2006年07月28日

No.123 ダービースタリオンP 2レース目

 いきなりだが、私のダビスタスタイルはこんな感じ。

 1.最強馬とかは目指さない。のんびりプレイすべし。
 2.とりあえずG1制覇、そしてダービーが目標。
 3.リセットはしない。
 4.馬名は牡馬なら 『カヤノ』、牝馬なら 『シックス』 の冠名を使う。

 以上の4点を守ってプレイすることにしている。
 これといって血統や配合知識があるわけでもないし、何より最強なんて目指せる根気がない私にはこれぐらいがちょうど良い。
 馬名は私の好きな馬の冠名から1文字変えて使用している。
 いつもの冠名、『ブルー』だとかぶってるしね。

 というわけで現在の状況。

 現在は8年目。
 初仔、シックスディーネは同系配合の弊害も特になく、すくすくと成長。
 とりあえず1000万下を好勝負する程度の実力だが、最初の馬としてはこんなもんだと思う。
 しかし今回、本当に故障が多い模様。
 2歳時に屈腱炎、3歳時にハ行で苦しめられたのだが、5歳で再び屈腱炎に。
 牝馬ということもあり、繁殖にあげることにした。

 1つ下の全弟、カヤノファーストは姉よりも強かった。
 3歳時に姉と同じ屈腱炎を発症したが、夏には復帰し勝ち上がり。
 さらに秋には500万下と特別競争を勝つと、初の重賞、中山金杯に出走させることもできた。
 結果は散々だったけど……。

 が、そのあと再び屈腱炎を発症して5ヶ月休養。
 しかしまた復帰後すぐに1000万下を勝ち上がり1600万下クラスへ。
 準オープンでも好走を見せてくれたので期待したのだが……今度は骨折。
 もう5歳ということもあり、さすがに引退を決意した。
 3度も故障してしまうとさすがに萎える……。

 1つ下の半弟、ネーハイシーザーの仔、カヤノシーザーはまったくの駄馬。
 未勝利のまま引退してしまった。なんてこったい。

 同じくネーハイシーザー産駆の妹はこれからデビュー予定。
 気性難のコメントしかされていないので繁殖としても微妙な気がしてきた……。
 とりあえず1勝を目指そう。

 繁殖に上がったシックスディーネには、奮発して1000万もするエンドスィープを種付けした。
 面白配合にノーザンダンサーのクロス。
 牝馬が産まれればミスプロのクロスも期待できる。

 が、初仔はやっぱり牡馬……さすがだ、私。
 残り資金は2000万程度だったので、もう一度勝負しエンドスィープを種付け。
 無事受胎してくれたので、今度こそ牝馬を!!

 ・ 
 ・
 ・

 ――が、出産間近の2月1周。

 死亡通知.jpg

 ……合掌。やっぱ牧場経営って博打だよなぁ……としみじみ思ってしまう一コマだった。
 つか、マジでへこむ。
 シックスディーネの初仔、エンドスィープの仔、カヤノロマンは非常にバネがある、というコメントをいただき期待が大きかっただけに……ねぇ。

 とりあえず、残された唯一の仔、カヤノロマンの稼ぎで我がブルー牧場の命運が左右されそうな気配です。

 ダビスタ P.xls

 つづく。




posted by BlueTasu at 23:49| Comment(0) | TrackBack(1) | ダビスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ダービースタリオンP
Excerpt: ヨドバシ.comにて注文していた、ダービースタリオンPが届く。ダビスタはダービ...
Weblog: 信乃助's BLOG
Tracked: 2006-07-31 00:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。