2006年06月06日

No.75 つよきす

 とある某サイトさんから、強く強く、それはもう新鮮なタコの吸盤の如く強力にオススメされて、つよきす、というゲームの体験版をやってみました。
 http://www.candysoft.jp/ane/candytop.html
 ここですね。18歳未満の方ははいっちゃだめ、というそんな空間です。

 最初に断っておくと、私はこの手のギャルゲーというものをほとんどやったことがない。
 それはやっぱり家族の目というか、姉の目というか……とにかく怖いからだ。
 環境がそういうゲームをすることを許してくれないのだ。
 一応1本だけできて、ハマったゲームがあるのだが……これは今度の話に置いておこう。

 この「つよきす」っていうのは、ツンデレという女性がメインキャラのゲームで、最初はきっつい性格の子が惚れて行くとデレっとしちゃうそのギャップがいいんだそうだ。
 私の経験則で言うと……それはやっぱり姉になっちゃうんだろうけど、あれがデレっとなるところは想像できないし、もしなったとしたら地球も滅ってしまうんじゃないかなぁ、とか真剣に思ったりする。
 構成比でいうと、ツン10に対し、デレは0。

 有体に言えば、私からすればありえない世界だな、これ。

 でもまぁありえない世界を楽しむのがゲーム、という気もするのでプレイ開始。
 ちなみに冒頭でも述べたが、こういうゲームを家族にやっているところを見られると非常にマズイことになるので、ノートパソコンを布団の中に隠しつつ、音はイヤホンで拾いながらやっている。
 熱がこもってしかたない。非常に暑いけど、まぁ我慢だ……。


 ――――――――――――――――――――――――


 プレイ開始直後。
 いきなり肌に合わないなぁ、という場面に遭遇。

 tuyokiss.jpg

 こいつ。自分のことを「ボク」とか言う女の子。
 なんかいきなり電源を落としたくなるほどイヤなんですな、こういうの……。
 好きな方には申し訳ないが、うるさいというか、ありえないというか、なんというかイヤなのだ。
 私はハズレかなぁ、つか、無理かなぁ、とか思い始めた。
 実際、次に出てきた生徒会長の姫とかいうキャラにも不快感。
 金髪とかありえないよ、と冷静につっこんでしまう冷めた自分がそこにいた。
 このゲーム、ギャルゲーなので女の子に魅力を感じなかったらやばいなぁ、とか思い始め、やっぱ無理かな、と。

 ――が

 プレイするうちにそんな最初の違和感も飛んでいった。
 会話が小気味良いくらいのテンポで場面が次々と変わっていき、いつのまにやらその世界に溶け込んでいるのである。
 まぁ相変わらずこの「ボク」は気に食わなかったりするんだけど、少なくともこのテキストの良さは認めざるを得ない。
 ギャグというか、軽いノリと主人公にいる周囲の友人たちとの会話がとても面白く、楽しい。

 なるほど、これは確かにエロ抜きで楽しめるかもなぁ、と思う。
 元々こういうADVは 『街』 とかで好きになっていたという背景があるにしろ、最近のギャルゲーって侮れないんだね、ということは理解した。

 ――しかし

 気がつけばニヤっと笑ってしまうテキスト満載なんだけど、笑えないというか凍ってしまうエピソードがあった。
 主人公の友人、新一くんは、大の姉恐怖症。
 姉に酷いことをされまくってトラウマになってるキャラなのだ。
 ああ、これは笑えん……とか思っていたら、

 kiss.jpg

 こんなことを言い出した。
 へぇ、そうですか、君もやられたことあるんだね……。
 背中で弾ける爆竹の音と皮がボロボロになるあの痛みを思い出し、うつろになってしまった。
 たぶんここは笑うところなんだろうけど、やられたことのある私としては全然笑えない。

 うーん、これは買いに行こうか、どうしようかなぁ。
 新一くんと私、どっちが酷い目にあっているのかを確かめるためだけに買ってもいいかもしれない……。
 そんな理由でコレを購入しようと決めたのは、世界広しといえど、きっと私だけだろう。
 つーわけで、次の休みにでも大阪へ出張しますかね。

 一応、この手のゲームに抵抗がない方もオススメだと思う。
 まだ買ってないんでなんともいえないけれど。



posted by BlueTasu at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ADV好きのチケットです。
RPGかADVか競馬ゲームしかやってないです。

最近の良質ADVはこの手のゲームが多いんですよね。
というわけでお勧めを、PS2で出てるやつね

君が望む永遠・・・騙されたと思って
ミステリート・・・探偵、推理物が好きなら
Ever17・・・・・・なかなか良作
CROSS†CHANNEL・・テキストが面白い

つよきすとは多分全然中身が違うゲームですが
ストーリは面白いよ
もしやるなら情報は遮断しないと面白さ半減するよ
上から順にお勧め。
Posted by チケット at 2006年06月06日 00:14
体験版やって下さったんですな(^^)。ありがとう。つかブルータスさんのリアクションは全てと言っていいほど予測の範囲内でした(^^;)。つか僕自身フカヒレの姉エピソード見た瞬間、

「BlueTasuさんは笑えないだろうなぁ」

って思いましたからね(^^;。
でもテキストの秀逸さ、カニとなごみの「文章にすると目を覆いたくなるけど、出来のいいボイスだと全く印象が異なる」やりとりには、納得せざるを得ないのではないかと期待します。

ただ、やはり絵的な抵抗感は否めないようですので、どちらかというとエロから距離のあるPS2版の方が、もしかしたらいいのかも知れませんね。断定は出来ませんが。

>チケットさんへ

横から失礼します&初めまして、クリスと申します。ギャルゲー免疫が極端に薄いなりにBlueTasuさんに無理強いした張本人です(汗。

クロスチャンネルの「テキストが面白い」というのは「笑う」面白さですか?それとも「唸る」面白さかな。もし前者であれば、つよきすより笑えますかね?もしYESなら僕もやってみたいと思いまして・・・。
Posted by クリス at 2006年06月06日 03:19
ちす。クリスです。昨日のはしゃべり足りなかったので、もう少し書かせて頂く。つか別にこれは僕が言いたいことを書いているに過ぎないので、読んでは欲しいけど、別に長いレスを求めているわけじゃないから、その辺はお気軽に。

昨日ついに最後の一人をクリアしてしまった。ゲーム内で言うところの「いとこのお姉さん役」にあたる人。つかリアル姉貴がいないかわりにリアル妹がいるのだが、実際ゲームと現実を混同するケースは(僕にとっては)なかったんだよね。なんつーか「みゆき」を読みながら「こんな妹欲しい」と思ったり、エロマンガのネタでも普通に熱くなったり。※コレを書くといろいろ誤解を招くかも知れないけど、ウチの妹はそこそこ「見られる」外見でした。普通に恋をして普通に結婚して普通に子供産みましたし。僕は見た目がマズいので決して男として、みたいなマンガのような話にはならないわけですが、友達はたくさんいたので、妹としてはある意味ありがたい兄貴だったのかも知れないと思ったり思わなかったりです。

閑話休題

ともかく、現実とゲームはやっぱり違うとは思うわけです。まぁ件の「鉄乙女」先輩に関しては「非現実過ぎて」というか「マンガにも出てこないようなキャラ過ぎて」さすがについて行けませんでしたが(^^;)。

今日のブログでも書きましたが、言葉というのは字面から受ける真っ正直な印象と、現実世界でのニュアンスにズレがあるケースが結構あるように思います。いちいち取り上げることそのものがあまりないから、その多くは気付かないとも思うのですが、僕がつよきすで一番好きな言葉、印象に残っている言葉は、実は、ホントに、信じられないかも知れませんが、

 「死ね!」

だったりします(^^;)。主になごみんとカニのやりとりで出てくる言葉なのですが、これは凄く「プリミティブな嘘」だと思うんですよね。ホントに死んで欲しいワケはないのです。でもメンタル面のテンションは非常に振り切っていて声優の声の乗せ方もハンパなく気合いが入っている。そういうのを聞いてるとなんだか、

 いいなぁ

と思ってしまうのです。文字だけでは悪質な印象しか残さない「死ね」という言葉。でもセリフとして、犬猿の仲の2人が掛け合うと、そこで全く別の空気が形成される。

つよきすはそういう場面が結構たくさんあるのです。文字にしてしまうと埋もれてしまうような「言葉の持つ」良さが出てるシーンが。

ある意味ネタバレになってしまうので多くは語りませんが、それはシリアスな場面でもあります。「上手い具合に抜いてる」こともあれば、「軽いようでしっかり入れて」いることもある。これは、僕がいわゆる一般ゲーム、アニメでは感じなかったことなんですよ。
・・・

僕は再三「頭の悪いヤツは嫌い」とブログに書いてきましたが、そういったヤツがほとんどいない点もつよきすの評価を高くしている要因です。強いて言えば主人公がそうとも言えますが、ボイスが当ててない分印象は薄らぎますし、ともすれば過去のトラウマゆえのものであると自分を納得させられなくもありません。

ダメなヤツ、ワガママなヤツ、意固地な人、裏表のある人、テレ屋、設定されたキャラを貫いて演じているし、脚本家が「掴み切れている」。そこに大きな安心と信頼を乗せて、自分がさほど好きでもない「ありえない連中」に入っていける力が沸くんじゃないでしょうか。

・・・

以下具体レス(^^;)。

>1本だけハマったギャルゲー

何だろうな。自分は、、、初代プリンセスメーカーはハマりましたね。あと88や98のエロゲーはいくつかやったけど、「面白かった」と明言出来る作品はないかなぁ。一応有名なToHeartは泣くほど面白かったですが、今だと正直やる気になれません。別にゲームやって泣きたいワケじゃないし。だからもし「つよきす」が泣きゲーだったら、みなさんにこんなに強くお勧めしなかったと思います。

あと鬼畜っつーか悪い人間が全くと言っていいほどいないのも好きですね(まぁ一人だけいないでもないけど(^^;)。なんつーか嫌なヤツがいると気分が悪いんで、悪役だろうと僕は否定的だったりするんですよ。

>ノートを布団の中に

くれぐれも熱でPCとお体共に悪くなさらないよう(^^;)。ある意味夜が涼しい今しかプレイするチャンスはないかも知れませんね!これを天啓というのデスヨ(^^)。

>ボク

実は自分の娘が「ボク」というので、僕の場合は全然抵抗がなかったりして(^^;)。まぁこれは特例でしょうけどね。僕的にはむしろ「乙女先輩」の武士道精神に違和感がありました。逆に抵抗が薄かった順に書くと、フカヒレ、よっぴー、祈先生、館長、なごみん、カニ、エリー、スバル、乙女先輩って感じですかね。意外とスバルは抵抗があったりして(^^;)。祈先生や館長はマンガらしいキャラですからね。抵抗感はほとんどないですね。

>いつのまにやらその世界に溶け込んでいる

これはうる星やつらや生徒諸君!と同じ感じです。ありえないんだけど、内側にいるような。それだけ構築の仕方、スキルが高いんでしょうね。僕なんて最初の頃何度も「うまいなー」って感心しまくってましたからね(^^;)。僕の場合はジャストミートでしたが、ニアミスの方も多いんじゃないかと思ってオススメしちゃったワケです。

>そんな理由

確かに。まぁその面での期待をどうこうするのは無粋というものでしょう。購入後の感想、体験版終了時の感想をまたお聞かせ願いたいですね(^^)。

とりあえず自分は全キャラ終了時で評価★★★★☆の90点です。
Posted by クリス at 2006年06月06日 21:57
壮大なコメント、ありがとうございます。
本文より長いし……(唖然)

>チケさん
前にも1度、同じものをオススメされましたよね。
でも申し訳ない、手をつけていません。
理由は家族の目。
PCのはノートという特性を活かし、なんとでもできるようにはなったのですが、PS2はさすがにテレビに固定、しかも姉や妹が時折貸して欲しいと言ってくるので絶対出来ません。
まぁミステリートあたりなら大丈夫かもしれませんが、ミステリートはなんだか総当り的なシステムが気に入らないんですよね……。

君が望む永遠とCROSS†CHANNELは名前だけきいたことがありますね。
どちらもアニメになっていたんじゃないでしょうか?
特に君が望む永遠はタカにもオススメされたことがあります。
機会があればやりたいんですけど……あんまりそういう機会はないんですよねぇ。


>クリスさん
まずは一言。長文カキコありがとうございます。
つか、こんだけの分量、自分のブログに書いた方がいいんじゃないでしょうか?(^^;)
いや、書いてもらえて嬉しいんですけどね。

以下、ちょこっとずつレスです。

>フカヒレ
まぁ予想範囲ないでしょう。でも今のところ私の方が酷い目にあってるようですけどね。
笑えない、というより凍りつきました。
ゲームであそこまで凍らされ、思い出さされたのも初めてかもしれません。
そーいや自社のHPでも人気投票でNo.1になってましたね。

>カニとなごみ
体験版ではちょこっとだけですが絡みがありましたね。
しかし、カニの声がまだいまいち好きになれず……。
どうでしょうねぇ……本編ではまた印象が変わって来るんでしょうか。

>プリミティブな嘘
そうだったら素敵なんですけどねぇ……いや、歪んでるか。
まぁ姉はおいといて....
実際友人同士の掛け合いでもよくありますしね。
「死ね」とかいって本当に死んじゃったりしたら犯罪者ですし。
声優さんがのってくれるかどうかっていうのは大事ですよね。
カレー屋の店長なんか好きですよ。あれは良いキャラです。

>1本だけハマったギャルゲー
恐らく名前くらいは聞いたことがあるかもしれません。
んー、でもたぶんクリスさんの肌には合わないでしょう。
選択肢を1つ間違えばデッドエンドな世界ですしね。
でも本当にハマりました。
まぁそのうち、折を見て紹介しますね。

>ボク
この辺も「いつのまにやらその世界に溶け込んでいる」というのと一緒で、だんだんと違和感はなくなっていってます。
こういう適応力は自分でも驚いていますが。
そーいえば小さい頃、近所の女の子も「ボク」っていう一人称だった奴もいましたね。
でも鉄さんは…・・・確かに「アリエナイ」ですね……。
まぁうちの姉も大概、アリエナイですが……。
Posted by BlueTasu at 2006年06月07日 22:30
>クリスさん
CROSS†CHANNELは有名なシナリオライターが書いてまして
この人が書くテキストは楽しいのが多いですね。
笑えます。ただ本編のストーリーは笑えるといった種類ではないですね。
日常会話で笑いが発生するといった感じかな。

>ブルさん
上に書いたゲームは全部PCでも出てます。
君が望む永遠は、騙されたと思って一章だけでも
と友達に勧めたら激はまりしておりましたw
最近のギャルゲーは侮れません。
Posted by チケット at 2006年06月07日 23:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。