2007年03月31日

No.352 サカつくオンラインβ 〜その3〜

 相変わらず楽しいです。
 この間はもう出ない、と言っていたカップ戦。
 やっぱりヒマなので出てしまいました……。
 ほらなんだ、βテストなんだし、気にせず楽しもうぜ〜! みたいな?
 うん、それが一番大切だよね。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 サカつく07.jpg

 でたのはこのディフェンダーカップなるもの。
 ディフェンダーカップとはその名の通り、勝敗は関係なく、失点が少ないチームが優勝というルールの大会。
 まぁ失点数が同じの場合は勝ち点が高いほうが順位は上になるけどね。

 私のチームはディフェンダーのクリスくんを筆頭に、攻撃はだめだけど守りだけならなんとか……なチームなので、こういう大会は大歓迎なのである。
 PCは私を含め4チーム。
 対人戦がカギを握りそうである。

 ――が

 1試合目、速攻で1点先取されへこむ……。
 なんとか試合終盤に1点返してドローに持ち込むが、失点数は1ということに変わりはなく、このルールの恐ろしさに気付くのである。
 つまり、わずかな油断が命取りなのだということに!

 相手の攻撃シーンのたびに、私は祈るしかないのであった……。

 まぁそんなこんなで最悪のスタートだったが、それ以降は持ち直す。
 3試合目、4試合目を連勝できたこともあり、守備陣も持ち直してきて前半11試合終了時点で失点は2となった。

 サカつく08.jpgサカつく10.jpg

 堂々の首位である。
 2位は同じく失点数3のフリーザ様率いるギニュー特戦隊!
 一応勝ち点と得失点差で首位とはいえ、これは負けられない!

 そんな状況で後半戦開始。

 その後半戦1試合目、ギニュー特戦隊の皆様がよそのチームと対戦し、いきなり2失点という大きなミスをやらかしてくれる。
 これで単独首位。いきなり楽になったなぁ。

 ――と思ったんだけど

 2戦目、6位まで一気に後退したギニュー特戦隊の人との直接対決。
 ここを無失点に抑えられれば大きいなぁ、などと思っていたのだが……

 サカつく11.jpg

 まさかの敗北。
 よもやここからギニュー特戦隊の逆襲が始まろうとは思わなかったのであった。

 残り2節にまで迫った終盤。
 勝ち点31 7勝3敗10引き分けの9得点5失点で両チームが並んだのである。
 しかも同じ成績の場合は直接対決で私が負けているため、ギニュー特戦隊がついに首位に立つ!
 やばい、もう絶対負けられない!

 第21節。
 2-0という快勝で一気に得失点差を+6とする。
 しかしギニュー特戦隊も1-0で勝利しており、首位は奪い返すも失点は絶対に許されないという極限状態。

 サカつく12.jpg

 そんなこんなで迎えた最終節の22節。

 相手の試合がどうなっているかはわからない。
 なんとかして無失点で勝たねば!!

 ――しかし

 サカつく13.jpg

 ペナルティエリアで相手FWを倒してしまい、これがファウル!
 PKとなり絶体絶命!!

 だが、奇跡は起こった!! というか相手がミスった!!

 この絶体絶命の展開で、相手が蹴ったボールはゴールマウスを僅かに逸れ、観客席に飛び込んだ。

 なんという心臓に悪い試合だ……。
 その後も再三攻められるもなんとか凌ぎ、チャンスを窺う展開に。

 
 ――そしてついに

 ・
 ・
 ・

 後半86分。
 試合終了4分前に...

 サカつく14.jpg サカつく15.jpg

 ダニー・ベストが大仕事!!
 見事相手のゴールネットを揺らす、会心の一撃!!

 サカつく16.jpg

 薄氷の勝利!!
 さぁ、問題はギニュー特戦隊。
 もし2-0とかで勝っていたら首位陥落となるが――

 サカつく17.jpg

 どうやら0-0で引き分けたらしく、失点数は同じであったが勝ち点の差で優勝!!

 サカつく18.jpg

 見事、優勝を飾り1位賞金(微々たるもんだけど)と、FW調査報告をゲットした。
 でもFW調査報告使っても、契約金がないんだけどさ……。

 しかし手に汗握る、つか心臓も握られているかのような熱い展開だった。
 こういう熱い展開になると面白いね、サカつくオンライン!!



posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サカつく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

No.351 プロ野球2007 開幕

 野球の春がやってきましたね。
 甲子園ではセンバツ高校野球が、1週間前からはパリーグが、そして今日からはセリーグが開幕しました。
 我が横浜ベイスターズは今年、頑張ってくれるでしょうか!?

 その前に、某掲示板でもう書いたのですが、今年の私の順位予想は...

●セリーグ
 1位巨人(横浜)、2位ヤクルト、3位阪神、4位中日、5位横浜、6位広島

●パリーグ
 1位ホークス、2位日ハム、3位ロッテ、4位西部、5位オリックス、6位楽天

 てな感じなんですよね。
 ちなみに()は希望です。うん……夢ぐらい見たっていいじゃないか。

 巨人は昨年4位というのが、星野阪神とダブってしまって、という根拠なき1位予想。
 パリーグは多村加入のホークスが、そろそろ泣かされ続けたプレーオフで勝ってもよい頃かなぁ、ということで。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 そんなベイスターズの開幕戦は、私の1位予想の巨人と対戦。
 関西ではテレビ中継ないんだよなぁ……。

 試合はヨシノブのセリーグ初となる、開幕初球ホームランであっさり先制されると、李とゴンザレスにも1発を浴びて三浦撃沈。
 投げては巨人の内海、林、豊田を捕らえきれず2点どまりで負け。
 まいったね……。

 でも鈴木尚がスタメンで2安打と活躍したし、吉村も内川も打ってくれたので収穫はあったかな。
 長いペナントレース。
 なんとか私の予想を覆して3位以内に食い込んで、クライマックスシリーズに進出してほしいなぁ、なんて思います。

 つかあれだね、中日はノリ加入で早速初仕事。
 あんだけ安くて活躍されちゃかなわんなぁ……と思います。
 やっぱ中日かなぁ?

 お立ち台の立浪&ノリ.jpg
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.350 サカつくオンラインβ 〜その2〜

 ねみぃ……徹夜でやるゲームじゃないんだけど、徹夜でやってしまった。
 うん、サカつくオンラインのことですよ。

 やることってないんですよね。
 最初に練習セットして、設備でマッサージルーム作ったら、もう対戦に向けて戦術チェックしてシミュレートするだけなんですよ。
 で、試合をみてまた次の試合のシミュレート、の繰り返し。
 寝ているあいだや会社に言っている間もチームは戦い続け、指示通り成長していくので社会人でも無理なく続けれそうな雰囲気です。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 とりあえず...

●同盟
 同盟にはDOCO時代に知り合ったPaYaさん率いるOZに所属することに。
 ここの常連、kingkazuさんも参加してくださったので、トレードなどが発生するDivision7以降の今後が楽しみです。

●Division8
 現在3勝7引き分けで無失点無敗更新中。
 1位の人が5勝1敗1引き分けで、勝ち点3点差の2位に位置しております。
 とりあえず無失点を続けて喰らいついていきたいですな。

●カップ戦
 エルベカップで優勝。
 あと大会名は忘れたけど初参加のトーナメントカップでは3位入賞。
 ただカップ戦は選手に疲労を蓄積するだけで、試合では成長しないので(したら社会人とやり込み派で差がでてしまう)、成長を促す意味ではカップ戦はでないほうがよろしいようで。
 でもまぁ賞品付きのカップ戦はそれ目当てで出場するのはありかもしれない。
 Division7ではスポンサーがつくので、それの条件にカップ戦○回優勝、みたいな条件もあるそうなので、そのときに改めてカップ戦に挑みたいが、現状はスルーで。

●投資
 ニコラ・シャノンというDランクのSMFを見つけてきてくれたので、契約しました。
 あとはスタジアムにマッサージルームを設置したので試合後の疲労蓄積が減少。
 この2つで所持金がほとんどなくなってしまいました。うーむ……。

●戦術
 リーグ戦で10試合終えて無失点に象徴されるように、うちは5-3-2の守備的なチームなので、カウンターとディレイを採用。
 補助として同点や負けているときにはパス回しのオフサイドトラップをサブ戦術に設定。
 まぁ大体対応できてます。
 つか、相手も現段階では決定力がないので、そこまでディフェンスが高くなくてもよいっぽいですけど。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 とりあえずこんなとこ。
 さすがに眠いわ……。
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サカつく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

No.349 サカつくオンラインβ 〜その1〜

 おもしれぇ!!

 第一声で叫んでしまいましたよ。
 今日からはじまったサカつくオンラインβテスト。
 これすっげえ面白いですよ。
 なにがどう面白いのか?

 そこらへんはうまく説明できませんが!(超最悪)


 ――――――――――――――――――――――――――――


 とりあえず...

●経営社名:BlueTasu
 そのまんまですな

●チーム名:ブルースターズ
 要するに横浜ベイスターズですな。
 愛称はブルーズです。
 
●秘書:楠木もなみ
 やっぱ黒髪ロングでしょ!

 サカつく04.jpg

●本拠地:イングランドのダービー
 フランスのつもりだったのですが、イングランドにあるダービーという地名を見た瞬間、こちらに即決してしまいました。
 いやだってねぇ、ダービーですよダービー。
 これはもう競馬好きでもある私が本拠地を構えるに相応しい地名じゃないですか!

 サカつく01.jpg

●経歴:かつてはサッカー選手として活躍。
 目指すサッカークラブは、守りを固めて勝機を窺う守備的なサッカー。
 所属する選手たちに求めるものは、最後まで全力でプレイできる頑強な身体と強い精神をもったプレイヤー。
 スカウトには必要に応じてどのポジションの選手でも即座に選出できる情報量を求める。
 理想的なチームは、適材適所により構成された「チーム」という名のシステム、というわけのわからん答えを返しておきました。

●エンブレム
 馬をあしらった私らしいエンブレムでしょ?

 サカつく05.jpg

●ユニフォーム

 サカつく06.jpg
 
 一生の不覚。アウェイのユニフォームで、ソックスの色を変更するのを忘れてしまった。
 なんだよ、この毒々しい紫はよぉっ!

●クラブの中心選手
 名前をみた瞬間即決しました。

 サカつく02.jpg

 頼んだよ、クリス!(ぉぃぉぃ……)

 ――――――――――――――――――――――――――――

 そんなこんなでチームを立ち上げ、アステカサーバーのイングランドの人たちとチャットをかわしながらまったりプレイ。
 このゲーム、リアル時間と共に試合が組まれているので、基本的に設定だけしておけば放置でオーケー。
 これなら確かに忙しい人でも対応できるね。

 とりあえずディビジョン9を3勝1敗2引き分けの優勝で飾り、ディビジョン8へ昇格。
 なんとか8位以上に食い込んで、4日後にはディビジョン7へ上がりたいもんだね。

 サカつく03.jpg

posted by BlueTasu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | サカつく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

No.348 モンスターハンターポータブル2nd その6

 本来ならその5に書けば良いのですが、とりあえず内容が違うのと、更新してから時間が経ってしまったという事情もあるので、ちょっとだけど追記。

 ずばり! 角笛の使い方である。

 このアイテムは使い方次第でとても便利なアイテムなのである。
 この角笛の効果は意外と知られていないが、敵の注意を使用者に向けることができるというもの。
 つまり、ターゲットロックオンされるわけですな。
 ソロだとあんまり役に立たないが、これが多人数で使用するとなかなかのアイテムなのである。
 もうお分かりかもしれないが、例えば4人同時プレイの場合、角笛を吹いた本人以外の3人は攻撃の対象にされない、ということだ。

 例として、雪山のティガレックス戦を想定してみよう。
 エリア8では、壁にレックスが突進すると牙が食い込んで壁から抜けなくなる、という少々間抜けなことが起こる。
 これを利用して頂上へ昇り、そこで角笛を吹き鳴らすのである。
 するとどうなるか?
 ティガレックスは決して攻撃の届かない、高台にいる角笛吹きのハンターを狙って突進するも、壁に激突して歯が食い込む、という現象が起きるのである。
 しかも、何度も。
 角笛を吹いているハンターはそのあいだ、左手で鼻をほじりながら右手で□ボタンを連打していればよいのである。
 ティガは他の3人が、まさに絵に書いたような数の暴力をもってして滅多斬りにしてくれることだろう。
 この技を使用すれば、4人の場合3〜4分あれば倒せてしまいます。
 しかも尻尾も斬り易いしね。

 他にも使い道はある。

 例えばディアブロス。
 砂漠の場合、エリア3、または9の場合は高台に昇って角笛を吹けば角が壁に突き刺さる。
 突き刺さったところを滅多斬り → 角笛 → 突き刺さる → 滅多斬り → 以下同文を繰り返せばよい。
 エリア7の場合も然り。
 真ん中の壁を挟んで角笛を吹けばいいのだ。
 簡単だね〜。

 ――が

 この技には致命的な欠陥がある。
 それは、角笛は壊れる、ということだ。
 角笛1つしかもてない上に、調合でも作り出せない。
 せいぜい壊れる確率を減らすのが関の山で、ネコの吹奏術か、笛吹き名人のスキルを発動させるしかないのが欠点だ。
 でもまぁ多人数の場合なら4人全員が持っていって壊れたら申告し、交代すればいいだけなんだけどさ。
 さすがに4人の角笛が壊れる頃には倒せているでしょう?

 他にも、罠を設置したけどなかなかこっちに来ない、とかいうときにも有効だし、仲間がピンチだ! ってときには咄嗟に吹き鳴らしてターゲットをこちらへ向ける、なんて使い方もいいかもしれない。
 アイテムって使い方次第で色々できるよね?

 角笛は便利なアイテムです。
 是非お試しあれ。
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

No.347 モンスターハンターポータブル2nd その5

 とうとうハンターランクは最高峰、ランク6まで昇り詰めました。
 うん、ご挨拶ですね。
 ここまでくると装備も充実してきます。
 というか、最強の二文字がちらつく装備が徐々に集まってきますね。
 今回はそんな装備の数々を書き連ねていきたいと思います。

 現在、私は金火竜と呼ばれる、いわゆるレイアの金色バージョンを連続討伐している最中です。
 この金火竜から作れる装備は、ゴールドルナシリーズなのですが、このパーツにはそれぞれ 「体力+3」 と 「運気+3」 があるわけなんですね。
 つまり、ゲネポスUを上回る運気を兼ね備えた、真の激運装備と言えるでしょう。
 防御力も各パーツ、初期値で62あります。
 ただし、作るには雌火竜の紅玉が各パーツ毎に1つずつ必要――つまり5つ必要なわけで、これがとんでもなく茨の道! だったりします。
 現在私の持つ雌火竜の紅玉は1つだけ……。
 先はまだまだ遠いといわざるを得ませんね。

 金火竜と倒せるようになると、当然片手剣、コロナの上のゴールドマロウも作ることが出来ます。
 切れ味は青ゲージが少しあるくらいですが、攻撃力252の火属性480は充分な威力を発揮してくれます。
 これもまぁ、雌火竜の紅玉が必要なんですけどね……。

 金火竜と対を成す存在といえば、銀火竜のリオレウスです。
 銀火竜から剥ぎ取れる素材で作られる防具一式、シルバーソルシリーズを纏えば、「剣術+2」 と 「攻撃+3」 がつきますので、弾かれなくなる上に攻撃力が上がるという、まさに究極のリオレウス装備と言えるでしょう。
 見た目も金ピカなゴールドルナシリーズより、シルバーなほうがカッコいいですしね。あくまで私的に、ですが。

 それから、黒龍の上を行く最後の大ボス、覇龍アカムトルムも倒してみました。(ただし黒龍はまだ倒していなかったりする)
 正直アカムトルムより黒龍のほうが厄介だと私は思うのですが、このアカムトルムはなんといってもその報酬が魅力。
 尻尾やら鱗やら、その素材全てが5000以上で売れます。
 アカムトルム1匹倒すだけで、報酬次第ですが50000以上は確実稼げてしまう計算になりますかね。

 当然そのアカムトルムから作れる武具ももの凄く強いです。
 アカムト装備は、各パーツ70の基本防御力があり(つまり初期値だけで防御力350)、スキルも 「匠+2」 「達人+3」 「聴覚保護+3」 というスキルがつきます。

 さらにそのアカムトルムから作れるのは最強の弓。
 これがもう強いを通り越して、笑っちゃうくらいふざけた性能です。
 覇弓レラカムトルムは、攻撃力300、龍属性200、クリティカル率50%、というとんでもない弓。
 弓を使用しているものならこれのもの凄さがよくわかっていただけるでしょうね……。

 ありえん。

 まさに壊れスペックともいえる性能ですよ、これは。
 ただし他の種類のアカムトルムから作れる武器は、攻撃力は高いのですが切れ味が今ひとつなので、あまり作る必要はなさげですけど。

 まぁそんなこんなで続けているモンハンP2ですが、終わりというか、ゴールが見えてきた感もあったりします。
 まぁまだ訓練所や村のクエストも残っていたりするわけですが……。

 そう、村のクエストといえば、全ての村クエストをクリアした際に現れる、あの魔のクエスト、ラージャン2体もまだですしね。

 ――あれ、無理じゃない?

 という気もしないでもないというか、無理なんですが、まぁがんばって装備を揃えて挑んでみたいと思います。
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

No.346 サカつくオンライン 〜準備号〜

 なんつーか気の早い話ではあるが、私はサカつくオンラインを結構楽しみにしている。

 ――が

 そもそも私、声を大にして言うことではないが、野球&競馬大好き人間であるからして、サッカーのことは何もわかっちゃいねぇ んだな、コレが。
 いやいや、基本ルールは知っているんだ。
 オフサイドがなんなのかもわかってる。
 オフサイドトラップで天皇賞制覇だもんな。うん。
 トニービン産駆のことでしょう?

 ・
 ・
 ・

 たぶん、上の3行で10人はブラウザを閉じたに違いないだろうな。
 でも競馬にオフサイドがあったら、サイレンススズカは完全なオフサイドだったね。
 うん、そう。本当はわかっていますよ。ええ。もちろんだとも。
 サカつくはPS2版でJ1優勝できるくらいまでは頑張りましたから。
 でもサッカーゲームの金字塔、ウイイレシリーズなんかはやったことがないし、ワールドカップのテレビ中継だって見ていてもそんなに集中できなかったりするんですな。
 これが野球なら集中して最後まで見れるんだけど、サッカーだと点が入るまでヒマなんだよね……申し訳ない。

 つまり、なにが言いたいかというと、日本のJリーグならともかく、欧州が舞台のサカつくオンラインなんか全然わかりっこねぇ ってことだ!
 うん、これも声を大にして言うことじゃないよね。

 私がわかる選手って言ったら両手で足りたりするし。
 ロナウドでしょ、カカでしょ、ジダンでしょ、ベッカムでしょ、オーウェンでしょ……だめだ、片手で足りちゃったよ。
 こんな私にサカつくができるんだろうか、ねぇ?
 PS2版のサカつくは結構楽しんだのですよ。
 ああ、あとDC版も楽しんだけどさ。
 サカつくってとりあえず監督の得意なフォーメーションにあわせて練習して、試合してりゃそのうちラインが繋がってきて、そんでもってちょこちょこと良さそうな選手をチョイスしてくればCPU相手だし、なんとかなるゲームだったじゃない?
 でもその先、はるか高みを目指そうと思ったらスカウトごとに固有選手がいてそれから吟味しなくちゃいけなかったり、フォーメーションの相性だとか、留学がどうのこのうだとか、戦術だとかで色々頭を悩ませなけりゃいけなかったと思うんだ。
 それが私には無理っぽい。
 んで、今度はオンラインという、CPUじゃなくサッカーを良く知っている、私の知らないはるか高みを経験している猛者が相手なわけで……。
 ゲームってやっぱ勝てなけりゃつまんないもんだし、そういう意味で負けたくないわけなんだけど、サッカー知識で劣りに劣っている私が手を出してよいもんなのか?

 正直、サカつくオンラインには期待している。
 だけど、知らなくてもできるのかどうか、そこが肝心。
 そのへんをテスターとして評価していき、正式版をプレイするかの指針にしたいところだなぁ、と明後日を見据えながら考えている次第です。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 とりあえず、ゲームサーバーは「San Siro (サンシーロ)」または「Azteca (アステカ)」の2つが用意されているそうな。
 順序的に見ればサンシーロが上にくるっぽい?
 でもなんだか響きがイマイチなので、アステカで私はプレイすることに変更したいと思います。

 ――で

 ここまで読んでくれた方に、1つ質問。
 欧州6カ国、それぞれ特徴があってスタートする国を選ばないといけないんだけど……あなたならどれにする?(以下は公式ページより抜粋、つかコピペ)

●イングランド
 経営 B
 育成 C
 選手発掘 C

 育成面、経営面はまずまずだが、選手の発掘・交渉には難あり。
 特に海外選手の獲得は不得手のため、自国選手を重用しつつ、クラブ強化をする必要がある。

●フランス
 経営 E
 育成 A
 選手発掘 B

 選手の育成にかけては他の追随を許さない。
 しかし経営面は厳しく、効率的に育成した選手を高く売り、資金を確保することがポイントとなるだろう。


●オランダ
 経営 D
 育成 C
 選手発掘 A

 資金力には乏しいが、選手の発掘や交渉は得意。獲得した若手選手をトレードに出して、クラブ運営資金を確保していこう。


●ドイツ
 経営 C
 育成 C
 選手発掘 C

 安定した観客動員を誇り、雇用・育成・経営の全ての面でバランスが取れている。
 どんな戦略でクラブを運営していくかはプレイヤー次第。


●スペイン
 経営 B
 育成 D
 選手発掘 C

 観客動員、スポンサー収入とも安定しており、経営面は良好。
 但し育成面には難があるので、海外選手でのチームを強化がカギとなる。


●イタリア
 経営 A
 育成 D
 選手発掘 D

 ――――――――――――――――――――――――――――

 たぶんイングランドはコメントからして発掘はDの間違いだと思うんだけど、このままだとイングランドか?
 オランダは選手を発掘しても育成が普通っぽいので意味がない。
 フランスは選手を発掘しても資金を得られなければ獲得できず意味がない。ただ育成の数値は高いので少数精鋭というか初期メンバーでも結構戦っていけそうなので、最初は有利か?
 ドイツはまぁ普通らしい。
 スペインは育成好きの私には向いてないっぽい。そもそも選手を知らない人間がトレード向きの国を選ぶこと自体間違い。
 イタリアも然り。

 Aを5ポイント、Bを4ポイント、Cを3ポイント、Dを2ポイント、Eを1ポイントとしてトータルすると、イングランド、フランス、オランダが10ポイントで、あとのドイツ、スペイン、イタリアが9ポイントとなる。
 つまり、選ぶならイングランド、フランス、オランダが良いか?

 で、私なら……?

 育成はフランスが圧倒的に高いわけで、また育成値がBの国はない。
 んでもって、私は育成が好きなので、選ぶのなら今のところフランスかなぁ。
 
 みんなならどれだ?

 でもこういうのって、やっぱり好きな選手がいる国やクラブとかで選ぶのが正解なんでしょうけど。
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サカつく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

No.345 高松宮記念

 高松宮記念。
 春のスプリント決定戦として、すっかり定着しましたね。
 というわけで、言うまでもなく今年もプリサイスマシーンを応援します!
 頑張れトップガンの子! トップガン自身、中京は複勝率100%、勝率67%と得意にしていたぞ! その血を爆発させるんだ!

 ――――――――――――――――――――――――――――

 そんなこんなでレース後にまた更新します。
 相手はスズカフェニックスで。

 ・
 ・
 ・

 

 結果はスズカフェニックスの圧勝。
 プリサイスマシーンはペールギュント3着まで。
 やっぱなぁ、左回りがいけなかったのかなぁ……といった感じ。

 今日はもうなんというか疲れました。
 明日から仕事だし、ちょっと色々あって鬱入っている感じ。
 今日は短いけどこれでご勘弁を……。

 ・
 ・
 ・

 追伸.サカツクオンラインのβテストに当選したのでプレイ予定です。
 サーバーは2つあるみたいだけど、とりあえず上の方でやりますんで、ご一緒できる方よろしくね。
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

No.344 ファミスタオンライン 〜その3〜

 昨日は会社に泊まりこみで残業することが決まっていたので、どーもくんで誤魔化しました。更新なくてごめんなさいね。
 つかわかってるなら前日に書いとけよって感じですが、一縷の望みにすがりたかった私の心中を察していただきたいと思います。

 ま、やっぱり仕事だったんだけどさ……。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 ファミスタオンラインでは色んな選手を組み合わせてオーダーを組むのが楽しいゲームです。
 そんな中、勝ちに行くのであればやはりそれなりの選手が必要。
 そして選手が集まってくると、誰を起用すればいいのか? そこが悩みどころであり楽しいところでもあります。
 一応今のところ、私が気付いた点などを羅列していきたいなぁと思います。

1.投手は先発2、抑え1
 6回までのルールなら先発2人、抑え1人が私の基本。
 先発に40〜のエースを起用し、もう一人先発を用意しておきます。
 というのも、待球作戦で粘られると、スタミナC以上であったとしても2,3回でヘバってしまう可能性があるからです。
 9回までのフルイニングを想定する場合、先発3人に、抑え1〜2人は欲しいところです。
 なお、私は絶対に投手陣にWP20のポコタンヌを入れています。
 これは先発2の抑え1の数には入れていません。
 要するに頭数合わせですが、下位打線を相手にならワンポイントで起用する場合があります。
 球威が最低なので過信は禁物ですが、大きく曲がるシュートでその場しのぎの活躍は期待できます。


2.投手の生命線は球威
 先発のみならず、投手にとって大事なのは球威だと思っています。
 球威があればホームランを打たれにくくなりますし、打球を詰まらせやすくなり、結果的に打ち取ることが容易だからです。
 最低でもC以上の投手がほしいところですね。


3.疲れたら即交代
 球威が下がるので、少しでも疲れ始めたら交代させましょう。
 汗かいている状態で続投させると、必ず痛い目を見るかと思います。


4.守備力重視が正解
 点をやらなければ負けません。
 打線が凄くとも、打球が正面ばかりをつけばいかに強打者といえどアウトになります。福留だって然り。
 そこでナインは守備を重視するのが正解かなぁと思っています。
 具体的には...

 捕手:肩Cは欲しいところ。それでも盗塁はある程度仕方がないとして牽制で補おう。守備力はあまり求められない。ただB以上あるとキャッチャーフライが取れたりするので、高いにこしたことはない。

 一塁手:打力重視。ライト線のあたりを中継することもあるので肩は強いに越したことはないけれど、基本的に打力重視で中核を担ってもらおう。

 二塁手:守備力Bは欲しい。最低でもC。ダブルプレーや中継などで活躍するので、ある程度の肩もほしいが、C以上あれば問題は無い。

 遊撃手:これも守備力Bは欲しい。最低でもC。肩が重要で、最低でもC以上。Bはほしいか。うちの鳥谷じゃどちらも満たしていないんだけどさ……。

 三塁手:バント処理を行うことを想定し、肩が欲しい。基本的には打力重視でも良いけれど。なお、2007年度バージョンでは良いサードがいないんだよねぇ……2006年度版では岩村がいたんだけどさ。

 右翼手:肩が一番強い選手がほしい。できれば守備もC以上。なぜならライト前ヒットをライトゴロに仕留めれるからである。うちなら福留がライトだ。

 中堅手:守備がB以上欲しい。できれば走力も。肩もあるにこしたことはないけど。中日の英智あたりがいれば理想なんだけど……。

 左翼手:外野手で一番肩が低く、かつ守備力が低い選手がここにくる。そんなに多くは求めないが、やはり肩や守備力はあったほうが良い。阪神の金本だと、肩が弱すぎてさすがに左翼手でも使えない気がする。もってないけど。

 こんな感じでしょうか。
 うちはまだ遊撃手に不満があります。
 鳥谷は肩Dなんだよね……。
 とりあえずアイテムでサポートしてCにはなっているけれど。


5.基本は流し打ち
 このゲーム、流し気味に打てばヒットになる確率が高いんじゃないかと。ホームラン狙いの場合は引っ張らないとだめだけど。
 投手でも私は3割以上打つ自信があります。
 また流し打ちでファールになるケースが目立ちますが、相手投手のスタミナを削るナイスファールだと好意的に考えましょう。


6.序盤はアウトになるなら三振で
 三振は文字通り、相手投手が最低でも三球投げないと三振にはなりません。
 序盤はできるだけ相手投手を疲れさせるために、最低でも三球程度は投げさせたいところです。
 つまり、早打ちは厳禁、ってことですな。
 ただし、まるっきり打ち気なしはストライクカウントを簡単に献上してしまうだけなので、流し打ちのファールを組み合わせられるようになると、打つ気があるようにみえるため、ボール球も増えます。
 せめて打席でジッとしていないで、動きまわるくらいは打つ気を見せましょう。
 そうやって投球数を稼ぎ、先発投手は早く引きずりおろそう。
 疲れ始めても続投してくれるならチャンスですよ。


 まぁこんなとこでしょうか。
 特に流し打ち気味に打つのがポイントでしょうかね。
 あと守備。
 なるべくマニュアルで慣れるようにしたいところです。
 私はキーボードでマニュアル守備は厳しいので、JoyToKey というソフトを使ってパッドで操作しています。
 やっぱファミスタはパッドじゃないとね。
 一応パッドは非対応となっているので、オススメはできませんけれど。

posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

No.343 どーもくん

 あなたは 『どーもくん』 を知っていますか?
 NHKのBS・ハイビジョンの架け橋となるべく、イメージキャラクターとして制作されたアナログ人形アニメのことです。

 どーもくん.jpg

 こんな奴。私はこの愛敬のあるコヤツが好きだったりします。
 NHKはこういうの作らせたらうまいですよね。
 公式ホームページは コチラ です。

 で、どーもくんのストラップが、各地に色々あると聞いたので、その画像を探してみたりしました。
 今日はその画像をご紹介。(たまにはこういうのも良いかなぁ、と)

 メロン.jpg

 北海道のメロンどーもくん。
 メロンは好きですが、コレは食べたくない!

 まりも.jpg

 北海道のまりもどーもくん。北海道多いんだよなぁ。
 なんともいえない、妖しい色合いのまりもですな。

 たこ焼き.jpg

 大阪のたこ焼きどーもくん。
 とりあえずまりもとどう違うのか、そこんところを問いたいところ。

 みかん.jpg

 静岡のみかんどーもくん。
 まりも、たこ焼きとどう違うのか、そこんとこ(略

 賀茂茄子.jpg

 京都の賀茂茄子どーもくん。
 だから……。

 明石たこ.jpg

 明石のタコのきぐるみを着たどーもくん。
 うん、こんなの食いたくないね。食えないね。

 富士山.jpg

 静岡の富士山どーもくん。
 なんか噴火しちゃってるよ。

 桃.jpg

 福島のももどーもくん。
 おばあさんが桃を割ると、血だらけの怪物が中から……。

 讃岐うどん.jpg

 香川の讃岐うどんどーもくん。
 なんつーか、暑そうっていうか熱そう!

 牛若丸.jpg

 牛若丸どーもくん。
 こんなのが橋の手すりの上に飛び乗ったら折れるよね。

 信玄.jpg

 山梨の信玄どーもくん。
 疾如風の時点で機敏に動けず軍は敗走必死か?

 舞妓.jpg

 京都の舞妓はんどーもくん。
 うん、こんなのが障子を慎ましく開けてでてきたら逃げるね。

 飛行機.jpg

 地域はよくわかんないけど、飛行機どーもくん。
 うん、確実にハイジャックしてるよね。

 なまはげ.jpg

 秋田のなまはげどーもくん。
 悪ぃ子はいねがー? いやいや、おめーが一番悪そうだよ。

 信楽焼き.jpg

 三重の信楽焼きどーもくん。
 怖ッ!! 怖いよッ!! なまはげどーもくんより怖いと思う。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 こんなとこで。
 何か気に入ったのはありましたか?
 私とハルちゃんは なまはげどーもくんと信楽焼きどーもくんが欲しい、という意見で一致しました。
 ん? 趣味おかしい? いや、そんなハズは……。

 みんなにはナイショだよ
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

No.342 ファミスタオンライン 〜その2〜

 なんだかんだでチマチマとプレイしています。
 やっぱ野球ゲームって面白いんですよね。
 MHP2との対比で言えば、MHP2が8、ファミスタオンラインが2の割合でプレイしています。
 2とか言うと大したことないように見えますが、MHP2に割いている時間は相当なものなので、8:2でも結構やっていたり……。

 で、唐突ですが、Xbox360を買った理由として、もちろんカルドセプトがやりたかったという理由が1番なのですが、他にもプロ野球スピリッツがオンラインでできる、というのもあったりしたんですな。
 が、4はPS3で発売され、Xbox360では出ないらしく……ちょっと失敗したなぁと思ってます。うん、誤算でしたね。

 PS3、買うかなぁ……いやいや、もうちょっとマテヨ――などと脳内で激しくせめぎあっています。
 でもまぁ、さすがにプロ野球スピリッツのためだけにPS3は買えませんな。
 モンハン3がでることが決まっていたとしても、です。
 まぁPSPのパワポタ2をXlink Kaiで対戦できるので、それに期待しますかね。

 横道にそれたな。

 というわけで、本題のファミスタオンラインですが……本日、とんでもないことが起こってしまいました、という話がまず1点。
 ファミスタオンラインの公式ページでは、毎日『野球くん占い』 という、あやしげなものがあるのです。
 これ、その日の運勢を点数で占ってくれるのですが、毎日欠かさずに行うと、合計の点数がファミスタポイント(以下FP)に加算されるというもの。
 FPとは、ゲーム内で選手カードやアシストカードを手に入れるためのスロットを回すのに必要だったり、グローブやスパイクなどの道具を買うのにも必要な、いわゆるファミスタ的通貨なわけです。
 それがワンクリックでできる占いもどきの点数で加算されるのですから、たとえゲームをする時間はなくとも1日1回、占っておくのがお得というもの。
 早速私も本日、占ってみたところ――

 ・
 ・
 ・

 今日の運勢.jpg

 隕石落下……。1点て……。
 おみくじで言うなら大凶。道を歩けば黒猫が横切りながらカラスが頭上を舞い、靴の紐が全てぶち切れ、空からはタライが降ってくる――そんな状況でしょうかね。

 ま、まぁ別に、う、うらないとかそんなのシンジナイシ!

 今日は何かが起こるかもしれない……そんな予感の元、私はファミスタスロットを回したのです。
 すると、とんでもない選手カードを引いてしまいました。

 引いちゃったよ…….jpg

 福留来たーッ!!

 昨年、中日ドラゴンズ優勝の立役者にしてMVPの福留選手のカードを引いちゃったよ!!
 BBH2でも初めて引いたGRは福留だったなぁ……などと思い出してしまいました。
 走攻守、全てが高い次元でまとまっている福留選手。
 WP70はもの凄く重いですけど……ルーキーリーグくらいならなんとかデッキに組み込んでいけそうです。

 なんかなぁ、課金していないのに課金している人みたいに揃ってきたなぁ……。
 どうやら私、プロ野球の選手カードの引きは結構良いらしい、と確信してしまうかのような出来事でした。

 ファミスタオンライン全成績(79試合経過時点).jpg

 79試合終わって56勝22敗1分。
 まぁまぁではないでしょうか?
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

No.341 モンスターハンターポータブル2nd その4

 プレイ時間は100時間を超えました。えへへ。(えへへじゃねぇだろ……)
 BBH2だったり、ファミスタオンラインだったりで場を誤魔化しているフシがありますが、実は相当やってます。ん、知ってた? そうですか……。

 HRは5のまま現状維持で、今更ながらじっくりとしゃぶり始めた感じです。
 なんつーか、この先に進もうと思えばいつでも進めのですが、HR6を超えていくと、銀火竜、金火竜、黒竜といった、モンスターハンターでの最高素材が手に入る敵と対峙するしかやることがなくなっちゃうんですよね。
 だから今この時点が一番色々できて面白い時期だと私は思っています。
 金銀素材集めだすと、他の防具とかいらなくなっちゃうような気がしますし。

 というわけで、色々な武具を揃えるべく、私はこの1週間頑張ってきたのであります。

 まずは私の武器とも言うべき、ボウガン。
 私が求めるボウガンは、シールド付きのヘビィボウガンであり、回復弾、麻痺弾、毒弾の3種が撃てるのが理想。
 それに該当するヘビィボウガンって、実はそんなに多くはないんですな。
 バストンメイジとかだと下位で攻撃力もあまりないのでパス。
 デルフ=ダオラは条件を満たすのですが、リロードが遅すぎだし、S・アルバレストは毒弾が撃てなかったり。
 タンクメイジ改でしばらく頑張っていたのですが、貫通弾のLv2が撃てないのがイヤになったりもします。

 で、目をつけたのが、クイックキャスト改。

 こいつは最高です。リロードは最速な上、サポート弾は全て撃てる。
 貫通弾もLv1と2の両方が撃てますし、拡散弾Lv2にも対応している。(拡散弾Lv2は竜の爪とカラ骨の調合で大量に作れるため、撃てると攻撃力が跳ね上がる)
 そして攻撃力も高い!!

 が、問題が素材。

 キリンの上皮3個、キリンの雷尾3個、カブレライト鉱石10個、上質のねじれた角2個、といった塩梅。
 キリン素材は良いとしよう。奴を倒せば3つずつくらいならすぐ集まる。
 カブレライト鉱石も倉庫に唸っているため問題ない。
 問題なのが上質のねじれた角2本!!
 これ、ディアブロスの角を折ることで、報酬としてもらえる素材なんですな。

 実は村の4本の角、これで1本もっていたりする。
 ならばあと1本。
 簡単な話じゃないか――と思ったのが私の浅はかで低次元で阿呆でどうしようもないトコロでしたのでした。

 ディアブロスの野郎を、これでもかこれでもか! と角を折り、砂のマットへと何頭も沈めるのですが、でない、まったくでない!
 もうこの1本は実はマボロシだったんじゃないかってくらいまったくでない!
 しかもこの4本の角の連戦は、ボウガンといえどかなり辛い。
 一瞬の気の緩みが、彗星の如き突進の直撃を喰らう羽目になり、さらに2頭が一緒になって暴れるととんでもなく厄介だったりするからです。
 成すすべなく砂のマットに沈められることもあったりして、前回いけしゃあしゃあと攻略を書いたりしたのですが、あれほどうまくいった例もなかったらしく、苦戦しまくり。
 しかもでない。

 仕方なく私は、Xlink Kaiのネットプレイで、上位ディアブロス連続討伐の部屋へと入ったのでありました。最初からこうすれば良かったのにね……。
 が、これもまかた試練。
 他の3人の方たちは、上質の角手に入った〜と喜びの声が続出する中、私だけ黒巻き角やら、上質ではないただのねじれた角だったりとか、とにかくもうこれって差別じゃね? って思うほどでないんですな。

 結局都合5回目にしてようやくゲット。涙が止まりませんでしたよ……。
 そのあと、1本出ると湯水のごとく2本目、3本目ってでやがるからムカつくんだけどさ……。

 ともあれこれでクイックキャスト改を作成できたのでありました。

 で、次は防具。
 実は私は最近、弓やハンマーも使うようになっているのですが、ここでネックとなるのがスタミナだったりします。
 弓やハンマーは、溜め攻撃がメインなのですが、溜めている最中はガンガンスタミナが減っていくのです。
 というわけで、そのスタミナゲージが減るのを防ぐべく、ランナーのスキルを発動させれる防具がほしい。
 だけど剣士用とガンナー用、ふたつも揃えるのは面倒だ。
 というわけで、スタミナが+4される装飾、爆走珠を2つと強走珠2つを作り、スロットにはめ込むことで発動させよう、と目論んでみました。

 ――これがまた茨の道でした。

 足りないのが爆走珠に必要な毒怪鳥の頭2個!
 そんな頭を使用する装飾品ってどんなんや! などと突っ込みたくもなりますが、ともかう必要やからもってこいや! と言われてしまうと探すしかない。
 毒怪鳥、すなわちゲリョス退治の旅だ。

 何気に、ゲリョスってのはお金稼ぎにも良いモンスターである。
 ゲリョスお得意のしんだふり。
 これに近づくと大ダメージを受けてしまうわけなので、私は近づきすらしなかったのですが、MHP2ではしんだふり中に剥ぎ取れるんですな、驚くことに。
 このとき剥ぎ取れる大粒の竜のナミダは、2500z & ポッケポイントに換算されるため、うまくいけば2つくらいは剥ぎ取れる。
 さらにゲリョスとその亜種が同時に出現するクエストでは、うまくいけば4つくらい、つまり10000ポイントものお金とポイントが稼げてしまうときがあるのだ。
 美味しい、マジ美味しい!
 しかも大粒の涙がでなくても、ほかに剥ぎ取れる翼は2000z程度で売れるしね。

 ――が、肝心の頭はまったく剥ぎ取れず。

 他の人たちは、頭2つ出たとかなんとかかんとか、羨ましいを通り越して嫉妬の炎で拡散弾を撃ち込んだろか! とか思うほど暗い情念に駆られたりします。なんででないんじゃろねぇ……。

 まぁ数十頭を屠ってようやく目標数ゲット。
 ついでにデッドリィタバルジン用にあと3つほどほしかったけど、さすがにでない……。これからも狩り続けるしかないねぇ。

 あとほしいなぁ、と思ったのが、クリスの濃い部屋 さんでも言ってた激運装備。
 私は特に激運とかほしくないんだけど、見てたらやっぱり欲しくなった。
 これは是非揃えねば! などと意気込んでみる。
 が、やっぱり素材がネック。
 クリスさんはゲネポスの上皮がネックだったみたいだけど、私の場合は上鱗がまったくでない。
 しかも上皮は11個で良いのに対し、上鱗は24個もいるんですな、これが。
 しかも剣士装備、ガンナー装備の両方を整えようと思ったら、頭装備以外は倍必要――つまり44個必要なわけですわ。
 うけけけけ、これ無理だよ、無理ジャナイ? などと錯乱しそうになるも、ドスゲネポス2頭討伐をガスガスこなし、ついでにネコ飯で『解体術(大)』が2連続で発動したという運も相まって、なんとか揃えることに成功。
 これも、マジで苦労した……。

 鋼のたまごのトレジャーもこなし、激運発動に成功。
 早速激運の威力をためすべく、バサルモスでもしばいたろかーと意気込んで倒してみる!

 ――が、報酬4個。

 なんつーか 『効果には個人差があります』 みたいな? ダイエット用品を買ったのはいいけど、自分にはまったく合わなくて失敗しちゃった、みたいな? そんな感じ。泣ける。
 まぁいいんだけどさ、長い目で使っていけば絶対お得になるんだろうし、ねぇ?

 ――自分の運というものを、ちょっと顧みた出来事でありました。

 いいんだ! 運がないぶんは回数でカバーすればさ!

 激運ゲネポスU装備.JPG 対キリン用コンガ装備.JPG
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

No.340 BBH2 〜個人データ 投手編〜

 昨日の続きで、今度は投手です。

 なんというか、私はこういうデータを見るのが大好きな人間なんですよね。
 昨日の野手編の小池がそうでしたが、お前実は得点圏打率4割あったのかよ! みたいな意外な発見とかあるとたまりませんね。気付いた瞬間、下がっていくものですけど……。
 まぁわからない人やBBH2しない人にとって、また興味のない人にとってはつまらないんでしょうけどねぇ。書きたいからしょうがないじゃんってことで。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 投手 三浦 大輔.JPG投手 三浦大輔.JPG三浦.JPG

 エースの三浦大輔投手です。
 チーム最多の8勝をあげ、そのうち5回が完封という、非の打ちどころがない成績をあげてくれています。
 何度か、ノーヒットノーランなるか!? というシーンもあったのですが、後半のvs攻勢を完全に防ぎきるのって困難ですなぁ……。
 一度は達成させてやりたいものです。

 投手 吉見 裕治.JPG投手 吉見裕治.JPG吉見.JPG

 左腕エース、吉見投手です。
 数字自体は三浦投手となんら劣るところはないのですが、如何せん単打を打たれることが多く、5回でスタミナが尽きてしまうことが非常に多い。
 それでもこの成績なのは、粘り強く投げている証拠。
 なんとかゲームを作ってくれる投手です。

 投手 那須野 巧.JPG投手 那須野巧.JPG那須野.jpg

 防御率チーム1の那須野投手です。1.13ってすげぇ。
 その割に被本塁打は三浦と一緒だったり。
 この防御率は、以前あった四死球が、最近全くないことに起因しているのかもしれません。5って、少ないなぁ。こんなに安定してたっけ? 那須野っちは。
 その割に勝利投手になれないのは、打線のせいか、はたまたスタミナ不足のせいか?

 投手 土肥義弘.JPG投手 土肥 義弘.JPG土肥.jpg

 まぁこんなものかなぁ、という土肥投手です。
 最近ちょっと打たれることが多いせいか、2点台前半だった防御率が上昇中。
 とにかく被本塁打が多いですなぁ。
 パワーピッチはあんまりしない投手なんですが……。

 投手 門倉 健.JPG投手 門倉健.JPG門倉.jpg

 最近マジで打たれまくりの門倉投手です。
 もう早く工藤投手と入れ替えたほうが良いのかねぇ。
 スタミナ値もチームで2番目に多いし、変化球も切れるんだけど、なぜか打たれるです。彼だけ旧カードだからか?
 まいったなぁ……。

 投手 高宮 和也.JPG投手 高宮和也.JPG高宮.JPG

 先発、中継ぎを両方こなす高宮投手です。
 チーム一防御率が悪いですな……。
 最近では敗戦処理投手と化しています。
 なんとか安定してきて、先発のチャンスで好投してほしいんですけど、寺原の好投もあってか先発枠もなかなか空きません。

 投手 寺原 隼人.JPG投手 寺原隼人.JPG寺原.jpg

 多村と共に、すっかり我が横浜に染まりつつある寺原投手です。
 規定回数には達していないものの、0.81の防御率は立派の一言。
 スタミナ値が低いので、どんなに頑張っても6回までなんですが、序盤は変化球、中盤を速球で凌いでくれる、いつのまにやら先発ローテーションの一角に食い込んでくれました。

 投手 川村 丈夫.JPG投手 川村丈夫.JPG川村.jpg

 中継ぎの柱の1人、川村投手です。
 なんといっても対左4のスキルが光ります。
 ノビのある速球で左の強打者からどんどん三振を奪ってくれます。
 その反面、被本塁打が多いのがなんともいえないんですけどね……。

 投手 加藤 武治.JPG投手 加藤武治.JPG加藤.JPG

 もっとも安定している中継ぎ投手が、加藤投手です。
 大抵中継ぎの1番手として、大抵2イニングに渡って試合を引き締めてくれます。
 そのため、中継ぎ人では1人だけレベル5ですしね。
 やっぱ抑えると経験値が入りやすい、当然といえば当然ですが。

 投手 木塚 敦志.JPG投手 木塚敦志.JPG木塚.jpg

 ちょっと安定してくれない中継ぎ、木塚投手です。
 でも被本塁打は中継ぎ3本柱の中で一番少ないんですよね……なのに失点は多い。なんでだろう?
 最近では調子の良い日か、加藤、川村の調子が悪い日にだけ登板することが多くなっています。

 投手 山北 茂利.JPG投手 山北茂利.JPG山北.jpg

 未だに防御率0.00を維持し続ける敗戦処理の山北投手です。
 こんだけ好投しているんだからチャンスやれよって感じなんですけどね……。
 カードから見て取れるデータでは、非常に打たれやすそうな感じなんですけど、なぜか打たれない。
 これはなんだ、相手が山北のことを知らないからどうやったらいいのかわからない? そんな馬鹿な……。

 投手 SPクルーン.JPG投手 クルーン.JPGクルーン.JPG

 最後を飾るのは当然守護神のクルーン投手です。
 奪三振が三浦に次いで2番目の103個! 1イニングに2個はとっている計算ですね。異常です。
 最近ではそのパワーピッチが仇となってか、救援失敗が目立つようになってきました。
 被本塁打も多いんだよなぁ……。
 まぁ彼の後ろに投げる投手はいないわけですから、頑張ってほしいものです。リアルでも、ゲームでもさ。

posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

No.339 BBH2 〜個人データ 野手編〜

 球団対抗戦が終わっちゃいましたねぇ……。
 とりあえずデータ更新にだけ行ってきました。

 球団対抗戦終了.JPG

 順位は1863位という結果に。
 ASのいない試合、というのは、今までほとんどのマッチアップがASだった私にとって新鮮な気分でしたね。
 叶うことならこれからもサーバー分けしてくれたらいいのに、と思いました。
 とりあえず今度は戦力値別の大会とかに期待したいですなぁ。

 球団別対抗戦の予選を12戦。決勝を3戦。計15戦を戦いましたので、経験値をそれなりにいただきました。

 球団対抗戦終了経験値ボーナス.JPG

 このあと2試合プレイしたりしたのですが、その紹介は別の日に譲るとして、今日は我が横浜ベイスターズの選手、個人個人の成績にスポットライトなどを当ててみたいと思います。
 写真をクリックしていただけると拡大表示されますので、詳細な個人データも見ることができます。
 この成績は現在82試合を終えた時点でのものです。

 野手 石井 琢朗.JPG野手 石井琢朗.JPG石井.jpg

 調子が絶不調でない限り1番ショートで固定の石井琢朗さん。
 得点圏打率がえらい低いですな……気付きませんでしたけど。
 打率が.266はトップバッターとして不満ですが、盗塁数15はよい感じです。
 まぁ35%くらい失敗してますが。
 何気に調子が良いと、引っ張れの指示でホームランをかっ飛ばしてくれる、リアルにはないパワーも見せてくれてます。

 野手 種田 仁.JPG野手 種田仁.JPG種田.jpg

 調子次第ですが、2番セカンドは種田選手が多いですね。
 他の選手の調子次第では下位にまわることもありますけど。
 打率は2割前半と、これまた2番打者として大問題な数字なのですが、レベル7だったかな? それでアベレージヒッターを覚えるそうなので、それまで我慢強く使用していきたいと思っています。

 野手 金城 龍彦.JPG野手 金城龍彦.JPG金城.JPG

 3番ライトかレフトの金城選手です。
 多村の打率が3割を切ってしまったので、3割打者は金城さんだけになってしまいました。
 得点圏打率共々、頼りになるクリーンアップです。
 長打率には欠けますけど、ここ一番での安打製造機ぶりには舌を巻く思いです。

 野手 多村 仁.JPG野手 多村仁.JPG多村.jpg

 我が横浜の4番といえばこの人、多村選手です。
 この人がいなければ我がチームが勝ち越しているこの現状を維持できているかどうか、というくらい頼りになるオッサンです。(ぉぃぉぃ
 最近では私のvsモードの冴えと共に、めきめきと得点圏打率を伸ばして、ついに3割を突破。勝利打点も11と、お立ち台率が高い選手であります。
 やっぱタムさんは頼りになります。

 野手 古木 克明.JPG野手 古木 克明.JPG古木.JPG

 うちの営業、古木さんとはなんの関係もないけど彼女がミスればそれをカバーするかのごとくかっ飛ばす、メガ古木砲の古木選手です。
 レベルも5となり、ミートとパワーも成長。
 逆境も頼もしく、最近では5番も板についてきました。
 最初の30試合くらいはホームランが出なかったんだけどなぁ。
 我がチーム、一番の成長株といえるでしょう。

 野手 村田 修一.JPG野手 村田修一.JPG村田.jpg

 6番サードは村田です。もちろん絶不調でなければ、の話ですが。
 しかし酷い、酷いよこの打率はっ!!
 得点圏打率共々、プロの数字ではないですな。
 が、よくわからんところで1発がでる、不思議な選手。
 これだけ数字が悪くても、その長打率のみでスタメンを勝ち取っています。
 vs要員としても重宝してますしね。

 野手 佐伯 貴弘.JPG野手 佐伯貴弘.JPG>佐伯.jpg

 7番ファースト、佐伯選手です。
 なんともいえない、微妙な数字ですな。
 未だに本塁打数ゼロ、というのが私のメモリ配置を全否定されている気がします。どうやったら佐伯君が打つのか、誰か教えていただきたいもんですな。
 最近ではまぁチャンスメイクしてくれるヒットを飛ばしてくれるんですけど、後が繋がっていかないんだよなぁ……。

 野手 相川 亮二.JPG野手 相川亮二.JPG相川.jpg

 8番キャッチャー、相川選手です。
 うん、オートに置いているんだけど、最近打たないねぇ。
 まぁ打率は気にしていません。大事なのは守備なんで。
 でも村田より高いんだよな……。
 パワーの低い選手は変にいじるより、オートに置くのが良いような気がします。

 野手 小池 正晃.JPG野手 小池正晃.JPG小池.jpg

 今気付いたのですが、得点圏打率が4割という、チーム一勝負強いらしい小池選手です。
 活躍の場は主に調子の悪い外野手との交代か、守備固め、もしくは代打。
 vsでは的は小さいのですが、なぜかピンポイントで命中することが多いんですよねぇ。
 それが得点圏打率4割に繋がっているんでしょうね。

 野手 内川 聖一.JPG野手 内川聖一.JPG内川.jpg

 最近めっきり我がチーム内での影が薄くなってきた内川選手です。
 主な活躍の場は代打、かな。
 ほらちょっと奥さん、見てくださいよこの数字。彼ったら酷いのよ、打率が。
 みたいな感じですかね……。
 BBH2に二軍枠があれば、間違いなく通告しているでしょう。
 どうやったら打つのかなぁ……。

 野手 吉村 裕基.JPG野手 吉村裕基.JPG吉村.JPG

 彼ったら酷いのよ、打率が。の2番手、吉村くんです。
 これのバージョンは間違いなく2005年でしょう。うん。まったく打たん。
 引っ張りの指示が良い、とアドバイスを頂いたのですが、その直後から外角攻めにあい、ことごとくバットが空を切る毎日です。
 うーむ……。

 野手 鶴岡 一成.JPG野手 鶴岡一成.JPG鶴岡.jpg

 相川捕手の正捕手の座を虎視眈々と狙う、鶴岡選手です。
 正直肩と守備がイマイチなので、相川を優先して使用していますが、打撃は相川よりステータス上、よろしいようです。
 代打のスペシャルスキルもあるしね。
 球団対抗戦の経験値ボーナスのお陰で、もうレベル3に。
 彼があの対抗戦で得た経験は限りなく大きかったようです(^^;

 野手 藤田 一也.JPG野手 藤田一也.JPG藤田.jpg

 ポスト石井琢朗を期待される、藤田選手です。今、選手じゃなくて騎手って書きかけたよ……。
 現在はもっぱら代走と、サード村田の守備固めに起用しています。

 野手 田中 充.JPG野手 田中充.JPG田中.jpg

 センターとライトはイマイチですが、レフトを守らせると巧い田中選手です。
 古木の守備固めに起用することが多いかな。
 パワーヒッティングするとポテンヒットを打つことも多いので、調子の良いときは代打としても起用することがあります。

 野手 鈴木 尚典.JPG野手 鈴木尚典.JPG鈴木.jpg

 レベル8になるとアベレージヒッターを覚える、かつての首位打者、鈴木選手です。
 今は代打起用がおおいですけど、今年の活躍次第では大幅なパワーアップが見込めるかも!?
 横浜の優勝メンバーとして、もう一花咲かせて欲しいところです。

 野手 仁志 敏久.jpg野手 仁志敏久.jpg仁 志.jpg

 今年から巨人から横浜へ移籍してきた仁志選手です。
 とりあえず木村選手と差し替えてみました。
 球団対抗戦には出場できませんでしたが、その間にレベル1から3になるなど、影で特訓してきたようです。そんな馬鹿な。
 今日代打使用したところ、ノーサインでツーベースヒットを放つなど、その打撃と、球界トップレベルの守備には期待をもちたいところです。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 とりあえず野手はこんなとこで。
 見てもらえればわかりますが、大体レベル5が平均ですかね。
 明日は投手を書きます。
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BBH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

No.338 春のGI10連発予想

 今日のスプリングステークスの結果を以って、皐月賞へのトライアルは終了。
 桜花賞のトライアルも終わっており、春のGIシリーズはすぐそこ。
 来週は高松宮記念ということもあり、サラブレのお馴染み、GI10連発予想コンテストに今回も勝ち馬を予想してみたいと思います。
 まぁなんだ。絶対当たらない、希望100%の予想ですけれど……。
 私の予想する馬、もうみんなわかってるだろうけどなぁ。


●高松宮記念 プリサイスマシーン
 前哨戦も勝ったことだし(同着だけど)本番も今年好調のアンカツで貰ったも同然だね! ごめん、でもたぶんスズカフェニックスが強いかなぁ、とか思ってます……。

●桜花賞 ハロースピード
 3強の3頭、全馬にフケが来ればチャンスがないこともない! とか滅茶苦茶言ってみる私……。
 去年までのコースならともかく、あの長い直線と広く長いコーナーの阪神競馬場では、1本調子なハロースピードは辛いかなぁ。
 本音としては、ウオッカで固いだろうなぁとは思っています。

●皐月賞 オーシャンエイプス
 出走できるかどうかも怪しい馬を推薦しているね。
 まずは東上最終便、毎日杯で結果を出さなければいけないわけで、そのあと中2週で皐月というローテもまた厳しい……。
 個人的にはヴィクトリーあたりに期待しています。
 嗚呼、でもこれ以上ブライアンズタイムを父に持つ牡馬が活躍して欲しくはないんだけどな(^^;

●天皇賞(春) トウカイトリック
 昨年の2着の実績を買って、トウカイトリックにする。
 つか今日ドリームパスポートが負けちゃったし、ほんと混戦模様になってきたなぁってのが印象。
 大阪杯でサムソンが始動するけど、さすがに春天は厳しいだろうなぁと思います。
 個人的には応援したいんだけどね。
 チャクラ……という心の声はさすがにシャットアウト。

●NHKマイルカップ ローレルゲレイロ
 クラシック参戦を表明しているので、出走するかどうかも怪しいんだけど、皐月の結果次第では人気も下がって、昨年のロジックのような存在になれるかなぁ、と。
 ドリームジャーニーがでて来れば人気しそだけど、どうだろうねぇ。

●ヴィクトリアマイル カワカミプリンセス
 この馬以外、ほかに思いつかないよ。
 キストゥヘヴンも気になるけどね。

●オークス ベッラレイア
 ハロースピード、と書きたいけれど、ぐっと我慢。
 ウオッカじゃない? とも思うけれどぐぐぐっと我慢。
 すみれステークスで牡馬相手に健闘したベッラレイアを穴候補として挙げておく。
 今は亡きナリタトップロード産駆に期待したい。

●ダービー フサイチホウオー
 現時点でダービー候補は? と聞かれたらこの馬以外、逆らえないんだよね……。
 父子2代ダービー制覇は70%決まってるんじゃないかなぁと思ってる。
 残り30%にオーシャンエイプスが食い込んでほしいんだけどね。

●安田記念 スズカフェニックス
 プリサイスって言いたいけど、現時点ではスズカフェニックスかな。
 また外国の馬がもってっちゃうんじゃない? って気がしないでもないけどさ。
 ダイワメジャーとも言いたいんだけど、さすがにドバイのあとでは春はしんどいかなぁと思うな。

●宝塚記念 メイショウサムソン
 これが一番迷った。大阪杯の結果次第だけど、2冠馬の巻き返しに期待したいところだ。
 ドリームパスポート、カワカミプリンセス、アドマイヤムーン、チャクラとか有力どころは色々いるんだけど (最後ちょっとマテ) 、2冠馬にこのまま終わって欲しくない、というのが本音かな。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 こんなとこで。
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

No.337 魂の叫び

モンスターハンターポータブル2nd は多人数で遊ぶのが楽しいゲームだ
皆と協力し、強大なモンスターに立ち向かう
原始さながらの時代を生き残るために狩りに向かう生身の男たち

ボウガンで支援に徹するブルータス
ガンランスの竜撃砲が唸る弟。
ハンマーの一撃で大地を抉るユウキ
片手剣の毒属性で標的を弱らせるタカ

PSPを握り締め、猛禽類の如き獰猛な唸りを上げ
今日も今日とて狩りに出る

標的の名はリオレウス
モンスターハンターの顔とも言うべき空の支配者

まとわりつく邪魔なハンターたちを尻尾の一撃で振り払い
突進で蟻んこの如く踏み潰し
血液まで沸騰しそうなほどの炎で焼き尽くす

しかし彼らとて歴戦の勇者
閃光玉で目を潰し
マヒ罠・麻痺弾で動きの自由を奪い
その長い尻尾を無惨に斬り落とし
毒でじわりじわりと体力を奪い
足元に落とし穴を仕掛け
麻酔玉で永久なる眠りに誘う

数の暴力の前に屈したリオレウスは
とうとうエリア5の巣穴で捕獲されたのであった

しかし彼らの戦いは終わらない
いや、むしろここからが彼らの戦いだ

眠りこけるリオレウスの傍ら
勝利の余韻に浸ることはない
彼らは彼らの力をより誇示するため、新たな戦い始めるのだ

時間は1分

決して死なない同士討ち
しかし吹き飛ばされるのは屈辱以外の何者でもない
己の尊厳を守るため、互いが互いを牽制しつつ戦いあう

ブルータスは散弾を撃ちまくり
弟は竜撃砲をぶっ放し
ユウキはハンマーに力を込める

しかし

タカはいそいそと採取する
彼は今、ドスビスカスという畑で実るアイテムを採取すべく
飼料となるモンスターのフンを集めているのだ

限られた時間は1分
しかし1分もあれば充分に採取できるはず
そう、できるはずだったのだ――妨害さえなければ

散弾が彼の背中に容赦なく浴びせられその都度よろめく
竜撃砲が彼の尻に命中し、燃えながら転がっていく

そして

振り上げられたハンマーの一撃が見舞われる
彼は綺麗な放物線を描き、顔から地面に落下し、大の字
彼の堪忍袋はその瞬間にブチ切れた



「俺のフンとらせろやッ!!」



絶叫
ためらいとか、恥じらいとか、そんな感情が一切ない
純粋無垢な魂の叫び

家主、ブルータスは彼を丁重にトイレに閉じ込めたという
頼むから近所に変な噂が立つようなことを叫ばないでいただきたい……
頭を抱えながら、そう願ったのであった

posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.336 名馬ファイル vol.12

挑戦の日々

96 エリザベス女王杯.jpg

スペシャルウィーク、アグネスデジタルといった後の名馬を管理することとなる
白井寿昭調教師は、敢然と言い放った

エリザベス女王杯は来年古馬に開放されるから、その時獲れば良い

薄曇りに包まれた菊花賞
1番人気を背負ったのは牝馬ダンスパートナーであった

その白井に初めてのGIをプレゼントしてくれた馬もダンスパートナーである
笠松の刺客、ライデンリーダー、桜花賞馬ワンダーパヒュームらを相手に
後方から直線だけでまとめて差しきった
そのタイム 2.26.7
その年のダービーよりも早い、優秀なタイムであった

夏も彼女は休まない
ノネット賞、ヴェルメイユ賞とフランスのGIで善戦
帰国後、今度は牡馬ばかりの菊花賞に臨んだ

そんな型破りな彼女をファンは愛した
牝馬だとか、そういった枠組みを超えて走る彼女をファンは支持した
堂々の1番人気を背負って淀の坂に挑んだ

しかし5着

結果が全ての競馬
だが、彼女の挑戦は多くのファンの心を打ったに違いない
その翌年
明言通り、エリザベス女王杯を制することとなる

生涯、牝馬限定戦は連を外したことはない
いつも懸命に走り、常に善戦してきた彼女
しかし、引退レースとなった有馬記念を戦う力は残っていなかった

力燃え尽きるまで走り続けた彼女の勝利は4つしかないが
その多くのレースに焼きついた記憶は両手では足りない
不器用なまでのひたむきさ
その挑戦の数々は、後々まで語り継がれる偉業とも言えるだろう

ファンの望みはあと1つ
それは彼女の力を素直に受け継いだ仔の誕生を願うばかりである

ダンスパートナー.jpg


重 賞 成 績
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名馬ファイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

No.335 BBH2 〜球団対抗戦 その4〜

 なんとかかんとか、12戦を終えてメダルを2枚獲得し決勝に進出した球団別対抗戦。決勝は16日〜18日まで。つまり3日間。
 まぁ折角決勝まで来たんだから、上位入賞は絶対無理だけど数試合、楽しむかなぁと思い、3試合だけプレイしてきました。

 決勝進出という奇跡を果たした私に再び奇跡は起こるのか!!?

 ――――――――――――――――――――――――――――

【球団別対抗戦決勝1試合目】
 球団別対抗戦決勝1試合目相手戦力値.jpg 球団別対抗戦決勝1試合目相手スターティングメンバー.jpg

 1試合目のお相手は闘将三段の、当然純正ライオンズ。
 先発投手が松坂だったらヤダな〜などと思ったけれど、グラマンでした。
 つか、グラマンってどんな投手か知らないんだけど……。
 しかしこの決勝に白カードが先発、という時点でこの大会の意義はあったように思えたね。――などと、珍しがってもいられない。
 わたしゃグラマンがどういう投手かなんて知らんのだ。
 例えどんな強力な投手であろうと、有名であればあるほど対策は立てやすい。が、データにない、未知の力を持った投手というのは怖いんだよね。得意球とかわかんないし、しかもレベル6だし。
 つか、こっちはレベル6の選手なんていないんですケド……。

 試合は2回。
 古木の安打をキッカケに、エンドラン警戒のサインに対してヒットエンドランが成功するという、相手にとっては憤慨モノの、こっちにとってはラッキー以外のナニモノでもないヒットなどもあって1点先制。

 しかしその裏。
 こちらの左腕エース吉見もヒットを許すと、エンドラン警戒のサインを送るがヒットエンドランで痛打されるという、まるで 『喧嘩両成敗』 ならぬ大岡裁きな目に遭い1点献上。すぐさま同点にされる。
 ちなみにこの2回ですでに相手はグラマンに代えて代打を送るという采配。
 まるで日本シリーズのような、チャンスと見れば畳み掛けてくる選手枠をフルに活かした戦いぶりである。かわしたけどね。

 グラマンのあとを受け登板したのはギッセル投手。
 後で調べてわかったのだが、グラマンとギッセルは同期入団で、共に190cmを超えるため、2人合わせて ツインタワー の異名をもつそうな。
 そんなグラマンのあとを継いで登板したギッセルくん。ストレートでガンガン押してくる。

 ならばこちらもその自慢のストレートを打ち砕くのみ。
 ストレート狙いでシングルヒットを積み重ね、4回に1点、6回に1点と点差を広げる。

 一方守っては吉見が5回を1失点。
 6回からはちょっと不調な加藤が下位打線を抑え、川村、木塚とベイスターズお得意の継投策。
 最後は守護神・クルーンがご自慢のパワーピッチ・ストレートで、自軍のキャッチャーごと粉砕し、ゲームセット!

 球団別対抗戦決勝1試合目結果.jpg

 まずは幸先よく1勝を上げ、メダルを2枚としたのであった。
 しっかし、中島、カブレラ、和田のクリーンアップは怖いねぇ。
 後に控えている江藤も、かつての広島の主砲。
 西部の潜在パワー、侮りがたし。
 裏金とか使わなくても充分魅力ある、強いチームなのにな。

 ちなみに試合後...

 SP 新井貴浩.jpg SP 新井 貴浩.jpg

 広島の主砲・SP 新井さんをゲット!
 次の試合前、店内があいていることをいいことに、そそくさと台移動するのであった……。(確率的に次、良いカードが出ないであろうため)

 ――――――――――――――――――――――――――――

【球団別対抗戦決勝2試合目】
 球団別対抗戦決勝2試合目.JPG

 そういえば相手のスターティングメンバーは毎度毎度載せているのに、こっちのは載せてないんだよね……。まぁ余裕がないからなんだけど。
 というわけで、今後も余裕があればこのようにしてアップします。

 今回は古木の調子が悪かったので、絶好調の田中くんレフトの守備位置へ。
 田中くんは守備が古木の数倍巧いので、頼りになるね。

 球団別対抗戦決勝2試合目相手戦力値.jpg 球団別対抗戦決勝2試合目相手スターティングメンバー.jpg

 2試合目のお相手は闘将初段の毎日1本、ヤクルトスワローズ。
 先発は石井一久。対してコチラの先発はアゴ倉。

 この試合も点が入ったのは2回。
 4番ラミレスを打ち取ったものの、ラロッカにはセンター前へ弾き返され1死1塁、そして宮出の進塁打で2死2塁。
 ここで迎える打者は7番武内。
 どんな選手かは知らないのだが、カードイラストを見たところミートもパワーも大したことがないように見える。
 というわけで、ヒット狙いだろう、とタカを括ってパワーピッチ勝負!!

 球団別対抗戦決勝2試合目 武内止まらず…….JPG

 これが見事に裏目……。
 この後、2打席連続でホームランを打たれてしまい、あげく9回には敬遠したらランナーたまって満塁の場面で岩村にグランドスラムを浴びる大失投。
 2ラン、3ラン、グランドスラムと計9失点。

 球団別対抗戦決勝2試合目結果.jpg

 ぼっこんぼっこんである。
 3点はなんとか打線を繋いで取り返し、石井一久をKOしたんだけどなぁ……。
 ここまで突き放されては如何ともできず。

 これでメダル1枚奪われ、再び1枚に。
 まずい、次負けるとメダルがなくなっちゃうじゃん……。

 そんな私に朗報。

 SP 愛敬尚史.JPG SP 愛敬 尚史.JPG

 勝ち運をもった楽天のSP愛敬をゲット。
 台移動して再びSPたぁ、なんて 迷惑 運の良い男なんだ、ボカァ。
 ……当然次の試合も台移動するのであった。

 ――――――――――――――――――――――――――――

【球団別対抗戦決勝3試合目】
 球団別対抗戦決勝3試合目.jpg

 自分のスターティング撮り忘れ。
 相手は闘将三段の竜軍団、中日ドラゴンズである。
 つかこの人やりすぎでしょう!? 通算470試合こなしているんですケド!!

 ――当然の如く

 球団別対抗戦決勝3試合目相手スターティング.jpg

 スターティングメンバーのレベルがえらいことになってます。
 立浪と先発投手以外、全員レベル8てアンタ……。
 ここまで中日を愛してくれる人がいること自体、幸せな球団なんでしょうなぁ……。

 しかしこの勝負、絶対に負けるわけにはいかない!
 なぜなら、こちらの先発はピンクな顔した絶好調・三浦!!
 エースの三浦が絶好調の試合なんてそうそうない。
 そして相手の先発はスタミナが回復しきっていない山本昌。
 もう年なんでしょうな。きっと。

 試合が動いたのはまたしても2回。
 といっても点が入ったわけでなく……

 球団別対抗戦決勝3試合目 荒木故障.JPG

 中日自慢の鉄壁の二遊間を誇るセカンド・荒木が負傷退場。
 わ、わたしは悪くないぞ! 彼が勝手にダイビングキャッチして痛めたんだ! 私は悪くないんだぞーっ!!

 ・
 ・
 ・

 ――で
 
 球団別対抗戦決勝3試合目 多村3ラン.jpg

 相手の弱みに付け込む、見事な多村のスリーランホームラン。
 タムさん、頼りになりますなぁ……。

 球団別対抗戦決勝3試合目 お立ち台 三浦&多村.JPG

 試合はそのままエース三浦の貫禄・完封勝利。
 正直ノーヒットノーランできるんちゃう? とか思ったけど、私のサイン読み違いで達成できず。
 そうだよ、私が悪いんだよ!!

 球団別対抗戦決勝3試合終了.JPG

 これで3試合終了。
 あと土日なんだけど……プレイできるかなぁ。
 微妙。できればあと数試合、この純正の対決を純粋に楽しみたいんだけどねぇ。

 ・
 ・
 ・

 ――んで

 試合後...

 GR フェルナンデス.JPG GR 裏フェルナンデス.JPG

 本日最大の極めつけ、GRフェルナンデスをゲット!!
 今日3試合して白カード2枚、黒カード1枚、SP2枚にGR1枚て、どうなってんのッ!? もしかして死んじゃう? もしかしなくても明日、居眠りしながら鼻ちょうちんつくってるオジサマ運転のトラックに跳ねられて死んじゃうのッ!?

 違う意味で奇跡が起こった1日なのでありました……。

 ・
 ・
 ・

 つか、台移動しまくってキラカードばっか抜き取るって、最悪の客だよなぁ。
 そのあと、オジサン隣でキラ抜いたばっかりの台で試合している子供とお兄ちゃんの目を正視できなかったヨ……。

「お前みたいな奴がいるからっ!」

 アムロだかカミーユだったかの声が聞こえた気がしました。

posted by BlueTasu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | BBH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.000 一周年記念

 3月16日をもって当ブログも1周年を迎えることが出来ました。
 毎日更新! 的なことは、引っ越し騒ぎや入院、果てはノーパソ破壊などでできませんでしたが、私的には頑張って更新し続けているなぁ、などと自画自賛なのですよ。はい。なんでかっていうと、前のブログは姉に見つかり、えらい酷い目に遭いましたからね……そのブログは閉鎖を余儀なくされましたし。
 ですがここはまだ幸いにも誰にも見つからず、更新を続けていってます。
 そのこと自体にまず感謝すべきでしょうかね。
 もちろんここにきてくれている皆様にも感謝です。(とってつけたような言い方だなぁ)

 今まで面白いものが書けたときがあれば、つまらないものしか書けなかった日など(つかほとんど?)ありましたが、継続は力なり、という言葉をかみ締めつつ2年目のジンクスに立ち向かって行きたいと思います。
 ……ジンクスとかいうとシャレにならんけどさ。
 
 で、今ごろかよっ! という気もしないでもないのですが、とりあえず今まで私のブログで紹介した人を、私自身含めて自己紹介文(今じこしょうかいぶんって変換したら事故照会文ってなった。不吉な……)などを書いてみようかなぁ、と。
 これは最近新規さんも増えてきたようなので、見たいと思う人もいないだろうけどとりあえず必要かなぁ、と思った次第なのであります。
 アクセスが立ち上げ当初は毎日50〜100だったのに、最近では500くらいあるんだよね。ホント成長したもんだ。本人除いてさ。

 その加減もあってか、今回のブログのナンバーも 『0』 などとしてみました。
 とりあえず簡単な紹介と、初登場、オススメの回にリンクを貼ってみました。
 これを機に過去の回も振り返ってもらえると楽しいかもしれません。
 ではでは、毎度毎度拙い文章ではありますが、どうぞ。

 ――――――――――――――――――――――――――――

●BlueTasu(ブルータス)
 とりあえず自分から。口癖は 「まぁ」 とか 「――で」 かな。ブログ書いてたら頻発していることに気付いたよ……。
 趣味が競馬、ゲーム(ボードゲーム等も含む)、野球、ビリヤード、ボウリング、読書、映画鑑賞など、非常に多彩。節操なしとも言う。
 そんな具合なのでネタにはあまり困らない。むしろ書ききれていないこと多し。
 どうも自分は不本意ながらイジられることが多いらしく、周囲に玩具扱いされる傾向あり。いや、お願いですからやめてください……。
 何気に元・高校球児。甲子園にはあと2歩届きませんでした。
 初登場は……本人だから毎回だよね、うん。

●ハルちゃん
 いまんとこ彼女。いまんとこってのが微妙と言うか痛い表現。
 新しく家を建てる際、一緒にくっついてきたため同棲中。弟と妹も新築で一緒に住んでいるんだけど、ちゃっかり仲良くなっているあたりが良い性格してるね。
 口癖で言葉の最後に 『〜っす』 ってつくんだけど、最近矯正中らしく少なくなってきた。別に矯正しなくたっていいのになぁ。
 趣味は映画鑑賞。月一で必ず映画を観に行くのが付き合う条件な感じ。
 好きな俳優がディカプリオってところがアレですな。
 どうもタイタニックから映画にハマっちゃったみたいだね。
 あとクラシック音楽を好んで聴くらしいけど、引っ越してからは聴いているところ、みたことないんですけど……。
 それからビリヤードも私に付き合ってプレイするうち、職場の人を巻き込んで流行っているらしい。
 職場は元々一緒だったんだけど、私は本社勤務になっちゃったので離れ離れになっちゃったんだよね……。
 つか、なんで私がいたときに流行んないかな。

 初登場は No.141 唐突にゲド戦記を観に行った から。これがそもそものキッカケでした。

●姉
 諸悪の根源。世の中の憎しみと悲しみの全ては、この人ならざるものから発生しているような気がしないでもない。要するにラスボス。でも絶対倒せない。
 趣味はTRXを転がすこと、だそうで。
 大型バイクで勤務先の病院まで通っている看護婦さんってどうなのさ?
 柔道で某有名大学卒者で、国際的に有名な大会にも幾度となく出場した経験を持つが、性格・言動、共に極めて凶暴かつ粗悪。
 スポーツって精神を鍛え、人間形成に優れているんじゃなかったっけ? と疑問を抱かずにはいられない人の皮をかぶった悪魔。
 それが姉。
 その悪行を知りたい方は、カテゴリの 『過去』 をクリックすれば、結構な頻度で登場している回が存在しますので読んでみてください。

 初登場は No.7 恐怖のしりとり だったと思います。コレを読めば姉の ジェノサイドっぷりがよくわかるかと思いますよ、うん……。
 あとは No.87 竜王様 かな。何かが背中についてます。

●弟
 後述の妹と二卵性双生児で双子。
 身長180を超える大型スポーツマンで、バスケットをこよなく愛するが、最近ではモンハンに溺れて道を誤った説アリ。
 考古学の道を目指すらしいが、それで食っていけるのはほんの一握り。
 今のままで大丈夫か? 弟よ!
 とりあえず我が職場では弟の株が上昇中。
 兄が言うのもなんだが、コイツはよくわからんキャラなんだよね。
 だけど職場ではもの凄い理想の人物像になっている。噂って怖いね〜。
 初登場は No.14 FF12日記 〜其の七〜 からかな。チョイとコメントするだけなんだけどさ。
 人気というか、弟株が上がったのは最近の No.309 素晴らしく真剣な話 からのような気がします。

●妹
 弟と二卵性双生児。つまり双子。二卵性のため似てません。まぁ性別からして違うけど。でも昔はソックリで、並んで座っているとお人形みたいだった。
 甘いものが大好きで、何かにつけて人の弱みを握ってはケーキだのなんだのといった菓子をねだる癖アリ。(No.106 賄賂と脅迫 を参照)
 コレ以降、去年は毎週のようにケーキを買って帰ってたんだよね……。
 つか、書くのを忘れていたんだけど、どうやら年末に彼氏ができたらしく最近頻繁に出かけている節あり。兄ちゃん、心配だよ〜。
 初登場は姉と同じく No.7 恐怖のしりとり から。

●オヤジ
 煙草の口臭がひどい上に酒癖が悪く、しかも絡み酒という性質の悪いダメオヤジ。
 家の道場の跡取りで、子供相手に週2回柔道と剣道を教えているほどで、両方段持ち。
 私を跡取りにしたかったらしいが、当の私は姉に肩をぶっ壊されてあきらめた模様。もうちょっと早く諦めてくれてたらなぁ……。
 何気にシムシティで未だに遊んでいるほどのシムファン。
 ただし初代SFCのだけね。
 あと狂っているとしか言いようがないほどの虎ファン。
 私はそんなオヤジを見て育ったため、関西人なのにタイガースには良い印象がないんだよねぇ……。
 初登場は覚えてないんだけど、No.85 イインダヨ 辺りだろうか?

●母上
 あんまり登場しないが、ちゃんといます。
 オヤジと何故結婚したのかが最大の謎。
 まぁあんなオヤジをきちんとコントロールしているあたり、お似合い夫婦……なのかどうかはわかんないんだけど、そうなんでしょう。
 初登場は全く持って記憶にございませんが、No.39 4月22日 でしょうかね。
 これといって強烈に記憶に焼きついたことはないので書くこと自体がありません。

●うーすけ
 我が家のアイドルミニウサギ。
 ミニとは購入したときの頭についていたもので、最近では誰も「ミニ」という冠名はつけなくなった。代わりに「ブースケ」とか「ブーちゃん」など、微妙かつわかりやすい名前で呼ばれること多し。
 大好物はキャベツ。嫌いなものはにんじん。
 お前、ホントにウサギなのか……?
 初登場は No.100 続・夏が嫌い って話。この頃はミニだった……。

●タカ
 たぶん名前の登場頻度は一番高いと思われるタカ。
 友人、というくくりに?マークをつけてしまいたくなる人物。
 競馬はしないけど賭け事大好き困った人間で、年末ジャンボ宝くじはボーナスの全てを使い込む。……あたったことはないみたいだけど。
 私とは夕食を賭けて勝負を持ちかけること多し。
 最近ではビリヤードで多いかな。
 そんな彼の職業は警察官。それでいいのか日本国家!!
 ほんの些細な一部だが、彼の給料の一端を税金として支払っているのかと思うと、給与明細を引き裂きたい衝動に駆られることがある。
 とりあえず No.21 かまいたちの昼 が初登場だったのではないかと。
 初の賭け試合は、No.31 実況パワフル賭け野球! かな。賭けシリーズはよくやるんだけど、最近ネタにならないつまらん結果が多いんだよなぁ……。

●タカの妹
 のほほんと、おっとりとしている、会うたびに毎度ご丁寧なご挨拶が痛み入る、タカとは似ても似つかない、どう考えてもタカが橋の下の拾われっ子じゃね? と思えるような良い子。可愛いし。弟が惚れるのも無理ないかも。
 でも回転寿司に行くとハムやサラダ、ハンバーグやフライものといった、およそ寿司とは言いがたいものばかり食べる変な子。
 タカもそうなんだけどさ……そこらへんが唯一兄妹っぽい感じ。
 あ、ちなみに弟とはまだなんの進展もありまへん。
 No.216 The 銭湯 で初登場かな。

●ゆうさん
 ハルちゃんの同職場の友人。仕草や言動にどことなくオヤジ臭さが感じられる。何気に離婚歴あり。
 直接的な言動で言いたいことをズバズバ言う、遠慮とかいう2文字とは無縁のお方で、それが高じて私とハルちゃんが付き合うキッカケも作ってくれたのだが、感謝する気になれないのは何故だろう……。
 たぶん、口をついて次々と繰り出されるセクハラ発言が、全てを台無しにしていると思われる。
 初登場は No.141 唐突にゲド戦記を観に行った で、名前だけ登場。
 No.166 9月最初の土曜日 が実質初登場。でもまぁ No.173 彼女のかれぇ 辺りが本領発揮かな。

●上司
 太っ腹で三段腹でビール腹でアレな人。
 本日残業、と宣言すれば恨みを買い、本日残業なし、と宣言すれば美辞麗句の数々を浴びせられる微妙な立場な人。
 たぶんそんなことが相次いでいるからヤケ食いしてあの腹になっちゃったのでしょう。ん? 元からか。
 初登場は No.303 ベースボールヒーローズ2 その2 古木伝説 そして日本シリーズへ かな。まぁ最近異動してからの人なので紹介するまでもない人だけど、ていうかそもそもここに書く必要もないようなきもしないでもない……。

●古木さん
 我が部署に多大な影響を与えるミスを連発する、恐怖の人物。
 彼女がミスをすれば終電まで残業が確定し、彼女がミスしなければ、ほぼ定時に帰れるという、彼女の成長を心から願っているのは我が部署共通の悲痛なる叫び。
 最近では何かあるたびに 「古木め……」 とまで呟かれるようになった。
 名前だけなら初登場は No.303 ベースボールヒーローズ2 その2 古木伝説 そして日本シリーズへ で、上司の呟きからです。

●店長
 私が良く行くゲームショップの店長。
 脱サラ後、牧場で働くかゲームショップを開くか、という羨ましい選択肢に悩んだ挙句、たまたま土地をもっていたためそこにゲームショップを開いてしまったという素性謎なオッサン。髪の毛さえあればとってもダンディー。
 モンハンPの頃は一緒にハンティングに出かけたものだが、P2では私が出遅れたせいで一緒に行ける段階は通り過ぎてしまった。
 店番しながらプレイできる環境が羨ましすぎる。
 初登場は意外に古く、No.24 我慢の限界 からでした。調べてみるもんだね。

●ハルパパ / ハルママ
 ハルちゃんのところのお父さんとお母さん。No.281 両親を比較してみる話 にだけ登場。
 絵に描いたような、見た目理想な円満夫婦。
 両親共に公務員で(お母さんは退職したみたいだけど)、うちとはエライ違いである。
 その趣味である映画鑑賞、クラシック音楽鑑賞はしっかり子に根付いています。
 でも放任主義なので案外大雑把な人なのかもしれない。

●マヤノトップガン
 人じゃないじゃん! というツッコミ不可。
 私の競馬人生を大きく変えたといっても過言ではない名馬。
 取りこぼすことや不可解な敗戦が多かったが、なんといってもGI4勝馬。
 ひとつ勝つだけでも一流の馬なのに、それを4つも勝ったのだ。
 誰もこの馬の名も知らぬ頃から応援し、ここまで成長してくれた。
 今は引退し、種牡馬として子供が競馬場で走っている。
 そう、競馬ってのはブラッドスポーツ。血が織り成すドラマだ。
 今年こそ悲願のトップガン産駆によるGI勝利を拝みたい。
 No.103 名馬ファイル vol.01 の天皇賞・春の末脚を見るべし。

●クリスさん
 クリスの濃い部屋 の管理人さん。
 その名の通り、濃い文章を書くブロガーさんで、私が再びブログを始めるきっかけとなった人でもあります。
 最初からちくちくコメントを頂いており、感謝の念が絶えません。
 その恩人を馬の下に書くところが私の罪なところでしょう。どんまい。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 今のところ思いつくのはこの辺りの方たちでしょうかね。
 思い出すか新しくネタになる人が居たら、随時追加更新していこうかと思います。

 つかなんだ、今回のために色々見直してみたけど、色々思い出してへこむね……竜王様とか恐怖のしりとりとか見てるとさ。
 まぁそんなブログですが、これからもご贔屓いただけたら幸いです。

posted by BlueTasu at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

No.334 BBH2 〜球団対抗戦 その3〜

 球団別対抗戦の予選も今日が大詰め。

 球団別対抗戦11試合目相手戦力値.JPG 球団別対抗戦11試合目相手スターティングメンバー.JPG

 八段中日を相手に、5回、一気に集中打を浴びせ...

 球団別対抗戦11試合目勝利.JPG 球団別対抗戦11試合目結果.jpg

 勝ちました。
 これで4度目の3連戦のうち、2連勝しメダル獲得。

 球団別対抗戦12試合目結果.JPG

 3戦目もキッチリ狙い通り引き分けて、決勝進出決定です。

 2つ勝ち越し.JPG 76試合経過.JPG

 明日からは決勝。頑張りたいと思います。

 追記
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BBH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。