2007年03月14日

No.333 モンスターハンターポータブル2nd その3

 現在のプレイ時間は72時間程度。10日あまりで72時間というプレイ時間はオカシイよ、などと思われそうだ。いや、もう周知の事実ですか? そうですか……。

 この72時間の間に私は一体どれほどのプレイをしてきたのか? というと、村のクエストはキークエストのみを食い漁り、緊急クエストまで。
 オンラインのほうでは、シェンガレオンを撃退し、灰ラオシャンロンとも死闘を繰り広げ、昨日付けを持ってハンターランクが5になったところだ。
 うん、やりすぎだね。
 ここまで駆け足で一気に来たが、ちょいと苦労したことや皆が苦戦しそうなクエストについて、ちょこっと一口メモ風の攻略でものせておこうかと思う。

●4本の角(砂漠)
 モンハン伝統のディアブロス2頭同時討伐クエスト。
 ここでは村の緊急クエストかな。
 昨日 『クリスの濃い部屋』 さんのクリスさんもチャレンジして失敗しているように、ただでさえ強いディアブロスを2頭も相手にしなくてはならない極限クエストだ。
 実はあれをみて私も挑んでみたのだが、2頭まとめて討伐するのに要した時間は18分。
 まぁなんというか、クリスさんに怒られそうなほどサラっと書いてしまったが、たぶん見てないから大丈夫だ。うん。

 とにかくディアブロス2頭は凶悪なので、私はまともに相手にしないことにしている。
 つまり、ボウガンで高台から電撃弾や貫通弾を撃つだけ、という、至極簡単な方法をとらせてもらった。
 この場合、尻尾はあきらめてもらわなければならないが、尻尾がほしいのなら、大剣かついで尻尾を斬って三死、を繰り返せばいいのだから、ここではまず倒すことだけに集中したい。

 ボウガンはヘビーでシールドつきの、拡散弾と貫通弾が撃てるもののなかから一番攻撃力の高いものを選ぼう。
 ちなみに私は古竜の血が1ついるのがネックだが、黒い塊と黒いかけらだけで作成できるブラックキャノンで挑んだので参考にしてもらいたい。

 防具はティガレックス装備を使用した。
 ディアブロみたいな敵には早食いの能力と、地面に潜ったときの動きを把握できる自動マーキングがとても便利。
 あいたスロットには博士珠を5つ使用した。
 これで調合+5%なので、調合書4をもっていかなくても閃光玉は確実に作成できる。まぁこれはなくてもいいけど。

 アイテムは調合書1〜3、回復薬G10、ホットドリンク3、元気ドリンコ5、力の護符、守りの護符、閃光玉5、光蟲10、素材玉10、貫通弾Lv1〜2、拡散弾Lv1〜3、電撃弾、通常弾Lv1〜2といったところ。
 捕獲したければシビレ罠と麻酔玉、麻酔弾を持っていけばいいかな。

 始まったらまずエリア3へ移動。
 エリア3には黒ディアブロスが来るので、コイツを高台から電撃弾、貫通弾Lv2を頭にぶち込んで邪魔な角を壊す。
 エリア7へ移動したら遠くから拡散弾をレベルの高い順から消費。
 なんなら閃光玉を振り向き様に投げて目をくらませてやってもいい。

 大体黒ディアブロスを倒すのに10分程度か。

 あとは普通のディアブロス1体のみ。
 コイツは高台のあるエリア3へこないので、閃光玉を投げまくって突進、地面もぐりを封じて一方的に狙撃。
 支給品に入っている音爆弾も、コイツで使ってしまおう。

 なお、他の武器でも使えるテクとして、音爆弾で落とし穴状態にしたあと、抜け出すときにバサっと上空に舞い上がるよね?
 そこへすかさず閃光玉を投げると、目をくらませ堕ちて転倒する。
 転倒分得するので、ヘビーボウガンだとキツイけどライトボウガン、片手剣とかなら狙う価値はあるんじゃないかな?

 ディアブロスの突進はシールドで防御か、ダイブで回避。
 地面に潜ったら転がって逃げればそうあたるものでもないので、でてきたところを狙い撃ちしよう。
 基本的に接近しないため、ガンナーにとって怖い攻撃はこの2種類しかない。
 対処方法を間違えなければ簡単な敵だと思うな。


●ラオシャンロン・シェンガレオン
 砦の拠点防衛クエスト。討伐も可能。
 これも私はボウガンで行った。龍属性の武器があればそっちのほうがいいかもだけど、ボウガンにはボウガンにしかできないこともある。
 というのも、背中と右肩、左肩はガンナーの飛び道具じゃないと攻撃できないからだ。

 とりあえず最初は拡散弾を背中目掛けて撃ちまくる。
 2へ移動したらタル爆弾を設置して頭を破壊。
 調合分も持ってきているなら、以後3,4のエリアでも爆破すべし。

 拡散弾はカラ骨小と竜の爪を調合して撃つ。これ、最大53発。
 レベル3の拡散弾ならカクサンデメキンとカラ骨大を調合。これも最大13発撃てる。

 背中はある程度攻撃したら(目安として2,3回ひるむくらい?)次は右と左の肩を壊しにかかる。
 ジッとみればわかるが、前脚の付け根の部分の装甲が灰色に剥げたら破壊できた証拠だ。

 ガンナー以外は慣れないうちは頭を、慣れてきたら腹を狙うことになる。
 どちらも地響きによる揺れと風圧が酷いので、気をつけるべし。
 横転に巻き込まれたら結構逝けます。

 エリア2と4では背中に飛び乗ることが出来る。(3でもできたっけ?)
 ここでは対巨竜爆弾を設置することが出来るほか (これで背中を破壊できる可能性があるので、背中を攻撃するのはこのあとでもいい) 3回剥ぎ取ることも可能。
 飛び乗るタイミングはなかなか難しいが、頑張って見極められるようになろう。

 シェンガレオンの場合は背中の口から光線がでたあと、口の中へ飛び乗ることが可能。
 これも対巨竜爆弾の設置と、剥ぎ取り1回が可能だ。

 エリア5まで来ると、勇壮なモンハンのテーマソングが流れる。
 この曲は最高に盛り上がるね。名曲だと思う。
 ここではうっすらと影が見えたら大砲があれば大砲を、なければバリスタを撃ちまくり、尽きたら普通に腹なり背中なりを攻撃。倒れることを祈ろう。
 立ち上がって接近してきて、首をひねって瞬間は撃竜槍を当てるチャンス。
 確実にひるむので、決めたいところだ。

 まぁ実際にやらないとわからないと思うけど、こんな感じで知識をもっておけば簡単な敵だよ、ラオシャンロンは。
 倒すのにどうしても時間がかかるので、私は作業臭くて嫌いなんだけど、有用な素材を落とすから倒さざるを得ないんだよなぁ。
 せめて最初のムービーだけでも飛ばしたいんだけど……。


●テオ・テスカトル/ナナ・テスカトリ
 基本や用意するものは クリスの濃い部屋 さんのその10を見てもらえれば良いのだけど、補足するならば……

 粉塵爆発を仕掛けてきたときが最大の攻撃チャンス。
 粉塵が周囲に舞っていようとも、 真田も一歩の中へ飛び込んだように、腹の中にもぐりこみ斬りまくれ。
 台風の目みたいなもんだ。
 ちなみに炎のブレスを吐いている時も攻撃チャンスだね。

 支給はされているが活力剤は持っていったほうが良い。
 周囲に舞う炎で受けたダメージを、微々たる物とはいえ回復力を早めてくれる活力剤は地味に効果アリ。

 打ち上げタル爆弾を持っていけば翼を破壊できる。
 できればGと無印、両方持っていくべし。
 ただ火山の逃げることが前提になっているクエストでは破壊できないかも。
 私は今回できなかったが、ドスの頃はそれで破壊できた。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 まぁ今書けるのはこんなところかなぁ。
 皆さんの健闘をお祈りいたします。


posted by BlueTasu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

No.332 BBH2 〜球団対抗戦 その2〜

 2日連続で野球ゲームのことばっかり書いてモウシワケナイ。
 つかなんだ、お前モンハンはどうしたんだよ? 競馬はどうしたんだよっ!? って気もしたりするのですが、まぁごめん。どんまい!(反省の色なし)

 つーわけで、なにがつーわけなのかサッパリだけど、今日は一気に行きます。なんかね、疲れてるんで、色々と。

 ――――――――――――――――――――――――――――

【球団別対抗戦第5試合】
 こちらの調子は4番・多村が絶不調!!
 さすがにそんな状態でスタメン起用はできないなぁ。
 仕方がない、多村は現在ホークスの人間。
 いつかはこのチームからも外さねばいけない男なのだから、ここはひとつ頑張ろうじゃないか!

 ――とか思ったんだけど、ここはやっぱ引き分け狙いで300円プレイ。

 球団対抗戦5戦目相手戦力値.JPG 球団対抗戦5戦目相手スターティングメンバー.JPG

 相手は純正(当たり前)の広島カープ。
 純正のカープと当たったのは初めてだなぁ。ん? そうだっけ?

 もうなんつーかね、不安なのよ。
 多村くん不在! この事実がもの凄く不安なのよ!!
 なんとか引き分けれればいいんだけど……。

 ・
 ・
 ・

 ――とか思ってたら

 球団対抗戦5戦目村田砲炸裂.JPG

 4番・村田が打ったれば〜♪

 球団対抗戦5戦目村田大当たり.JPG

 4番・村田がまた打った〜♪

 球団対抗戦5戦目 メガ古木砲.JPG

 おまけに古木も打っちゃった〜♪

 球団対抗戦5戦目 多村がいなくたって.JPG

 ま、こんだけ調子良けりゃ打つよな、うん。

 球団対抗戦5戦目圧勝.JPG

 こんなに楽に勝てたのって久々じゃない? しかも300円で勝てたし。
 これで前回勝ってるから、2連勝で勝ち越し決定。
 いやぁ、3戦目を背水の陣で挑まないといけないかなぁ、とか思ってたんだけど、助かった。
 土肥も久々に好投してくれたし、言うことないやね。

 ――――――――――――――――――――――――――――

【球団別対抗戦第6試合】
 勝ち越しがきまっているので、相手には申し訳ないけど300円で引き分け狙い。
 
 球団対抗戦6戦目相手戦力値.JPG 球団対抗戦6戦目相手スターティングメンバー.JPG

 お相手は今、裏金問題で揺れる獅子軍団・西部。

 球団対抗戦6戦目 引き分け.JPG

 飛び火したらイヤなので (しないしない) 4回で撤退成功。
 ブルータスは逃げ出した。

 球団対抗戦メダル1枚目.JPG

 メダル1枚目をゲットだぜ!

 ――――――――――――――――――――――――――――

【球団別対抗戦第7試合】
 再び3連戦の開始。
 気を引き締めていきまっしょぃ。

 球団対抗戦7戦目相手戦力値.JPG 球団対抗戦7戦目相手スターティングメンバー.JPG

 相手は経験値を稼ぎにきた中日くん。
 なんでわかるかって? だってノンカード多いじゃない。
 こんな相手、勝って当たり前!! 余裕っしょ!!

 球団対抗戦7戦目多村先制HR.JPG

 多村が打った〜♪

 球団対抗戦7戦目古木砲.JPG 球団対抗戦7戦目メガ古木砲.JPG

 古木も打った〜♪

 球団対抗戦7戦目結果.JPG

 ほら勝った〜♪ 余裕余裕。

 ・
 ・
 ・

 ……ごめんなさい、かなり危なかったとです。

 ――――――――――――――――――――――――――――

【球団別対抗戦第8試合】
 吉村が絶好調だったので、スタメン2番に抜擢。
 なぜ2番なのかというと、パワーヒッターがないのでミート打ちもできるから、という理由。リアルでは小池が2番なのとほぼ同じ理由ですな。吉村はバント下手だけど。

 球団対抗戦8戦目相手戦力値.JPG 球団対抗戦8戦目相手スターティングメンバー.JPG

 相手はもう何戦目か数えるのが面倒なほど人気球団の巨人。
 勝てばメダル2枚獲得で決勝進出決定。
 頑張らねば!!

 球団対抗戦8戦目吉村HR.JPG

 スタメン抜擢に応える吉村の特大弾が炸裂。
 いやぁ、彼はやってくれると信じていましたよ!!

 ・
 ・
 ・

 ――が

 球団対抗戦8戦目結果.JPG

 敗退。
 画像ブレまくってるほどショック、というわけでもないハズなんだけど……ホントなんでブレたのかはわかんない。ショックだったのかなぁ。
 しかもサヨナラ負け。クルーン打たれまくり。
 まいった……信じていたのに。

 しかし次勝てばまだ勝ち越しのチャンスは続いているんだ!!

 ――――――――――――――――――――――――――――

【球団別対抗戦第9試合】
 球団対抗戦9戦目相手戦力値.JPG 球団対抗戦9戦目相手スターティングメンバー.JPG

 中日かぁ……。
 しかもこちらは、多村絶不調、古木、村田も不調。
 しかも投手が寺原がいないせいで、先発投手も回復しているものは不調。
 無理、これ絶対無理!!

 ・
 ・
 ・

 球団対抗戦9戦目結果.JPG

 引き分けで逃げました。
 まわり込まれなくてよかった……。

 でもこれで勝ち越し消滅。
 まぁしょうがない、次ガンバロウ。

 ――――――――――――――――――――――――――――

【球団別対抗戦第10試合】
 というわけで、今日プレイしたのがこの1戦。
 スタメンは、前回の不調さが嘘のような晴れマーク。

 球団対抗戦10戦目スタメン.JPG

 こんな感じ。
 投げるのはエースの三浦だし、これで負けたらBBH2やめたほうが良いんじゃない? てなもんだ。

 球団対抗戦10戦目相手戦力値.JPG 球団対抗戦10戦目相手スターティングメンバー.JPG

 相手は阪神タイガース。
 大丈夫、今の状態のハマ軍団にかかれば、奴はただの猫だよ、猫!
 投げるのもタイガースキラー・三浦だしね!

 球団対抗戦10戦目琢朗爆発.JPG

 3回表。
 絶好調の石井琢朗さん 『打たせてとれ』 の相手サインを 『引っ張れ』 で粉砕!!
 いや、狙ってたけど、狙ってたけど打たせてとれをホームランにするたぁ、びっくりしちまっただよ。
 このゲーム、たまにわからない結果をはじき出すね……。
 相手より私の方がびっくりしてマス。

 結局この回、相手を立ち直らせる間もなくたたみかけ、一挙4点ダッシュ!

 ――が

 球団対抗戦10戦目林爆発.JPG

 あっけなく息切れ。
 マラソンの最初100mだけトップでした! みたいな?
 たぶん絶好調と思われる林くんに2打席連続ホームランを打たれて浮沈艦・三浦撃沈!! リーゼントが涙で濡れて垂れてるぜ……。

 しかし三浦が次の回の頭から交代させようと思ったその時。

 球団対抗戦10戦目多村値千金の勝ち越しHR.JPG

 やっぱハマの兄貴は頼りになるねぇ!(勝手に命名)
 いかないで! ソフトバンクなんかにいかないでっっ!!(なんかって言うなよ。ごめんね、ホークスファンの人)

 球団対抗戦10戦目村田もvsHR.JPG

 さらに村田もホームラン!! タムさん、あなたがいなくても俺が打ちますよ、という声が聞こえるかのようだ。(耳鼻科いくかな……)

 三浦から交代した川村は、2打席連発の林に対しても気迫のパワーピッチで抑え込み、この勝ち越した3点を死守!!

 球団対抗戦10戦目結果.JPG

 なんとかモノにした。vsを的中させられなかったらヤバかったね……。
 これで3連戦初戦を勝利。なんとか決勝行きのメダル2枚目に向け、頑張らないとなぁ……まぁ、今回は以上ってことで。

 とりあえずの通算成績.JPG

 追記
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | BBH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

No.331 ファミスタオンライン

 ハンゲーム で稼働中の無料オンライン野球ゲーム、プロ野球 ファミスタ オンライン を、βテストの頃からちくちくとプレイしたりする。
 つか、もう正式稼動して結構な時間が経ったというのに、何故今頃その話題を持ち出すのか? と言うと、βテストの後、正式稼動となったときはすでに興味は薄れていたんですな、これが。
 だけど引っ越しに伴い、ようやくネット環境が整った今、再び始めるチャンスかなぁ、などと思い、BBH2をプレイできない合間にでもプレイし始めた (モンハンばっかりしてると弟が五月蝿いしね……)。

 ファミスタオンラインとは、ファミコンで発売された 『ファミリースタジアム』 の、言うならば現代版。
 リアルでもなんでもなく、高低差もなにもない まがいものの野球 ではあるが、それだけにゲームとしての面白さは保障されていると言えるだろう。

 システムもオンラインならではの要素が盛り込まれており、その際たるものが 選手のカード化 だ。
 なんだかBBHみたいな話だが、スロットやルーレットをまわして選手を引き当てる。(ただしルーレットは有料)
 で、そのカードをスタメンなりベンチなりに起用する、デッキ構築を行えば準備完了だ。

 スタメン設定=デッキ設定は、BBHのように支配枠以内の人数でなら好き勝手行えるわけではなく、WP(ウェイトポイント)と呼ばれる、個々の選手に設定された“強さ”のような数値を常に気にしなければならない。
 例えば巨人から横浜に移籍してきた仁志選手は、二塁の守備も巧く、バッティングも走塁もなかなかの万能選手だ。
 そんな風に能力の高い選手は WP が高く設定されており、仁志選手なら 50 と設定されている。
 リーグごとに チーム内のトータルWPの上限 が設定されているので、BBHのようなASチームを構成しようと思ったら、レベルを上げて WP上限を増やし、かつWP上限の高いリーグで対戦するしかないだろう。

 なんつーか、BBHで実装して欲しいシステムである。

 そういった限られたコストを調整しつつ、より強いチームを目指すのが ファミスタオンライン だ。
 勿論選手が良くても、それを活かすか殺すかは、BBHと違い、これはスポーツアクションゲームだけに自分の腕にかかっているけどさ。(BBHでもそうだけど)

 そんなわけで、BBHほど寄せ集めチームに強い嫌悪感を抱かないシステムと、横浜ベイスターズの選手カードがまったく引けない! という裏事情も加味され、我が横浜ベイスターズはベイスターズではなかったりするのだが……ともあれ、現在のルーキーリーグ(WP上限600)のデッキを紹介したいと思う。(あー、前置き長かった)
 ただ私のレベルはまだ6なので、上限580しか組めなかったりするんだけどさ。その辺はご容赦の程を。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 1番 青木.jpg

1番 センター 青木
 琢朗さんが引けないので、ヤクルトスワローズの切り込み隊長、青木選手が1番打者。正直、石井琢朗さんより適任だけど……。
 とにかく足の速さと、そのバッティングセンスを活かして出塁し、盗塁で2塁を陥れるまさに理想の1番打者。
 彼を引き当てれたことが、私の残った全ての運を使い果たしたんじゃないかと思えるほどだったりする……。
 できれば琢朗さん引いて、1,2番コンビを組ませたいねぇ。
 でもまぁ金城を引くまでの代役ですかね。(代役の方が能力高いけど)


 2番 仁志.jpg


2番 セカンド 仁志
 巨人から出場機会を求めて横浜へやってきた仁志選手が2番打者。
 2番にもとめられるのは、クリーンアップへのつなぎ役。
 仁志選手はシュアなバッティング で、それに応えてくれている。(現実では仁志2番は成果がなかったけど)
 リアルだとどうなるんだろうなぁ……私的に6,7番でのびのびと打ってもらったほうが良いと思うんだけど。
 守備は今更言うまでもないけれど、中日荒木と並ぶ巧さを発揮してくれている。頼りになります。


 3番 高橋.jpg

3番 ライト 高橋
 天才・高橋由伸選手が3番。
 3番にはチーム1の打者を置く、とするメジャーの方針からいくと、由伸はまさにうってつけの選手で、強肩強打がウリ。
 毎年怪我で戦線離脱が目立つ選手だけど、無事ならタイトル狙える選手だと思うんですけどね。いまだにゴールデングラブ賞以外、何のタイトルも受賞していないことに驚きです。
 ゲームでは怪我もないし、その自慢の強肩で何度もチームを救ってくれていたする、チームの要であります。
 まぁ多村か古木か小池を引くまでの代役だけど。


 4番 吉村.jpg

4番 ファースト 吉村
 横浜の若き和製大砲、吉村選手がチームの4番打者。
 画像にあるバットはパワーが2上がる、ホワイトチョコバット。
 記録は残していないけど、たぶん、というか間違いなくチーム本塁打トップの数字を残しているハズ。
 放った打球は痛烈なライナーとなってスタンド、ないし外野フェンスに直撃する。あまりに強烈過ぎるゆえに、シングルヒットになってしまうのが悩みの種か?


 5番 林.jpg

5番 レフト 林
 阪神のパワーヒッター、林選手が5番。
 何気に初ホームランは、ハマの番長・三浦からだったりする。
 吉村が掃除し忘れたランナーを帰すのが主な仕事。
 WP40の割に頑張ってくれてます。
 これまた多村か古木か小池を引くまでの代役ですが……。


 6番 鳥谷.jpg

6番 ショート 鳥谷
 虎の遊撃手、鳥谷が6番打者。一時期、藤本とポジション争いをしてましたが、今ではすっかり定着した感があります。
 下位打線とはいえ、クリーンアップのあとのチャンス時に、また下位打線へチャンスメイクしていくことが多く、1番鳥谷、3番青木ってのも理想かなぁなどと思案中だったりします。
 ――まぁ、琢朗さんを引くまでの代役ですけれど。


 7番 矢野.jpg

7番 キャッチャー 矢野 
 虎の正捕手、矢野選手が7番打者。
 捕手とは思えぬミート力が自慢の選手で、鳥谷にも見劣りしませんね。
 相川・鶴岡を引くまでの代役にはすぎませんが、それに勝る活躍をしてくれてます。


 8番 堂上.jpg

8番 サード 堂上
 尾張のプリンス、中日のルーキー、堂上(どのうえ)選手が8番打者。
 正直まだカードにするのは早くない? って気もするけど、使うほうも使うほうか。
 一応、今年の中日のドラフト1位選手であります。
 とりあえず村田がでるまでの代役ですが……。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 先発投手

 先発1 上原.jpg

 先発2 山本昌.jpg

 先発3 西村.jpg

 先発4 林 恩宇.jpg

 先発5 寺原.jpg

 先発投手は5人。試合後とにデッキを交換して起用してます。セコイ。
 山本昌投手以外は球威がC以上。
 球威が低いと速球でもスタンドへ運ばれちゃうからね……。
 打高投低のファミスタにおいて、可哀想なくらい打たれてますが、それでも彼らはめげずにローテを守り続けるのであった。


 抑え投手

 抑え1 横山.jpg

 抑え2 前田.jpg

 右の抑え、横山投手と左の抑え、前田投手の2枚看板。
 早くクアトロKの面々がほしいんですけどね……1枚も引けやしねぇ。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 あと、ハンゲ部のWP20の面々や、WP25で三塁と遊撃の守備がCの古城などで、WPを調整してデッキを構築します。
 とにかく早く横浜ナインを揃えたいんですけど……誰か代役が欲しい人、トレードしてくれませんかね?
 あとダブってるからやるよ、って人も募集中。

 そう、これが言いたかっただけでここまで書いたんだ!

 ということだったり……。
 うん、でもファミスタオンライン、面白いですよ。
 BBH2のプレイできぬ夜は、ファミスタオンラインでもいかが?

posted by BlueTasu at 00:00| Comment(4) | TrackBack(2) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

No.330 モンスターハンターポータブル2nd その2

 今日はハルちゃんが仕事ということもあり、1日中モンハン三昧。
 本当はBBH2をプレイしに行こうと思ってたんだけど、休日は出不精になるなぁ……。

 で、モンスターハンターポータブル2nd (以下MHP2) は、Xlink Kai を導入し、MHP2でもオンラインデビューを果たしたりする。
 つか、私は コレ を使用して接続したのですが、アドホックの設定やらKaiの設定やらセキュリティやらファイヤウォールのポートがどうとか、とにかく暴れたくなるくらい苦労したね。
 でも接続できた瞬間はもう、“キタヨコレ” みたいな感じで、一気に世界が広がった気になった。
 人と繋がっている、一緒に狩りに出かけられる、という空間は心地よいものがあります。
 ドスのときは効率重視のところが多かったけど、今回は(今のところ)各武器に大した差はなく、弱かった太刀や弓、ガンランスも強化されているので、これはダメ、アレはやめて、などといった文句がでないのも良い。
 つくづく(あくまで今のところ)MHP2は神ゲー的なチューニングだぁね。

 とりあえずオンラインでHR1のクエストをこなしていき、現在のところHRは4にまでなった。
 4からは上級のクエストが受けられるのですが、とりあえず下位でやり残したこと、イフリートマロウを作るだとか、レウス、レイア装備を作るだとか、クシャルのボウガンを作るだとか、諸々をこなしている最中だったりする。
 とっとと上級行って強い敵倒して強い武具を揃えるのもいいんだけど、それするとすぐに底が見えちゃうからねぇ。
 じっくりコトコト煮込むかのように、ゆっくりと進んでいます。

 とりあえず村クエを終わると、トレニャー船なども森丘、火山以外でポッケポイント1000のところへ派遣が可能になり、毎回1000も支払うとなると、とてもじゃないけどポッケポイントが足りなかったりする。
 そこで、オススメのポッケポイント稼ぎ方などを、需要があるないに関わらずご紹介。

 まず訓練場。
 案外楽に倒せる敵が多い割りに、キリンとかなら腕次第だけど、約 5分くらいで2000ポイントくらい稼げたりする。これもオススメ。

 それから森丘の採取ツアーで、ツチハチノコと釣りホタルを調合して作成した黄金ダンゴを持って行き、黄金魚を釣りまくるのも良い。
 大体10分くらいで3〜4000ポイントくらい稼げる。
 まぁ釣りはあまり好きじゃないから、もう2度としないと思うけど(眠くなるんだよね……)。

 あと村クエストのナナ・テスカトリとテオ・テスカトルの火山討伐クエストなら、邪魔が雑魚敵がいないので火薬岩が楽に持ち帰れたりする。
 これ、1つ3000ポイント。一番オススメかな。

 まぁ結局は訓練所でコイン集めしながら稼ぐのが一番よさげではあるけど。
 フエールピッケルがもらえたりするしね。

 そんなこんなで、3万ポイントくらい今貯金がある。
 しばらく困らんかな。

 今のところ集会所で下位古竜の討伐クエストがないのが悩みの種。
 早くデルフ=ダオラとか作りたいんだけどなぁ……。
 どうやったらでるんだろうか?

posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

No.329 奈良公園へ


 修学旅行先として京都とセットで訪れることの多い古都・奈良。
 東京ディズニーランドの13倍にもなる面積をもつ (らしい) 奈良公園に、本日行ってまいりました。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 正直、奈良公園は飽きた。
 修学旅行先として有名だが、地元民としては小・中・高と遠足のたびに訪れ、また子ども会やなんやらのイベントでも数多く訪れた奈良公園に、なにゆえ今更訪れねばならぬのか、と思わぬでもない。
 でも、ハルちゃんの頼みとあっては仕方ない。
 私たちは、交互にデート先決定権なるものを持っていて、今回ハルちゃんが希望したのがここなのだから。

「ところで、なんで奈良公園なわけ?」

「言ってなかったっけ?」

「うん、聞いてない」

 まぁ大した理由はないと思うのだが、一応聞いておく。

「えっとね、1年前にもゆうさんと来たんよ」

 ゆうさんとは、ハルちゃんの仕事場での友人である。
 引っ越しして同棲する前は、一緒のマンション住まいだった。

「それで?」

「その時、ロッキー と友達になったから、また1年後来るって約束してん」

「……は? ろっきー?」

 なんだ、なんか変な展開になってきたぞ。

「去年来た時に、ロッキーと 鹿せんべえの取り合い して友情が生まれてん」

「はぁ……」

「その時、この鹿はロッキーや! って名づけてん」

「うん、色々突っ込みたいけど、ハルちゃん時々 さわやかに馬鹿 だよね」

「なに!? さわやか馬鹿ってなに!?」

 言ったのは私だが、意味は知らん。
 まぁそんな理由、というだけでもないようだが、とりあえずそんな理由らしい。

 家を出たのが8時。
 奈良公園に到着したのが11時。
 車で来たのだが、案外混んでた、というより見事に迷いました!
 なぜ地元で迷うかな……。
 車を運転していると地理に詳しくなるっていうけど、それ、私には当てはまってませんね!(いや、以前に比べればマシか……?)

 早速鹿にせんべえをやってみる。

「ロッキー、いるん?」

「うん、わかんない!

「友情はどうした?」

「だって鹿だし」

 他人には絶対わからない会話を交わしつつ、鹿とたわむれる。
 人慣れしているというか、逃げないよなぁ、奈良公園の鹿はさ。
 これが北海道の蝦夷鹿だったら、一目散で逃げるよ。(とか思ってたんだけど、あっちの蝦夷鹿も人間なれしてもう逃げないそうな(^^;)

 とりあえず携帯でパシャっと写真でも撮りたかったのだが、あいにくの電池切れ。
 最近電池の減りが早い。半年くらい前に買ったばかりなんだけどなぁ……。
 とは言っても、姉に投げつけられて、液晶にヒビが割れてから調子がおかしくなったんだよな。
 うん、絶対そうだ。
 買い換えるしかないかねぇ……。

 ――で

 もうすぐ12時。ちょいと早いがお昼にすることに。
 本日のお昼はハルちゃんお手製のお弁当。
 会社に持って行ってるものとはまた違う、バスケットにサンドイッチいっぱいのピクニックなお弁当。

「普段はご飯だから、たまにはと思ってサンドイッチにしたのよ」

 とのこと。
 他にもサラダとか、私の好きな牛肉のアスパラ巻きなんかもあって嬉しくなる。
 サンドイッチも全部ラッピングしてあるからパサパサじゃないし、バターだってタラコバターだったり、パセリを刻んだものが入ったやつだったりとか、ピーナッツバターだったりとか、具によって使い分けているらしく、種類も豊富。
 これだけ作ろうと思ったら大変だろうなぁ。早起きして作ってくれたんだなぁ、とか思うと、ありがたすぎて頭が上がらない。
 私はモンハンやりすぎでグースカ寝てたもんなぁ(最低)。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 お昼を美味しくいただき、食後のコーヒーを飲みながら、ごろんと寝転がる。
 食後に寝たら牛になるとかなんとか言うけど、この気持ちよさには逆らえんね。
 いつもは会話の絶えない二人なんだけど、この時ばかりは静かに時が過ぎていく。
 こういう穏やかな感覚って、久しくなかったなぁ。
 最近は異動に伴い、朝の通勤ラッシュに巻き込まれて神経すり減らしていたもんなぁ。

 で、食後の運動。

「バドミントンを買ってみた」

 子供の頃にやっただけで、あんまりしたことないんだよね。

「ほほー、この私にバドミントンを挑みますか」

 なにやら不惑の笑みを浮かべるハルちゃん。
 やったら自信ありげ。

「高校の部活で培ったバドミントンの冴え、みせてあげるっすよ」

 ――あれ?

「ハルちゃん、高校のときはバレー部だって言ってなかった?」

「うん。バレー部で流行っててん。ほら、バレーのネットってこういうのにちょうどいいんよ」

「バレーしろよ……」

 奈良公園なので、間にネットもなにもない打ち合いなのだが、最初私はミスを連発。
 卓球とかだと手のひらで打つ感覚なんだけど、バトミントンのラケットは持つ所と打つところが離れているから要領がうまくつかめないんだよね……。
 が、5分ほどすれば慣れてきて、ひたすらラリーが続く。
 どっちが先に落とすんだ!? ってくらい激しいラリー。
 たぶん、本日の奈良公園内のバドミントン競技者の中で、一番うまかったかもしれないね!(そんなのないだろう……)

 そんなこんなで午後3時。
 夕方に混む前に帰ろうか、ということでお開きに。
 帰りには玉撞き屋に寄ってビリヤードも楽しんだ。
 最近練習してなかったせいか、下手さに磨きがかかっている私。
 なんか、ハルちゃんと同じくらいの腕前まで落ちているような……。
 いかん、また練習しないと。

 それから夕飯は、お昼がサンドイッチだったのでご飯が食べたいね、ということでイタリア料理の店へ。
 なぜご飯が食べたいのにイタリア料理の店やねんって感じだけど、そこはライスコロッケがうまい店なので。

 てか、つくづく携帯の充電をし忘れていたのが悔やまれるね……とか思っていたのだけれど、本気で後悔したのがこの後。

 夜9時、帰宅。

 帰るなり嫌な予感が漂う。
 というのも、駐車場に TRXの大型バイクがあったから。

 ――つまり

「おう、邪魔しとんぞ」

 帰るなりご挨拶。
 姉である……。
 本気で邪魔である。
 そんなこと絶対言えないけど……。

「な……なに?」

「なに、ちゃうわボケ、カス、ハゲ、アホンダラ!」

 ……折角癒されたのに、速攻で汚染される私の心。
 罵詈雑言の嵐が玄関に吹き荒れる。我慢だ、我慢だ。
 ここで「ハゲちゃうわ」などと反論しようものなら、本気でむしられかねないので黙って我慢だ、耐えるんだ……。

 で、ひたすら我慢したあと、ようやく本題に。

「今日電話したのに繋がらんから、出向いたんやないか」

「あー、携帯の充電忘れて出かけてしもてん」

「それでか。明日と明後日、家のモン連れて温泉行ってくるから、うーすけ預けに来たんじゃ」

 うーすけとは、姉の飼っているウサギのことである。

「温泉?」

「オヤジが近所のオッサンからタダ券を巻き上げてきよったんや」

「……何やってんだよ」

「そんなわけやから、うーすけ取りに来いってわざわざ電話したのに……なんででーへんのじゃ! お陰でいらん苦労したがな!」

 ・
 ・
 ・

 それからまた数十分、言いたい放題言って姉はバイクを吹かして帰っていった。……ん? バイク?

「……うーすけ、バイクで連れてきたんか」

 どうやって運んだのかは想像したくもないが、うーすけはよほど怖い目にあったのだろう。ガクガク震えていた……。

「つか、やったらでかくなったな……」

 私の居ない3ヶ月の間に、もの凄くデブったうーすけ。
 ガクガク震えていると、ブルブル肉が振動していたりする。
 それを見て、私は何故か上司の三段腹を思い出し、より一層不快な気分になったのであった……。

 ・
 ・
 ・

 とりあえず今日のご報告、というか、まとめ。

『昼癒されたが、夜に汚染され、とんとん』

 以上。

ビフォー
うのすけ.jpg

アフター
アフター.JPG 正面(ちとブレた).JPG


posted by BlueTasu at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

No.328 BBH2〜球団別対抗戦〜


 球団別対抗戦とは?

 選手のカードを使用し、夢のドリームチーム(略してAS)が上位を占める中、プロ野球本来のチームメンバーのみの純正なる戦いを強いられるのが、この球団別対抗戦である。
 我が横浜ベイスターズの選手は、大半がベイスターズ選手で構成されているため(使えない選手は谷繁、寺原、仁志の3選手)この球団別対抗戦は普段となんら変わりがない。
 変わるのは対戦相手であり、普段ASとの戦いが圧倒的に多い中、常に純正と戦える、というメリットはことのほか嬉しいものがある。

 ここで、選択肢は2つあると思う。
 試合を楽しむか、経験値を稼ぎに行くかのどちらかだ。
 前者には500円。後者には300円が必要。
 1試合につき15の経験値が確実に得られるのであれば、1500円で3試合こなすより5試合こなしたほうが良いに決まっている。

 だが、しかし……。

 やっぱゲームだもん。楽しまないとなぁ。
 ってことで、今日は朝もはよから500円プレイを3試合、300円プレイを1試合してきた。

 ――――――――――――――――――――――――――――

【球団別対抗戦第1試合】
 BBH2 球団別対抗戦第1試合目.jpg 球団別対抗戦第1戦相手スターティングメンバー.jpg

 第1試合のお相手は、闘将二段の巨人。
 なんつーか、ASとあんまり変わらない気がするのはキノセイだろうか?
 しかし記念すべき球団別対抗戦の第1試合。
 気合をいれていかないと!!

 ・
 ・
 ・

 とか思ったのだが、こちらの選手の調子が悪いこと悪いこと……。
 しかも、石井琢が不調、金城不調、多村絶不調、古木不調と、主力がそろいも揃って青い顔だ。多村なんか青を通り越して紫だもんなぁ。
 しかし先発の左のエース吉見。
 なんとか守り勝つ野球を...

 球団別対抗戦第1戦結果.jpg

 とか思ったんだけどね……。いやぁ、さすが闘将二段。格がチガウ……。
 サインはことごとく読まれ、1番仁志を筆頭にパカスカと打たれ、まさに、もうどうにでもして〜な状態。
 しっかし8点も取られたのなんて、いつ以来だろうかねぇ……。
 ここまで負けたらもう悔しくもないね。えぐぅ。


【球団別対抗戦第2試合】
 球団別対抗戦第2戦.jpg 球団別対抗戦第2戦相手スターティングメンバー.jpg

 もう2連勝しなければメダルはない! というところまで追い詰められてしまった私(球団別対抗戦は3戦して勝ち越せばメダルがもらえる。2枚たまると決勝に進出)。
 相手は六段のスワローズ。
 九段として、負けられない!!

 ・
 ・
 ・

 試合が動いたのは4回表。
 ハッキリ言ってどうやったのか、ぜんっぜん覚えていないんだけど1点先取!
 その裏。これまた全然覚えてないんだけど1点取られてすぐ同点に。
 さらに5回裏、またしても覚えていないんだけど2点失い1-3と逆転される。
 さらにさらに7回裏にも綺麗サッパリ覚えていないんだけど1点失い1-4で敗戦濃厚、抹茶味。
 もう泣きそうになっていたのだが、8回表。

 球団別対抗戦第2戦 多村同点3ラン.jpg

 多村、起死回生の同点3ランホームラン!
 外角攻めを何故か積極的に行けのサインで木っ端微塵に粉砕。
 別に絶好調ってわけじゃなかったんだけど、やっぱり多村は頼りになるね!
 これで同点。あとは逆転するのみ!!
 さぁ一気にいこうか!!

 ・
 ・
 ・

 球団別対抗戦第2戦結果.jpg

 一気に終了。
 ……まぁ現実はそう甘くないってことで。
 決め手に欠け、結局引き分け終了。
 まぁなんだ。敗戦濃厚な状態からよく盛り返したよ、うん。


【球団別対抗戦第3試合】
 1敗1分なので、これで勝ち越しの可能性が消滅。
 というわけで、次は消化試合決定なので300円プレイで引き分け狙い。

 ……まぁ1-4で負けたんだけどさ。あかん、チーム防御率がどんどん上昇していく。


【球団別対抗戦第4試合】
 気を取り直して、再び3連戦の緒戦。
 今度こそ勝ち越したいってもんだ。

 球団別対抗戦第4戦対戦相手.jpg 球団別対抗戦第4戦相手スターティングメンバー.jpg

 相手は七段の巨人。
 また先攻。4戦連続で先攻なんだけど……。

 投手はエース三浦。
 初回、いきなり2失点という最悪のスタート。
 なんか最近、初回に失点するケースが多いんだよねぇ……。
 先頭打者が抑えられず、その後のサイン攻勢にハマっちゃうと抜け出せなくなる。

 試合はそのまま終盤まで進行。
 相手は間違いなく300円プレイで、サインが明らかに少なかったりする。
 でもこちらも打てず、またしても敗戦濃厚、ミルク味。

 ――が、しかし

 またしてもやってくれたのが小池!
 最近小池に勝負どころの本塁打が目立つんだよなぁ。
 1アウト満塁の大チャンスに、2番内川の代打で登場。
 相手が挑んできた vs を的中させて、力で粉砕!!

 さらに3番金城が出塁。
 多村もあわやホームランかという1発を放ち、金城が1塁から一気に生還。
 8回表、一気に5点を奪って試合をひっくり返す。

 球団別対抗戦第4戦結果.jpg

 なんとか1勝をあげることができた。
 これで時間になっちゃったけど、なんとか1勝出来てよかったよかった。
 このまま勝ち越して、メダルを早く2枚集めたいねぇ。
 あと、パリーグの球団とも戦いたいや。

 なんにしてもこの球団別対抗戦は面白いかも。
 続く。

 追記
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BBH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

No.327 明日への布石

 睡眠時間を削りに削ってプレイした結果、1週間もしない間に40時間を突破しました。

 もちろんモンスターハンターポータブル2ndのことです……。

 そのツケが今日まわってきたというかなんというか。
 仕事が久々に終電まで残業だったので、心身ともにボロボロです。
 徹夜でゲームして終電まで残業すりゃ当然ですけどね……。
 久々に吐くほど仕事しましたよ。

 というのも、明日はBBH2のイベント開催日――球団別対抗戦の日。
 午前中だけ会社を休むので、プレイしたいと思っています(つまりそのための残業)。

 今日は疲れているので、申し訳ありませんが以上ってことで。
 明日は(ってもう今日か)球団別対抗戦の様子と、ちょっとしたことを考えているので、それをアップできたらなぁ、などと思っています。

 ではでは。

 MHP2 ギザミ装備.jpg MHP2 オウビート装備.jpg

(画像はギザミ装備とオウビート装備。こんな画像でお茶を濁せるとでもッ!?
 ごめん、濁らされてください……)
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

No.326 本日のお食事

 朝食は近所のパン屋さんに頂いた、出来立ての カツカレーパン を食べた。
 揚げパンの中にカレーとカツが入っており、出来立てということも相まってとってもジューシー!
 朝に食べるもんじゃねぇなぁ、と思いつつも、程よいカレーの辛味と豚肉の脂の甘みがブレンドしてて非常に美味い。
 割と小さめなので、調子に乗って3個食べてしまった。
 満腹満腹。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 お昼。
 今日、当番の妹が寝坊しちゃったため、お弁当ではなく外食に。
 まぁ妹の寝坊は月一の恒例行事みたいなもので、そう頻繁というわけでもないが珍しくもないことだったりする。
 とはいえ、当番日に寝坊というケースは珍しいので、昼に外食というのは滅多にない機会である。
 そのため、途方に暮れてしまった。
 というのも、私はここらへんに転勤してきて日が浅く、どこに何を食べに行けば良いかわからないのだ。
 あまりお金がかからず、かつ朝が揚げ物だったので軽めのものを、最悪コンビニでも良いかなぁと思いつつ会社を出ようとすると...

「あ、珍しい。ブルータスさん今日は外食ですか?」

 と、同じ部署の団体さん (男6人女4人上司含む) に声をかけられる。
 今日は弁当がないんだ、と答えると

「弟くん、寝坊でもしたんですか?」

 とか言われる。
 以前上司にお弁当について聞かれたとき、たまたま弟が作ったときに聞かれたもんだから弟が作った、と答えたら、ずっと弟が作り続けているということになっているらしい……。
 寝坊は正解なんだけどな、惜しい。

 ――ともあれ、弟のことは置いといて。

 ここらへんの地理に疎い私は (ただしゲーセンへの近道なら誰よりも詳しいかも) 、日頃付き合いが悪いというイメージを払拭するためにもこの団体さんに付いていくことにした。
 でもまぁそのイメージは間違いじゃないんだけどさ。

 ――で

「ここのカキフライ定食が美味いんだよ」

 と言って案内された定食屋さん。
 私はメニューを見て軽めのものを食べようかな、などと思ったのだが,,,

「おばちゃん、カキフライ定食11人前!」

 と、上司が入るなり全員分注文。
 おっさん、なんてことすんだっ!!
 外食の楽しみでもある 『どれを食べようか迷っちゃうタイム♪』 を奪うとは……最低最悪極まりない上司である。
 それにカキフライ定食は1000円もしているじゃないか! 1000円と言えば夏目漱石、もとい野口英世1枚分だ。BBH2を2回もプレイできる料金じゃないか! うまい棒100本買えるじゃないかっ!! 5円チョコなら200個も買えるじゃないかっ!!
 なんて横暴な上司だ。最低だ! 最悪だッ!!
 帰ったら部署異動願いを提出してやるッ!!!

 愚痴愚痴と暗い情念と憤りの思念を、電波として上司の背中に送る私。
 そんな上司がくるりと振り向き、こう言った。


「ココは俺のオゴリだから」(パパラパッパパー)


 上司最高! 太っ腹! ビール腹! 三段腹!
 やっぱ良いね、この部署は。なんたってアットホームな雰囲気が最高だし、何よりこれ以上ない素晴らしい上司に恵まれてるもんな、うん。

 でもカキフライ自体、言うほど美味しいとは思いませんデシタ……。
 しかも量がもの凄く多かったしさ……。

「ここはボリュームも人気なんだ」

 とは 財布 上司のお言葉。
 できれば味のみが人気な場所が良かったなぁなどと思う。
 でも思うだけ。オゴリだから文句は言わないさ!!

 ・
 ・
 ・

 ちなみに食べてる際、やたらと質問攻めに合う私。
 なんだなんだ、私は転校生か!? と思ったのだが、あながち間違っていないらしい。なんでも、あまり自分のことを話さない、しかも誘ってもいつも断る付き合いの悪いミステリアスなオッサン、として認識されていたらしい。で、ここぞとばかりに質問されまくったのである。
 まぁ当たり障りなく答えていたのだが……そんな中、またしても話題に上ったのが我が弟で、もの凄い誤解が生まれていた。

「ブルータスさんの弟さんって凄いですよね〜」

「ん? ナニが?」

「だって料理もできるし、掃除洗濯なんでもござれ。家事完璧な子なんでしょ。しかもめっちゃ可愛いらしいやん。いいな〜、私もそんな弟ほしかった〜」

 掃除? 洗濯? 家事完璧? めっちゃ可愛い??


 誰ソレ!?


 私の知らない間に、私の弟はスーパーマンになっていた。
 噂って怖いね〜、なんでこう曲解されていくんだろうか?
 まぁ噂の出所は間違いなくあそこでカキフライを口いっぱいにほお張っている上司なんだけどね!
 でもまぁ、誤解を解くのも面倒くさいし、会う事もないだろうから...


「加えて 肩叩きの天才 だよ」


 と、妙なスキルも足しておいた。
 喜べ弟、お前は我が部署では、「炊事洗濯掃除の家事万能にして肩叩きの天才高校生」 として大人気ダゾ!! 良かったなぁ。


 ――――――――――――――――――――――――――――


 3時。
 休憩のベルが鳴り響くと同時にソイツはやってきた。

「こんちわ〜。みんな、元気〜??」

 などと、修羅場の職場に似つかわぬ、至って能天気な声でドアを開けて入ってきたのは、私と入れ替わるようにして退職した先輩である (と言っても同年齢なんだけど)。
 まぁそんなことはどうでもいい。問題なのは...

「これ、差し入れっす〜」

 と持ってきたもの。
 ケンタッキーフライドチキン、36ピース!!
 うちの部署、今日は16人なんだけど……。

「みんなで食べてくださいね〜」

 そう言って去っていく元先輩。
 いや、もう油モンはいらないから……。

「ブルータスさんは若いんだから、3ピース食べてくださいね」

 いらないから……若くなんかないからっ! ――えぷっ。


 ――――――――――――――――――――――――――――


 本日残業なし。
 帰りにBBH2をプレイして帰ろうか、としばし逡巡するも、9日から球団別対抗戦が始まるので、それまで貯金。
 というわけで帰宅。
 胃は重たいわ帰りも満員電車に揺られるわで、最悪のコンディション。
 駅に着くなり、私はイヤな予感がして電話した。


「(おそるおそる)なぁ、今日の晩御飯って……なに?」


「今日は唐揚げっすよ!」


 ・
 ・
 ・


 初めて外で済ませたくなりました――つか、何も食べたくないです……。

 どうでもいい追加話
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

No.325 モンスターハンターポータブル2nd その1 vs轟竜

 要望があったため、というわけではないのだが (本当に今日書くつもりだった) 、モンスターハンターポータブル2nd (以下MHP2) の新規モンスターである 『轟竜ティガレックス』 の、私なりの攻略法などを書いてみたいとなぁと思う。

 ティガレックス.jpg
 ↑コイツね(画像は転載上等。すまぬ)

 というのも、轟竜のレックス装備セットは、自分的に見た目も良い上性能も良いという、ドスでいうならレイア装備のような存在だからだ。

 レックス装備ガンナーバージョン.JPG

 防御力は剣士装備なら各40、ガンナー装備なら20あって結構優秀。
 さらにスキルも 『千里眼』 (移動パターンを知っているからあまりいらない人も多いけど) と、『早食い』 が発動する。
 この早食いがもの凄く便利なシロモノで、肉だろうが薬だろうがドリンクだろうが、もの凄いスピードで飲み込んでくれるため、回復薬を飲んでいる間に敵に突進されて回復したんだかしてないんだか……みたいな状況が少なくなること請け合い (ただ早食いってドスじゃ肉・魚系を食べる速度が上がるっていう設定だったから、薬を飲む速度が上がるのは変な気もするんだけど……もしかしたらバグ?)。
 さらに聴覚保護もガンナー装備なら+9までつくため、装飾品で補ってやれば高級耳栓の発動も可能。いやー、レックス最高。 
 というわけで、私は剣士装備とガンナー装備、両方揃えました。
 ガンナーの場合、スキルは変化ないので頭装備だけは剣士のヘルムを流用するといいでしょう。
 上の画像はガンナー装備に頭だけレックスヘルムです。

 尚、このセットを揃える上で、倒した轟竜の数はちょうど10体になっています。殺りすぎだよアンタ……。

 そんなレックス装備の素晴らしさをわかっていただいた上で、ならいかにして轟竜を殺りまくって素材を剥ぎ取るか? という問題が浮上する。
 10体倒した私が言うのもなんだが、いや10体倒したからこそ言えるのだが、奴は強敵である。
 だが、準備をしっかりすれば、そして戦い方を知っていれば倒せるのはモンハンの道理であり真理。
 しっかり準備して、戦い方を学び、そしてレックス装備を目指して狩りましょう。
 ただし、私は片手剣とボウガンがメインなので、どうしてもその方へ向けての情報となるのはご容赦いただきたいところ。
 うん、私ガンランスとか使わないというより、使えないからね!

【準備編・武器】
 奴の弱点は雷なので、片手剣なら雷神剣インドラ、なければその派生前のライトニングベイン (だったと思う) は欲しいところ。サンダーベインだと緑ゲージがあまりにも少ないのでちときつい。
 他の武器にしても同様で、雷属性の武器を用意しましょう。
 毒、麻痺も有効なので、雷属性の武器よりこちらのほうが斬れ味も攻撃力もあるんじゃーって人は、そちらでも問題ないかと。

 ボウガンの場合は、ライトボウガンはキツイんで、私の場合ヘビーボウガンでシールドをつけている。
 蝶のように舞い、蜂の巣の如く撃ちまくる! という信念の方は、ライトでもなんでも好きにしちゃってくだされ。知らん。
 ボウガンはリロードが早く、かつ電撃弾が撃てるのが条件。
 貫通弾や通常弾で充分だぜって人は、そもそもこれ読まないだろうし!

【準備編・防具】
 できるだけ防御力の高いもの!
 轟竜の突進は完全に回避できないことが多いので、防御力を重視したほうが、結果生存率は上がるかと。
 オススメのスキルとしては、早食い……とか書いちゃうとなんのために轟竜対策を書いているのかわかんなくなるので、ガード性能や加護、回避性能や回復などといった生存率を上げるスキルがあれば助かるかな。
 ボウガンなら装填数が上がるものや、リロード速度が上がるもの、貫通弾の威力があがるガザミ装備などがオススメ。
 ただし、スキルより防御力を優先したほうが良い結果を産むということを、くれぐれもお忘れなく。

【準備編・アイテム】
 回復薬、回復薬G、ハチミツ、薬草、アオキノコ。
 現地調合分含む。これらは自分の実力にあわせて徐々に減らしていくのがいいかと。ただ薬草は轟竜がマップ移動した際に回復用として持って行くとよさげ。もちろんアオキノコと調合しても良いけどね。さらに不安な人は、栄養剤や秘薬で体力の上限をあげるべし。
 私は今なら 『回復薬10』 と 『回復薬G10』 であまるかな。事前にアイルーキッチンで(現在4匹) 『ブレスワイン』 と 『野菜』 の料理を作ってもらい、体力を+40。あとは万一死んでしまったときのため、秘薬を1つだけ持って行ってる感じ。
 スタミナ回復には肉もいいけど、個人的には 『落陽草』 と 『ハチミツ』 を調合した元気ドリンコがオススメ。

 あと腕次第だが、シビレ罠を準備しても良い。携帯用がアイテムボックスに準備されているけど、あれば便利だし、尻尾も斬りやすくなる。
 それから大タル爆弾Gを準備しておきたい。
 シビレ罠で動きを封じて頭部に使えば、頭部破壊をしやすくなるからね。
 大タル爆弾Gは、今回大タル爆弾とカクサンデメキンの調合で作成可能。
 カクサンデメキンは釣り桟橋を拡張していればイッパイ釣れると思うので、大タル爆弾で中途半端にダメージを与えるより、どうせならGにしてドカンといっとこう。
 起爆用の小タル爆弾も忘れずに。
 これもハレツアロワナと調合すれば小タル爆弾Gになる。
 小タルなんていらない、自分で殴って起爆させるぜ! っていう勇者は勝手に飛んでよし。

 閃光玉は剣士はともかく、ガンナーは必携。
 アイテム欄が厳しくなるけど、現地調合できれば尚良し、といったところ。
 剣士にはあってもなくてもいいかな。理由は後述。

 あとは砥石とペイントボールに、雪山ならホットドリンク、砂漠ならクーラードリンクを忘れずに。
 それから力の護符と守りの護符はあったほうが良いが、鬼人薬や硬化薬はお好みで。
 アルビノエキスがあれば調合してグレートにすると、死ぬまで効果が持続するので便利。私は1stのときにアルビノエキスを腐るほど用意しておいたので、倉庫に70本くらいあったりするんだけどさ。普通はフルフルを倒して集めるしかないので、そこまでしてグレートにする必要はないかと。

 ガンナーは電撃弾と貫通弾が必須。
 雪山の場合はブランゴが邪魔なので、散弾なんかもあると便利。
 毒弾はレベル1があれば1回毒状態にできるので、持って行くならこれくらい。
 レベル2は撃った後反動がくるのでオススメしない。
 麻痺弾もあれば便利だが、そこまでこだわる必要なし。
 むしろ麻痺弾を当てるチャンスには電撃弾をぶち込みたいところだ。
 まぁマヒ状態の敵にはダメージがいつもより通るんで、まったくの無駄にはならないけど。
 もちろん多人数で行く場合は麻痺弾は必携かな。
 あと睡眠弾はレベル1を12発、あれば良い。
 眠らせて大タル爆弾Gを使用すれば大ダメージを与えられる。
 
 こんなもんかな?
 何か忘れていたら指摘して。

【轟竜討伐クエスト】
 準備が整ったら討伐へ。
 轟竜は雪山と砂漠に棲息しているが、私は剣士なら砂漠、ガンナーなら雪山のほうをオススメしておく。
 剣士で雪山の場合、狭い場所があるため壁を擦ってきて思わぬ攻撃を喰らう場合がある上、ブランゴが邪魔なので、剣士なら広々と戦える砂漠が良い。ただガレオスは邪魔だけど、ブランゴほどではない。
 ガンナーで砂漠の場合、広すぎるので距離が開くことが多い。
 ボウガンはある一定の距離を保って撃ちまくるのが良いので、高所がある雪山の方がまだ良い。
 ただ、ガンナーの場合防御力が低くなりがちで、さらに高台でも雪球を飛ばしてくる攻撃は避けられない。ヘビーボウガンならこれをシールドで防げるけど (だからヘビーのほうを勧めたワケ) まともに喰らうと、下手すれば一撃で逝けたりするので要注意。

【轟竜の行動】
 ここまで来て言うのもなんだが、あくまで私流なのでご容赦を。
 轟竜の主な行動は...

1.突進
2.転進突進
3.咆哮
4.威嚇
5.前方噛み付き
6.回転攻撃
7.雪or砂弾攻撃
8.飛び込み攻撃

 こんなところか。
 まず1の突進。
 これが轟竜のメインアタックで、愚直なまでに繰り返す突進が某有名ボクシング漫画のファイトスタイルとかぶるのは私だけだろうか?
 いや、いきなり横道にそれてどうする。
 距離があるときは正面に捉えられないよう、横移動を。
 距離が近い場合は、転がり回避でも轟竜の大きさによっては2回転しないと回避しきれない場合も。
 とにかく突き出した2本の前脚が邪魔なので、距離が近い場合は前脚と後脚の間を転がって避ける事。
 怒り状態のときは赤い彗星の如き速さで手がつけられない。
 避けれる、と思っても喰らうことがあるので、武器を仕舞い、ダイブして避けたほうがよい。
 武器を構えた状態で突進された場合は、避けようと思わず素直にガードしたほうが良いだろう。

 2の転進は、1の突進をやりすごしたあと、戻ってくることがある状態のこと。
 これは怒り状態とそうでない場合で対処が違う。
 まず怒り状態でない通常の場合は、まっすぐ転進してこちらに襲い掛かってくるので、1度回避したからといって回復薬など飲まないように、しっかり視点移動をして最後まで転進しないか見極めること。
 見極めてから回復薬を使っても充分間に合うからね。
 怒り状態の場合は、転進しても斜めに突進するので、こちらに来ない場合が多い。例外としてダイブして回避した場合、その方向に帰ってくることがある。これはさすがに無理かなぁ。まぁそんなことは砂漠では滅多にないけど。
 雪山の場合は狭いので、壁際に追い詰められていると転進の終着点となり、両方喰らうことがある。これはまず死ねるので、剣士が雪山に向かない理由でもある。
 どちらにせよ怒り状態のときは転進かどうか見極めてから回復薬を飲んでいると、次の攻撃を回避できない場合があるので、1度目の突進をやりすごしたあとすぐ飲むと良い。
 ダイブで回避した場合は、転進しなかったら回復薬が間に合わないので飲まずに控えるべし。

 3の咆哮は、意外と範囲が狭い。
 ガシっと前脚で大地を掴み、立ち上がったら咆哮なので、武器を構えていない場合はダッシュで逃げれば範囲外へ逃げれることが多い。
 武器を構えている場合は、即座に攻撃を中断してガードしてやりすごそう。
 咆哮→耳を押さえる→突進直撃は死亡フラグがたつので注意。

 4の威嚇はそのまんま、グルグルと吼えながら歯をカチカチと噛み鳴らす行動。
 それだけ。

 5の前方噛み付きは、頭などを斬っているとしてくることが多い。
 これは1の突進と同じ要領で回避すること。

 6の回転攻撃は、密着していると行ってくる攻撃。
 これ、何気にかなり範囲が広いので、逃げれたと思って安心すると尻尾で叩かれていたりするので素直にガードするか、何回転すればいいのかわからないけど、とにかく転がりまくって避けるべきか。
 どちらにせよそれほど威力は高くないが、喰らって起き上がり直後に突進が来ると、ガードしない限り喰らってしまう。その場合は結構な確率でピヨってしまうので、また突進喰らって死亡という、なすすべのない死亡フラグに発展する恐れがある。
 なので、ここは素直にガードすることをオススメする。
 ガードする方向が密着していると難しいかもしれないが、轟竜の身体の中心の方を向けばほぼガードできるはずだ。

 7の雪玉、砂玉飛ばし攻撃は、突進のときと同様、正面にたたないように立ち回れば問題ない。
 ガンナーの場合、この攻撃がネックとなるのだが、ガードできるのでヘビーボウガンなら大丈夫かな。

 8も突進同様、正面に立ちさえしなければ喰らうことはないはず。
 ガンナーはガードするのが無難かな。

 どちらにせよガンナーはガードしないとやり過ごせない場合が多いので、体力が減るのも激しいから注意だ。

【轟竜への攻撃】
 轟竜は正直隙が少ないので、イコール、攻撃チャンスが非常に限られている。
 これはどのモンスターにも言えることだが、最初は回避することに専念して、動きを観察すると良いだろう。

 で、攻撃チャンスだが、最大の攻撃チャンスは4の威嚇状態のとき。
 イャンクックと同じく、このときが一番無防備なのでガシガシ攻撃すべし。
 ただ怒り状態だと威嚇の行動も素早くて、すぐに次の行動に移ってしまう。片手剣でも2,3発斬ったら正面から外れるように。

 次の攻撃チャンスは1や2の突進をやり過ごした後がチャンス。
 特に尻尾か、後脚をジャンプ斬りで攻撃すべし。
 尻尾を攻撃するときは、突進後だと左のほうに揺れてから真っ直ぐになる。真っ直ぐになったときが狙い目だけど、大抵すぐに振り向かれてしまうので、1.2回攻撃できるか出来ないかってところかな。
 真っ直ぐになってから攻撃行動をしていては遅いので、大体このあたりに尻尾が戻るってところにアタリをつけてジャンプで斬り、その後すぐに側転して次の突進に備えると良いだろう。
 転進突進後も同様に攻撃チャンスと言える。

 あとは雪・砂玉飛ばしのあと、突き出した前脚を斬るチャンス。
 どちらにしても、威嚇行動以外での行動後の攻撃は、すぐに次の攻撃が来ることに備えて1,2回斬ったら満足して回避行動に入ろう。
 頭を斬った場合は前脚と後足の間を転がるように、できれば2,3回転ほど、もしくは大きい奴の場合、前転して尻尾の方へ転がっても良い。
 前脚、後脚、尻尾を斬った場合は側転で回避しよう。

 ガンナーの場合、閃光玉を投げつけてピヨらせた時がチャンス。
 剣士の場合は閃光玉でピヨらせると、回転攻撃や噛みつきが多くなる上に、予測し辛くなるので逆に危険が増すからオススメしない。
 突進がなくなるので、回復したいときや武器を研ぎたいときには有効だけどね。

【実際の戦闘例】
 私の場合だけど、パターンとして……。

 剣士なら適度に攻撃して怒らせた後に、シビレ罠を設置しタル爆弾Gで頭部にダメージを与える。
 怒らせた後に設置するのは、怒らせる前に設置してこのコンボを決めた場合、ほぼ確実に怒り状態になるから損した気分になるんだよね。
 どうせ怒り状態になるなら、怒り状態のときにシビレ罠で足を止めたほうがいいじゃん? みたいな。
 罠を設置するのは、突進をダッシュでやりすごしたあとに設置する。
 怒り状態のときは突進後、大抵あらぬ方向に転進するから、次の攻撃までに設置が間に合うんだよね。

 その後、怒り状態のときはあまり手を出さず、攻撃するときもジャンプ斬りして側転の繰り返し。
 尻尾を斬った後、頭部、爪と順に破壊していく。
 尻尾を斬れば回転攻撃の範囲も狭くなるので、まず尻尾を斬りたいね。
 頭部は大タル爆弾Gを喰らわせていれば、そう時間も掛からず破壊できるはずだ。
 
 それを以後、倒すまでの繰り返し。
 こう書いているとノーダメージでも倒せそうな感じだけど、実際飛び込み攻撃後、なかなか避けれないことが多い。
 突き出した腕が邪魔になることがほとんどなんだよねぇ……。


 ガンナーの場合、実は1度しかやってない。
 閃光玉で目を眩ませて動きを止めないと、とてもじゃないが狙いがつけれないからだ。
 一応そのときは電撃弾を使用して大ダメージを与えれる。
 怒り状態のときは突進を回避した後、転進してズザーっとなったところを拡散弾で狙い撃ちするくらいが関の山。
 私が下手なだけだが、なかなか攻撃チャンスはめぐって来ないね。

 なので、ガンナーには相性の悪い敵と言えるかな、と思います。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 うーん、支離滅裂の上に、まとまっていない文章を羅列しましたな。
 ここまで読んだ人、理解できた? 無理っしょ?

 簡単に言うと、「正面に立つな! 攻撃は図に乗るな!」 ってとこでしょうかね。
 ま、参考になれば幸いです。
 何かほかにリクエストがあればドウゾ。

 レックスアップ 怖いよ…….JPG
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

No.324 憧れのモンスターハンターポータブル2nd その3

 書くのもイヤだが、昨日のことである。
 例によって私の我慢はついに、というかやっぱりと言うべきか、前回から一週間も経たずして限界に達した。
 PSPを買っちまおうか! などと思いつめ、サイフを開いて嘆息。

 とあるゲームショップ。目の前には新品のPSP。後ろにはモンハン2nd。
 アイフル犬のチワワ、くぅ〜ちゃんのごとく私を見つめてくるPSPの、つぶらでワイドな液晶画面に心が揺れる。
 覚えずゴクリとツバを飲み込み、ノドを鳴らす私。
 どうしよう? 買っちゃおうか!? だめだ、PSPとモンハン2ndを買ったら

 残金372円だ!!

 これでどうやって月末まで生きていくんだ!?
 残業の前の飯は毎日チロルチョコ1個か!?
 しかもだ、買ったからと言って堂々とできるわけではない。
 弟と妹に隠れるようにしてコソコソとプレイしなければいけないのだ。
 なぜ私が建てた家で私が隠れなきゃならんのだ!?

 断じて否だ!

 ここはひとつ正攻法だ。
 正攻法に、モンハンをやりたいという熱き魂の迸りをぶつけるんだ!

 ――というわけで。

 ・
 ・
 ・

 想像を絶するほどのだだっ子ぶりで

 正攻法に泣き落としました!!


 この光景はお見せできません! ファンが確実に3桁減るし!!(いません)
 そんなわけで、ここに宣言します。


 モンスターハンターポータブル2nd、ようやく狩猟解禁!!


 今、もの凄い勢いでやりこみ始めています。
 日曜日の午後5時からプレイを開始し、現在月曜日の9時。

 プレイ時間は 25時間 になりました。

 ええ、もちろん寝てませんよ。
 はい、会社は有給を取りました!
 うん、もう何とでも言って下さい。

 前作のデータをある程度引き継げるので、お金は最初から60万ゼニーある。
 まさに大富豪。ジャンボ村やポッケ村ごとき、このお金さえあれば買収できるね。
 そんな状態なので、いくら武具を作っても減りません!
 ハードチケットやGクラスチケットといった前作のボーナス分で最初からチーフククリという、攻撃力が140ほどある片手剣を作れたので、これ1本からスタート。
 いつもはのんびり派の私だが、遅れをとっている私はクリア重視のプレイを展開。
 村クエストを怒濤の勢いでクリアしていき、現在☆4の緊急クエストにして、MHP2の新規追加モンスター、ティガレックスを撃破!
 今から☆5のクエストに突入。
 
 恐らくこれでクリスの濃い部屋さんの管理人、クリスさんに追いついたはず……。
 でもさすがにちょっと辛いので、今日は寝るかな……。
 つか、やっぱりというかなんというか。

 モンハンは面白いね!!

 BlueTasu.JPG ダイミョウサザミ.jpg
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

No.323 ベースボールヒーローズ2 その9 vs奈良県

 昨日になるのだが、休日出勤の帰り、ゲーセンに寄って2試合をプレイ。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 私は試合に臨む前に、スローガンを掲げた。
 そう、今まで打てない打てないと悩んでおりましたが、悩むのはやめることにしたのだ。
 つまり――

 守り勝つ野球

 これをスローガンにして頑張ろうかなぁ、と。
 野球は点さえやらなければ負けることはないのだ。
 負けない野球を、つまり守り勝つ野球をやろう! と、こう決めたわけ。
 打てない? いいんだよ、点さえやらなきゃさっ!!


【1試合目】(通算61試合目)
 そんな決意で臨んだ今日の試合。
 いつもなら第1戦の相手の方のスターティングメンバーの写真を貼るのだが、ついうっかりして撮るのを忘れてしまう。
 というのも、相手の方がなんと闘将初段のAS阪神の方なのだが、その順位が――

 奈良県1位!!

 だったから。
 アゴが外れるんとちゃうかってくらいビックリした。
 奈良県の、しかも1位の人とマッチングされるとは……。

 現在3月前半の成績は3戦3勝。
 あと2つ勝ち越せば日本シリーズが見えるのだが……厳しい相手だなぁ。

 一応書き連ねると――

 1番SHINJO
 2番井端
 3番福留
 4番金本
 5番今岡
 6番松中
 7番中島
 8番矢野
 9番黒田

 という、一応4.5番は05年版阪神だが、それ以外は見事なAS。
 やっぱり1位になろうと思ったら、ASメンバーで固めるしかないのかねぇ。
 メンバーはどちらかと言えば守備にも重きを置いた、そんなバランスの良い布陣で、ASの理想とも言えるかのようなラインナップかと。
 さすが奈良県というプレイ人口の少ない地域とはいえ、その頂点にたった男(たぶん男)。
 つか、奈良県の人とマッチアップされること自体稀なんだけどね。
 一方、こちらのスターティングメンバーは……

 1番石井琢(絶好調)
 2番小池 (絶好調)
 3番金城 (普通)
 4番多村 (普通)
 5番古木 (好調)
 6番村田 (普通)
 7番種田 (好調)
 8番相川 (好調)
 9番高宮 (普通)

 という感じで、1.2番が絶好調というのは非常に心強いけど、その反面、先発投手陣が那須野、門倉、共に不調で、まだわずかとはいえ回復しきっていない高宮を先発させざるを得ないという不安な状態だったり。
 しかも中継ぎも木塚と山北が不調で、最悪半分ほどしか回復していない三浦や吉見を使わなければいけないかも、という現状だったりする。

 そんな打線は好調、投手陣は不安という、いつもとは逆のパターンで試合開始。
 守り勝つ野球! は実践できるのか!?

 1回表。
 絶好調の1番石井琢朗、いきなりヒットで出塁。
 そして絶好調を活かしてすかさず盗塁を決める。
 盗塁も調子次第で成功率が変動するので、絶好調の今日は安心して盗塁のサインを出せるというもの。
 いきなりノーアウト2塁のチャンスをつかんだマイ・ベイスターズは1点先取(どうやって点をいれたかは忘れちゃった……)。

 1回裏。
 さぁ、1点先制したし、これを守りきれば奈良県1位に勝てる!
 とか思ったのだが……。

 1番SHINJOがヒットで出塁。
 2番井端が進塁打。内野ゴロに打ち取るも、ファーストにベースカバーがいなくてヒットに。
 3番福留は打たせて取れのサインをセンター返しで弾き返す。

 ノーアウト満塁。

 大量失点の予感……ま、守り勝つ野球をしなければ……。
 はっきり言ってこのあと覚えていないのだが、4番金本、5番今岡のどちらかがヒットを放ち同点。
 6番松中はvsで来るがうまく読みを外して三振に。
 7番中島はファーストライナーで、なんとか同点で収まる。

 2回以降、もともとスタミナ値の低い先発高宮は、1回裏に打ち込まれたせいで、すでに黄色信号。
 一方、相手の黒田は高宮の倍はあろうかという豊富なスタミナを誇り、ぐんぐん調子をあげていき手がつけられない状況に。

 いつ高宮を代えるか?
 それが問題だったのだが――

 4回裏、すでにスタミナがレッドゾーンに達し、息も絶え絶えの高宮。
 あと1本ヒットを打たれたら代えるから、と見守っていたのだが、よりにもよってその1本が松中の特大アーチ。
 均衡を破るソロホームランにより、逆転を許す。

 しかし直後の5回表。
 守り勝つ野球? いや、やっぱ野球は打たなきゃ勝てねぇっ! とばかりに打線が奮起。
 絶好調の1.2番コンビが出塁し、1.3塁。
 ここで3番金城にはスクイズを指示。
 まずは同点、と判断したのだが、これを読まれて敬遠。
 3塁石井琢、慌てて戻りなんとかセーフ。
 サイン、ことごとく読み負けてるよ……。

 しかし1アウト満塁のチャンスに4番多村。
 私はやはり同点、という意識から、犠牲フライを指示。
 多村、この指示をキッチリと果たし、レフトにフライを打ち上げタッチアップで石井が生還、同点。

 2アウト1.2塁。ここで迎える打者は古木。
 今日はファーストで出場。守り勝つ野球、とかいいつつファースト適正のない古木を守らせているあたり、うちの打力という名の事情を察してもらいたい。
 古木はvsモード。
 実はこのとき、ある種確信に似たものをもっていた。
 この奈良県1位の人は、十字に置くタイプ。
 ならば今回、真ん中より外角のところに狙いを絞り……


 61試合目メガ古木砲炸裂.JPG

 メガ古木砲、炸裂!! vsをドンピシャでシンクロさせ、3ランホームランを放ち逆転成功!!
 1日1発古木砲!!

 これでスコアは5-2と3点差。
 あとは守り勝つ野球、を実践すればいいだけサ。
 勝負は決した!!

 その守り勝つ野球を体現するかのごとく、加藤が5回、6回、7回とロングリリーフ。
 相手打線を完璧に封じ、勝利投手の権利を得てマウンドを川村に託す。

 ちょっと巻き戻り7回表。


 61試合目小池ソロ.JPG


 2番絶好調の小池が、ノーサインでホームランを放ち、点差を4とさらに広げる。
 おいおい小池くん、もう勝負はついてんだから、こんなところでホームランを打ったって年俸は上がらないよ、はっはっは。

 ――が、加藤から川村にチェンジした8回裏。

 ・
 ・
 ・

 61試合目アニキ砲炸裂.JPG

 アニキ金本にvsモードでシンクロされ、1点差となる3ランホームランをお返しされる。
 こ、小池くん! さっきはすまなかった!! よく打ってくれたねっっ!!


 61試合目結果.jpg


 9回裏はクルーンがキッチリと締めて勝利。
 小池のノーサインホームランがなかったら危なかった……。
 奈良県1位の人に勝った、というより、選手の調子の良さで勝たせてもらったというほうが正しいか……。
 実際、スクイズを外されたときはダメかと思ったし。


【2試合目】(通算62試合目)
 これに勝てば勝ち越し数が5となり、日本シリーズ確定か?

  62試合目相手スターティングメンバー.JPG 

 相手は豪将初段のAS中日。闘将はよく見かけるのだが、豪将は初めて見た気がする。つか、知将とか、まず見かけないよね……。

 こちらの先発は好調門倉。いい加減工藤とスイッチしたいところ。
 あちらの先発は杉内。これがまったく打てないんだ……。

 つか、先ほどの試合がインパクトありすぎて、こっちの試合はよく覚えていなかったりする。
 覚えているのは2点リードされた9回表、なんとかサインとvsモードを使い切って同点に追いつき、クルーンに繋いだその瞬間――


 62試合目中島に…….JPG


 中島に対し、こちらノーサイン、あちらは積極的に行けのサインで、160km超のストレートをピンポン球のごとく弾き返され2ランホームランを放たれたことくらい。
 先ほどの試合の反動の如く、全員の調子が今ひとつだったとは言え、4失点とは……。

 62試合目結果.jpg

 2点返すのがやっとでした。
 9回裏なんかサインもvsもなくてなにもできなかったさ。本当さ。

 本日、結局1勝1敗。一喜一憂。一歩進んで一歩下がる。
 つか、守り勝つ野球、というスローガンを掲げて挑んだ今日の2試合。

 合計10失点!!

 ……私はいったいどうすれば。

通算成績32勝22敗8分

posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BBH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

No.322 DRAGON FANTASY

 何かしたいなぁ。

 そう思ったのが昨日の夜。
 三国志大戦DS、も考えたがやる気が起こらず、ならPS2で借りている大神をしようか、とも思ったが、なんだか据え置き機にセットするのすら面倒くさく感じてしまい、結局スルー。
 携帯機の手軽さに慣れすぎてしまったみたいで、据え置き機をプレイするには何か面倒くさく感じてしまう。なんでだろーなー。

 ともあれ、なにかしたい。
 できればRPGでDSかPCで。
 でもお金はかけたくない。

 どんなRPGがしたいのか?
 ドラクエのような懐かしさの中にも、ファイナルファンタジーのようなドラマもほしいなぁ、などと、お金もかけたくないのに贅沢な考えが脳裏によぎる。
 ドラクエなFF? そんなのあるわけ――


 DFタイトル画面.jpg


 ――あったよ。

 RPGツクールで作成された作品で、エニックスとスクウェアが合併したのを記念してユーザーのお遊びで作られた作品だそうで。
 巷では有名な作品のようで、攻略サイトが存在するほどの人気ぶり。
 こんな作品があるとは、うかつにも知らなかったよ……。
 つか、無茶苦茶するねぇ。ロトの紋章にクリスタルが埋まってるよ(^^;
 このタイトルロゴだけで、馬鹿馬鹿しさが伝わってくる(褒め言葉よ?)。
 これはもうやらねばなるまいて。

 さきほどまで面倒くさい面倒くさいなどとほざいていたオッサンが、必死になってRPGツクール作品をプレイできるランタイムをダウンロード、インストールし、ドラゴンファンタジー(以下DF)の本体探して東奔西走。
 見つけたファイルが私の知らない圧縮形態で、これを見つけるのにも苦労したが、ようやく起動。
 はっきり言って、PS2に大神セットして電源をいれるだけのほうが遥かに楽であったろう。
 しかし苦労の甲斐あって、ようやく起動にこぎつけたのであった。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 まぁどうせRPGツクールで作った作品だしナー、などと気軽にプレイ。

 DF勇者.jpg

 コレ以上ないくらい『勇者』の2文字が似合わない勇者ブルータス誕生。
 ちなみに音楽はFFである。
 これはドラクエ音楽がJASRACの登録商標だかなんだかで、使用できないんだとか。音楽はドラクエが良かったなぁ、と思わなくもないが、まぁ我慢してゲームスタート。

 DFOP.jpg

 思いっきり『DQV』のオープニングですな……。
 が、これがドラゴンファンタジー、夢のコラボレーション。

 DFポーション.jpg

 タンスの中からポーションが!?
 薬草ちゃいまんねん、この世界はポーションでんねん。
 でも毒を消すのは毒消し草でんねん。あっはっは。

 母上に16歳の誕生日にたたき起こされた勇者ブルータスは、母上に連れられアリアハン城へ。さ、きちんと王様に話かけないと。

 DF王様に会う前に.jpg

 でもその前にタンスを調べてしまうのは悲しい性よのう……。
 全てチェックし終えた勇者ブルータスは、すがすがしい気分で王様に謁見。
 王様はそんな勇者の行動を知ってか知らずかはともかく、とりあえず見なかったフリをしたようである。
 もしくは勇者の特権として認めているのかもしれないが、(やな特権だ)王様は気にも留めずに語りだした。

 そこで驚愕の事実が――

 DF王様の話.jpg

 父・オルテガはアルテアの町の反乱軍に参戦し、パラメキア帝国皇帝の罠にかかって死んじゃったんだそうな。

 ・
 ・
 ・

 ど、どこから突っ込めばいいんだ!?
 もう見事としか言いようのないコラボレーションであるっ!!

 プレイヤーのことなどおかまいなしに王様の話は続く。

 まずはアリアハンのナイト、ガーランドがセーラ姫をさらって北のカオス神殿に逃げ込んじゃったからなんとかして、だそうな。
 あとは資金として250ゴールドをくれるので、それで装備を整え、ルイーダの酒場で仲間を募り行って数の暴力でなんとかしろ、とのこと。
 へぃへぃ、言われたとおりにしますかね。

 早速町の北西にあるルイーダの酒場へ。
 ここにはルイーダのみならず、モンスター爺さんはいるわ、ネーミングウェイはいるわで至れり尽くせり。本家より便利である。
 その代わり全滅だとタイトル画面に戻し、アイテムもFF方式なのでいくらでも持てたりするので預かり所はないが。

 さて、誰を情けのないこの旅の道連れに選ぼうか。
 飲んだくれたオッサンいわく、連れていくなら竜騎士、白魔道士、魔法使いの3人がいいとのこと。
 白魔道士と僧侶、魔法使いと黒魔道士はどう違うねん、などと突っ込みながら、マジで悩む。

 職業は竜騎士(FF/男)、武闘家(DQ/女)、僧侶(DQ/女)、白魔道士(FF/女)、黒魔道士(FF/男)、魔法使い(DQ/女)、吟遊詩人(DQ/男)、モーグリ(FF/?)、盗賊(DQ/男)、青魔道士(FF/男)、玉葱剣士(FF/男)の11種類から選ぶことが出来る。
 ただし重複は不可ということで、例えば勇者戦士戦士戦士という、超暑苦しいアニキなパーティ編成にはできなかったりする。戦士もいないしね。
 つかね、もうね、とりあえず言いたい。

 なんで遊び人がおらんのじゃっ!!

 まぁ戦闘中、勝手に遊ぶっていう設定ができなかったんだろうけど、頑張って育てて転職させるのが好きだったのになぁ、と普通に落ち込む。
 あと商人もいないのが残念だね。これで仲間を置き去り、人身御供にして町を発展させるイベントはないってことですな。
 それから暗黒剣がないのも残念だ。
 ともあれ悩んだ末に結成したのがこのパーティ。

 DFメンバー作成.jpg

 勇者、盗賊、青魔道士、黒魔道士の4人に決定。
 回復役 (かいふくやく、で変換したら回復薬になってちょっとほろりと来た罠。ごめん、関係ない話だね) がMPの少ない勇者しかいないパーティなのは不安イッパイだが、盗賊は冒険の際には絶対に欲しいし、黒魔道士は火力として、青魔道士はネタとしてほしいところだからね。
 ちなみにこの世界での青魔道士は、モンスターが落とすアイテムを使用して魔法を覚えるのだそうだ。
 黒魔道士や白魔道士、勇者も魔法は全部本を買って使用することで覚える仕組み。
 このへん、見た目が今のところドラクエVなのに、FFっぽいやね。

 ともあれ、このメンバーで冒険に。
 はてさて、どうなりますやら……たぶん続く。

 なお、このページを閉じる際には 『リセットボタンを押しながら電源を切ってください』ね。

 
 DFリセット.jpg

 つかあれだな、ひな祭りの日に書く内容じゃないやね(^^;

 みんなにはナイショだよ
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

No.321 ベースボールヒーローズ2 その8 その先へ

「本日の残業はなし!!」

 上司が高らかに宣言した。
 私たちは忙しなく動かしていた手を止め、後光差す上司を仰ぎ見た。
 そのセリフの意味が脳に浸透し、理解するまでに数十秒。
 数瞬の間を置いて、我々はどれほどの感動を味わっただろうか。
 噛めば噛むほど味が出る、スルメのような一言だ!(なんだそれ?)
 私たちは狂喜乱舞し、上司を胴上げしようか? とまで計画を練り始める。

 ・
 ・
 ・

 ――が、しかし


「だけど明日は休日出勤すべし!!」


 それは罠だった……。
 皆、声を揃え、営業部の方を向いて叫んだ。


「おのれ古木め!!」(注:今回、古木さんは何のミスもしてません)


 まぁそんなわけで (そう、そんなワケさ……) 久々に定時に会社をでる。

「ブルータスさーん、これからみんなで飲みに行くけど、きませんかー?」

 などと誘いを受けるも、これを断固拒否。

「なんだよアイツ、付き合いワリーな」

 などと言われたってかまわない。(本当に言われてるような気がする)

 飲みに行く金があるならBBHをするさ!!

 ある意味男前な、でも26歳独身の男としては大問題と思える決意を元に、一路ゲーセンへ向かったのであった。

 ……男前だよね?

 ――――――――――――――――――――――――――――

【1試合目】(通算58試合目)
 58試合目.JPG

 これは実は昨日の試合です。
 ほら、昨日の日記に1試合だけしたって書いてあったでしょ?

 対戦相手は久々の純正、広島カープ。
 カープに金本やシーツが入っている準正となら経験はあるものの、ここまで本格的な純正は始めてだったりする私。
 こういう潔いオーダーを組まれると、多村と谷繁入り、という準正ですら恥ずかしくなったりするね。
 恐らくこの感覚は、野球ファン、ましてやベイスターズファンであればあるほど強く感じるような気がする。
 まぁ好きな選手ばかりでチームを組む、というスタイルも否定はしませんが。

 試合はこちらの先発、寺原が先頭打者を毎回出す苦しいピッチング。
 特に危なかったのが3回。
 1アウトから2ベースヒットを打たれ、さらに2番東出がバントエンドランでオールセーフという、守っているほうとしては歯軋りをしたくなる展開。
 このゲーム、左打者のバントヒット多すぎ。
 ここで1アウト1,3塁の大ピンチで3番廣瀬。
 恥ずかしながら私、広島の廣瀬という打者のことを良く知らなかったり。
 後で調べるとバント2だったのだが、この時私が最も警戒したのがスクイズだったりするので、敬遠を選択。
 しかし相手はスクイズではなかったので、結局1アウト満塁にピンチ拡大。
 しかも次は4番新井!
 外野フライで1点もやりたくなかった私は、サインで悩む。

 こういうときは相手の心理にたって考えるんだ。
 相手はヒットがほしいだろう。
 だったらセンター返しか?
 いや打者は4番新井。
 パワーHだし、強打でセンター返しはないだろう。
 そうすると、見極めていけか積極的に行けか、それとも引っ張るか流し打つか。
 どちらにせよ、打たせてとれでゲッツー狙いが正解ではないか!?
 たとえセンター返しでヒットを打たれても、外野を前進させておけば2点は入るまい。

 そう読みきった私は、打たせてとれを選択。
 見事、見極めていけだった相手のサインを4,6,3のゲッツーにしとめたのである。

 危なかった……。

 相手の先発は広島の大エース、黒田。
 実はこの間からASの黒田ばっかりだったりする……。
 純正広島と言えど、ローテで黒田とはついてない話だ。
 打てない。まったく打てない。
 勝負は後半。黒だのスタミナが黄色になってからだ!

 球威の衰え始めたスタミナ黄色の8回表。
 ここまで温存してきた (というより使う機会のなかった) サインを惜しげもなく使い、さらに球威の落ちた (と思われる)直球を狙い打ち!
 連打連打で畳み掛ける。
 多少の運はあったものの (エンドラン警戒のなか、エンドランを決めたりとか。でもこれは球威が落ちてきたから打たれたんだとも解釈できる。エンドラン警戒はフライを打たせるため、高めに投げるから球威がないとポテンヒットを打たれやすい。あくまで個人的見解だけど) 8回表に2点奪取。
 5回をなんとか乗り切った寺原を、加藤、川村が繋ぎ、9回は当然この男、クルーンに全てを託す。


 58試合目結果.JPG


 リアル横浜では考えられない、守り勝つ野球で3月の前期ペナント1勝目。


【2試合目】(通算59試合目)
 59試合目相手.JPG 59試合目相手スターティングメンバー.JPG

 対戦相手は純正ヤクルトスワローズにして闘将二段の猛者。
 先ほど7段に上がったばかりのオッサンとはえらい違いの戦歴である。
 スターティングメンバーを見るに、古田選手兼監督の調子がよろしくないようで、捕手はレベル2の米野選手であった。
 このスターティングメンバーから今年は岩村が消えるのかと思うと、一抹の寂しさを感じるね。彼のサードの守備は、村田も是非見習って欲しいという巧さと、そして華があったよ、うん。

 相手の先発は勝負運が光る館山投手。
 来年はストッパー候補の1人で、先発として見られるのはこのBBH2が最後か?
 とにかく最近の先発投手を打てないのが私の悩み。
 お陰で毎回先発投手に勝ち星がつかないんだよなぁ……。
 今回も例に漏れず、館山投手をまったく打てない。

 しかしこちらの先発は我がベイスターズの勝ち頭、吉見裕治。
 最近何かヤバイ薬でも打ってんじゃないのか、コイツ? と思うような素晴らしい快投で、連打を許さない、ほぼ完璧なピッチング。
 前回登板時も完封勝ちしたし、今回も0封が続いている。
 この記録、いったいどこまで伸びるのか? ほんと、どうなってんの?
 ツバメ打線を7回裏まで完璧に封じ込め、8回表の攻撃時に代打を送られ降板。
 この8回表に点が入らなければ吉見に勝ち星は付かない。
 ここまで頑張った吉見のため、何が何でも打ってやろうじゃないかっ!

 代打の小池がそう考えたかどうかはわからない。
 しかし久々の起用で燃えるものがあったか否か?
 男・小池正晃。元チームメイトの松坂に負けてなるものか!


 59試合目小池先制HR.JPG


 ガツンッと一発!! 8回にして先制となる2ランHR炸裂!!
 この時、vsモードがバッチリ的中したのだが、コレは今まで相手のvsでの配球を分析した結果による一撃だった。
 つまり、vsモードでは相手は四隅に配球タイプなのか? それとも真ん中を中心に十字に配球するタイプなのか?ということである。
 これは結構個人差がでるもので、この人は打つときのvsモードは十字に、投球時でランナーを背負ったときは四隅にヤマを張るタイプだったのである。
 案外自分のクセというものはでやすいもので、今度自分のvsモードでの配置というものはしっかり覚えておいて、どうも打たれたりこちらが打てなかったりするときは、四隅を十字に、十字を四隅にというふうにタイプにわけて狙ってみると良いだろう。

 ともあれ先制。これで吉見に勝ち星がつく。
 そして...


 59試合目村田追加点.JPG


 9回表、村田もvsモードで外されながらも好調さを見せつけるかのような2ランHRを放つ。
 これで勝負あり。

 59試合目結果.JPG

 9回にクルーンがいきなり青木に内角攻めを引っ張られHRを打たれたが、後続はしっかりと断ち勝利。
 これで2連勝。

【3試合目】(通算60試合目)
 60試合目相手.JPG 60試合目相手スターティングメンバー.JPG

 同じ奈良県の人と初対戦。
 二段の多村入り巨人である。
 ノンカードが多いので初心者のような、でも11勝4敗という成績は目を見張るものがある相手である。

 でも二段だぜ?
 ノンカードだぜ?
 1番なんて高橋由だぜ?
 余裕じゃん♪


 60試合目先頭打者HR.JPG


 ・
 ・
 ・

 うん、高橋くんは長打があるよね……。
 いきなりノーサインで先頭打者本塁打を放たれるという最悪の展開。
 この後も4番の李スンヨプにあわやホームランかという特大のライトフェンス直撃の2ベースも浴び、幸先不安なスタート。
 先発、土肥はいっつも不安である。

 しかしその後はなんだかんだで立ち直る。
 でもなぁ……打てないんだよねぇ、上原が……。
 なぜエース級ばかりとブチ当たるんでしょ?

 ――が

 5回裏に上原を攻め立て追いつくと、ここで相手の通信が切断。
 ん? この成績ってもしや負けそうになったら切断しているから?
 いや、そんなことないだろうけどさ……。(そもそもどうやって切断するのか、わかんないし)

 このまま同点だとCPU相手に引き分けかもよ? と悪魔が囁き始めた8回裏。

 60試合目古木逆転HR.JPG

 1日イッパァァーツ!! とでも言うかのように、古木が吼えた!
 メガ古木砲はライトスタンドを直撃!! 監督大はしゃぎ。

 60試合目結果.JPG

 途中からとはいえ、CPUに引き分けるところだった……あぶないあぶない。
 とか言っている間に7時となった。
 まだまだ楽しめそうだけど、余計なお金を持ってきていなかったのでここでタネ切れ。
 私はいつも余分なお金を持ってきていなくて、今日このプレイ料金も残業用のお弁当代だったりしたのだ(^^;

 ともあれ今日で3月前期は負けなしの3連勝。
 日本シリーズ出場に向け、最高のスタートを切ったといえるかな。
 ともかく、負けないようにしないとなぁ。

 追記。試合後、カード排出にて...

 仁志.jpg

 昨年、巨人から横浜へ移籍した仁志選手のカードがでた。
 セカンドには種田、内川という両選手がいるんだけどなぁ、どうするか……うーむ、悩みますなコレは。
 2007年度バージョンにするなら、谷繁か多村か門倉と交換すべきなんだろうけど……。

 あー、でも交換は全国大会が終わってからかな?
 仁志は一応まだ巨人カードだから使えないもんなぁ。
 でも経験値稼ぎ、という意味では登録すべきか……?
 やっぱり悩む……。
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | BBH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

No.320 疲れてます……

 タイトル通り、週の中頃になると疲れもピークに達しようかとしております。――とか言いながら、仕事の合間を縫って今日は3時くらいに1試合、BBH2やってたりする。ゲーセンと会社の間を、スーツ着たオッサンが全力疾走してたらそれは間違いなく私です。
 ――疲れているのは自業自得か!?

 ともあれ更新する気力もなく……ほんますいません。

 コードギアス見て寝ます(それでも見る)。
 おやすみなさい。

 ・
 ・
 ・

 とか思ったのですが、追記、てかお知らせ。
 現在開催しております 競馬実況クイズ ですが、今のところ1名のみの参加となっております。ぶっちゃけ、なおゆきさんだけだったり……。
 まぁとくに大々的に宣伝したりしているわけでもないのですが、一抹の寂しさは拭えなかったりなんかしちゃったり。
 というわけで、なおゆきさんにはすでに解答メールをお送りしてありますので、毎回ある解答編はやめておきます。

 答えだけよこせや! って方は コチラ までメールをお送りくださいませませ。

 で、このまま競馬の話題に少し触れますが、ニュースをチラっとみたところ、日本の競馬がパート1国へと昇格したことに伴い、国際レース以外はGI表記ができなくなるそうですね。詳細は コチラ
 皐月賞やダービーと言ったクラシック、それから有馬記念や天皇賞がGIじゃなくなるなんて、夢にも思いませんでした。
 そのレースの格や価値自体はなんら変わることはないと思いますが、GIと言えなくなるのは競馬ファンとして寂しいですね……。

 競艇みたいに「SG」とかになるのかな?
 新しい名称が気になるところです。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 あと、どうでもいい話をもう1つ追加。
 我が会社の営業「古木くん」が、実は「古木さん」だったことが今日発覚。
 女性だったんですね……失礼しました。
 確認しなかった私も悪いのですが (つか、普通確認する必要はない) 今後、古木くん、改め「古木さん」ということで。

 ……ほんとにどうでもいい話だな(^^; 失礼しました。
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。