2007年04月09日

No.360 ファミスタオンライン 〜その4〜

 サカつくオンラインもやってるし、MHP2もやっているけど、ファミスタオンラインもチマチマとやっていたりします。
 現在の戦績はこんな感じ。

 FO00.jpg

 171戦して135勝34敗2引き分けで、勝率は約8割。
 リアルペナントレースならぶっちぎりで優勝しているなぁ。
 そんなわけで、レベルも13になり、カードも随分たまりました。

 レベル13になる頃って、無課金でどれだけカード集まるよ?

 と思う人もいるかもしれませんし、FPのほとんどをスロットにつぎ込んだ私の全カードを公開したいと思います。
 今のところ...

 野手100種類、計128枚
 投手52種類、計68枚

 のカードが集まっています。
 そのカードを1枚1枚を公開してたら、もの凄いデータ量になってしまうので、公開はリストで勘弁してください。
 尚、赤い数字は装備品の影響で数値が若干アップしています。
 個別に説明をいれているので、参考にしてくだされ。
 順番はWPの高い順となっております。
 後、コメントは良く使っている選手に限らせていただきます。

 ――――――――――――――――――――――――――――

●野手
 FO01.jpg

 福留はいいですね。WP70は重いですが、その広いミートスポットと、高い長打力でホームランを量産してくれています。

 青木は走力が59なので、シューズを履かせてAに引き上げました。
 不動の1番打者として活躍してくれています。

 宮本は最近引くことが出来ました。ずっと鳥谷の肩の弱さに嘆いていた私にとって、守備Bに肩47の宮本はまさに守備の要ですね。石井琢選手が引けたらもっといいんですけど……。

 その鳥谷は肩が+1になる装備をつけてDからCに引き上げています。
 良い三塁手がいないので、今でもスタメンで使用することがあります。

 吉村はミートとパワーをそれぞれ+1アップする装備で、それぞれDをCに、CをBに引き上げています。吉村は初期の頃から4番で頑張ってくれてますねぇ。

 仁志は二塁手として、これも初期の頃から頑張ってくれています。

 FO02.jpg

 里崎は最近引いた選手。
 それぞれミートは+1の装備を、パワーは+2のホワイトチョコを持たせている状態ですね。
 阪神の矢野に変わって使用するようになりました。
 ちなみにスロットは今までセリーグオンリーで回していたのですが、交互にまわしたほうが良い、的なことを小耳に挟んだので、最近ではパリーグ選手も引いています。

 その矢野はやはり捕手の割りに肩の弱さが致命的な感じです。守備もDですしね。

 FO03.jpg

 種田は肩の弱さが致命的ですね……Cくらいあれば仁志との併用も考えるのですが。

 林はWP40でミート37、パワー44は美味しい選手です。
 リアル同様、代打でよく使っていますね。

 FO04.jpg

 堂上は三塁手として最初使用していたのですが、やはり肩の弱さがねぇ……。

 桜井はパワーに惹かれ、一時期使用していましたが、やはりミートの悪さは致命的です……。

 中村は守備要員として、その肩が魅力的な選手ですね。
 525などの少ないWP縛りのデッキ構築時に使用することがあります。

 FO05.jpg

 柴田は代走として最高の働きをしてくれますね。
 ただ本当に代走でしか使えないのがアレですけど。

 FO06.jpg

 柴田の代走もいいのですが、守備固めにも使用できる選手として紺田をベンチにいれておくときもあります。

 三浦貴は肩もいいし、良い選手ですね。
 使用する時もあり、そのときはパワーを+1させてDにします。

 FO07.jpg

 山崎は守備+1のグローブを装備させているので遊撃手がCになっています。
 縛りがきついテスト生リーグ時に使用している選手ですね。

 FO08.jpg

 野原はミートを+1になるヒジ当てを装備させ、ホワイトチョコをもたせれば両方Dになります。Dあれば調子次第でホームランも狙えるし、肩もいいですし、三塁手としてルーキーリーグなどで使用していますね。

 FO09.jpg

 小山は強肩の捕手として、古城はその守備の良さから初期の頃に重宝していました。

 FO10.jpg

 メロン娘、サル☆吉は代打として、ピンク少佐は代走として活躍してくれています。
 いずれもWPの低さの割に一芸があるため、お世話になっていますね。

 ただ、使うのには激しく抵抗感があったりするのは否めないのですが(^^;

●投手
 FO11.jpg

 クルーンは球速が凄いですが、右、左の変化に乏しいのであまり使っていません。横浜のくせになぁ(^^;

 ダグラスはうちのエースですね。
 球威をさることながら、右の変化量が良い感じです。

 小野寺は球威がいいですね。あんまり使いませんけど。
 下変化がチーム一ですので、使い時はあえてフォーク連投もやったりします。

 佐藤はバランスのとれた良い先発投手。

 平井はうちの抑えの切り札になっています。
 やっぱりカーブは35以上ないと厳しい感じだったりしますので。
 スタミナがEなんも、小野寺より平井を起用する理由でしょうか。

 ウィリアムスは左のサイドハンドが魅力。
 打者の目先を変える意味で、リアル同様中継ぎとして活躍してくれます。

 石川は左のエース。
 カーブもさることながら、シュートもDあるので使い勝手がいいですね。

 上原はかつてのうちのエース。
 今はそのカーブの変化量がイマイチすぎるので使用していません。
 贅沢になったもんだ。

 FO12.jpg

 内海は最近引くことが出来ました。
 スタミナがBというのが実は意外だったりするのは私だけですかね……。
 気になったので調べてみれば、06年は結構完投しているんですね。納得。

 門倉は好きではないのにバランスが良いので使用しています。

 桟原は右のサイドハンド。
 ウィリアムスと同じく、目先を変えるために使用することがあります。

 いずれにしてもこのWPのリリーフ陣は球威等も安定しているため、使いやすいですね。

 FO13.jpg

 西村はスタミナが低いものの、球威と右変化のバランスが良いので使用しています。
 寺原、林、ボーグルソンも同様ですかね。
 主にテスト生リーグかルーキーリーグで使用しています。
 起用する理由は、やはりC以上球威がほしいから、というところです。

 FO14.jpg

 ジャンは西村や寺原同様使用しますが、他は球威が低いため使用していません。
 やっぱ球威が低いと被弾率も増えるし、きついんですよねぇ。

 FO15.jpg
 FO16.jpg

 真田はテスト生リーグなどで起用することがありますが、あまり使用しません。
 やはり球威の低さがネックですかね。
 ポコタンヌはWP縛りの関係でベンチ入りすることがあります。
 これもハンゲ部の例にもれず、シュートという一芸に秀でた選手ですので、滅多に使用しませんがワンポイント起用することはあります。
 起用せざるを得ないときって、大抵負け試合ですけれど(^^;

 ――――――――――――――――――――――――――――

 以上、全選手紹介でした。

 今まではルーキーリーグ(WP600まで)がメインでしたが、最近宮本が出たのでファームリーグ(WP700まで)をメインにプレイしています。

 FO17.jpg

 スタメンはこんな感じですかねぇ。
 実は三塁手は野原のほうが良かったりするんですけど、右と左のジグザグ打線を組みたかったので鳥谷を使用していたりします。
 外角攻めきついからねぇ。
 ジグザグに組まないと対処できないときがあったりするのです。

 レベル13にもなれば選択肢も広がり、結構色々な打線を組めます。
 ですが、やっぱりWP50以上の主力は出難いもんですな。
 アシストカードばっかりでますし。

 以下はオカルトとして公式BBSにも載っていた方法ですが

・サーバーはファームやベンチリーグなど、WP縛りが高いほうが良い選手がでる。(ホンマかいな……)
・深夜や昼など、軽い時間帯がでやすい。(確かに私は深夜に回すことが多いかも)
・セリーグとパリーグは交互にまわすのが良い。(私はLV12くらいまでセリーグしかまわしていませんでした。あんまりアテにはならないかと)

 などと書かれていました。
 ――が

 最終的には運である!

 というのが真理だと思います……。


posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。