2006年08月15日

No.145 多趣味なる野望 The ビリヤード

 家にビリヤード台がほしい。

 ビリヤード.jpg

 競馬、野球、バスケ、卓球、麻雀、株札、花札、競艇、ボウリング、カラオケ、ダーツ、TRPG、ボードゲーム、映画鑑賞、音楽鑑賞、読書などなど。
 とにかく広く浅く、多趣味な私が今最もほしい贅沢が、家にビリヤード台を設置することである。
 下手の横好きというかなんというか、とにかくビリヤードが好き。

 音に惚れた。

 ビリヤードの何が好きなのかと言うと、とにかくあの独特の音が好きなのである。
 キューが手玉を撞く瞬間の音。
 手玉と先玉がぶつかりあう音。
 そして玉がポケットに吸い込まれる音。
 BGMなどいらない。効果音さえあればいい。
 静寂の中を打ち破る、鋭く乾いたあの音が良いのだ。

 ビリヤードは美しいと思う。
 カラフルな玉の数々がグリーンのテーブル上で乱舞し、ポケットに吸い込まれていく。 
 ボーラードでアベレージが50以下の超初心者な私だが、その瞬間だけは本当に美しいと思うのだ。
 上達すれば上達するほど芸術のように磨かれていくスポーツ。
 それがビリヤード。

 でも高いんだよなぁ……。

 店に行ってもプレイには、1時間あたり1人500円くらいはかかる。
 2人で2時間プレイしたら2000円だ。
 まぁテーブル1つとっても数十万はかかるシロモノだし、それくらいとらないと元なんかとれないんだろうけど。
 だからビリヤードが好きな人が憧れるのは、やっぱりビリヤード台が家にある環境だろう。
 でもそれらを整えようと思ったら、テーブルで30万以上。キューも安いので1本2万は必要だし、玉やメカニカルブリッジにも金がかかる。あとはチョークか。
 そして問題なのは設置場所。ちょっと調べたら17畳以上は必要なんだそうだ。
 うちでそんな場所があるかというと……道場か。

 畳にビリヤード台!!

 合わないよなぁ……。
 幸いにして土地はあるし、専用の離れ小屋を建てるとしたら、どれほどの費用が必要なんだろうか……。

 なんてことを弟に話したら

「その前に親父や姉ちゃんの了解を取るほうが難関だろうな」

 ……その通りだよ、マイブラザー。
 野望への道は遠く険しそうである。



posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ビリヤード台のレビュー
Excerpt:  ●組み立て式のご家庭で楽しめるビリヤード台です。<br>●ビリヤード好きにぴったり。自宅でビリヤードが楽しめます。<br>●ボール16個、キュー2本、チョーク2個・ブラシ1本..
Weblog: ビリヤードを攻める
Tracked: 2007-08-12 18:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。