2007年02月27日

No.318 憧れのモンスターハンターポータブル2nd その2

 プレイしていないのに情報はしっかり集めている自分。
 こんな時間あったらライールさんにリベンジするためにデッキでも練れやって気もしなくもないのだが、やっぱり発売したばかりのこちらが気になるので堪忍していただきたい。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 モンスターハンターポータブル2nd(以下MHP2)は、聴いた話や各HPなど検索し拝見したところ、非常に「買い」である1本みたいだ。
 理由としては、PS2版のドスが原型なのだが、それをしっかりPSPに落とし込み、さらにBGロードという、PSPの欠点を可能な限り補うロード時間対策もしてあるということ。ロード時間が長い、という欠点を極限まで補ってあるので、前作でストレスを感じた人にもオススメできるようになった。今後、こういったソフトが増えるんじゃないかなぁと思う。
 それからドスのとき不評の極みであった雑魚敵の強さにもバランス調整が入った。雪山から始まるので、最初蟹に苦戦した方には嬉しい調整なんじゃないだろうか。
 それからそれから、狩りに行かずとも農場などで採取できるアイテムの数々がある。この農場システムは比較的初心者に易しい、PSPモンハンの特徴のひとつで、アクションが苦手でも時間をかけて準備、対策すればなんとかなる、というモンハンというゲームの肝ともいえるバランスが、準備という点においてPS2版より楽になるのはありがたいんじゃないかな。
 さらにMHP1にはなかった施設、トレニャー船などといった要素や、農場拡張などに利用できる、お金とはまた違うポッケポイントシステムなど、シリーズ経験者も今までになかった新しい施設、独自のシステムのおかげで新鮮さを感じられるかと思う。
 あとアイルーキッチンや農場、集会所といったロードを必要とする場所にアイテムボックスがあるのも、なかなか行き届いた配慮だなぁと思った。
 ユーザーが面倒、かつ時間の無駄と感じられる点に、重箱の隅をつつくかのような、携帯ゲーム機の理想とでも言うべきチューニングが施されているようだ、と私は感じ取った。
 断言するのはプレイしていないからできないけど。
 ただ、ドスからの変更点としてサブクエストがなくなったのは残念だが……まぁプレイすれば気にならなくなるだろう、たぶん。

 あとやっぱり、ドスのオンラインであったドンドルマの街の防衛戦イベントや、古龍などといった新規モンスターが移植されているのかどうかは知らないが、轟龍ティガレックスなどのPSPオリジナル追加モンスターの存在も嬉しい。
 こいつから何が剥ぎ取れて、何が作れるのか、楽しみだ。
 コレに関しては自分でプレイして知りたいので、意図的に情報を遮断している。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 まぁプレイしていない段階で書けるのはここらへんまでかな。
 早くやりたい、と何度目かわからない心の叫びを抑えつつ、プレイできる日を夢見て我慢したいと思います。


posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。