2007年01月30日

No.290 三国志大戦DSなる日々……ではなく残業の日々

 2月1日から異動なので、大変忙しい状況です。
 そんな中、ヒマを見ては三国志大戦DSでカード集めに精を出してますが、なかなか集まりませんね……。
 現在302種類中、220種類ほどが集まったぐらい。
 難易度を難で集めるのが効率よさげで、激だと8戦目からが勝てません。
 伏せ8体部隊には端攻めでなんとかなるんですが、総武力60以上の三国志オールスターズを破る戦法、誰か教えてくれませんかねぇ……。

 とりあえずカード集めに際して、自分にとって効率の良い、速攻デッキを考えて実践してますので、ご紹介。
 ――といってもそんな大層なものではなく、槍オンリーの部隊を大車輪の兵法で突っ込み、真ん中をこじ開けて許攸の香車戦法で突っ込むというもの。
 仕事帰ってから眠くてうとうとしててもなんとか勝てる戦法で、重宝しております。
 でもこんな戦法、COM以外通用しねーだろうなぁ(^^;

 ちなみに同時購入した未だにウィッシュルームは、まだプレイできてません。
 チケットさん、これ面白い? どんな塩梅かプレイ日記希望ですよん。

 さらにさらに、友人が兼ねてより希望していたPS2ゲーム、『大神』 を貸してくれました。
 いや、この状況で貸してくれてもなぁ……(^^;
 この2本、いつプレイできるのだろうか?

 ウィッシュルーム 天使の記憶.jpg 大神.jpg
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

No.289 三国志大戦DS

 最近 『カルドセプトサーガ』 とか 『BBH2』 だとか、カードゲームばっかりやってる気がしないでもない私なのですが、25日、予告どおり3本目のカードゲーム 『三国志大戦DS』 を購入しました。

 三国志大戦DS.jpg

 同じカードゲームでありながら、カルドセプトはボードゲーム、BBH2は野球ゲーム、三国志大戦は戦争ゲームと、ジャンルが全然違うんですけどね。
 ただ全てに共通して言える事は...

 面白い!!

 んですよね、悔しいことに(何故悔しい?)。
 ファミ通での評価は低かったので気にはなっていたのですが、WiFi機能も充実していて、あの評価はないんじゃないかと思いましたね。
 確かにカードが小さく、文字も見辛い箇所がありますが、むしろ携帯機でここまでアーケードと同じことができていることに驚きです。
 もっと評価すべきタイトルだと思いましたね。
 一緒に同日発売したDSソフト、ウィッシュルームもやりたいのですが、そこまで割ける時間がありません。
 ファミ通の評価だとウィッシュルームのほうが上だったんですが、果たして...

 昨日、やりすぎて気がつけば朝になってました。
 電池マークが赤に光り、目も真っ赤。
 次の日仕事休みとっといて良かったよ……。

 このゲーム、何が一番面白いかと問われれば、ちまちまとカード集めしていくのも良いのですが、なんといっても対戦に尽きます。
 会社の同僚と一緒にワイヤレス通信、燃えます。
 戦略をねって、デッキ組んで、頑張って部隊を動かして城攻めて...勝った時はこの上ない達成感が、負けたときは本当に悔しい。
 負けた原因がわかりやすく、次は、次は、と向上心に繋がるのも良いです。
 こりゃ家にネットが来たら、WiFi対戦も楽しみだなぁ。

 しばらく三国志大戦DSをやりこむことになりそうです。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 本日ギャロップレーサーONLINE の第2回クローズドβテストが開催されてますが、それに参加できないのは三国志大戦のせいじゃないよ、という一言だけは付け加えておきたいと思います(^^;
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

No.288 期待馬(?)登場

 

 1/20(土) の京都6R新馬戦にて、ゴールデンキャストの甥という期待馬、オーシャンエイプスが鮮烈なデビューを飾りました。
 いやぁ、トップガン産駆で新馬戦をここまで圧勝した馬っていないんじゃないのか? と思うほどの快走でしたね。
 これが武豊騎手の今年初勝利だったそうで、これからこの馬と共に勝ち星を積み上げていって欲しいなぁ、と思います。
 にしても、名前は日本語訳すると、海猿?
 野生的な名前ですが、気性の方は大人しく、鞍上の言うことをよく聞き分ける良い子なのだそうで、ドリーム競馬でもそこを褒めてました。
 頑張ってもらいたいです。

 ディープの名を全国に轟かせた若駒Sでは、モチが逃げ粘り。
 私のPOG馬、クルサードは敗れてしまいましたが……小田切ファンにはたまらないレースとなりましたね。――レベルの方は疑問ですが。

 

 モチ粘る! モチ粘る!
 新聞記事のタイトルに困らないでしょうね。

 AJCC杯はマツリダゴッホとインテレットの馬連と、3着シルクネクサスを加えた3連複をGETし、今年初的中となりました。
 続く平安Sでもサンライズバッカスから流した馬連がなんとかかすって馬連GETと、先週の負けを取り戻して余りある成果をあげました。
 これでBBH2ができるなぁ。

 ディープ引退でどうかと思った今年の競馬。
 海猿に頑張ってもらいたいです。
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

No.287 コードギアス 反逆のルルーシュ その2

 コードギアス1巻.jpg

 以前紹介した『コードギアス 反逆のルルーシュ』 は毎週欠かさず見るようになりました。
 んで、コードギアス 反逆のルルーシュのコミックス版を、大阪へ行く電車内での時間つぶしのため、買ったのですが――

 ・
 ・
 ・

 ――失敗した。

 アニメ版とは大分異なり、学園モノとして描かれています。
 ナイトメアフレーム(ロボットの名称ね)も出てきませんし、期待していなかったとはいえ、それを差し引いてもガッカリな内容でした。
 ギアスでの失敗も、アニメ版では1度で気付いたにも関わらず、漫画版では2度も失敗していたり、カレンたちが追われる原因も毒ガス奪取ではなく、クロヴィス像にいたずらしちゃったから、というなんとも情けない内容。
 アニメ版でも色々突っ込みたいシーンが多いのに、漫画版は輪を掛けて馬鹿やってます。
 必死になってアニメ版をなぞってる感じではありましたケドね……。
 2巻が出たとしても、買うかどうかは微妙ですなぁ……。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 アニメのほうは、うちの地域では14話まで終了しました。
 全25話予定ということなので、そろそろ大詰めに向けて人物が出揃い始めたといった感じでしょうかね。
 ゼロの正体もどんどん知っている奴が増えてきましたし。
 毎週楽しみがあるというのはいいことだなぁ、と思います。

 新OP & 新ED & おまけ
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

No.286 近況とかBBHとか

 ようやく日時が決まりました。
 2月2日に回線工事が行われるそうで、あと2週間ほどの我慢、といったところですかね。

 ――が

 2月1日付けをもって、単なる部署異動だったはずが、何故か今いる会社から本社のある大阪へ栄転となってしまいました。
 そんなこたぁアンタ、引っ越し前に言ってほしかったよ。
 幸い駅に近いところに家を購入したので、大阪へは乗り換えなしの1時間ほどで会社へ行けるんですけどね。
 でも、ハルちゃんと職場が離れ離れになるというのはセツナイ。
 まぁ仕方ない、心機一転頑張るしかないですね。

 ちなみに本社栄転のことを話した瞬間のハルちゃんの第一声が、

「浮気したらあかんよ」

 ……なんでそんな信用がないのだろうか。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 話題変更。
 今月はゲームと言えばベースボールヒーローズ2くらいしかやっていないのですが、DSで25日発売の三国志大戦を予約しました。
 なんかアーケードで凄い盛り上がってますね。
 BBH2をプレイしている背後で楽しそうな声が聞こえてきます。
 元々ああいった対戦ゲームには興味があったので、ソフト料金しかかからないDSでプレイしてみたいと思います。
 ハマったらこれもまたゲーセンで金をつぎ込んでしまうのだろうか……。

 BBH2は現在のところ7勝6敗3分で、ようやく初段となりました。
 これで全国ペナントの猛者たちと対戦することができます。
 それに加え、GR石井琢朗と、SP三浦大輔も購入。
 そこで唐突ですが、今のところBBH2にいくらつぎ込んだのか計算してみました。

 現在16試合プレイしましたが、1ゲームは300円 or 500円で、私は2回だけ300円プレイをしていますので...

 2×300=600円
 14×500=7000円

 プレイ料金は7600円かかってますね。
 あとはカード代。
 ベイスターズの選手は16試合やって木村 省吾選手しか出てないんですよね……。
 まぁ12球団ありますので、確率的にはそんなものかもしれませんが。
 残りのベイスターズ選手は、カードショップで購入しました。

 (GR)石井 琢朗 2350円
 (SP)金城 龍彦 860円
 (黒)金城 龍彦 300円
 (SP)村田 修一 580円
 (黒)村田 修一 150円
 (黒)藤田 一也 150円
 (黒)佐伯 貴弘 250円
 (黒)吉村 裕基 150円
 (黒)相川 亮二 150円
 (黒)小池 正晃 150円
 (黒)内川 聖一 150円
 (黒)種田 仁 200円
 (黒)多村 仁 300円
 (黒)多村 仁 300円(旧カードを間違えて購入)
 (白)田中 充 100円
 (白)鈴木 尚典 100円
 (白)古木 克明 100円
 (白)河野 友軌 100円

 野手で6440円也

 (SP)三浦 大輔 680円
 (黒)那須野 巧 150円
 (黒)土肥 義弘 200円
 (黒)吉見 祐治 150円
 (黒)門倉 健 150円
 (黒)クルーン 200円
 (黒)川村 丈夫 200円
 (黒)木塚 敦志 150円
 (黒)加藤 武治 200円
 (白)高宮 和也 100円
 (白)山北 茂利 100円
 (白)岸本 秀樹 100円

 投手で3480円也

 以上を合計すると...17520円也
 2万はいってると思いましたが、まだ大丈夫でしたか...
 でも(SP)クルーンが欲しかったり、他にもセカンドチームとしてネタチームを作りたかったりするので、まだまだお金をつぎ込んでいきそうな気配です。

posted by BlueTasu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | BBH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

No.285 久しぶりですいません

 なんとかシブトク生きてます。
 会社で部署異動が行われることになり、会社での更新すらできない状況となって来ました。
 2月頭くらいに工事が来るはずなので、それまでは世を儚みながら未だ整理すらままならぬ新居のために微力を尽くしたいと思います。

 といいつつ、ゲームはちゃっかりプレイしている私。
 現在のところ――

●ベースボールヒーローズ2
 しっかりハマってしまいました。
 会社の帰り、なんとか隙を見て1日1プレイでも、と奮闘中。
 現在3勝6敗2分という成績で、最初5連敗したときはやめようかとも思いましたが、最近なんとか勝てるようになってきましたかね。
 カードは近所に色んなカードを扱っているショップがあったので、横浜ベイスターズの選手を1枚50円〜500円で購入。
 しかし、まだ主力選手が揃っていないので戦力的に厳しいです。
 具体的に言うと、看板選手でもある遊撃手の石井琢朗と、エースのハマの番長こと、三浦大輔投手がまだおらず、これは横浜ベイスターズと呼べない有様。
 ネット環境が整っていれば、ヤフーオークションとかで揃えれそうなんですけどねぇ……。
 とりあえず現在のメンバーは...

 1番ショート  藤田 一也
 2番セカンド  種田 仁
 3番ライト   金城 龍彦
 4番センター  多村 仁
 5番ファースト 佐伯 貴弘
 6番サード   村田 修一
 7番キャッチャー相川 亮二
 8番DH     吉村 裕基
 9番レフト   小池 正晃

 といったところ。
 ただし7〜9番の下位打線は、調子次第で内川、古木を起用します。
 あとは代走と外野の守備に田中 充、内野の守備に木村 昇吾、代打に鈴木 尚典が控え。

 一方投手は...

 先発:門倉 健、土肥 義弘、吉見 祐治、那須野 巧に加え、何故かロッテの清水 直行を使ってます。
 清水は3戦目で出た綺羅カードで、三浦大輔が手に入り次第交換予定です。
 あとはリリーフに、木塚 敦志、加藤 武治、川村 丈夫、クルーンのクアトロKの4人で、ワンポイントに(使ったことないけど)高宮 和也、山北 茂利、岸本 秀樹の3人が控えています。
 リリーフ陣は優秀なので、吉見、那須野あたりの先発が5回まで耐えてくれたら助かるんですけどね……今のところその2人が負け頭になっちゃっています。

 あと多村(現ホークス)と門倉(現ジャイアンツ)を使用するかどうかは迷いましたが、工藤や仁志、寺原を使わなければ問題はないだろうと、また思い入れの差から、多村・門倉の両名は使用することにしました。
 カードのイラストだってベイスターズだしね。

●テイルズオブディスティニー(PS2版)
 仕事の人が貸してくれたので、久々のRPGということで始めました。
 テイルズも随分変わったもんだ、と思いながらも結構楽しんでやってます。
 やっぱディスティニーは傑作だと思うのよ。

●ギャロップレーサー インブリード
 といっても8しかやってませんね。
 もちろんオンラインをプレイするに辺り、練習的意味合いが強いですが。
 タイトルコレクションで、マヤノトップガンをいかに活躍させるか、ギャロップスタリオンでマヤノトップガンの仔でいかに強い馬を作るか、と言った具合で頑張ってます。

 ――ヤネがヘボイせいで全然ですが。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 とりあえずBBH2が今のところメインでプレイ中ですな。
 つか、綺羅カードがロッテの清水直行しかでないんですけど……(現在そればっかり3枚持ってる)どういうこと!?

posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BBH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

No.284 理不尽な臨時支出システム

 テレビが足りない。
 下のダイニングにはハルちゃんの家にあった薄型液晶テレビの32型のを設置。
 私とハルちゃんの部屋には、私の持っていた28型テレビを、弟の部屋には、弟の持っていた16型テレビをそれぞれ設置した。
 しかし唯一、妹の部屋にはテレビがなかったりする。

「しゃあないな、引越し祝いや」

 ということで、珍しく――本当に珍しくだが、姉と親父が結託し(想像するだけでイヤな構図だ)、妹にお年玉代わりにテレビを買ってやろう、という話になったらしい。
 らしい、というのは私の知らないところで水面下に進んでいた話だからだ。
 妹はダイニングや弟の部屋で観るから必要ない、と言うのだが、1人だけないのは可哀想だと姉と親父は思ったそうな。
 そう思うんなら弟の16型テレビもなんとかしてやれよ、と思うわなくもないのだが 「男子たるもの、自分のものは自分の稼ぎでなんとかすべし」 などという、男女差別的な教訓が我が家には存在するので、私の思惑が現実になることはない。

 ともかく、姉と親父がお金を出し合って、妹の部屋にテレビがやってきた。

 アクオス.jpg

 シャープのアクオス20型薄型液晶テレビ、その価格、7万円強。
 当初の予算は5万円程度だったそうだが、何故か予算を軽く2万円オーバーしたブツがやってきたわけである。
 男の私が言うのもなんだが、これだから男の買い物は、などと思わなくもない。
 そんなこんなで鳴り物入りした薄型液晶テレビ。
 妹が出かけている間に業者の方が設置し、きちんと映るようチューナーも接続し、チャンネルなどを確認作業――しているときに事件は起きた。

 妹がいないので一応家主である私と、購入者である姉が代表してその作業を見守っていた。
 そこで業者さんにリモコンを手渡され、その様々な機能を解説してくれる。
 姉は横目でその説明を聞き流している状態。
 私は妹に伝えねばならないので、データ連動やら、天気予報の見かたなど、およそテレビらしくない説明を聞いていた。
 時にはこのボタンは何か、などといった質問もしていたのだが、それを横で聞いていた姉が、何故か番組表が見れるというくだりに反応。
 見せろ見せろといきなり横で騒ぎ出す。
 癇癪を起こされては敵わないので、望みどおり番組表、というボタンを押して見せてやる。
 が、番組表の見たかったチャンネルが違うかったらしく、「違う、9時からの番組表が見たいんだ」 と言い放つ。
 私は慣れないリモコンとにらめっこしつつ、番組表の画面をスクロールさせるにはどうしたらいいのか、と業者さんに聞くのだが 「そんなもん説明されんでもわかるやろ、ええからワシに貸してみ!」 とリモコンをふんだくる様にして私から奪おうとした。
 が、力任せにリモコンを奪ったものだから、手からリモコンがすっぽ抜け、買ったばかりの薄型液晶テレビの液晶部分を直撃。
 その瞬間、

 びきっ

 という、実にイヤすぎる効果音が鳴り響いたのである。
 液晶というのは、兎角強度に問題があるわけで、リモコンが勢い良く直撃したこの場合、まず助からない。

「……あ〜、液晶が割れちゃってますねぇ」

 業者さんがため息混じりで 「即死」 という診断結果を報告する。
 保険は、保険は利かないんですか! と必死の形相で私は詰め寄るが

「いや〜……言いたくはないんですが、物損になりますから利かないかと」

 と、まことに困った顔をされる。つか、マジで困っている。
 そりゃそうだ。設置しに来た人の目の前で、まさか液晶がリモコンをすっぽ抜けさせて割る、などという事態に出くわす確率は限りなく低いはずだ。

「修理費は? 修理費はどれくらいかかんねんっ!」

 姉も必死の形相で業者さんに詰め寄る。
 私なら姉にこんな顔をして詰め寄られたら、即座に逃げるね、間違いなく。

「すいません、上司に聞いてみますんでちょっと待ってもらえますか?」

 しかし業者さんは姉の威圧感に気おされながらも、どうにかこうにか言葉を搾り出したのであった。

 ・
 ・
 ・

「修理費、5万円だそうだ」

 後日、このテレビを購入した電気ショップの方から連絡が入った。

「まぁ、13万円のテレビを買ったと思えば……」
「でもそれ、このダイニングにあるテレビ(32型液晶)と同じ値段だよね」
「………」

 修理費のことは知らん、と姉と親父は逃げ出した。
 残ったのは電源をつけてもつけなくても真っ黒な画面なだけの、薄型20インチ液晶テレビ。
 引越しで何かと入用で、ボーナスも吹っ飛び、溜め続けた貯金もすっからかんとなった私に、姉は何ゆえ? どうして? このような臨時支出を押し付けるのだろうか……。

 今年の冬は寒い……。

posted by BlueTasu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

No.283 今更振り返る私の2006年

 年末ともなると、今年はこういう年だった、的な感じで1年を振り返る特番がたくさん放映されるわけだが、自分自身の06年は一体どういう年だったのか?
 シェイクするとカラカラと軽やかな音がする頭ではあるが、頑張って思い出していきたいと思う。

●ゲーム
 一応このブログ、ゲームのことがメインなので、まず最初にそれについて振り返ってみる。
 まずは1月から2月にかけて、とかく『モンスターハンター』漬けの毎日だった。
 1月はポータブル、2月にドスが発売してからはそれオンリー。
 今年1番遊んだゲーム、は間違いなく『モンスターハンター2』だった。
 これをオンラインでやりたくて、ISDNから光にようやく変更できる環境が整ったんだよな。
 もしこれが発売されなかったら、今もまだISDNだったかもしれない。
 でも今じゃもう、ISDNの回線速度に戻れないね。
 そういう意味でもモンスターハンター2には感謝である。
 他には1月前半、お正月に友人から貸していただいた『Fate/stay night』『Fate/hollow ataraxia』にハマったくらいかな。

 3月はブログを立ち上げた日、3月16日とともに発売された『FF12』が最大の焦点。
 これは1ヶ月も持たなかった様に思うが、前半はとても面白くプレイできた。
 ストーリーを進めるにつれ、そのストーリー自体に嫌気がさしたけど(^^;
 一応クリアはした、06年唯一の据え置き型ゲームのRPGクリアタイトルになっちゃったな。

 4月は『マザー3』かな。これもまぁクリアした。
 面白いか? と聞かれれば微妙だったりもしたけれど、少なくともFF12のようなストーリーよりは、断然こちらのほうが好みだった。

 5月は光回線開通に伴い、モンハン熱が再発。
 あとは『テトリスDS』と『街』のPSP版、それから『いただきストリートP』辺りをプレイしていた。
 改めて思い返すと、モンハン以外携帯ゲームばっかりだ。
 これはまぁ1週間ほど入院していたせいなんだけど(^^;

 6月は『つよきす』が思い返されるね。万人にオススメできるわけではないが、あれは面白かった。
 あとは5月に続き『いたスポ』ともちろん『モンハン2』くらいかな。
 忘れちゃいけないのが、人生初のサバイバルゲーム。
 これ、TVゲームじゃないけど、この遊びは本当に面白かった。
 翌日、筋肉痛に見舞われたけど面白かったね。
 もう一度やりたいんだけど、1人じゃできないしな……。

 7月は『あやかしびと』に手を出した。
 最初は面白かったんだけど、画竜点睛に欠けるゲームだったかな。
 もう一度はできないね。
 そして7月最大の転機といえば、『DOCO』を7月の22日付で終わりにしたこと。
 まぁほっといても9月の末でサービス終了だったわけだけど、今までためてきたデータロストという憂き目に合い決断した。
 DOCOは2年以上、ずっとプレイし続け、文字通り一時代の終焉を意味した。
 競馬のオンラインゲームの難しさが良くわかったね。
 でももう一度復活するなら、またやりたいゲームである。
 あと7月は、パワプロ13のオンライン――結局レベル50程度で見切りをつけたけど――にハマり、後半はPSPにずっといたスポが挿さっていたのを 『ダビスタP』に変わったことくらいかな。
 でも『ダビスタP』とか、イマイチ乗り切れなかったなぁ。

 8月は先月から始めた『ビリヤード』と『ダビスタP』と『極魔界村』、それから『ファミスタオンライン』をちょこちょこプレイしていたくらいかな。
 夏は嫌いなんで、ゲームもあまり乗り気がしない。
 DOCOやめちゃうのは早かったな、なんて思ったりもしたかな。
 反動で、一番ブログ更新に熱心だった月になったけど。

 9月は何と言っても『ファンタシースターユニヴァース』に尽きるかな。
 すぐやめちゃったけど、私の肌には合わなかった。
 思い返すと、前半はDOCO、後半はそれに変わる何かを求め迷走していた気がするな。
 あと『つよきす』のPS2版もプレイしたくらいかな。

 10月は『みんなのテニス』をほんのちょっとと、『ダビスタP』、『シャイニングフォース・ネオ』をプレイしたくらいかな。
 仕事と私生活が忙しくてゲームをほとんどやらなかった月だ。

 11月・12月はなんといっても22日に発売された『カルドセプトサーガ』オンリーの日々。
 発売をもうどれほど待ち望んだことか!
 それだけにあの出来には裏切られた気分だけど……まぁそれでも今年一番ブログで取り上げたゲームかな。
 クリーチャーカード一覧は保存版かもしれん。
 つか、年末は本当にコレしかやらなかったな……。

 総合すると、昨年1番遊んだゲームは『モンスターハンター2』で、次いで『カルドセプトサーガ』と『DOCO』辺りかな。
 今年はまだわからないけれど、『GRO』辺りが今のところ有力か?

 ――――――――――――――――――――――――――――

●映画・本・アニメ
 06年は『サーラの冒険』が完結した年である。
 十年以上を待った身としては、なんとも感慨深い言葉だ。
 このブログで散々語ったが、私の中で金字塔として聳え立つファンタジー小説となったね。
 他には作家さんでいうと、東野圭吾作品を例年より読み漁った年となったかな。
 茅田砂胡氏は変わらず読み返してるけど、なかなかその面白さを伝え難くて、ブログではもっともっと書きたいんだけど敬遠気味。
 文章力というか、表現力がもっと欲しいなぁ……。

 映画は『ゲド戦記』をきっかけにしてハルちゃんと付き合い始め、その映画好きの彼女の影響もあってか、最も映画館に足を運んだ年となった。
 『スーパーマンリターンズ』『007カジノロワイヤル』辺りが私的ヒット。
 そのほかにも色々観たんだけど、あんまり書いてないな(^^;

 アニメは10月から放映された『コードギアス 反逆のルルーシュ』が私的大ヒット!
 今年最もブレイクするアニメじゃないだろうか、などと個人的にも予想しているんだけど、どうかなぁ。
 深夜放送というネックを超えた更なるヒットを期待したいね。

 ――――――――――――――――――――――――――――

●私生活
 一番変わったのが、言うまでもなく『ハルちゃん』という彼女ができたことでしょうかね。
 比較するのは失礼な話だけど、今まで付き合った女性の中で、最も早くに進展し、最も深い仲に進展しているような気がする……とか書くと色々つっこまれそうだけど(^^;
 今年は新居を建てたりなんかしちゃったので、接する機会が大幅に増えた。
 出来ることならこの仲の良さを維持し続けて、一緒に過ごして行きたいなぁ、などと思う。
 つか、そう祈ってお参りした後、凶のおみくじを引き当てたりなんかしちゃったけどさ……。

 あとは5月に極めて軽い胃潰瘍で、1週間ほど入院したことかな。
 私はストレスが胃にダイレクトで来ちゃう人間のようなので、これからも常にストレスを発散する方法を模索していきたい。
 そのためにというか、ストレスの一番の原因を遠ざけるために新居を建てた、という点。
 今まで恐ろしく時代を経た屋敷に住んでいたわけで、これからの生活が劇的に変化する年になりそうだなぁ、などと思う。
 大変にはなりそうだけど、その分快適にもなったし、ハルちゃんや弟、妹らとと共に頑張って行きたいな。
 姉との関係は常に圏外というのが理想なんだけど……。

 ――――――――――――――――――――――――――――

●まとめ
 総括すると、色々と人生において転機となる1年だったと思うんですな。
 うん。
 07年はもうちょっとおとなしく、でも楽しく過ごせたらなぁと思いますです。

posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.282 ベースボールヒーローズ2 その1

 BBH2.gif

 近所のゲームセンターにベースボールヒーローズ2(以下BBH2)が入荷したと友人から教わった。
 BBH2とは、プロ野球球団の監督となり、試合で采配を揮ってチームを勝利に導くゲームのことである。
 私は競馬も好きだが野球ゲームも好きで、特に監督となって采配を揮うことのできる野球ゲームが大好きだ。
 かつてはベストプレープロ野球のPC版で、オンラインペナントを楽しんだりもした(つかまだやってるところがあったら、またやりたいんだけどな)。
 あの興奮、楽しさがゲーセンでまた味わえるとなれば、これは是が非でも行かねばなるまいて。
 色々忙しいのだが、ソレはソレ、コレはコレ。
 遊べるときにきっちり遊ばないとナー、ということで早速足を運んでみた。

 まずは『e-AMUSEMENT PASS』というカードを購入しなければ、記録を保存できないらしいので購入。

 BBH2 e-AMUSEMENT PASS.jpg

 これで400円也。……高ぇ。
 パスを購入したら空いてる席へ行き、購入したばかりのカードを挿入。
 で、まずは球団登録――当然横浜ベイスターズだ。
 監督登録は――ブルータスで、背中には『BLUE TASU』と入力。
 お次はお顔の設定――これは白人のメガネを掛けた知将風にした。
 選手登録は――カードがまだ1枚もないのでスキップ。

 ここからは試合を行うために別料金。
 9回までの1試合分を行うためには――500円也。……高ぇよ。
 1試合終わると、カードが2枚出てくる。
 4回までなら300円でプレイ可能だが、カードは1枚のみだ。
 とりあえず500円投入して、1試合をプレイしてみることにした。

 まずはオーダー設定。
 私は1枚も選手カードを持っていないので、ノンカード選手の横浜選手がずらりと顔を揃えた。
 早くベイスタの選手カードが欲しいなぁ、とは思うが、揃えるまでにいくらお金が掛かるのやら……。
 とりあえずエースの三浦は調子が悪そうなので、左の土肥を先発に設定。
 後は打順で、5番の村田を4番に、4番の佐伯を6番に、9番の吉村を5番に、あとは1番ずつ後ろにずらした。
 そんな設定をしているうちに対戦相手が決定。
 三重県のスネークさんという、中日ドラゴンズ使いの7級の方らしい。
 ちなみに私は初めてなので9級だ。

 試合は1球勝負でスピーディーに展開。
 時折サインを交えて勝負を仕掛けるのだが、どのサインが有効なのかサッパリわからん。
 1試合に18回分のサインを送ることが可能で、あとは選手交代が8回、VSモード(後ほど詳しく説明)が5回分可能らしい。

 プレーボール。

 先攻は私。
 さっそく先頭打者の石井琢朗がヒットを放つ。
 そこで果敢にもノーアウトから盗塁のサインを送るが、谷繁の強肩に阻まれチャンスを潰す。
 その後もどんどんチャンスを潰して、ヘボ監督振りを遺憾なく発揮――誰かタスケテ……。

 相手の攻撃は、先頭打者の荒木が同じくヒットを放ち、続く井端が進塁打というサインをベンチから受け、ヒット。
 いきなりノーアウト1,2塁のピンチ。さすがセリーグ1の1,2番コンビである。
 さらに続く3番、福留にもタイムリーを打たれ、速攻先制を許す。
 ……何点とられるんだろう、などと1回から戦意喪失気味になるも、4番ウッズ、5番アレックス、6番森野を打ち取り1点で抑える。
 このままなんとか1点差で、などという願いは虚しく、相手は1回に続き、2回、3回と1点ずつ加点し、たぶん余裕の笑みを浮かべているだろう。
 
 しかし5回の表。
 絶好調の石井琢朗が安打を放ち、種田が続き、村田、吉村、佐伯の3人で2人返して1点差に詰め寄る。
 これで試合はわからなくなった……などと思ったのだが、6回の裏に土肥から代わった加藤武が相手のVSモードで、こちらのど真ん中勝負の投球を読まれて長打を許し、2点追加された。

 VSモードとは、どこに投げるか、どこにヤマを張って打つか、という対人戦ならではの駆け引きによる勝負。
 打者のヤマを外せば打ち取れ、打者のヤマが当たれば鋭い打球を飛ばせる(大抵はヒットかHRになるが、稀に野手の正面をついてアウトになる)一か八かの勝負を挑めるモードのこと。

 先ほども述べたが、VSモードは1試合に5回仕掛けることが可能で、すっかり忘れていた私は7回表、ランナーが出るとすかさずVSモードを発動。
 チャンスを広げ、さらにVSモードの連続で2点を返し1点差まで詰め寄ることに成功した――が、相手はエース川上をリリーフに送ったりなど、ペナントではとてもじゃないが見られない豪華継投策。
 8回には川上、9回はストッパーの岩瀬に三者凡退を喫しあえなく敗退した。

 BBH2 初試合結果.jpg

 試合後、2枚のカードが手に入ったが……木村? ダレダソレ……。

 BBH2 木村昇吾.jpg BBH2 小田智之.jpg

 ・
 ・
 ・

 数十分程度の1試合で、500円は決して安くはない。つか、私の金銭感覚なら間違いなく暴利。
 だけど、面白い……面白いよ、ど畜生。
 ヤバイ、ハマっちゃうかも……。
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | BBH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

No.281 両親を比較してみる話

 唐突だが、私がハルちゃんの両親のことを聞くと「ごく普通の両親」という、なんとも判断し辛い解答が返って来た。

 私に父と母がいるように、ハルちゃんにも父と母がいる。
 私の母はともかくとして、父はもう大変な人物なので、とかく、普通の父親、というものを私は知らない。
 いや、一応漫画や小説、また友人知人などの父親の話など、知識として、理想的、といった父親像の存在は知っているつもりだ。
 なので、ハルちゃんが言う、普通の両親というものを、もう少しだけ詳しく聞いてみたいと思う。
 
「趣味は?」
「映画と、クラシック音楽をよく聴いてるね」

 そうか、ハルちゃんの映画好きは父の影響か。

「んにゃ、母も映画好きよ」

 そっか。
 確かに映画が趣味、というのは普通のような気がする。

 ・
 ・
 ・

 うちの親父の趣味は……とにかく酒を飲む、だなぁ。すっげぇ迷惑。

「特技は?」
「父は日曜大工、かなぁ。なんか色々頼まれて作ったりしてるよ。母は家事!」

 母の家事が得意ってのは、普通と言うには抵抗があるような……。
 でも大工仕事が得意なお父さん、ってのは普通かどうかはともかくとして、いいね。

 ・
 ・
 ・

 うちで日曜大工の道具は、凶器なんだよなぁ……。 
 酔っ払った親父が金槌を投げてガラス割ったこともあるし、姉に木槌で殴られて何針か縫ったこともあったなぁ。
 ……自分で言うのもなんだが、よくグレずに育ったもんだ。

「仕事は?」
「父は役所で働いてるよ。母はスーパーでパートに行ってる」

 堅実だなぁ。

 ・
 ・
 ・

 うちの親父は木材加工と的屋と道場か……まだ仕事あるんかぃな。 

「他には?」
「父が好きな球団は巨人で、よくビールを飲みながらテレビ観てるよ」

 この関西で巨人ファン、という以外は普通だ。

 ・
 ・
 ・

 親父は阪神ファンで、焼酎を飲みながら観ているな。
 負けるとちゃぶ台ひっくり返して、後片付けが大変なんだよなぁ……。
 
 総合すると、駄目だ、うちの親父。

 などと、そんな風な会話を車内でしているうちに到着。
 そう、これらはハルちゃんを実家へ送る車中での会話。
 そこで初めて会ったハルちゃんのお父さんとお母さんは、温和な笑みをを浮かべた、まさに(私にとっては)理想を絵に描いたようなご夫婦で、家もごく普通の――ちょっと裕福そうな庭付き一戸建て住宅だった。
 場所は少し辺鄙なところだったが、うちの実家より何十倍もマシだし。
 確かにハルちゃんのコメント通り、普通、という言葉が良い意味でピッタリだった。

「はじめまして、BlueTasuさん。いつも娘はお世話になっております」
「いえ、こちらこそ、いつもお世話になっております」
「BlueTasuさんのことは、よく娘から聞かされていたんですよ。今日会えるのを楽しみにしてましたよ」
「どうぞ、ゆっくりしていってくださいね」
「いえ、今日はもう遅いですし、どうぞお構いなく」
「いやいや、お酒は車だから駄目だろうけど、夕食くらいは食べていってくださるんでしょう?」

 などと、会話もこんな感じ。

 ・
 ・
 ・

 これがもし、例えば妹が彼氏をうちに連れてきた場合の親父だったら...

「おお? ワレよう来たのぉ。なんや、娘が世話になっとるらしいのぉ」
「いえ、こちらこそ、いつもお世話になっております」  
「ワレのことはアレから聞いとるわ。今日会えるんを た の し み に してたんやでぇ。まぁゆっくりしていけや」
「いえ、今日はもう遅いですし、どうぞお構いなく...」
「ああ? ええから酒でも飲んで、じっくり男同士語り合おやないか!」
「いや、車が...」
「なんや? ワシと酒は飲めへんゆうんかっ!?」

 たぶん、こんな感じ。つか、絶対こんな感じ。
 ……天と地ほどの差があるね。
 もし、もし私とハルちゃんが結婚することになったとしたら、一番の障害はうちの家族のような気がしないでもないんだけどな……。

 笑えん……。

posted by BlueTasu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

No.280 新年のご挨拶 及び 近況

 今頃ですが、あけましておめでとうございます。
 昨年、ご贔屓にしていただいた方、ありがとうございました。
 今年も1月は更新が滞りがちになるかもですが、よろしくお願いいたします。
 そう言えば去年の今頃は、ブログのことが姉にバレて書けなくなっちゃったなぁ、というほろ苦い思い出が蘇るわけで……。
 今年は昨年の年末に引越しというイベントのお陰で、ネットに接続できない状況が続いており、更新が滞っているのでありまする。

「ちっ、今日も更新してやがらねぇ……」

 と舌打ち混じりで毎日覗いてくださっている方、本当にすみません。
 とりあえずある程度の文章を書き溜め、会社か、もしくは実家で送信するという状況が続きそうで……新しい家にネットが開通するのは、2月頭。まいった、耐えられん。
 なんとかならんのか、えぬてぃてぃ。

 話変わって、昨年のお話...

 家が完成し、引渡し、引越しが12月28日のこと。
 会社は30日まで出勤予定だったのですが、さすがに有休をとらせてもらい――上司がものすごく苦い顔をしていましたね。
 家は2階建てで、1階は玄関、トイレ、バスルーム、洗面所、リビング、ダイニング、キッチン、和室、物置。
 2階に3部屋という構成。
 今まで江戸時代のような屋敷に住んでいたので、最近の、最新の住宅に住むことなど初めての体験で、もの凄く落ち着かない。

 玄関には鍵が2つあり、インターフォンも当然あります。
 でっかく、重たい門がそびえているだけの実家には、そんなもんありまへん。
 カメラも備えてあって、誰が来たのか、そのカメラを通して知ることが出来るし、録画、録音もできます。
 これにより、ピンポンダッシュをしても映像が残ります。
 えらい時代になりましたな……楽しかったのに、ピンポンダッシュ。
 トイレはもちろん水洗で、実家のように穴が開いただけの便所ではありません。
 私はありませんが、昔親戚の子が落ちてエライ騒ぎになりましたな。
 バスルームはボタンひとつでお湯が張られ、設定温度になると知らせてくれるので、もの凄く便利。
 実家のように薪を割る手間もかかりませんし、何分焚くかタイマーで計る必要もありません。
 当然シャワーもついています。実家ではありませんでした。
 なにやらボタンを押すと泡が吹き出しますし、小型ながらテレビもあります。
 洗面所、キッチンでは当然のようにお湯が出ますし、和室の照明もリモコンで調整できます。
 物置にも床がごそっと抜けて、いけのめだか が何人も入れそうなほど収納スペースがあります。
 実家のように、何かとろうとすると山が崩れるかのような、そんな危険な物置にはならないでしょう。

 ……今更ながら、今までとんでもないところに住んでいたんだなぁ、と思いますね。

 2階の各部屋には、一番広い部屋に私とハルちゃん、あとは弟、妹に割り当てました。
 荷物は引越し業者には頼まなかったので、28日は生活に必要なものを運ぶのに終始。
 軽トラックを借り、冷蔵庫やら洗濯機やらベッドを積み込み、新居と実家&ハルちゃん家を何往復もしました――しんどい。
 生活に必要不可欠な家電類――冷蔵庫はハルちゃんの家の、洗濯機は実家のお古をいただきました。
 もうお金ないもん……。
 つか冷蔵庫が重すぎ。
 かなり大きい冷蔵庫だったので、ハルちゃん家から出すのに一苦労です。
 1階まで運ぶのに苦闘し(エレベータなんぞ使えんから4階から階段で降りたさ!)、積み込むのにまた苦戦。
 素直に象さんかアリさんマークの業者さんに頼んだほうが良かったかなぁ……。
 29日、30日は必要なものを買うために車で走り回り、31日はハルちゃんを実家に送り届け、元旦には初詣やらなんやらで大忙し。
 つか、おみくじ引いたら凶ってなんじゃい、こら!
 2日、3日になっても荷物は片付かず、まぁボチボチとやるしかないですな。

 弟と妹の荷物を運び込んだりで、とりあえず自分の部屋にテレビもない状況、というのは寂しいものですが……。
 そういった環境を整えるため、今年の正月は(毎年そうだけど)全然休めまへん。
 5日から仕事が始まるし、まいったなぁ……。

posted by BlueTasu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。