2006年06月20日

No.86 デモンパラサイト

 TRPGにも低価格化の時代が来たのだろうか?

 TRPGというゲームはルールブックが高い。
 大抵は3000円以上はするし、さらに追加データやサプリメント、ワールドガイドやらなんやかんやと揃えようとすれば2倍、3倍とコストがかかっていく。
 だが、ルールブックが1冊あればゲームができる、という点は忘れてはならない。
 本としてはたしかに高いかもしれないが、ゲームという部分で言えば、むしろ安いとさえ私は思っている。
 新作ソフトの半分くらいの価格。携帯ゲームくらいの価格で、ずっと遊び倒せるわけだし。

 でもやっぱ小学生、中学生といった低年齢層には辛いだろう。
 私が中学のときにでたソードワールドの完全版なんかは特に高い! と思った――結局買ったけど。
 でも後悔はしなかった。
 ソードワールドTRPG完全版で私は数十回以上遊んだ。遊び倒した。つか、今もまだ遊んでいる。
 完全版の名に相応しく、この1冊は私に10年以上ものあいだ、様々な冒険を楽しませてくれたのだ。

 で、そのソードワールドを世に送り出した、グループSNEから新作TRPG、デモンパラサイトが今月末に発売される。
 このデモンパラサイトは初心者用にデザインされているのが特徴で、そのルールブックの価格も1000円少々と、まさに破格。
 これなら中学生以下も手を出しやすいはず。
 一・TRPGファンとして、これを機にTRPG人口が増えて欲しいなと願う。
 とりあえずルールブック発売に先駆けて、リプレイが発売された。

 http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31726937

 リプレイというのは、プレイ内容の会話を記録し、それをわかりやすく編集、かつ面白くまとめた読み物のこと。
 会話形式でプレイが進んでいくTRPGならではの手法、と言えるだろう。
 私はTRPGを知らない人には、とりあえずリプレイを読むように薦めている。
 リプレイを読めば、大体のプレイ雰囲気が伝わるし、ルールもなんとなく理解できてしまうからだ。

 このなんとなく、というのがポイント。

 TRPGはなんとなくルールを知っているだけで、あとはGMが細かいフォローさえすればゲームはできるからだ。
 つか、ぶっちゃけこのデモンパラサイト程度の(失礼!)ルールならば、全く何も知らない人でも問題ないんじゃ? ってくらい簡単っぽかった。

 デモンパラサイトに限らず、全部のTRPGにいえることだけど、とにかく体験してもらうことが大事。
 私はこのリプレイとルールブックにその機会を与える1冊になることを期待している。



posted by BlueTasu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クリスです。まいど。

デモンパラサイトのことでもTRPGのことでもなくて恐縮ですが、グループSNEのコンピュータRPGは面白いのがいくつかありましたね。件のソードワールドSFCは2作目から入りましたがとてもディティールが良くできていて心地よい没入感がありましたし、PCEのサイバーナイトだっけかな、トンキンハウスのやつも当時はかなり楽しんだ記憶があります。

「トンキンハウス恐るべし・・・」

つかトンキンハウスが作ってたかどうかわかんないけど(^^;)、SNEの名前は覚えました。

TRPGは環境が全て。近所にそうした環境があることはもの凄く大きな財産です。大切にしつつ大いに活用して楽しんで欲しいと思いますね(^^。
Posted by クリス at 2006年06月21日 22:18
まいど、最近なんか不幸なBlueTasuです。

グループSNEの看板、ソードワールドはそういえばSFCで2作でていましたね。
1は5レベルまでしか上げられずフラストレーションがたまりましたが、2は10レベルまで対応し、なかなか面白かった覚えがあります。

TRPGは環境が全て。
まったくもってその通りです。
1人では絶対にできないゲームですからね。
周りが興味をもたないことには始まりません。
そういう点で、デモンパラサイトにはほんのちょっと期待しています。

Posted by BlueTasu at 2006年06月22日 01:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。