2006年05月06日

No.53 NHKマイルカップ

 過去に、エルコンドルパサーやクロフネ、キングカメハメハ、ラインクラフトといった名馬たちを生み出したマイルカップ。
 マル外ダービーとしてスタートした歴史も、今や春のマイル王、ダービーへの最終切符となった今年のマイルカップでは、どんなドラマが待っているのか? (ドラマが、とか言うとすげぇ胡散臭いな)
 というわけで、今週も当たらないG1予想をしてみようかと思います。
 皆様はこの予想を見て、「つまりこの馬は来ないな……」 と予想するのもアリかと思われます(^^;)


本命◎は、フサイチリシャール
 いきなり大本命を飛ばしてすんません。
 でもメンバーを見渡す限り、東京での重賞勝ちがあってマイル以上の勝ち鞍がある馬っていないんですよねぇ……。
 3歳で勝ち鞍がなく、皐月では踏ん張れなくて6着に惨敗という結果から見て底が割れちゃった印象はあるものの、2歳時に東京スポーツ杯で快勝したように、東京との相性とスタミナはある。
 それにマツクニローテの1本目とあれば出来は7,8割だろうし、調教も良化してる模様。
 まぁ間違いなく2着には来る本命だと思います。

対抗○は、ロジック
 鞍上が乗りなれた武豊に戻った、という点が買いの理由。
 ただ東京コースの経験がない点や、2,3着が多く勝ちきれていないというのが本命に劣る点だが、先行しても差しても入着している安定感はステキシンスケクンより3倍ほど魅力的で素敵である。
 
単穴▲は、マイネルスケルツィ
 皐月賞1,2着のきさらぎ賞で僅差の3着。
 1600mの持ち時計はメンバー中最速の1'33'5だし、なにより連勝中の勢いがある。

 △にタガノバスティーユで


 と思っていたのですが……なんだか明日の府中は雨模様のご様子。
 こりゃ予想にモロに影響が出そうな気配です。

 雨が降った場合、アポロノサトリ、ドラゴンウェルズ、ステキシンスケクンが台頭。
 逆に○のロジック、△のタガノは減点かな、と思います。



posted by BlueTasu at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。