2006年07月28日

No.122 ダービースタリオンP

 いつもなら発売日前日に売っている店で買うのですが、今回は予約特典がどうしてもほしかったので、大手量販店で購入しました。
 その予約特典というのが、ダビスタンドと呼ばれる、PSPの画面を立てて置けるスタンドのことです。

 20060727214417.JPG

 こんな感じ。
 しばらくはPSPでダビスタ、PS2でパワプロオンライン、パソコンでそれらの記録を残す、という作業が続きそうです。

 で、ダビスタです。

 この横長の画面にレースシーンがよく映える。 いいですねぇ。
 ロード時間も驚くほど少なくて、良い出来です。
 レースも情報どおり、今までの逃げオンリーな展開ではなく、差しがよく決まるので良い感じ。
 リアルな競馬に近づいたと言えるのではないでしょうか?

 で、現在の状況ですが……破産寸前です。

 ダビスタ自体、かなり久々ってこともあるのですが、最初の馬がいきなり屈腱炎でダウンし、デビューが大幅に遅れたのが痛い。

 最初に与えられた繁殖牝馬はトイキーボーという牝馬。
 父にメジロティターン、母父にリマンドってマックイーンかよ、と思うような血統の牝馬です。
 とりあえず、パーソロンの血を有効に活かそうと思い、まずはトウカイテイオーをつけてみました。
 これでパーソロンの4×3のクロスで奇跡の血量に。
 どうかなぁ、と思いつつもこれで良しとします。
 でも種付け料の300万は、初期が2000万しかないので結構痛い……。

 でも調子に乗って2年目もトウカイテイオーを種付け。
 ここで気付く。
 そういやこの繁殖牝馬もトウカイテイオーも、マイバブー系……つまり同系配合だということに。
 うわ、遅いよ……なんで気付かないんだ、私は!!

 ともあれ、同系配合が走らないというわけじゃないだろうし、様子をみることに。
 3年目は空受にしようかな、と悩みましたが、30万の種付け料のネーハイシーザーがグレイソブリンとパーソロンのクロスになっていることに気付き、これを種付け。
 ノーザンダンサー系なので次につなげればよさそうですし、これの牝馬が産まれたらトイキーボーは引き取ってしまおうかと思ったのですが、こういうときに限って牡馬を引いちゃうところが私たる由縁か……。

 4年目はさすがにお金がやばいので空受胎。
 この年、トイキーボーの初仔、父トウカイテイオーの仔、シックスディーネがデビューしたのですが、最低人気でのデビューと散々な結果に。
 つか、新馬戦でいきなりキョウエイマーチとぶつかるってどうなの……?
 他にもロードアックスとかウインクリューガーとか後の重賞ウイナーがズラリ。
 こんな豪華なメンバーの新馬戦があったら見てみたいわぃ!!

 ともあれ5年目、シックスディーネは8戦目でようやく初勝利をあげることができました。

 ダビスタP.xls

 現在こんな感じで進んでおります。



posted by BlueTasu at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。