2006年03月17日

No.2 名前いじり

あなたの名前はなに?

本名ではなく、ゲームの主人公たちに名づける名前のことだ。
今でこそキャラクターの名前の多くには、デフォルト名が存在するのがほとんどで、固定されていることも珍しくはない。
しかし、過去において、特にファミコン世代におけるRPGには、デフォルト名すら存在しなかったのがほとんどだったと思う。

自分の名前をつけるもの。
好きなアニメや映画からつけるもの。
そのゲーム内の雰囲気にあわせて頭を悩ませるもの。
友達などから引用するもの。

様々な名づけ方法が人それぞれ、存在したように思う。
年齢を経るにつれ名づけ方も変化していくことだろうし、事実私もそうであった。

RPGの主人公は自分の分身で、自分自身が成す事の出来ない冒険を繰り広げてくれる理想の人物。
当然おろそかな名前はつけることなどできないし、愛着や思い入れのある名前をつけたくなる。

そう、誰しも一度は頭を悩ませたであろうこの儀式。

私も例に漏れず悩んだクチだ。
特にひらがなしか使用できないファミコン版DQ時代は苦痛ですらあった。
カタカナを使用できるFFを見習え、と何度罵ったことだろうか。

私はファミコン時代、FFよりDQが好きだったのだが、唯一名前だけが嫌いだった。
ひらがなで、4文字制限。
しかも濁音の ゛ と ゜ も1文字として数えねばならず、自分の名前をつけようにも濁音が混じっているため4文字内に収まらないのだ。

「なら俺の名前をつかえ」

と後ろでみていた親父は言ったが、何が悲しくて親父の名前がついた勇者で冒険に出ねばならぬのか!
それならばまだ 『もょもと』 のほうがマシである!

私は悩んだ。
恐らく小学生時代において、一番悩んだ事項がこれであったと思う。
そして悩みに悩みぬいた末...結局は自分を使うことにした。

先ほども言ったが、自分の名前は文字制限のため使えない。
そこで.....

一人称 を使ってみた。


DQ01.bmp


ゆうしゃ おれ の誕生だ。



これを見た友人、爆笑。
今冷静に考えるとさほど面白くもないような気もするのだが、小学生だった当時『ゆうしゃ おれ』は、 『えにくす』 『とんぬら』 に次ぐクラスの人気ネーミングであった。

私もこのネーミングが気に入り、結局DQ1〜4までは 『おれ』 でクリアしてしまった。
ちなみに死んだときは当然


DQ02.bmp


こうなる。


まるで王様が死んだかのようである!


このように、ネーミングをいじって遊べるゲームは数多い。
特にそれがシリアスであればあるほど笑い所となってしまう。
このDQから私の名前で遊ぶ悪い癖がついてしまったのだが、これもひとつの楽しみ方ではないだろうか?


さて、ここからが本題。


特に楽しかった名前いじりゲームが、GBA版タクティクスオウガ外伝である。


知ってる人は思い出して欲しいのだが、このゲーム、序盤に主人公が海に転落してしまい、その友人、レクトールが彼の名を海に向かって叫ぶシーンがあるのだ。
主人公のデフォルト名を 『アルフォンス』 というのだが、このシーンでレクトールは

「アルフォンスー!」

と海に向かって叫ぶ。





もうお分かりだろう。
このシーンを友人と見た瞬間、私たちはほくそみあったのだ。


恥ずかしいことを叫ばせよう!


しかもこのタクティクスオウガ外伝は、8文字まで名前をつけられる。
4,6文字だと制限が厳しいが、8文字までつけれるとなるとバリエーションは広がる広がる。

まず私たちは、レクトールにあらんかぎりの伏字禁止用語を叫ばせて遊んだ。(学生時代のことですので大目に見てやってください……)
それだけでもう大爆笑。
レクトール様はまるで笑いの神様のような存在となった。
その後...



「やってられっかーっ!」 (マジ切れレクトールの図)


とか


「ふじこちゅわーんーっ!」 (その後海へルパンダイブのレクトール)


とか


「りゅうじんまるーっ!」 (その後ろで電話ボックスに入るシバラク先生がいたり)


とか


「まるこーっ!」 (by ともぞう)


とか


「エイドリアンーっ!」 (アポロ海の底へリングアウト負けの図)


とか


「クリリンのことかーっ!」 (1000年にひとりだったはずの覚醒)


とか


「クララがたったーっ!」 (基本)


とか……。
※元ネタ全部分かる人挙手! これROMなくて画像を掲載できないのが本当に残念です。


やがて、この 『叫び』 を考えることが毎日の宿題となり、1日の初めには友人同士GBAを持ち寄って笑い合うのだ。
脳みその使い方を間違っているとしか思えない。
こんなことで真剣に悩み、考え、思いつき、そして叫ばせていたのである。


――が


最近のゲームでは、音声が入るようになり、FF12も名前が変更できないようになっていた。
こんな遊びが出来るゲーム、しかも音声つきでどこかにないだろうか?
また仲間内で燃えられるようなネーミングセンスを最大限に発揮できるゲームはどこかにないだろうか?


あったら色々辱めますんで教えてください。(ぉぃぉい



posted by BlueTasu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
恥ずかしい名前をDOCOで叫んでもらいましょう!
あと、クララが立ったってねこひろしのネタではじめて知ったんですが、あれってアルプスの少女ハイジのワンシーンだったんですねwしかも基本だったとは・・・不覚。
Posted by ビリーヴ at 2006年03月18日 13:48
ここでは初コメント、ビリーヴさんありがとうございます。
恥ずかしい名前はオンラインではイヤですw
しかも馬の名にあんな名前やこんな名前は死んでもつけたくありませんっ!
馬は愛してますから。(ゲームのキャラならいいのか?w)

クララがたった、は基本です。
それを知らぬとは……ビリーヴさんもまだまだ精進が足りませんねぇ(ぉ
Posted by BlueTasu at 2006年03月18日 21:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ゲーム開発をenchant.js(HTML5 + JavaScript)で! 【ツール篇】 RPGなどゲームでキャラクター名に困ったら使うAndroidアプリ「ゴマッチョの気まぐれ 〜キャラ名付け〜」をリリース!
Excerpt: Gomacho / Ashibehair  RPGなどゲームを作成している時、もしくは遊ぶ時、誰もが考え悩んでしまうのが「キャラクター名」。一人分くらいならすぐに思いついても、十人、二十人となってくる..
Weblog: materialize.jp
Tracked: 2013-10-06 11:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。