2006年03月16日

No.1 FF12日記 〜其の壱〜

すでにブログは立ち上げているが、あちらは競馬。
こちらではゲーム全般のことを綴りたい。
最近競馬とDOCOのブログだった 『G1への脇道』 が、脇道を通るにも程がある、と感じていたので^^;

その新規立ち上げブログがFF12発売日だというのは勿論偶然などではない。
そう、ゲーム全般を綴る、と言ったがしばらくはFF12のプレイ日記となる予定だ。

相変わらず、どこへいっても馬鹿は馬鹿やってんだな、と生暖かい目で見守って (時には罵って) もらいたい。

とりあえず一言。
これを見たあなた、今後ともよろしくお願いします。

――――――――――――――――――――――――――――――――


仕事帰り、紆余曲折を経てようやく手にした超がつくほどの大作、FF12。
こういったビッグタイトルを購入するときの胸の高まりは、ゲームをするうえで今後も大事にしたいものだ――と思いながら、袋をビリビリと無残に破いて中身を取り出す私。
そう、大事なのは中身なのだよ。(外も大事にしなさい)


――唐突だが。


初めてプレイするゲームは、それを開始するに当たり、まず2種類の人間にわかれると思う。
1人は電源を入れた瞬間、スタートボタン連打でゲームを開始する奴。
そしてもう1人は、電源を入れた後、じっくりとオープニングムービーなどを堪能するタイプである。

私は後者の人間なので、まずプレイする気持ちを高めるためにムービーを鑑賞。
するとFFではおなじみのBGMが流れ出す。
クリスタルのテーマだ。(名前はあってるのか、自信なし)
そして間に緊迫感を感じられる音楽を挟んだ後、名曲であるオープニングテーマが流れ出す。
古き良きFFを知るファンにとって、この配曲は嬉しい限りではないだろうか。
私も例に漏れず、この曲を聴いただけで感動し、涙がでそうになった。

いきなり満腹である。
ゲームを開始していない状態で、すでに何か満たされた顔をしたおっさんがここにいた。
しかしこれでは前に進まない。
いくら聴いても聴き飽きない名曲を3回ほどループさせたあと、名残惜しみつつスタートボタンを押した。
(これ、毎回立ち上げるたびに聴いちゃうんだろうなぁ)

すでにスクウェアではお馴染みの、想像通り、それ以上の美麗なムービーが流れ始める。
やはりこういうのも飛ばさずにじっと鑑賞するのだが、ふと思い出した。
私が最近良く拝見するブログで、FF12は大人の匂いがする、と言っていた方がいたのだ。
これを見て、私は確かに、と頷いた。
戦争シーンがオープニングとして流れる以上、ゲーム内での背景もそれに添った形で展開することは容易に想像できる。
冒険心、という3文字だけでプレイするには重厚な造り。

私はこういうのが大好きな人間である。
戦争が大好きなのだ。(あくまでエンターテイメントとして、ですよw)

地図を広げ戦略軍議を展開するワンシーンに始まり、洪水のような大群同士がぶつかり合う肉弾戦。
チョコボにのった騎兵が戦場を駆け、魔法が飛び交い、炎が吹き荒れる。

ファンタジーは中世時代、という私的定義からすれば、FFはちょっとテクノロジー的に外れている感は否めない。
しかし、すでにオープニングで満腹状態だった私が、このムービーによりストーリー的期待感がぐんぐんと高まっていき、続きがみたいという欲求が増したのだ。
つまり、オードブルとして最高だったのである。

その後、レックスくんという若い兵士に場面は移る。
そして彼視点でのチュートリアル的なシーンを終え、ようやく主人公であるヴァンが登場した。(いきなり大幅に端折るw)
そして進めていくと、モブを倒すという、いわゆるクエストを引き受けるに至る。
モブとは、 『その地域住民にとってちょっぴり邪魔だし害があるから倒して欲しいなぁ』 という敵のことだ。
倒せばもちろん報酬がもらえる――つまり賞金首だ。

メタルマックス、モンスターハンターにハマった私は、こういうのも大好きだ。
早速はぐれトマトというモブを倒し、次のターゲット、テクスタという奴の討伐も引き受ける。

いきなり物語そっちのけでモブ退治に走る私。

早速そのモブがいる西の砂漠へと足を踏み入れ、情報通り、左の崖に沿って移動しテクスタを探す。
ほどなくして、苦労することなく目標を発見。

喧嘩は先手必勝だ!

いきなり殴りかかる。
するとテクスタ以外にも周りに敵がいることにいまさら気付く私。
……もしかして、ヤバい?

もしかしなくてもヤバかった。
反撃で3連続のコンボをテクスタにお見舞いされ、いきなり瀕死。
そこへ襲い掛かる雑魚――昇天。
口いっぱいに広がる血の味、ならぬ、画面いっぱいに広がる GameOver の文字と暗澹 (あんたん、と読みます) たるBGM。
そして気付くのだ。





「セーブしてねぇぇっっ!!」


RPGの基本、こまめなセーブ。
基本を忘れた奴には、例外なく容赦のない仕打ちが待っているのだ。
そう、オープニングのレックスのシーンまで戻されたのである、鬱。


つづく。



posted by BlueTasu at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええと、懲りずにお○さんのことを書くblogはどちらになりますでしょうか?(非道)
Posted by 衰弱堂 at 2006年03月20日 23:32
無理です。
あれ以来抜き打ちで監視はいりますからねw
本とはこんなコメント書くのもマズイのデス……。
確実に寿命が縮まってます。
……冗談抜きで比喩じゃないですよ、コレ。

でもまぁ今のところここはバレてない模様。
そのうち書けるか……な?
Posted by BlueTasu at 2006年03月20日 23:52
リクエストに応えてやっちゃいました。
3月22日、更新です。
この恐怖のしりとりは、一昨日、20日の日曜日に行ったものです。
あの瞬間、ここに書きたくてうずうずしてましたが自重。
しかし、とうとうというか、あっさりと踏み切ってしまいました。
見つかったらどうするか?
今度は腕の1本や2本で済まないかもしれません……。

G1への脇道からはリンクを切りました。
見つからないように、こっそりと続けて行く所存であります。

懲りないな、私……。
Posted by BlueTasu at 2006年03月22日 01:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。