2006年08月24日

No.156 夏と蝉と人の絶叫

 照りつける太陽と陽炎揺らめくアスファルト。
 この世は地獄に違いない。
 確信めいた私の呟きは、夏の風物詩ともいえる蝉の喚き声にかき消された。
 時刻は正午。太陽は中天。蝉の鳴き声に腹の虫。場所は牛丼屋。でも注文はざる蕎麦。

「えらい少食やねんな」

 私の目の前にいる、最近仲の良い女性――ハルちゃんは、牛丼に生卵に冷やしはいからとサラダをテーブルにズラっと並べてそう言った。
 最近、というかもうずっと食欲がないため、ざる蕎麦1枚でも頑張っているほうなのだが、ハルちゃん的感覚ではこれくらいは朝飯にもならないようだ。
 とりあえず私は、「昼はいつもこんなもんだよ」 と言葉を濁す。

「あかんあかん。そんなんじゃあかんよ、朝と昼はしっかり食べなダメっすよ」

 ハルちゃんはうちのおかんのように あかんあかん を連発した。
 富井副部長ならここで 「男を見せたるぜー」 とばかりに全メニューを注文するところだが、あいにく私にそんな度胸も根性もない。
 でも確かにざる蕎麦だけじゃダメかなぁ、とは思っていたので、サラダくらいなら食べれるかな、と思って注文を追加した。
 ハルちゃんはその様子を見て

「んー、せやけど、Blueさんはあれやな」

 生卵を溶き、牛丼に流し込みながら言った。

「めちゃくちゃ付き合いがいいよね」
「どーゆーこと?」

 オウム返しで聞き返す私。
 ハルちゃんは、んー、とちょっと悩んでから答えてくれた。

「だってさ、2週連続で映画に誘っても付き合ってくれたし、今日たまたま朝一緒になったときに昼ご飯誘っても付いてきてくれたし、今もメニューのことをツッコんだらサラダを注文したし、めちゃめちゃ付き合いいいやん」

 あーなるほど。確かにハルちゃんの誘いは断ったことないなー。
 でも普通、女性の頼みって用事があったり、あまりにも無茶じゃない限り断ることってないよ、ね? (誰に聞いてんだ)
 でも主体性のない男だと思われるのはイヤだなぁ。(実際ないっぽいけど)

「せやねぇ。頼まれたら断れない性質なんかもなぁ」
「でも昨日、部長に仕事頼まれたら断ってたやん」
「……見てたんかぃ」

 折角良い人っぽいのを演じたのに (演じた言うなよ) すかさず切り返されてしまった。
 なんだろなー。ここで 「ハルちゃんの頼みだからさ」 とか言えば良かったんだろーか。でもそんなセリフ、私には似合わないしなー。(ヘタレ)

「部長が言うてたで。Blueの奴はヤバイ匂いを嗅いだらすぐ逃げよる。この仕事はホンマに面倒臭いから押し付けたろか思たのになぁ、って」
「……断ってよかった」

 心底安堵した。
 そこから仕事の話、主に部長の悪口に終始していたような気がするが、そんなことで話は弾んだ。
 ――で、唐突に話は途切れ

「でも、Blueさんは付き合いいいよねー」

 何故か話が一周してきた。

「じゃ、じゃあさ、今度俺が逆にハルちゃんを誘ったら、付き合う?」
「いいよー」

 人がちょっと緊張して誘ったら、あっけらかーんとした答えが返って来た。
 ハルちゃんはいつも即答だ。夏に飲むコーラみたいに爽やかだ。一気に飲んだら苦しいけど……。

「で、どこに連れてってくれるん?」

 にまぁーっと笑って聞いてくる。どこか小悪魔的な笑いであった。
 明らかに私を試している顔である。

「あー……どこいこう」

 情けなくも聞き返してしまった。
 せめて内緒、とか当日のお楽しみ、とか言えなかったんかぃ!! うあーッ!!

 絶叫したい気分にかられて頭を抱え、視線を彷徨わせる――と、

「ぶっ」

 植木を挟んだ反対側の座席で、一心不乱にメールを打つ後輩の姿があった。
 思わず目があう私と後輩。

「あー、先輩。俺に構わず、続けてください」

 ・
 ・
 ・

 聞かれてたーっ!!
 この小っっ恥ずかしい会話の一部始終を聞かれてたーっっ!!

「おー、君、確かBlueさんとこの子やんな。こんにちわー」
「ども、ハルさんこんにちわ」

 私が身悶えていると、ハルちゃんと後輩が仲良く挨拶を交わしていた……。

 ・
 ・
 ・

 で、昼の休憩も終わり、会社に戻ると...

「聞いたぞこらーっ! Blue、貴様、ハルちゃんに手をだしたらしいなーっ!」
「映画へ一緒に行ったんやとー!! お前、暗がりで何をしたー!!」
「今週末はお前またどっか行くらしいやんけっ!! おおっ!?」
「行き先は考えたんか? ホテルの予約も完璧なんか?」
「ハルちゃんが寝とられたーっ!!」
「おいこらお前ら、五月蝿いぞ。仕事しろ」
「私知ってるでー。先々週も映画一緒に行ったんやんなー」
「なんだとーっ!!」

 ……部長の注意声がかき消されるほどの騒ぎ。蝉の声より煩い。それはもう、ここは小学校か、と思うほどであった。

「で、先輩。どこ行くんですか?」

 騒ぎの原因であり、盗聴人である後輩が聞いて来た。
 あー、それもどうしよう……。
 悩みは尽きません。



posted by BlueTasu at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明日から家族旅行なのでウチのブログのレスはその後って事で、、、ってそっちはスルーしてもこっちはスルーできんちゅうのんかいっ!

つか終盤のセリフ、めちゃねたみやん。1億総フカヒレ状態やん。「僕もひとりのフカヒレですから・・・」って感じだし。ううぅ「ハルちゃんの裏切りモノ〜っ」
※って赤の他人だから。

明日行く時雨殿が面白かったらそこにすればいいよ。でも書かれた会話が全て本当だとしてもニュアンスがくみ取れない以上あまり軽率な行動は微妙かも。別にねたみでも何でもなく、彼女に別に好きな人がいるかいないかは、今の時点では未確定というか、「つきあいがいい」というのは僕には判断付かないリアクションです。

女の子から見たらどうなの?>佐緒さん。
Posted by クリス at 2006年08月24日 02:14
ますます良い感じじゃないですか(⌒∇⌒ )

>女の子から見たらどうなの?>佐緒さん。
ええっ(笑)!? う〜ん…クリスさんも仰いましたが、ハルさんに特定の想い人がいるかどうかは判断が難しいですね。でもハルさんは、好きな人がいるのに他の男性の誘いをOKする様に思えないんですよねぇ。
もし私ならしないですね…2人きりで、となればなおさら。

ここは、少し流れに任せてみるのも一案かなぁ。
あえて白黒つけずに何度か2人の時間を持ってみて、それで相手への気持ちがハッキリすればハルさんかBlueTasuさんが何らかのアクションを起こす事もあるでしょうし…或いは特別区切りがなくても自然な流れで良い方向に落ち着く、というのも多々ありますからね!
Posted by 佐緒 at 2006年08月24日 11:46
 とうとうコメントで会話を交わすようになりましたか……。

>クリスさん
>1億総フカヒレ
 ……想像したらめっちゃ怖いやん。

>裏切り者
 会社の人から妬まれまくってます……。
 まだなんにもしてないのに!(問題発言)
 なんか、会社では3人くらいの人がハルちゃん狙いだったらしく、牽制し合っていたところ、私が横からかっさらった、みたいな図式が成り立っているみたいなんですよねぇ……。

 なんつーか、後に引けない状況に周囲が整えている気がします。
 なんつーか、ここでフラれたらすっげぇ格好の悪い男、て気がしますしね……。

>佐緒さん
 >好きな人がいるのに他の男性の誘いをOKする様に思えない
 そこ、そこ大事!!
 そうだよね。そんな子だったらひっぱたくよ、私。

 >少し流れに任せてみるのも
 ここまでずーーーっと流れに任せっきりですね(笑)
 つか、初めて自分からアクションを起こしたのが今回。

 さて、本当にどこへ誘おう……。
Posted by BlueTasu at 2006年08月25日 02:32
なんだかピンクの霧が立ちこめてるよ、この辺。つか写真が見たくなってきた!メールで送って欲しい!
※もし持ってなかったら勇気を出してってその一言が破局を招くようなら遠慮するけど(^^;
※世間体上そりゃ無理だ、ということであれば、ブログ上では「そりゃさすがにクリスさん無理ですよ、」と言っておきながら送ってくれても可。
いや別にね、顔を見てその子がどんな子か、BlueTasuさんに脈があるのかどうか、今後の身の振り方についてあれやこれやと書きたいってワケじゃないんですけどね(^^;、まぁ興味本位っつーか「どれどれ?」みたいな?

佐緒さんの「好きな人がいるのに他の・・・」ってコメントは一見なるほどですが、女の子はわかりませんからねぇ(^^;。実際僕も昔何度か二人で映画とか行きましたけど、「完全友達」でしたし(いやだからオマエはフカヒレだからだろ!とつっこむところデスヨここは(^^;)。

オススメスポット。旅行で琵琶湖博物館というところに行ってきましたが、かなりの密度でした。カップルも結構いたし、水族館+博物館でゆっくり見れば1日潰れるくらい。その中でもインパクト大の「チョウザメのエサやり」のデモは必ず見て欲しいと言う感じ。奈良からなら近いとは言い難いけど、時雨殿よりずっと楽しめると思います。もしよかったらネットで調べてみて。
Posted by クリス at 2006年08月26日 02:00
>クリスさん
写真の件ですが、ブログ上ではありえませんね(^^;
メールでもちょっと遠慮したいくらいです。
まだ写真撮った事ないですしねぇ……。

琵琶湖の方の旅行ブログ、拝見しましたよ。
ジブリと海洋堂、かなりイイデスね。
写真だけではなく、是非この目で見に行きたいな、と思いました。
Posted by BlueTasu at 2006年08月27日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。