2007年05月21日

No.385 雑記

 目がうつろ、口は半開き、脳みそは活動限界を迎えつつある中での更新です。
 頑張れ私。……といっても雑記です。要するに書き殴り。
 どうせ殴るなら上司を殴りたい……とか思うものの、ここはぐっと我慢だ。

 ……我慢ダ。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 まずは競馬。
 いやー、やりましたね、メイショウトウコンが。
 マヤノトップガン産駆、久々のG2勝ちですよ。
 東海Sで武幸四郎の手綱のもと、直線で見事な末脚を披露してくれました。
 武幸四郎のダートで追込と言えば、ブロードアピールを思い出します。
 そこまでの切れ味はなかったとはいえ(まぁブロドーアピールは短距離だしね)、あの末脚は凄かった。
 秋が楽しみに……いや、帝王賞が楽しみになってきました。

 オークスではハロースピードが久々にうまくゲートを出れたものの、直線沈んでいきました。
 やっぱり距離ですかね……ここんとこ使い詰めだっただけに、秋に向けリフレッシュしてもらいたいものです。
 まぁ賞金的に秋華賞は厳しいものがありそうですけど、2000mならなんとかもつか……なぁ?

 ――――――――――――――――――――――――――――

 仕事の話。
 4月にフレッシュな新人さんが4名、我が課に入社したものの、すでに半数が辞めてしまいました。
 まぁ毎日終電まで残業残業じゃ、辞めてしまうのも無理ないですかね。
 かく言う私も、家のローンさえなければ辞めてしまいたいくらいですから。

 そんな中、未だ残っている貴重な2名。
 これが役に立つのかと言うと、そうでもないのが困りモノ。
 特に愛称「くまさん」がなかなか困った奴であったりします。
 くまさん、名前の通りくまのような大きな身体。
 聞けば高校、大学時代にアメフトをやっていたのだとか。
 アメフトといえば、現在ジャンプで連載しているアイシールド21の人気のお陰でメジャーになりつつある競技。
 役割をきくと、やっぱりラインだそうで。やっぱりね。

 で、問題なのもその大きな身体。
 身長180cm、体重100kgを超す巨体は、圧倒的です。
 そう、圧倒的過ぎて椅子がもちません……。

 これまでに壊した椅子の数、3つ。

 入社式会議室のパイプ椅子、食堂の椅子に、本日、とうとう自分のデスクの椅子の背もたれを破壊。
 本人曰く、座るたびに椅子の悲鳴が聞こえるんだそうで。
 わかっているならもう少し優しく座ってあげましょうよ……。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 最後は50m走の話。
 前の休みの日、マキちゃんが高校の体力測定で50m走が女子でクラスで1番だったと話したのを皮切りに、当時の50m走タイムを暴露しあってみた。
 マキちゃんは6秒9というタイムだそうで、15歳の女子としては随分速い……と思う。
 マキちゃんは陸上部に所属。
 朝も私が会社へ行く時刻、6時30分にはもう目を覚まし、チヨ太との散歩がてらにランニング。
 マキちゃん曰く、チヨ太を引きずって走ってるそうな。
 犬、走れよ……。

 ハルちゃんは50mはかなり遅かったそうで、9秒台。
 9秒て……私の小学3年生と一緒かぃ!

 弟は中・高とバスケットボール部に所属していただけあってスポーツ得意。
 でも走るのはそんなに速くなかったらしく、最高記録で7秒6だそうな。
 マキちゃんに負けてるじゃん……。

 妹はなかなかすばしっこく、弟にも走りは負けていなかった……ハズ。
 そう、小学生では妹の方が早かったのを覚えている。
 運動会で、妹が弟を抜いた瞬間がビデオカメラに収まってるもんな……。
 旧我が家では、何かあるたびにアレを再生されて弟が悶絶していた。
 過去の汚点を映像で記録されてしまう昨今。
 傷は一生モノだね……。
 で、そんな妹の高校の記録が、7秒6だそうで……。
 弟と一緒じゃん。さすが双子。

 で、私は足が速かった。野球でも1,2番だったしね。
 なので、実は未だに小学生3年生の頃からのタイムを暗記していたりする。
 こういう得意科目とかのしょうもない記録って、覚えてしまうよね……。

 小学3年生、9秒ジャスト。
 小学4年生、8秒8
 小学5年生、8秒3
 小学6年生、8秒2
 中学1年生、7秒9
 中学2年生、8秒1(超出遅れ)
 中学3年生、7秒6
 高校1年生、7秒ジャスト
 高校2年生、6秒4
 高校3年生、6秒1

 ほんと、よく覚えてるもんだ。
 確か小学生6年時点で身長が138cmだったのも覚えている。
 ほんと小さくて、生涯チビって呼ばれるのかと危惧したもんだ。
 中学になってから1年ごとに10cmずつ大きくなって、高校で170cmに達して止まったけれど。
 親が小柄だから、よく170cmまで伸びてくれたなぁってもんだ。
 毎日牛乳飲んだ成果だな。

 そんなことをマキちゃんに言ったもんだから、

「今度一緒に競争しましょう!」

 などと身を乗り出す。
 うん、10年近く前の話しだし、おじさんもう無理です……。
 でも実際のところ今の自分のタイムって何秒なんだろう?
 衰えたのを計りたくはないけれど、やはり知りたい。
 というわけで、アスファルトで50mをマキちゃんに計測してもらったのが今日の話。
 計ったのは今まで土のグランドの上だったから、当時と状況は違うものの、せっかくストップウォッチまで部から借りてきてくれたのだからやるしかあるまい。
 まずはマキちゃん、6秒9という記録の主が走ってみたところ...

 記録、6秒8!

 つまり、路面のコンディションはこっちのほうがいいってことなのか?
 それとも距離か? ともあれ次は私の番。
 朝もはよから残業続きで疲労困憊の身体に鞭打って走りましたとも。
 なんとか6秒8を超え、家主の威厳を守りたいところ。
 蘇れ、かつての走りよ〜ッ!!

 ・
 ・
 ・

 記録、7秒6……。双子と一緒かよ……。
 足が前に進まなくて、重りつけているかのような感じ。
 これが疲労からくるものなのか、身体がついていっていないだけなのか?
 わからないけど、やっぱり衰えを実感できた瞬間でした。


posted by BlueTasu at 04:34| Comment(3) | TrackBack(1) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。