2006年04月04日

No.20 ユグドラ・ユニオン

日曜日、大阪で買ったのは2本。

・ユグドラ・ユニオン
・メトロイド フュージョン

とりあえずメトロイドはおいといて、今はユグドラ・ユニオンをやっている。
このゲーム、おもしろい。


ユグドラ・ユニオン.jpg

スティングより発売したRPG・リヴィエラに続く、タクティカルRPG・ユグドラ・ユニオン。
ファンタジニア王族最後の生き残りとして逃げ延びた王女・ユグドラが、若き盗賊王・ミラノと出会い、ユグドラが持ってきた聖剣「グラン・センチュリオ」を手に祖国解放の戦いを繰り広げていく物語。
ストーリーははっきりいって王道、ひねりなし、直球、ストレート!
その面白さはストーリーではなく、この戦闘だ。

01.jpg

戦闘はなんだかファミコンウォーズを思い出す。
ちまちましたユニットが、左右に分かれて子供の喧嘩のようにポカポカと殴りあうのだ。
そして全滅させたら、士気が低下。
この士気というのが、RPGでいうヒットポイントのようなもので、たとえ1度全滅させられても士気さえ残っていれば何度でも復活する。
そして士気を削りあい、0にしたら勝ち。

なんだか単純そうだが、陣形(このゲームではユニオンというが)を組んで突撃し、数にモノを言わせて士気を奪い取ったり、カードに秘められたスキル(いわゆる必殺技)を駆使して一気に蹴散らしたり、戦法は様々。
もちろんユニット同士の相性も大切で、剣は斧に強く、斧は槍に強く、槍は剣に強い、といった武器同士の相性も、ファイアーエムブレムの知識がそのまま使えて良い。
(パクリなんじゃ……と思ったが)
武器ももちろんその3種だけじゃなく、弓や杖、鎌なんてものもある。

02.jpg

必殺・ブラッディクロー炸裂のシーン。
先ほども言ったが、カードにはそれぞれスキルが秘められている。
攻撃力や移動力もカードで決まるが、トレーディングカードのようなカードバトルといった感じではない。
これはこれで好きだけど。

PS2が帰ってくるまで (帰ってくるのか!?) じっくり遊べそうである。



posted by BlueTasu at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。