2007年02月03日

No.293 もんじゃ焼き

 もんじゃ焼きが食べたい!!

 うちのお姫様2名(ハル&妹)と、鬼(姉)が1匹、口を揃えて言うので、もんじゃ焼きの店『眞田(サナダ)』へと行って来ました。
 関東では一般的に食されている(らしい)もんじゃ焼きですが、関西ではお好み焼きが一般なので、もんじゃ焼きは滅多に口にすることがありません。
 そもそも奈良の田舎ではもんじゃ焼き自体を食べさせてくれる店を探すほうが大変。
 そんな奈良のもんじゃ焼き事情なのですが、昔から眞田では関西風味のもんじゃ焼きを食べさせてくれる店として有名。
 つまり、もんじゃ焼き=眞田、という図がなりたつワケで、もんじゃ焼きを食べようと思ったら眞田へ行くしかありません。

 ――が

 この最寄の眞田は天理店なのですが、ここの立地条件がなんというか微妙。
 住宅街の中に建てられており、また結構複雑な場所にあるので、数年ぶりに行く私はもう全然覚えていなかったり……。
 勘を頼りに進むも、一向に着く気配なし。
 後部座席からは「いつになったら着くんじゃオラァ」などと野獣地味た唸り声が響き渡る始末。
 しかも焦れば焦るほど目的地は遠ざかっていくような気さえします。
 結局店の番号をタウンページで調べて電話をして、ナビをしてもらいながらようやく到着。
 最短距離ならば、おそらく20分程度の道なのですが、1時間以上かかってしまいました。
 ガソリンの無駄使いだよ……。

 ようやくオーダー。

 1/4(1〜2人前)750円
 1/2(2〜3人前)1250円
 1面特大 (4人前〜)2100円

 となっており、5人で来た私らは当然特大の一面を選択。
 その他に、塩焼きそばと、明太子ご飯を各自で注文。
 姉だけは、どて焼きと生ビールを注文し、一人で飲み始めていたのでほっておく。

 もんじゃ.bmp

 こんな感じ。
 できたら小さいヘラで焦がしつつ、ちまちまと食べていく。

「ええぃ、ちまちまと性に合わんわっ!」

 と言って、大きいヘラですくって食べてる姉は邪道。
 はっきり言って他人のフリをしたいが、同じテーブルではそうもいかず、店員さんの視線と周囲の目が痛い……。
 まぁそれでも明太子ご飯も、塩焼きそばも美味しくて満腹。
 勘定の際、みんなさっさと消えてしまったことを除けば、満足なんだけどさ……。

「7250円になりま〜す」

 ……痛いなぁ。



posted by BlueTasu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(3) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。