2006年05月04日

No.50 げぇむなる音楽

 記念すべき(?)50回目記念。
 50回目の記念日である本日は音楽の話であります。
 とは言っても私のブログの話ではなく、他所様の企画に便乗というあたり、50回経っても成長がないな、私。

 ゲームミュージックといえば、やっぱりファミコン&スーパーファミコン。
 あの電子音が奏でる単純なメロディーに、何故心が揺さぶられてしまうのか?
 それは限られた音数の中で作家さんたちが心血を注いで作曲したからに他ならないと思うのです。

 そんな私が魂を揺さぶられたゲームミュージックを、覚えている限り挙げていこうかな、という本日の企画。
 尚、この企画はこのブログのリンクしてある、『クリスの濃い部屋』 のゲームミュージックイントロクイズを聴いて思い立ったもの。
 こういうゲームの音楽の自分史を振り返るのは、50回記念に相応しい気もするし……。

 ――――――――――――――――――――――――


 〜ドラゴンクエスト3〜
 
 ランクをつけるとしたら、まず間違いなくNo.1にランクインする。
 全ての音楽が最高だったが、特にゾーマ戦〜エンディングでの音楽は間違いなくファミコンサウンドの最高峰かと思っている。
 この曲を聴きたいがために、一体何度ゾーマを倒しただろう……。


 〜METAL MAXシリーズ〜

 お尋ね者との戦い、が最高に良い!!
 あとは2のラスボス戦の音楽も結構好きであった。


 〜伝説のオウガバトル〜

 古の昔 力こそがすべてであり 鋼の教えと 闇を司る魔が支配する ゼテギネアと呼ばれる時代があった

 ……つまり我が家です。
 でもこの音楽は最高。 
 初めて見て、聴いた瞬間、SFCに新たなる時代を感じた。


 〜マザーシリーズ〜

 RPGばっかりだ……。
 ともあれ、マザーシリーズの音楽は3を含めて良いですね。


 〜ファイナルファンタジー4〜

 FF音楽では4が一番好きですね。
 オープニングやフィールド音楽は聞き惚れた。


 〜クロノトリガー〜

 頭の中で何度もリフレインするほど大好きでした。
 特にオープニングは、今聞いても冒険心をくすぐられる名曲だ。


 〜ゼルダの伝説〜

 フィールド音楽は誰もが知ってる名曲ですよね。


 〜甲子園〜

 FCです。甲子園の雰囲気をそのままに演出した音楽は、高校野球ファンである私の心をがっちり掴んだFC最高の野球ゲームでした。


 〜がんばれゴエモンからくり道中〜

 友人宅でやり込んだだけあって、あの1面のメロディーラインは寝ていても思い出すことがあります。


 〜グラディウス〜

 未だに初代はノーコンティニューでいけるほど覚えてますねぇ……。
 最終面とかの音楽が激しく良い感じでした。


 〜ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会〜

 これも友人宅でやりまくってました。
 最後の戦闘時の曲は良いですよねぇ。


 〜スーパーマリオブラザーズ〜

 最後はやっぱりこれで。
 当然初めてやったときはクリボーに体当たりをぶちかましました。
 しかし今にして思えば、初めてやったゲームの主人公がヒゲ親父という事実にはちょっと考えてしまうものがあります。


 ほとんどRPGで私のFC&SFC時代は過ごしてますねぇ。
 これはやはり、学生時代ということもあり、時間があったから、ということじゃないでしょうか。

 うーん、それにしても懐かしいです。
 またやりたくなってきた……。



posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。