2007年05月14日

No.380 5月最初の休日

「ブルータス、お前、今月休んだか?」

 5月も半ばになろうかという13日の日曜日。
 終電があと15分で行ってしまうと言う状況の中、部長が聞いてきた。
 会社から駅まで10分。
 終電なので、あと5分しか猶予がないというのは心臓に悪い。
 私は急ぎたかったが、部長を無視することなどできるはずもない悲しい立場の私は、立ち止まらざるを得なかったのである。

「1日だけありましたが、パーティに出席しなければならなかったので、実質ありませんね」

 そうなのだ。
 ゴールデンウィークも丸々出社し、唯一の休みもくだらない付き合いで潰してしまった結果、5月はまだ一度も休んでいないのだ。
 まったくもってシンジラレナイ会社である。

「じゃあ明日休んでいいぞ」

 ……目が点。

「ほ、ほんまにええんですか?」

 答えを返すのに、丸々1分くらい沈黙してしまった気がする。
 ちなみにこのあと部長が、

「うっそだよ〜ん」

 などと言おうものなら、間違いなくバーサーカーのように飛び上がって襲い掛かっていたことだろう(ちなみに部長、前科あり)。

 バーサーカー.jpg

 そうそう、こんな感じ。
 幸い、そういうこともなく、

「いいぞ、最近頑張ってくれてるからな。たまには休め」

 と言ってくれたのである。
 この時私は思った。
 17時まで部長がいつも外出している間、実は毎日サカつくオンラインを隠れてやっているんです……とは絶対に言えないな、と。

 そんなわけで、5月14日の今日は唐突に休日となったのである。
 ちなみに終電にはダッシュでぎりぎり間に合った。危ない……。

 ――が

「そんな急に休みもらっても、私が休めないでしょーッ!!」

 ハルちゃんには怒られた。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 で、どうしようか……。
 実は今やっているサカつくオンラインは、あまりやることがない。
 だからこそこの忙しい状況でもできているわけなのだが、こうして急に空いた時間ができると暇になってしまう。
 ハルちゃんは仕事に行ってしまったし、こんな急に休みをもらっても遊べる友人なんか...

「おお、いけるよ。1時間したら行くわ」

 いた。タカ、なぜお前はそんな都合よく休みなのだ……?

「パチンコいこーぜー!」

「イヤダ」

 というわけで、郊外にあるアミューズメントパークへ行ってみた。
 ゲーセンやボーリングやカラオケやビリヤード&ダーツ、バッティングセンターや卓球設備、果てはパターゴルフやボールプール、フットサルやバスケットボールが出来るという巨大施設だ。
 会員ではないので、2人して1200円で3時間遊び放題というチケットを購入。

 さて、なにをしようか……?
 と思案に暮れるが、まずは定番のビリヤード。

 ・
 ・
 ・

「お前、下手になったな」

 タカに完敗。
 仕方ないだろう? 仕事ばっかりでここんとこロクに練習できていないんだから、暇なお前とは違うんだ!!
 その後、カラオケへ。

 ・
 ・
 ・

「野郎2人で交互に歌うってのもな……」

 20分で愚かさに気付き、退出。
 続いてボーリングへ。

 ・
 ・
 ・

「お前、うまくなったな……」

 1ゲーム目終了時、タカが言う。
 違う、偶然だ。なぜかターキー(3連続ストライク)が2回でてスコアが暴走したんだ。
 そのスコア、196。
 最後の10フレーム目でスペアでもとっていれば200超えは確実という、約1年ぶりくらいのボーリングはとんでもないスコアであった。
 自己最高記録はジャスト200なので、記録更新はならなかったのが惜しいといえばあまりにも惜しいが、これはまぁ仕方ないだろう。
 で、続く2ゲーム目。

 ・
 ・
 ・

「お前、やっぱ下手になったな」

「うるさいな。これが普通なんだよ」

 と言っても121というスコア。
 これが私の平均くらい――むしろ上出来の部類であって、先ほどのスコアが異常だったのだ。
 ちなみにタカは150台を2回とり、器用貧乏ぶりをアピールしていた。アイツは何をやらせても平均以上はとるが、その先には達することが出来ない奴なんだよなぁ……。

 最後にゲーセンで時間の許す限りフリープレイ。
 マリオカートで対戦したり(顔写真とる機能はいらないと思った……)、懐かしのタイムクライシスのようなガンシューティングをプレイ。
 有効時間の3時間、全てを使い切るまで遊び倒したのであった。

 ――で、時間が過ぎて退室後、最後になぜか別の店のゲーセン、メダルコーナーへ。
 実はタカがこれからパチンコ行こうと五月蝿かったので、パチンコのあるメダルコーナーへ行くことにしたのだ。
 そんなわけで、1000円で適当にメダルを120枚買い、目的もなく彷徨う。
 タカはパチンコではなく、スロットコーナーへ。
 こんなところで7が揃っても、お金にはならないんだけどな、などと不満を言いつつもメダルを3000円分、500枚買っていた。
 1000円でいいんじゃ……。

 私はスターホース2という、SEGAの競馬ゲームに腰をすえる。
 これはメダルを投じて馬を作ったりもできる、ユーザー参加型の予想ゲームなのだが、私はそんなやり方もわからないしやる気もないので、適当にベットして遊ぶ。
 つかこれ、レース前の待ち時間が短すぎて馬連とか馬単とかの連勝式馬券がうまく買えないのが不満。
 慣れればどうってことないんだろうけど、馬の気配だとか調教タイムだとか、そういった予想に必要な情報を集めているうちにレースが開始してしまうのはいかがなものか?
 まぁテンポが良いといえばその通りなのだけれども……。

 そんな感じで操作に手間取っているうちに時間が過ぎて行く。
 そして操作にようやく慣れてきた1時間ほど経った頃、タカがメダルを使い切ったらしくやってくる。
 私はと言うと、やっと半分使い切ったところ。

「かえろーぜー」

 タカは五月蝿く催促してくる。
 仕方ない、次のレースで使い切ろう。
 次走は秋華賞。
 懐かしのティコティコタックが11番人気という低評価。
 思い返せば2000年の秋華賞、このティコティコタックの単勝が私の懐を潤したっけな。
 さすがに再来はならないだろうけど、ここはひとつ、残りの60枚全てをティコティコタックに注ぎ込もう。

「おい、なんだってそんな印がついてない馬に60枚もつぎこむんだよ」

 タカは競馬を知らないからそんなことを言うのだ。
 いいか? 競馬はロマンだ。
 昔お世話になった馬がゲームとは言え走っているんだ。
 これで賭けなきゃ男――否、競馬ファンではないだろう?

 そんなことを言っているうちにレースは始まる。
 ティコティコタックは差し馬だが、割と好位につける。
 DOCOなら勝ちパターンなのだが、この位置取りはどうなのか?
 人気のシルクプリマドンナ以下は後方に固まるという、なんともいえない展開で推移していく秋華賞。
 京都名物の坂を上って下り、そして直線へ。
 鋭く抜け出したきたのは2枠2番の黒いヘルメット。
 その馬の名をティコティコタックという。

「え、マジで……?」

 まさかまさか、7年越しでもこのような大穴を再現してくれるとは、懐かしいじゃないか。
 直線、残り300m付近で抜け出すと、迫り来る後続を1馬身差に封じての勝ちきり。
 その単勝倍率は30倍。
 60枚全てベットの私には、1800枚の払い戻し也。(思わず撮影しようと思ったが、画面の切り替わりが早すぎて対応できず)

「……えっと、どうしよっか?」

 途方に暮れる2人。
 そりゃそうだ。こんなもの、いきなり宝くじ3等くらいに当たっちゃったようなものなのだ。
 普段メダルコーナーで遊ばない我々にとって、1800枚という枚数はどうやって使っていいのかわからない、余りに多すぎる桁数なのである。

「とりあえず預けるか……」

 メダルを2人で半分ずつ分け合う、という行為は禁止されているのでやらない。
 しかし困ったことに、1800枚ものメダルをペイアウトするのは骨の折れる作業である。
 べべべべべべべっと吐き出し続けるが、なかなか完全にペイアウトできない。
 そして機械が止まる。
 そう、ここに1800枚ものストックはなかったのだ。
 すぐさま店員を呼びとめ、補給してもらおうとすると、

「言ってもらえればメモして預かりますのに……」

 と言われる。
 いや、知らんがな。ワシら初心者やがな。そんなんできるんやったら書いといてや! ってなもんだ。
 というわけで、虎の子の1800枚は貯蓄することに。
 無理やり使い切っても良かったのだが、時間が許さなかったのである。
 んでその時間がないのに、預けるまでが一苦労。
 最初は名前と暗証番号を記入、登録して、そしてなんと指紋も登録しなければならないのだ。
 なんなんだ、このハイテクIT技術は、こんな地方の片田舎のゲーセンにまで押し寄せていたのかぃ?
 オッサンも年をとったもんだ。昔のメダルコーナーと言えば云々かんぬん(割愛)。
 しかしこの1800枚ものメダル、なんに使えばいいんだろうねぇ。

「預かり期日は90日になっております。それまでにご来店いただけない場合は全て無効とさせていただきます」

 が、通わなければ貯蓄もパァ。
 ……さすがにこれから90日間、休み無しってことはないですよね、部長?

(つか、これだけアミューズメントパークについて書いたのに、画像はバーサーカーのみという変な日記に。んむ、どんまい私!)


posted by BlueTasu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。