2007年02月11日

No.299 映画三本

 今日は先週、約束していたのに熱を出したせいで行けなかった映画に行ってきました。
 まぁ他にもデートらしいことをしてきたのですが、そこらへんは割愛するとして、今日みた映画『守護神』について書きたいと思います。
 今年は他にも『愛の流刑地』や『ディパーテッド』も観たので、それについてもちょこっと書きますかね。

 守護神.jpg

 公式HPは コチラ です。

 まずは今日見た映画『守護神』です。
 ハリウッド版の“海猿”ですね、この映画。

 任務中に大切な相棒を失い、心に深い傷を負ってしまった伝説のレスキュー隊員、ベン・ランドールは、現場を退きレスキュー隊員を育成するA級学校の教官として赴任。
 そこで彼は元高校水泳チャンプである訓練生ジェイクに出会い、人命救助という重さを説いていくといったようなストーリー。

 救難師の本格的な訓練風景や、CGを駆使した迫力ある海難シーンと、見所などはきっちりと押さえられていて、うまくまとまめた感じ。
 男臭さいっぱいの内容で、正直『彼女と一緒に観る映画』ではありませんな。
 まぁそんなことは私もハルちゃんも気にしませんが。
 とりあえず先ほども言ったとおり、うまくまとまめた、という感じですが、微妙に後味が悪かったり……。
 まぁ定番のアレ、『究極の選択』といった奴のせいです。
 リアルではそんなシーンには遭遇したくないですな(^^;

 ――――――――――――――――――――――――――――

 ディパーテッド.jpg

 公式HPは コチラ です。

 お次はこれ、ディパーテッド。
 マフィアに潜入した警察官の男、ビリーと、警察に潜入したマフィアの男、コリン。
 お互い複雑な心境で情報を流し続けるも、やがて警察とマフィアの双方でスパイ探しが始まり...という話。
 これは『インファナル・アフェア』のリメイクですが、私はオリジナル版を観たことがなかったので新鮮な気持ちで観ることができました。
 オリジナルを知っているハルちゃんには、とにかく不満な部分が多かったみたいですが。
 なんでもオリジナルは三部作だったそうで、それを無理やり1本に凝縮してしまったので削除したお気に入りのシーンなどがあったとかなかったとか。
 まぁオリジナルを知っている方にはオススメできないようです。

 でも、とにもかくにも、キャスト陣が豪華です。
 レオナルド・ディカプリオにマット・デイモン、ジャック・ニコルソンにマーティン・シーンなどなど、とにかくキャストで脚を集めれるかもしれないくらいの豪華さ。やりすぎ。
 とくにジャック・ニコルソンが演じたマフィアのボス、コステロ役はハマりすぎ。怖いよアンタ!! 姉の60%くらいの怖さがにじみ出ていましたね。
 これだけはハルちゃんも、オリジナル以上、とニコルソンを褒めてました。
 マフィアのボスとして褒められてニコルソンも複雑かもしれませんが。(でも演技を褒めてんだからいいんだよな?)
 
 ――――――――――――――――――――――――――――

 最後はこれ、『愛の流刑地』です。

 公式HPは コチラ です。

 見つからなかったのでポスター画像はありません。
 公式HPででも見てください。

 つかね、もうこれ、エロぃ……。
 ハルちゃんの友人、ゆうさんに薦められ、原作も知らぬまま観に行ったのですが、まぁエロいことエロいこと。
 ハルちゃんと2人だったらともかく、弟、妹も一緒なのでコメントに困りました。まいったまいった。
 ゆうさん 2人で観に行くと思ってたんでしょうな……気まずいがな。

 ストーリーは、ある朝、作家・村尾菊治が人妻・入江冬香を絞殺し逮捕され、検事の織部美雪が理由を聞くと、『愛しているから彼女を殺した』と言う。彼の言葉に困惑しながらも、なぜ彼女を殺したのか探っていくという話。
 愛しているから殺した、というとんでもない話なんですが、これを薦めたゆうさんのほうこそどうかしているような気がします。
 最後はこれがどのような罪になるのか、という裁判が最大の見せ場。
 『失楽園』のような重い話を連想しがちですが、そんなに後味の悪い結末でもないです。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 ハリウッドの王道映画をご希望なら『ディパーテッド』
 救助をテーマとした、男臭い映画が観たいなら『守護神』
 エロくて緊迫感のある話が観たいなら『愛の流刑地』
 それぞれオススメしておきますが、やっぱ私は王道が一番好きかな(^^

 明日のこと


posted by BlueTasu at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。