2006年08月12日

No.141 唐突にゲド戦記を観に行った

 今日は会社が思ったよりも早く終わった。
 時刻にして19:30前後。
 昨日は23時まで残業だったのだが、今日はほぼいつもの時間である。
 単に、明日休日出勤しなければいけないから早く帰っちまえ、という事情があったりするのだが……。

 とにかく空いた時間は有効に。

 帰って飯食って風呂に入ったら、まだ読み終わっていないツルモクを読んで、魔界へ行こうか牧場へ行こうか? などと思案しながら駐車場への道を歩いていた。
 そしたら思わぬ人から声がかかった。

「ねぇ、映画観に行かん?」
「は?」

 その人は同じ職場で4つ年下の女性――仮にだけど、ハルちゃんとしておこう――から声をかけられたのである。
 もしかして私に声をかけたんじゃなくて、私の周囲にいる別の人に声をかけたのかな、と思い辺りを見回すがそれらしき人がいない。

「俺に声かけてんの?」
「そーっすよ」

 ハルちゃんは普通に喋るとき、時々語尾に 「っすよ」 と喋る変な子である。つか、ちょっと口が悪い。だけどハキハキした喋り方と、サッパリした性格のお陰で嫌味に感じないし、むしろ好感がもてる。
 顔もちょっと童顔だけど可愛いと思う。まぁよく小柄ということもあって、社会人ではなく学生だと間違えられることが多く、そのことでよく怒っているケド。
 そんな可愛い子、ハルちゃんが週末に私みたいな、なんの取り柄もない男を映画に誘っている――これは事件である。

「Blueさん、この間のバーベキューのとき、ゲド戦記を観に行ってみたいとか言ってたっしょ?」
「はぁ」
「私も観てみたかったんよ。でも足がないからさ、Blueさん車でしょ? 連れてってよ。チケットは奢るから」
「はぁ」
「はぁって、ダメなん? 何? なんか用事あるん? 他の子とデートの約束でもしてるん?」

 断じてそんな約束はない。つか、女性から映画に誘われることなんて、生まれてこの方一度もない。

「そんなことないけど、唐突だから驚いた」
「女の子との約束なんていつも唐突っすよ。さぁ、用事がないなら行こ」

 なんだか状況に流されるままに事態が推移していく。
 まぁいっか。ゲド戦記は観たかったしなぁ。流されちゃえ〜。
 ツルモクも魔界も牧場も、全部の予定をざぁーっと流して私らは映画館へと行くことになった。ザァ〜〜。

 ―――――――――――――――――――――――――――――


 というわけで、ゲド戦記を観た。
 実は私はゲド戦記は観たかったが、原作を知らない。
 だがハルちゃんは原作を知っているらしく、これはまた意外な一面であった。

「そんなわけで私も観たかってん。でもさ、一人で観るのってつまらないっしょ? で、友達のゆうちゃんを誘ったら残業だって言うしさ。そしたらBlueさんが背中に黄昏背負って歩いてるの見えてさ、ちょうどいいやって思ったんすよ」

 ハルちゃんは良く喋る子であった。車での移動中、もう喋りっぱなし。こういうのがオバサンになったら、さぞ煙たがられる大阪のオバチャンになるんだろう、とか思ったのは内緒である。
 まぁ彼女が喋ってくれたので事情に納得した。
 要するに、同じ会社の事務のゆうさんを誘ったけど残業だったのでその代理というわけだ。ならそうと言ってくれれば良かったのに、ハルちゃんは私に気があったのかと、オッサン勘違いしてしまうがな。

 まぁ別に良い。(良いのか?)
 可愛い子と映画を観に行けて、しかもチケット代が浮くのだから文句を言う筋合いもないし、と思ったのだが――

「チケットは誘った私が買うけど、その代わりポップコーンは買ってな」

 チケット代に比べれば安いが、結局出費は強いられた。
 つか、さすがジブリ作品である。レイトショウで夜だというのに、席はほぼ満員。いつもなら結構空席が目立つのだが、話題作 & 週末 & お盆休みということで賑わっていた。

  gedosenki.jpg

 ――で、2時間ほど経過。ゲド戦記のスクリーンにつつがなく幕が下りた。
 私の感想は、結構面白かった、である。星3つ半くらいかな。ただやっぱり原作を知らないからであろうか? ん? と主人公の言動、行動に首を傾げてしまうようなシーンもあったし、なんか大幅にカットしたんじゃね? と思うような、ちょっと不自然なバッサリ感があった。
 つか、主人公にさほど好感が持てなかった、というのがその理由なんだろうか。つか、ゲド戦記なのにゲドは脇役っていうのも失笑モノだった。
 原作を知っていたハルさんも、「悪くはないんだけど、ゲドが……」 とか言っていたし。確かに原作で主役のゲドが、最後は全く出番なし、蚊帳の外、ではファンとしては納得がいかないのだろう。

 映画を観たあと、ハルさんがお腹が空いた、とか言うので (ハルさんは大きなポップコーンをペロっと平らげていたのに、だ!) 適当なファミレスへ。
 そのときに聞いたのだが、ゲド戦記は原作では海が主な舞台なのだそうで、映画ではその海がオープニングでしか出なかったことが最大の 「イマイチ納得がいかないんだ」 的要因らしい。海での面白いシーンがバッサリとカットされているのだそうだ。

「話としては、まぁよくまとまってたけどね」

 結論、そんな感じ。私も同様の印象を持ったしね。
 ファミレスでは夜も23時頃だと言うのに、ハルさんは油っぽそうなチキンステーキセットをぺろっと食べきっていた。挙句にデザートも注文していた。さすがに気になったので、

「太らない?」

 と尋ねてみたら、

「デザートは別腹。ついでに映画を観るときに食べるポップコーンも別腹。それに奢ってもらえるご飯はそれなりに別腹」

 と、女性特有の答えが返って来た。恐るべし別腹! チケット代が浮いたし、安易に奢るなんて言わなきゃ良かった!!
 だけどこういうとき、男ならつい 「おごるよ」 って言っちゃうよね!? ね?

 ――結局チケット代以上のお金を支払わされ、ハルちゃんを会社近くのマンションに送って別れた。

「楽しかったっす。また映画いこな。で、今度は奢ってな〜」

 帰り際にそう言ってくれたのはちょっと嬉しかった。
 今度は奢ってな、というセリフさえなけりゃなぁ、とか思っけど……。

 なんだか今日は色んなことがあった日だった。



posted by BlueTasu at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいな〜(^^)。羨ましい!
っていうかこういう話は読むのもいい。
っていうかもし作り話だったら

 マジあんたスゲェよ・・・

ってなるとこだよ。そりゃもう次回は
奢るとこでしょ!こう言うときに金
使わずにいつ使うんジャイ!
※まぁいっぱいあるわけですけど。

別に誘ってくれとは言わないけど、僕も
女の子と映画観たいな〜。っていうか
正直言うと性別はどうでもいいから、

「同じベクトルで話が出来る人」

と映画が観たいと思ったよ。じゃなきゃ
正直一人で観に行った方が楽だったり
するんだよな〜。

どっかにハリウッドオタクでマニアな
ツッコミを容赦なくしまくれるかわいい
くて好意的で頭が良くて饒舌な女の子が
いて、かつ観に行った映画館がたまたま
貸し切り状態で大声でしゃべりながら
和気あいあいと映画が見れるような
状況になんないもんかな〜(遠い目。

BlueTasuさん、アンタ幸せモンだ!
Posted by クリス at 2006年08月13日 02:16
いいですね〜!!
可愛い女性と映画&お食事…こんなハプニング、BlueTasuさんのみならず男性なら皆大歓迎なのでは?
それにしてもお話に出てきたハルさん、積極的で快活なお嬢さんですね(⌒∇⌒ )
既にお付き合い中ならともかく、女性から男性を誘うって勇気いるし…正直私には出来ないなぁ(別にカマトトぶる訳じゃないですよ(笑)!)。

ちなみに、私の職場の女性陣の間では
「命を大切にしない奴なんか、大っきらいだ」
この一本調子(笑)の台詞を、何の脈絡もなく言うのが何故かプチ流行りです――誰一人映画観てないのに!
Posted by 佐緒 at 2006年08月13日 23:05
皆様、なんかいつもと違うテンションのコメントをありがとうございます……。

>クリスさん
>もし作り話だったら
被害妄想の強さなら自信はありますが、こういう嬉し恥ずかし(死語だな……)なイベントを作れるほど私は器用じゃありませんよ。
ただこのブログの中にネタに困って作り話をした回が1つだけありますが、もうやめとこ、と思うようなデキでした。

>同じベクトルで話が出来る人
これは貴重ですよねぇ。類は友を呼ぶ、という言葉がありますが、なかなかそんな貴重な友人や知人を持てるってのは少ないかと思います。
その点、私は周りに一部を除いて恵まれているのかなぁ、とか思いますね。

>大声でしゃべりながら
あー、私映画とか観るときに喋りかけてくる人はダメなんですよねぇ。
でもハルちゃんは車で、「観てる途中、色々ツッコみたくてうずうずした」 とか言ってました。
クリスさんとハルちゃんは気があうかもしれませんね。

>アンタ幸せモンだ
きっちりしわ寄せは来ました……。


>佐緒さん
>男性なら皆大歓迎なのでは?
こちらから誘うのではなく、女性から誘われるのは男冥利に尽きるって奴じゃないでしょうか。
普通は逆ですからね。
まぁ私は女性を映画に誘うなどという度胸も何もないダメ人間なんで、こういう機会は滅多になく嬉しかったですね。

>「命を大切にしない奴なんか、大っきらいだ」
私、今日職場で言ってしまいましたよ(^^;
うちの職場でも流行りそうな気配です。
良いセリフなのに、何の脈絡もなく言うと面白いですよねぇ。
でもせめて1人くらい観ようよ(^^;
Posted by BlueTasu at 2006年08月13日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。