2006年05月20日

No.58 優駿牝馬・予想

 難解ですねぇ。もちろん明日のオークスのことです。
 しかし混戦といわれる桜花賞はほぼ人気どおりすんなり収まった。
 今回のオークスもそうなるのではないだろうか? というのが私の見解。

 というわけで、本命は桜花賞馬のキストゥヘヴン。
 東京2400実績のあるアドマイヤベガの産駆ということもあるし、桜花賞の勝ちっぷりからも2冠の可能性は十分とみた。

 対抗はフローラSで2着だったブロンコーネを。
 母父は東京に強いトニービン。父は勝負強いブライアンズタイム。
 血統面に不安はない。
 あるとすれば1レースごとに変更になっているヤネなんだけど……。

 あとは8枠のヤマトマリオンと、3枠の2頭を抑えておきたい。
 なんだかDOCOでギルドの人たちの意見を聞いていると無視できない存在のような気がしてきた^^;

 個人的に気になるのがシークレットコードとカワカミプリンセス。
 カワカミプリンセスが勝ったらキャリア4戦で無敗のオークス制覇となる。
 もし勝てば記録ずくめの勝利となるなぁ、などと考えていたらシークレットコードなんか3戦目だった。
 シークレットコードは半年振りで誰もマークなんてしてないだろうけど、こういう馬って面白いと思うんだけどなぁ。
 ま、あまりにも現実離れしてるのは事実ですが……果たして?




posted by BlueTasu at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。