番人気のジンクスは絶える」 という実況フレーズですね。
 1番人気が敗れる、というジンクスが秋天でずっと続いていましたから。
 オペラオーはいっぱい勝っているので、実況クイズとしてはどれを出すか、非常に迷いました。

第10問 2006年 KingGeorgeVI & QueenElizabethDiamondStakes
 
 今年、ハーツクライが海外の頂点へ挑んだレースです。さすがに最近のことなのでわかりますよね。
 さて、ディープインパクトはどうでしょうか? あまりに期待しすぎると、ダメだったとき辛いのであまり期待していないのですが……。
 つか、ハリケーンランは本当に強いですからね。ホームグラウンドで彼に勝てる馬がいるのか、という疑問のほうが先にきます。
 ちなみにこの問題のレース名をキチンと答えられたのはココアさんとがんちゃんさんのみ。
 別にキングジョージ、だけでも正解なんですけどね(^^;


 ゲートが開いて1コーナーまでの10問が終了。
 年号で0.5点、レース名で0.5点。合わせて1点の計算で、5人の成績は以下の通り。(敬称は略)

 ココア[7/10] なおゆき[9/10] がんちゃん[4.5/10] ビリーヴ[6/10] ヴォルト[7.5/10]

 なおゆきさんが1問目と3問目以外は完璧でした。お見事、といいたいけれど、オグリの有馬を87年と解答するのはどうかと思いますよ(笑)
 最下位のがんちゃんさんは無回答が多かったのが痛い。レース名だけでもあてずっぽうで書けば良かったのに(笑)
 総合して、やっぱり年号がネックでしたね。けど、実況を聞いてレース名を答える、という問題は好評でした。
 次の競馬クイズのときもこの形式で出題したいと思います。

●血統当てクイズ
第11問 マヤノトップガン
 第11問.jpg

 多くは語りません。この馬が好きだからこその問題です。
 今後の競馬クイズでも彼の名が出ないときはないでしょう。 

第12問 ミスターシービー
 第12問.jpg

 トウショウボーイ×シービークイン とくればもうこの馬で即答でしょう。
 配合に関しての逸話から型破りなレース展開。ルドルフには勝てませんでしたが、愛された名馬でしたね。 

第13問 メジロマックイーン
 第13問.jpg

 これほどわかりやすい問題もないですね。メジロの最高傑作牡馬、メジロマックイーンです。
 父子3代に渡る天皇賞制覇。血のドラマ、血統を語る上でこの馬は外せませんでした。
 惜しくも亡くなってしまいましたが、4代制覇の夢はまだ諦めれませんよね。

第14問 カネヒキリ
 第14問.jpg

 今年のドバイ・帝王賞では惜敗しましたが、今後も活躍が期待されるダート馬のカネヒキリです。
 金子さんの馬の中では、カメハメハと並んで好きな馬名のひとつだったりします。
 秋は史上初のジャパンカップダート連覇が見たいですね。

第15問 ウイニングチケット
 第15問.jpg

 皆に「チケさん用の問題ですか?」と聞かれましたが、違います(笑)
 単にトニービン産駆を一頭、問題にいれたかっただけなんです。
 でもテレグノシスとか出題しても誰もわかんないかな、と思いウイニングチケットにしました。
 でも簡単すぎましたね……。

第16問 セイウンスカイ
 第16問.jpg

 父がシェリフズスターの血統なんてこの馬しかいねぇじゃん!!
 本当に簡単すぎる問題でした。つか、このシェリフズスターほど面白い逸話がある種牡馬もいない気がする。

第17問 シンボリルドルフ
 第17問.jpg

 父パーソロン、母父がスピードシンボリとくればこの馬しかいませんね。
 史上唯一無敗の三冠馬、から唯一という単語がなくなってしまいましたが、この馬の偉大さは不変です。

第18問 サッカーボーイ
 第18問.jpg

 母父ノーザンテーストでディクタス産駆の馬といえばサッカーボーイですね。
 ド派手なルックスといい、函館でのスーパーレコードといい、人気、強さ、ルックス、そして脆さと4拍子揃っちゃった馬でした。
 オグリとマイル戦でのスピード対決はとうとう実現しませんでしたが、是非見たかったですよねぇ……。

第19問 エルコンドルパサー
 第19問.jpg
 
 キングマンボ産駆はカメハメハにしようかと思ったのですが、カネヒキリという金子馬がいたので自重しました。
 エルコンドルの意思を受け継いだ馬で凱旋門を! と思っていたのですが、早すぎる死が悔やまれます。
 是非遺された遺児たちから後継種牡馬が出てほしいですね。

第20問 メイショウサムソン
 第20問.jpg

 今年の2冠馬、メイショウサムソンの血統です。今旬ですね。ノーザンダンサークロスが良い味をだしています。
 さて、秋は三冠馬となり、ディープとの対戦という青写真は実現するのかどうか? 楽しみですね。

 1コーナーから2コーナーを過ぎ、ポジショニングもそろそろ決まる20問までが終了。
 血統問題の成績は以下の通りです。

 ココア[10/10] なおゆき[10/10] がんちゃん[10/10] ビリーヴ[10/10] ヴォルト[9/10]

 簡単すぎました!! ヴォルトさん以外全問正解ってありえないね。
 次回はちょっとマイナー馬も含めてリベンジしてみたいと思います。
 馬の数だけ血統があるわけですから、問題を考えるのは楽でした。これだけで50問作れそうです。


●選択問題
 
第21問 次に挙げる5頭の中で、顕彰馬ではない馬はどれ?
 そもそもの問題として顕彰馬(けんしょうば)とはなんぞや? ということですが、中央競馬の発展に多大な貢献のあった競走馬の功績を讃え、後世まで顕彰していくために1984年に制定されたものです。
 競馬の殿堂には調教師、騎手の顕彰者とともに顕彰馬の肖像画、ブロンズ像、関係資料が展示されています。
 選考基準として、1.G1を3勝以上 2.種牡馬としてG1馬を5頭輩出 or 繁殖牝馬としてG1馬を2頭以上輩出 3.その他、中央競馬の発展や社会性などの貢献があった馬。
 以上の3点のうちどれかを満たしていないと選べません。でもまぁ3番目は広い解釈が可能なので、例えばサイレンススズカなんかは選ばれる可能性もあるんじゃないかな、と思います。
 まぁ今の選考基準じゃ無理ですけどね。
 ビリーヴさん、これでわかっていただけましたか?(笑)

 A.テイエムオペラオー 2004年に特別措置でタケシバオーと共に選出されました。
 B.トウカイテイオー  1995年に選出されました。
 C.エルコンドルパサー スペシャルなどと票が割れ、未だに選出されていません。
 D.タイキシャトル   1999年に選出されました。20世紀最後の顕彰馬です。
 E.マルゼンスキー   1990年に選出されました。

 よって正解は C のエルコンドルパサーです。エルコンドルパサーは後で考えたら血統問題でも名前がでてるんですよね。
 できるだけ同じ馬が2回でないように考えているのですが、見落としていたようです……。

第22問 次に挙げる5頭の中で、G1での2着回数が最も多い馬は?
 A.メイショウドトウ 全てオペラオーの2着で、5回あります。
 B.ステイゴールド  4回あります。G2などを含めればトップなんですけどね。
 C.ニッポーテイオー 4回あります。引退レースでのタマモクロスとの対決は話題になりましたね。
 D.オグリキャップ  4回あります。この馬もタマモクロスとの対決が話題になりましたね。
 E.ビワハヤヒデ   4回あります。トウカイテイオーやウイニングチケットの2着など、悪役になれない馬でしたね。

 というわけで正解は A のメウショウドトウです。
 1勝だけとはいえ、宝塚を勝てて本当によかったと思います。

第23問 安田記念を連闘で挑み勝利した馬の名は?
 A.ブラックホーク
 B.バンブーメモリー
 C.オグリキャップ
 D.ブルーアレツ
 E.ニホンピロウイナー

 正解は B のバンブーメモリーです。シルクロードSからの連闘で10番人気の低評価を覆し勝利しました。
 その年の秋、オグリキャップとのマイルCSでの叩き合いは伝説化していますね。
 あまり聞かないブルーアレツという馬は80年の安田記念馬。中1週で挑んでいますので連闘ではありません。
 でもこの勝利のあとパッとせず、1200万下の条件戦に出走していたりするんですよね……。この頃のレース形態って謎です。

第24問 次に挙げる5頭の馬はいずれも天皇賞で穴をあけて勝った馬ですが、この中で最も単勝がついた馬は?
 A.オフサイドトラップ 6番人気で勝利。単勝はスズカが圧倒的人気だったので、4240円しました。
 B.イングランディーレ 10番人気で勝利。単勝は7100円でした。
 C.ヘヴンリーロマンス 14番人気で勝利。単勝は7580円でした。
 D.スズカマンボ    13番人気で勝利。単勝は混戦でオッズが割れていたので3510円でした。
 E.レッツゴーターキン 11番人気で勝利。単勝は3420円でした。

 正解は C のヘヴンリーロマンスでした。札幌記念を制して天皇賞、というローテはエアグルーヴと同じですね。
 近年としては珍しく、2000mで2分を切らない超スローなレースでした。
 それにしても最近の牝馬の活躍ぶりは目を見張るものがありますね。
 今年もダンスインザムードあたりが人気になりそうです。

第25問 ジャパンカップを3歳(旧表記で4歳)で制した馬は次のうちどれ?
 A.ペイザバトラー 4歳で制しました。翌年も出走しましたが、ホーリックスとオグリに敗れ3着に。
 B.ルグロリュー  3歳で制しました。この年は有力な日本馬がおらず、盛り上がりに欠けるレースに思えましたね。
 C.シングスピール 殿下の愛馬。4歳で制しました。2着にはファビラスラフインが突っ込みましたね。
 D.ホーリックス  長らく日本レコードに名を刻んだ名馬。6歳で制しました。
 E.アルカセット  昨年の勝ち馬。5歳で制しました。

 正解は B のルグロリューです。不思議な語感の馬なのですぐに覚えてしまいました。
 ちなみに馬名の由来はフランス語で 「神の栄光につつまれし者」 という意味らしいです。カッコイイよね。

第26問 珍馬名をつけることで有名な小田切有一氏。以下の5頭のうち小田切有一氏の所有馬ではない馬はどれ?
 A.ヒミツヘイキ
 B.ロバノパンヤ
 C.ラグビーボール
 D.ヒコーキグモ
 E.ワナ

 正解は A のヒミツヘイキです。地方の船橋出身で、2002年のユニコーンSで中央馬を蹴散らし重賞勝ちを収めました。
 その後はパッとしませんでしたが、この名前のインパクトは忘れられません。

第27問 無敗でクラシックを勝利し、4戦4勝となった馬は次のうちどれ?
 A.フサイチコンコルド 2戦2勝の戦績でダービーに挑み勝利したので、3戦3勝です。
 B.フジキセキ     そもそもクラシックに出走できませんでしたね。
 C.トウカイテイオー  皐月賞までに4戦4勝。初の重賞&G1となった皐月賞は5戦目でした。
 D.アグネスフローラ  桜花賞まで4戦4勝。重馬場だった桜花賞でも難なく抜け出し勝利。5戦目でしたね。
 E.カワカミプリンセス オークスまで3戦3勝。4戦目の大舞台で見事制しました。秋が楽しみですね。

 正解は E のカワカミプリンセスです。そもそも問題文からしてややこしかったですね。
 こういう問題はちょっと控えねばならんな、と思いました。
 CとE、と答えたビリーヴさんは、EはあってますがCは違うので相殺ってことで(^^;)

第28問 輸入種牡馬ロドリゴデトリアーノ産駆で、唯一のG1勝ち馬の牝馬は次のうちどれ?
 A.ウメノファイバー 99年のオークス馬。サクラユタカオー産駆です。
 B.ブゼンキャンドル 99年の秋華賞馬。モガミ産駆です。
 C.ヤマカツスズラン ジェイドロバリー産駆。99年の阪神3歳牝馬Sの覇者です。
 D.アインブライド  97年の阪神牝馬Sの覇者。コマンダーインチーフ産駆でした。
 E.エリモエクセル  98年のオークス馬。ロドリゴデトリアーノ産駆です。

 正解は E のエリモエクセルです。
 血統問題は終わったはずなのにまたしても血統問題。
 申し訳ないと思っていますが、どうしても問題を考えるのがしんどいんで血統に走ってしまいます(笑)

第29問 次にあげる5頭の中で、獲得賞金が一番多い牝馬はどれ?
 A.ファレノプシス   G13勝の実力馬。生涯獲得賞金は4億6651万円でした。
 B.スティルインラブ  史上2頭目の牝馬三冠馬。生涯獲得賞金は4億3777万円でした。
 C.ニシノフラワー   桜花賞とSSを制した快速馬。生涯獲得賞金は4億3590万円です。
 D.ファインモーション 無敗で古馬混合戦を制した唯一の牝馬。4億9451万8000円でした。
 E.ヘヴンリーロマンス 秋の盾を手にした牝馬の生涯獲得賞金は3億9123万9000円でした。

 正解は D のファインモーションでした。
 古馬となってからもマイルCSで2着したりと、G1を勝てないまでも好走したことが胡蝶蘭やスティルとの差ですね。

第30問 オークス史上最高単勝配当を記録した馬は次のうちどれ?
 A.ノアノハコブネ  85年のオークス馬。21番人気で6270円でした。今じゃありえないね(^^;)
 B.ライトカラー   89年のオークス馬。10番人気で3480円でした。
 C.コスモドリーム  88年のオークス馬。10番人気で2310円でした。
 D.ケイキロク    80年のオークス馬。10番人気で2200円でした。
 E.ウメノファイバー 99年のオークス馬。7番人気で1690円でした。

 中盤戦、向こう正面から3コーナーにかけての30問までが終了しました。
 選択問題の10問の成績は以下の通り。

 ココア[5/10] なおゆき[7/10] がんちゃん[6/10] ビリーヴ[3/10] ヴォルト[6/10]


●穴埋め問題
第31問 単独競走としての勝馬投票券の売上げ世界レコード875億104万2400円を記録したレースは [96] 年の有馬記念である。
 ちなみにこの記録はギネスワールドレコードにも認定・登録されている。
 ローレルが勝った有馬ですね。三強で盛り上がるレースというのは売り上げにも貢献するようです。

第32問 安田記念の最多勝利は岡部幸雄騎手で、計 [4] 勝を挙げている。
 ちなみに初勝利は82年のスイートネイティヴ号である。
 他にはタイキシャトル、タイキブリザード、バンブーメモリーでの勝利があります。
 バンブーは武豊騎手の馬、というイメージがありましたが、安田での勝利は岡部騎手だったんですね。意外です。

第33問 小倉三冠を達成したメイショウカイドウは、06年8/10現在において、G3を計 [5] 勝している。
 ちなみに小倉以外での重賞勝利は今年の福島での七夕記念があり、これ以外は全て小倉で挙げている。
 サマー2000シリーズは初代王者確実かと思われましたが、斤量に泣く結果となってしまいましたね。

第34問 ダンスパートナーの生涯成績は25戦 [4] 勝で、JRA賞の最優秀4歳牝馬と最優秀5歳以上牝馬を受賞した。
 G1はオークスとエリザベス女王杯の2勝で、菊花賞では1番人気に支持されたという珍しい記録もある。
 実は新馬戦と京成杯とG1を2つしか勝ってないんですよね。
 これは常に海外や牡馬の壁などに挑み続けた結果と思われます。
 あとムラっ気のある馬でしたしね。

第35問 2冠馬、サニーブライアンは皐月賞・ダービーともに [8] 枠の [18] 番での出走だった。
 大西騎手はダービーでの枠番抽選で、皐月賞と同じ枠を引いた瞬間に勝利を確信したらしい。
 枠順のクジを引くのって騎手なんですね……知りませんでした。

第36問 1着馬を当てる単勝と1〜3着までに入る馬を当てる複勝の馬券をセットで購入できる [応援] 馬券が10月7日から全国発売される。
 去年のディープインパクトの菊花賞を見ての販売だと思われます。もう色々ありすぎて何がなんだか……。
 単勝と複勝をセットにした馬券だそうで、200円単位で購入できます。(つまり200円買えば100円の単勝と100円の複勝馬券に相当するということ。なんだかややこしいよ)
 ちなみにこの馬券には、馬名の上に「がんばれ!」という文字が捺印されるそうです。
 つかヴォルトさんの解答、[今ならこの布団シートもついて、9,800円] 馬券ってのはちとツボでした。
 ある意味ビリーヴさんを超えましたね。

第37問 タマモクロスやホワイトストーンの父、シービークロスは現役時代の鋭い追込から [白い稲妻] の異名を持っていた。
 タマモクロスはその子供なので、稲妻2世と呼ばれていたとかなんとか。
 今のところ3世を名乗れるほどの馬はいないので寂しい限りです。
 他の解答例として、ココアさんの皇帝殺しって異名はどうかと(笑)
 なぜ毎回毎回皇帝を殺そうとする解答がでるのかな?(^^;)

第38問 90年の桜花賞。1番人気に推されたイソノルーブルがスタート直前に落鉄したままレースを走ったため [裸足のシンデレラ] と呼ばれるようになった。
 この年の牝馬の層は非常に厚く、春のクラシックでは相当盛り上がりました。
 ヴォルトさんの解答、裸足の女神って、B'zじゃないんだから(^^;)

第39問 皐月賞馬ジェニュインの馬名の由来は英語の Genuine で、 [正真正銘の、本物の] という意味である。
 他の解答例としては、天才や完璧、秀才や宝物という解答まで飛び出しましたが、一応不正解とします。
 松山調教師が、これぞ、という馬のためにとっておいた名前だそうです。
 普通馬名ってオーナーが決めるものだと思っていたけど、調教師が決める場合もあるんですね。

第40問 皐月賞は最も速い馬が勝つ、ダービーは最も運のある馬が勝つと言われ、菊花賞は [最も強い馬が勝つ] と言われている。
 ビリーヴさんの解答、最も強い馬が勝ったらいいな、ってのはどうしようかな……。
 ある意味合っているようで、すっげぇ間違ってるような気がしないでもないんだけど……。
 まぁ正解にしておきましょうか……。
 とりあえず難しかった穴埋め問題のなかで、これだけはサービス問題でしたね。 

 4コーナーから直線へと向く攻防、40問までが終了しました。
 穴埋め問題の成績は以下の通り。

 ココア[6/10] なおゆき[5/10] がんちゃん[7/10] ビリーヴ[1/10] ヴォルト[4/10]

 残すは最後の直線、記述問題10問のみ。がんちゃんさんがマクって来ましたが、結果は如何に!?

 ちなみに珍名馬で有名な小田切氏の対抗馬、ビリーヴさんの珍解答を38問まで全て晒すと、第31問[ 2022 ]年、第32問[ 16 ]勝、第33問[ 3 ]勝、第34問[ 26 ]勝、第35問[ 1 ]枠 [ 1 ]番 だって乗りやすいでしょ? 第36問[ 3ピース ]馬券、第37問[ 彦麻呂 ]の異名を持つ、第38問[ 次からは気をつけてくださいね ]と呼ばれるようになった、ということらしいです。
 ボケもここまでくるとアッパレですな。ダンスパートナーなんか25戦なんだから限界ぶっちぎってるし。

●記述問題
第41問 史上初となる4年連続でJRA賞を受賞した馬の名は?
 メジロドーベルが正解。
 96年JRA賞最優秀3歳牝馬、97年JRA賞最優秀4歳牝馬と最優秀父内国産馬、98年と99年にはエリザベス女王杯を制しJRA賞最優秀5歳以上牝馬を獲得しました。
 こうみるとすげぇね。牡馬とのG1レースで勝てなかったのが悔やまれます。1勝でもしていればその後の評価も凄かったと思うんだけどな。

第42問 4戦4勝の戦績で引退し、三冠を達成した馬の名は?
 ラムタラが正解。2戦目で1冠目を手にしているわけですからね。
 でも種牡馬としては不振で売却されてしまいました。現実は厳しいですな。

第43問 新潟競馬場でG1を勝ったことがある馬の名は?
 ビリーヴが正解。ビリーヴさんはさすがに正解していました。ちぇ。
 新潟で行われた唯一のG1、スプリンターズSは02年に開催されました。
 いつか直線1000mのG1ができないかなーと思っていたりします。

第44問 アフリート産駆で中央・地方でダート重賞を計8勝した牝馬の名は?
 プリエミネンスが正解です。G1勝ちはないのでマイナーでしたね。
 この問題を正解したヴォルトさん、すごいですね。砂マニアですか?(ぉぃ)
 尚他の解答例であったファストフレンドはアイネスフウジン産駆ですので違いましたね。

第45問 ジャパンカップで唯一2桁人気での勝利となった馬の名は?
 カツラギエースが正解です。ルドルフとシービーが人気になったレースでした。
 この勝利により、次走の有馬記念は3強対決となり、大変な盛り上がりを見せたようです。
 ちなみにホーリックスは惜しくも(?)9番人気での勝利なので違います。

第46問 セン馬でスプリンターズSを制した馬の名は?
 サイレントウィットネスが正解です。馬名、長いよ。
 昨年見せた圧勝劇のパフォーマンスは圧巻でした。
 あんな勝ち方はバクシンオー以来かなぁ、とか思いました。
 最近香港馬が元気ですねぇ。

第48問 86年、G1を1勝もせずに最優秀スプリンターに選ばれた馬の名は?
 ニッポーテイオーが正解です。86年は安田記念をギャロップダイナ、マイルCSをタカラスチール(2着にニッポーテイオー)が勝ったのですが、ニュージーランドT4歳S(G3)、函館記念(G3、スワンS(G2)を3勝し、その勝ちっぷりから年度を代表する短距離馬として選ばれました。
 尚、翌年もマイルCSや天皇賞秋を勝ち、2年連続で選出されています。

第49問 四白流星の貴公子と呼ばれ、天皇賞春を制する前までは無冠の貴公子と呼ばれていた栗毛の馬の名は?
 タイテエムが正解です。テンポイントも栗毛ですが、流星の貴公子と呼ばれていましたので違いますね。
 他にも解答があったモンテプリンスは、太陽の王子という異名だったと思います。
 これは誰も覚えてないだろうな、と思っていたらココアさんが唯一の正解。すごいですね。
 ちなみにこの天皇賞では杉本清氏が双眼鏡で本命馬タイテエムを探すうちに見失ってしまい、モニター画面ではタイテエムをしっかり映していたことや、レースの数日後にその事を視聴者に指摘されたのをきっかけに、双眼鏡を介した実況からモニター画面を重視した実況に変わっていったレースでもあります。
 いや、どうでもいいんだけどね(^^;)

第50問 皐月賞、菊花賞、天皇賞秋を制し、生涯戦績29戦23勝を記録した馬の名は?
 ダイナナホウシュウが正解です。昭和20年代の馬ですね。そのスピードから褐色の弾丸列車という異名をもっていました。
 23勝というのは中央競馬での最多勝利記録として今でも燦然と輝いています。
 尚、馬体重は400kgにも満たない小さな体であったそうな。今こんな馬がいたらいっぺんにファンになってしまいそうです。
 解答例にあったタケシバオーは27戦16勝でした。

 さぁ最後の直線で追い比べ、ゴール板までの全50問が終了しました。
 果たして競馬クイズVの栄冠は誰の手に!?(いらんか)
 最後の記述問題の成績は以下の通り。

 ココア[4/10] なおゆき[5/10] がんちゃん[5/10] ビリーヴ[3/10] ヴォルト[7/10]

 皆が直線の急坂で脚色が鈍る中、ヴォルトさん、直線で必死の追い上げ。
 結果は!!

 第5位 ビリーヴさん 23点
 相変わらずユニークな解答で3回連続の皆勤賞となるご参加、本当にありがとうございます。
 ある意味出題者よりも解答に悩み、そしてそれを楽しんでいるのやもしれませんな(笑)
 最後の記述問題は新境地の如く違う意味でハジけてましたが、あれはなに?
 つか、49問目の解答、ラブアンドベリーはそういう馬がいるのかと思い、調べてしまいましたよ……。
 ともあれ、毎度のご参加、ありがとうございます。
 次回もよろしくお願いしますね。

 第4位 ココアさん 32点
 真っ先にメールを送っていただき、また2回からの続けての参加、ありがとうございます。
 今回は全てにおいて平均点、という感じでしたね。安定しています。
 やはり90年代後半から最近の事情に詳しいようですね。
 と思えばタイテエムをズバリと正解したりと、勉強もされているようで。
 次回はちょっと難しくするつもりなので頑張ってくださいね。

 第3位 がんちゃんさん 32.5点
 またのご参加、ありがとうございます。同じトップガンファンとして心強い限りです。
 所々で披露される裏話を楽しませてもらってます。厩務員さんの話とかは知らなかったですね。
 今回はテンポイントと間違えるかな、と思った49問を、きっちりと私の思惑に乗ってくださった唯一の人だったり(笑)
 3位という成績は最初の音声問題の出遅れが響いたようです。
 次回も音声問題は入れるつもりなので、次はリベンジ期待してますよ。

 第2位 ヴォルトさん 33.5点
 唯一の初参加、ありがとうございます。
 今回、参加メンバーに伸び悩んだので、ご新規さんは本当に嬉しかったですよ。
 解答も細かなコメントが読んでいて非常に楽しかったです。
 あと、プリエミネンスの正解はお見事でした。
 ただ穴埋め問題でのミスが響いたようで、2位でした。でも立派立派。
 次も今から考えてますので、またのご参加をお待ちしております。

 第1位 なおゆきさん 36点
 そして今回の1位は、見事なスタートダッシュで辛くも逃げ切ったなおゆきさんです。
 DOCO同様、見事な逃げ足でした。90年代の音声問題が多かったのがポイントだったようですね。
 年号はわかりません、といいつつかなりの正解率でしたよ。
 解答メールもまるでそこになおゆきさんがいるかのような語り口。楽しかったです。
 次回も頑張って作成しますので、連覇を期待していますよ。

 これにて競馬クイズVの結果発表を終わります。
 参加者の皆様、そしてここまで読んでくださった見知らぬ方、ありがとうございました。
 次回、いつになるかはわかりませんが、競馬クイズW もよろしくお願いします。
 そして、これから始まる秋競馬、存分に楽しみましょうね。

 ではでは〜。



posted by BlueTasu at 00:00| Comment(8) | TrackBack(1) | 競馬クイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
解答編お疲れさまでした。

このクイズを通して、少し競馬について語り合ったかのような気分になるのは私だけでしょうか。
なんか楽しいっすね。

第4回も勝手に期待していますね。
ではでは^^
Posted by なおゆき at 2006年09月02日 01:14
コメントありがとうございます。
そして、1位おめでとうございます。
1位になったからと言って、なにかあるわけじゃないんですけどね(^^;

>少し競馬について語り合ったかのような気分
あ、これが競馬クイズの狙いなんですよね。
自己満足なんですけど、多くの方と競馬のことについて語り合える何かがほしいな、と思っていました。
こうやってクイズにすれば、メールで少しでも語れるじゃないですか。
だから私はこのメールを見るのが大好きなんです。
そのためだけに、競馬クイズを今後も頑張ります。

第4回、そう遠くないと思われるような気がしないでもない未来に、また語り合いましょう。
Posted by BlueTasu at 2006年09月02日 01:39
BlueTasuさん、解答編お疲れ様でした。
今回も難しかったですが、色々な問題形式に楽しませて頂きました。
そして、なおゆきさん第1位おめでとうございます!

それにしても、ビリーヴさんの解答はとってもユニークですね〜♪
出来ることなら私もこんな風に愉快に答えたいなぁ…。

次の回も一生懸命頑張ります。ごきげんよう〜!!
Posted by がんちゃん at 2006年09月03日 13:24
がんちゃんさん、メールにコメントにありがとうございます。
今回は難しかったですが、これでも平均30問も答えてもらうために結構苦労していたりするんですよ?(笑)

ビリーヴさんは毎回面白い解答を送ってくださいます。
でも真似はしなくて良いかと思います(笑)
こんな解答メールばっかり届いたら私、頭抱えてツインターボばりに逃亡してしまいそうです。
Posted by BlueTasu at 2006年09月04日 02:18
なおゆきさん優勝おめでとうヽ(゚∀゚)ノ
そしてブルータスさんもお疲れ様です。
書き込み遅れて申し訳ないですぅ(;ー;)

またしてもビリかぁ;;

次回はもっとがんばろう(`・ω・´)
Posted by ビリーヴ at 2006年09月06日 23:35
コメント&毎度のご参加、ありがとうございます。
実は1〜3回まで全て参加してくださっているのはビリーヴさんただ一人だったりしますしね。

ビリーヴに関する問題ばかりにすればビリーヴさんも上位に行けるだろうか! などと余計なお世話なことを考えてみたり(^^;
大丈夫。ビリーヴさんは全3回全てに参加してくださっていますから、正解数を合計すればトップを独走ですよ!

て、慰めになってないな(^^;

ビリーヴさんの回答がないと寂しいので、次回もよろしくお願いします。
Posted by BlueTasu at 2006年09月07日 00:12
競馬クイズVお疲れ様でした。

今回こそ参加しようと思ってたのですが、
気付いたときには終わってましたね^^;

ちなみに、血統あてクイズの回答、
第15問:スカラシップ
第18問:ゴールデンサッシュ
が正解かと思ってました^^;
Posted by しろし at 2006年09月09日 13:04
>しろしさん
コメントだけでもありがとうございます。
この競馬クイズに目を通していただけるだけでも作った甲斐があるというものです。
次回があればよろしくお願いしますね。

ちなみに、スカラシップはわからないのですが(申し訳ない)、ゴールデンサッシュは確かステイゴールドの母ですね。
サッカーボーイとは全兄弟ですから、もちろんその答えでも正解ですよ。
Posted by BlueTasu at 2006年09月10日 00:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

画期的!馬連4点必勝法
Excerpt: 誰でもできる、画期的な競馬予想法。発売以来、好評をいただき2度ヴァージョンアップ。使い方のサポートなどをメーリングリストでサポートしていますから、競馬初心でも安心です。
Weblog: 情報発信@情報銀行
Tracked: 2006-09-01 07:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。