2006年12月27日

No.278 カルドセプトサーガ 無属性クリーチャー

 ようやく数多くあるバグが修正されましたね。(修正された箇所はコチラ
 改めてリストを見ましたが、こんなにもバグがあったんですな……。びっくりだ。
 しかもまだ残っているバグとかもあるんだろうなぁ……つくづく私たち初期購入者はテスターだったんだなぁ、という想いが強くなりました。いやまぁ報告とかしてないからテスターの義務は果たしてないけどさ。(そもそも義務じゃない)
 という明るいのか暗いのかわかんな話題はさておき、本日はクリーチャーのご紹介で最後となった無属性をご紹介。

 無属性クリーチャーは配置制限がないので、どんなブックにも対応できる、という点が最大の強み。
 さらに言うなら、多種多様のクリーチャーがいるため自分の好みのブックの補助やメインとなりうるクリーチャーが絶対にいる、かな。
 ほんと、色々な使い方が出来るから、星をつけるのが難しい。
 改めて述べるが、星の数は私的な評価なので、鵜呑みにしないように願いたい。
 使い方次第で絶対役に立つのがカルドセプトというゲームだからね。
 ただし、バニシングレイという無属性クリーチャーを問答無用で破壊するスペルがあるので、拠点などには向かない点は注意。
 どうしても使うなら、相手のブックに入っていないことを祈るか、ラウンドプロテクトかな。
 
 あと、アイドル系に関しては一度書いておりますので、 コチラ を参照にしてください。
 13種も書き直すのは大変なんで、少しでも負担軽減に、ということでご了承くださいませませ。

 んでは、前置きはさておき、無属性クリーチャーのご紹介。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 G・ラット.JPG G・ラット配置.JPG

 G・ラット レア度=N ST=20 MHP=10 魔力=0
 アイテム制限:巻物不可
 特殊能力:先制
 私的評価:★☆☆☆☆
 私的見解:先制を持っていてコスト無料、というのがこのクリーチャーの最大の強みかな。HPが10しかないので確実に死ぬが、先制能力を活かして敵クリーチャーのHPを確実に削ることができる。つか、それくらいしか活用方法がないんだよね……。生き残ることができるならライフジェムもありなんだけど。

 アーチビショップ.JPG アーチビショップ配置.JPG

 アーチビショップ レア度=R ST=30 MHP=30 魔力=60
 特殊能力:領地[50G・対称のクリーチャー(領地)に付いたスペル効果を取り除く]:アイテム破壊・奪取の効果を受け付けない
 私的評価:★★☆☆☆
 私的見解:自分にとって不利な、敵にとって有利な呪いを取り除くことが出来る、その領地能力は確かに使えるのだが……。

 アーマードラゴン.JPG アーマードラゴン配置.JPG

 アーマードラゴン レア度=R ST=60 MHP=60 魔力=100+□
 アイテム制限:武器・防具不可
 特殊能力:先制:無効化[無属性]:領地[70G・対象の無属性クリーチャーに30ダメージ]
 私的評価:★★★★★
 私的見解:先制があって60/60という能力。無属性攻撃が無効。領地能力で無属性クリーチャーに30ものダメージを与えられる点。コストは高いが、それを補って余りある能力を有する無属性ドラゴン。領地能力は厄介なアイドル系クリーチャーを倒すのに使えるし(ただし領地能力を封じるアイドル系はさすがに無理)、無属性ゆえに魔力さえあればすぐさま配置できるのも良い。ドラゴン系で一番使えるクリーチャーかと。

 オーガロード.JPG オーガロード配置.JPG

 オーガロード レア度=R ST=40 MHP=50 魔力=90
 特殊能力:巻物強打:戦闘中[『レッドオーガ』か『イエローオーガ』が配置されている場合ST+30、『ブルーオーガ』か『グリーンオーガ』が配置されいる場合HP+30]
 私的評価:★★★☆☆
 私的見解:オーガ族の長。だから? と言った感じだけど(^^; オーガが配置されていると最大で70/80になる、というクリーチャーだが、肝心のオーガへの応援がないため、まだゴブリンのほうが使える感じがする。単体としては素直に使えるクリーチャーだとは思うんだけどね。巻物強打もあるしさ。

 クロックアウル.JPG クロックアウル配置.JPG

 クロックアウル レア度=N ST=0 MHP=20 魔力=10
 アイテム制限:武器・防具不可
 特殊能力:即時:領地[30G・次のターン対象セプターは好きな方向に進める]
 私的評価:★★★★☆
 私的見解:即時に方向転換ができる領地能力がとってもナイス。まぁその価値はマップによるとは思うけど、魔力コストが10というのも良い。1枚いれときましょうか?

 グランギア.JPG グランギア配置.JPG

 グランギア レア度=S ST=20 MHP=40 魔力=70
 アイテム制限:巻物不可
 特殊能力:援護:無効化[巻物攻撃]:(スカイギアを援護として使用すると、アンドロギアに変化)
 私的評価:★★☆☆☆
 私的見解:男の夢、合体ロボの下半身部分です。スカイギアがいると合体して宇宙に――は行けないけどアンドロギアに変形することができます。まぁアンドロギア自体は微妙だけど(^^; 単体だとただのHPが高めなだけの援護可能クリーチャー。

 グレートフォシル.JPG グレートフォシル配置.JPG

 グレートフォシル レア度=R ST=0 MHP=50 魔力=60+□
 アイテム制限:武器・巻物不可
 特殊能力:防御型:通行料を取れない:自破壊時[『ティラノザウルス』に変身する]
 私的評価:★☆☆☆☆
 私的見解:超!微妙。 通行料をとれない防御型。破壊されてティラノとなったとき、ようやく通行料をいただけるというわけです――が、STが0だからルナティックライトで破壊されちゃうんだよな……。

 コロッサス.JPG コロッサス配置.JPG

 コロッサス レア度=R ST=70 MHP=70 魔力=120
 アイテム制限:武器・防具・道具・巻物不可
 特殊能力:周回回復できない・単体呪いスペル・単体呪い領地能力の対象に選べない
 私的評価:★★★★★
 私的見解:70/70と最高の能力値を誇る巨人。たぶん倒せるのはワンダだけ(違)。嫌なクリーチャーの横に配置して移動攻撃で削るなり、援護クリーチャーに食べさせてしまうなり、使い方は幅広い。強いってのはいいことだ。ただコストも高いけど。

 ゴブリン.JPG ゴブリン配置.JPG

 ゴブリン レア度=N ST=20 MHP=30 魔力=0
 特殊能力:なし
 私的評価:☆☆☆☆☆
 私的見解:最弱クリーチャー。コストもかからず。しかしゴブリンだからと侮るなかれ。アイテムは全て使用可能。ゴブリンにフュージョン使われてレベル5の領地を奪われた日にゃアンタ……。マップ上でレッドキャップがいると、ゴブリンも40/50と大ブレイク。ゴブリンブックは侮れないよ。単体だけなら星は0だけどね。

 サムライ.JPG サムライ配置.JPG

 サムライ レア度=R ST=50 MHP=30 魔力=80
 特殊能力:即死[MHP30以下のクリーチャー・60%]
 私的評価:★★★☆☆
 私的見解:即死系でも使えるクリーチャーの1つ。STも50となかなかで、侵略用クリーチャーとして使えるしね。ただこれといってその他に推せる要因がないんだよなぁ……。

 サンクタムガード.JPG サンクタムガード配置.JPG

 サンクタムガード レア度=R ST=40 MHP=40 魔力=70
 特殊能力:先制:敵破壊時[使用者は戦闘が行われた領地と同じ属性の護符を5得る]
 私的評価:★★★★☆
 私的見解:先制もちで、敵を破壊すれば護符を得られるという、なんとも美味しいクリーチャー。ハンターソングなどとあわせて使えば一粒で二度美味しい。他のブックで入れるクリーチャーに迷ったら、とりあえずコイツをいれといたらいいんじゃないか? と思うよ。

 シーフ.JPG シーフ配置.JPG

 シーフ レア度=N ST=20 MHP=40 魔力=30
 特殊能力:戦闘開始時[アイテムを使用しなかった場合、対戦相手のアイテムを奪う]
 私的評価:★★★☆☆
 私的見解:敵のアイテム使用を封じるクリーチャーというのは、総じて攻め難い。特にこちらのアイテムが充実している場合はなおさらだ。無属性故に地形効果を得られないのは残念だが、それさえクリアすれば拠点としても使用可能……か? シーフ最大の魅力は、露わになった太もも(by荒屋敷零壱)、だそうで。同意見だけど!

 シェイプシフター.JPG シェイプシフター配置.JPG

 シェイプシフター レア度=R ST=20 MHP=30 魔力=10
 特殊能力:領地[50G・ランダムに進化]
 私的評価:★☆☆☆☆
 私的見解:コストの安さとそのランダム性とのバランスをどう見るか、というところ。戦闘ごとに姿を変えるパルダンダースならともかく、領地能力を使用しないと真価を発揮できないというのもどうだろうかなぁ……手間がかかるしね。それに50Gも高いぞ。

 ジェモイド.JPG ジェモイド配置.JPG

 ジェモイド レア度=N ST=20 MHP=20 魔力=0
 アイテム制限:武器・防具・道具・巻物不可
 特殊能力:防御型:スペルや領地能力によってHP、MHPが変化しない:通行料が取れない
 私的評価:☆☆☆☆☆
 私的見解:コスト0の防御型クリーチャー。コスト0なので、通行料も取れない。正直首を傾げてしまうクリーチャーだ。

 スカイギア.JPG スカイギア配置.JPG

 スカイギア レア度=S ST=40 MHP=20 魔力=70
 アイテム制限:巻物不可
 特殊能力:先制:援護:(グランギアを援護として使用すると、アンドロギアに変化)
 私的評価:★★★★★
 私的見解:合体ロボの上半身部分となるクリーチャーだが、援護ブックの要となるクリーチャーでもある。先制を持ち、ST40で援護可能という数字は極めて優秀だ。合体を前提とせずとも、ブックに1枚あっても良いかも。

 スケルトン.JPG スケルトン配置.JPG

 スケルトン レア度=N ST=30 MHP=40 魔力=30
 アイテム制限:巻物不可
 特殊能力:再生
 私的評価:☆☆☆☆☆
 私的見解:今回、STが高いクリーチャーが多いため再生の能力は微妙だと思うんだけど……。中でも無属性クリーチャーで地形効果を得られないスケルトンはまったくもって使えないと思うんだよなぁ。

 スタチュー.JPG スタチュー配置.JPG

 スタチュー レア度=N ST=0 MHP=50 魔力=20
 アイテム制限:武器・巻物不可
 特殊能力:防御型:周回回復できない
 私的評価:☆☆☆☆☆
 私的見解:ピカチューは人気者だが、スタチューは嫌われ者。メデューサとかにやられちゃうとコレになり、ルナティックライトのコンボで殺られる運命にあったりする、ある意味今作で最も不幸なクリーチャー。コイツをブックに入れている人はいるのだろうか? いたらどのような活用方法があるのか、ご教授願いたい。

 ダンシングドール.JPG ダンシングドール配置.JPG

 ダンシングドール レア度=S ST=20 MHP=20 魔力=30
 特殊能力:領地[70G・全ての護符の価値を20%下げる]
 私的評価:☆☆☆☆☆
 私的見解:首が90度曲がってて、見た目とってもデンジャラスなクリーチャー。能力もさぞデンジャラスなのだろう、と思ったらそうでもなく、護符の価値を下げることが出来るだけの嫌がらせに長けたクリーチャー。実際護符はそんなに使わないし、上げるならともかく下げるんじゃ使えない。

 ティラノサウルス.JPG ティラノサウルス配置.JPG

 ティラノサウルス レア度=N ST=50 MHP=60 魔力=80+□
 アイテム制限:防具・巻物不可
 特殊能力:なし
 私的評価:☆☆☆☆☆
 私的見解:生贄を捧げてまで使用する価値のないクリーチャー。大抵はスペルで変身してこの姿を見ることとなるだろう。太古では最強の肉食恐竜であろうと、カルドセプトにかかってはただの美味しい肉と化す。まぁ侮ることは出来ないんだけどさ。

 トラップスパイダー.JPG トラップスパイダー配置.JPG

 トラップスパイダー レア度=S ST=30 MHP=40 魔力=40
 アイテム制限:巻物不可
 特殊能力:攻撃成功時[マヒ]:呪身[『ミミックリー』]
 私的評価:★★★★★
 私的見解:すっごく使える! 攻撃成功時にマヒを与える能力に加え、配置後即ミミックリーのスペルの恩恵を受けれるので、どんな色のブックにも対応可能。さらにコストも40ぽっち。ブックに2,3枚あっても持て余す事はないハズだ。

 トロージャンホース.JPG トロージャンホース配置.JPG

 トロージャンホース レア度=S ST=0 MHP=30 魔力=50
 アイテム制限:武器・防具・巻物不可
 特殊能力:貫通:援護
 私的評価:☆☆☆☆☆
 私的見解:ポリゴン箱。貫通能力は確かに素晴らしいが、ST0という数値がそれを全く活かせなくしてくれていらっしゃるでおじゃる。こんな贈り物はいりまへん。

 ドッペルゲンガー.JPG ドッペルゲンガー配置.JPG

 ドッペルゲンガー レア度=R ST=0 MHP=30 魔力=10+□
 特殊能力:戦闘中[対戦相手と同じクリーチャーに変身する]
 私的評価:★★★★☆
 私的見解:敵と同じクリーチャーに変身できるという時点で、工夫次第でどんなクリーチャーにも対抗できる可能性を秘める、ある意味万能クリーチャー。まぁ攻められる際には敵にも同じことが言えるわけだが。注目すべきは、全てのアイテムが使用可能な点。例えば敵がドラゴンだったとしても、アイテム制限である武器や防具も使用できるので上乗せできるのだ。ほんと、工夫次第である。ただ配置しちゃうとアーマードラゴンの領地能力とかで瞬殺される点はご愛嬌。

 ドラゴンズエッグ.JPG ドラゴンズエッグ配置.JPG

 ドラゴンズエッグ レア度=R ST=0 MHP=30 魔力=50
 アイテム制限:武器・巻物不可
 特殊能力:領地[100G・ランダムでいずれかのドラゴンに進化]
 私的評価:★☆☆☆☆
 私的見解:アーマードラゴン・ボルカニックドラゴン・ディープシードラゴン・ハードロックドラゴン・ライトニングドラゴンの何れかに進化する。ドラゴンは強力無比の存在なのでどれに進化しても使えるが、進化させるまでに魔力は150という、決して安くはないコストが掛かる上に、手間もかかる点が非常にネックだ。

 ニル.JPG ニル配置.JPG

 ニル レア度=E ST=60 MHP=60 魔力=150+□
 特殊能力:即死[50%]:戦闘終了時[使用者は100Gの魔力を失う]:領地[100G・全てのクリーチャーにMHPの50%のダメージを与え、自分は破壊される]
 取得場所:クリア後、過去のステージで弔花の園ララサティで勝利する
 私的評価:★★☆☆☆
 私的見解:高いよ。使用に150+生贄。さらに戦闘終了毎に100Gと、いくら魔力があっても足らん。確かに60/60の能力に加え、全てに対して即死能力とは強いの一言だが、私ならその一言の前に高い、と言いたくなるわけで……。使用されると脅威だが、使用する気にはならないカード。ちなみに初めて使用したとき、敵2人からアーマードラゴンの領地能力を喰らって即死した悲しい思い出がある……。手に入れるのに苦労したのになぁ……。

 バルダンダース.JPG バルダンダース配置.JPG

 バルダンダース レア度=N ST=0 MHP=30 魔力=10
 特殊能力:戦闘中[ランダムに別のクリーチャーに変身する]
 私的評価:★★★☆☆
 私的見解:戦闘中に変化するコスト10のお買い得クリーチャー。戦闘中にどういうクリーチャーになるか、攻め込むまでわからないというのは相手にとってイヤなものである。アッサリ破壊されるときもあれば、もの凄い活躍を魅せる時もある。まさに運次第。私好みだ。

 バンディット.JPG バンディット配置.JPG

 バンディット レア度=N ST=20 MHP=20 魔力=20
 特殊能力:援護:攻撃成功時[対戦相手に与えたダメージ×2Gの魔力を相手セプターから奪う]
 私的評価:★★★☆☆
 私的見解:お馴染み強奪クリーチャー。シリーズを重ねるごとに厳つい顔になっていっているが、能力はまったくかわっていない。援護次第で強奪できる魔力も変化するが、あまり援護しすぎて奪っても、援護のコストも計算にいれないとさり気なく赤字になったりするので注意。まぁ相手の魔力も減るから損はしてないんだけどさ。

 ビーストギア.JPG ビーストギア配置.JPG

 ビーストギア レア度=R ST=30 MHP=30 魔力=70
 特殊能力:スペルや領地能力の対象に選べない:無効化[巻物攻撃]
 私的評価:★☆☆☆☆
 私的見解:アンドロギアにコイツで援護すると、ギアリオンに変形する、合体ロボの最後のパーツ。その強さは一度でもよいから見ておくべきだと思う。まぁ今度紹介するけどさ。

 ファイター.JPG ファイター配置.JPG

 ファイター レア度=N ST=40 MHP=40 魔力=40
 特殊能力:なし
 私的評価:★☆☆☆☆
 私的見解:初めてイラストを見たときの一言目が「落ち武者」だった。堕ちてるよね? ――おいといて、全てにおいて基本となる能力。ファイターより上か下か、というのは私にとって大切な基準となっていたりする。一応援護クリーチャーに喰わせたり、といった使い道は便利。

 ホーンカメレオン.JPG ホーンカメレオン配置.JPG

 ホーンカメレオン レア度=N ST=20 MHP=30 魔力=40
 アイテム制限:巻物不可
 特殊能力:どの属性の土地からも地形効果を得る
 私的評価:★★☆☆☆
 私的見解:以前は無属性クリーチャーの拠点だったのだが、今作ではトラップスパイダーの出現により出番は激減。残念!(古いよな……)

 ボージェス.JPG ボージェス配置.JPG

 ボージェス レア度=S ST=30 MHP=30 魔力=50
 特殊能力:応援[無属性クリーチャー・HP+20]
 私的評価:★★★★☆
 私的見解:無属性ブックには最重要クリーチャーとも言える存在。応援クリーチャー全てにいえることだけど、みんな問答無用で応援しちゃうので、そこらへんが難しい。自分も応援できないしね(当たり前か)。

 ポゼッション.JPG ポゼッション配置.JPG

 ポゼッション レア度=R ST=10 MHP=10 魔力=40
 特殊能力:領地[80G・対象のレベル1の敵領地を奪い、自分は破壊される]
 私的評価:★★★☆☆
 私的見解:敵の領地が1レベルなら問答無用で奪うことが出来るという点がこのクリーチャーの強み。コメットとかのスペルを合わせれば幅も広がる――けど、そこまではしなくていいかな?(^^; 奪った領地にいるクリーチャーは自分のものとなるので、当然選ぶべきクリーチャーは優秀な駒となるものを。ただし配置から領地能力使用に計120Gもの魔力が掛かる点は考慮すべき。

 マーベル.JPG マーベル配置.JPG

 マーベル レア度=E ST=40 MHP=30 魔力=120
 特殊能力:巻物強打:戦闘中[アイテムを使用しない場合、基本STと同値の巻物攻撃を行う]:領地[80G・対象クリーチャーのMHP=30]
 取得場所:予約特典のダウンロード
 私的評価:★★★☆☆
 私的見解:巻物強打があるので、攻撃力は実質60の巻物攻撃を常時繰り出す恐るべきレアカード。コストは高いが、ST60の巻物と思えば安いかもしれない。配置後も領地能力が何気に使える。

 ミゴール.JPG ミゴール配置.JPG

 ミゴール レア度=R ST=40 MHP=40 魔力=80+□
 特殊能力:強打[水属性・地属性]:無効化[火属性・風属性]
 私的評価:★★★★☆
 私的見解:色々効果が複雑で、かつバグがあったので使用は敬遠されていたが、そのバグも修正された模様。色付きには強いが無属性には落ち武者並みと、なんとも落差の激しいクリーチャー。今作では無属性クリーチャーを使用している人が多いので、結構ヤバイか?

 メタルシャンブラー.JPG メタルシャンブラー配置.JPG

 メタルシャンブラー レア度=S ST=20 MHP=70 魔力=80+□
 アイテム制限:巻物不可
 特殊能力:戦闘中[使用者の魔力が相手セプターより少ない場合、ST+30、HP-30]
 私的評価:★★☆☆☆
 私的見解:ミゴールと同じコストの怪生物。戦闘中、お互いの魔力によって能力値が変化するので把握しづらい。しかも変化後は50/40と微妙すぎ。むしろHPが低くなったらヤバイ。こいつ使うならコロッサスでいいじゃん、とか思っちゃうのは私だけ? まぁコロッサスはアイテム使えないけどさ。

 リトルフォシル.JPG リトルフォシル配置.JPG
 
 リトルフォシル レア度=N ST=0 MHP=30 魔力=40
 アイテム制限:武器・巻物不可
 特殊能力:防御型:通行料を取れない:自破壊時[『G・ラット』に変身する]
 私的評価:★★☆☆☆
 私的見解:グレートフォシルを使うなら、こちらのほうがコスト的に断然お得。ティラノサウルスとG・ラット、どっちも対して変わらないしさ。まぁどっちにしろあんまり使うクリーチャーじゃないけど。

 ルナティックヘア.JPG ルナティックヘア配置.JPG

 ルナティックヘア レア度=R ST=20 MHP=30 魔力=20
 特殊能力:戦闘終了時[対戦相手のSTとHPを入れ替える]
 私的評価:★★★★★
 私的見解:戦闘終了時まで生き残る必要があるが、入れ替え能力はあらゆる局面において強力。使い方次第では難攻不落の拠点を落とす足がかりとなるだろう。――関係ないが、うちの うーすけ にも見習ってほしいスリムさである。

 レイス.JPG レイス配置.JPG

 レイス レア度=S ST=10 MHP=30 魔力=40+□
 アイテム制限:鎧不可
 特殊能力:即死[50%]:戦闘終了時[自分は破壊される]
 私的評価:★☆☆☆☆
 私的見解:折角生贄を喰らって使用しても、戦闘終了時に自身は破壊されてしまうという切ないクリーチャー。しかも即死効果は50%と確率半々。ゴールドアイドルとバサルトアイドルがあれば使っても良いけど、そこまで用意して賭ける機にもなれないのもまた事実……。つか、即死能力が発動しない時点で返り討ちにされてそうだけど。

 レオナイト.JPG レオナイト配置.JPG

 レオナイト レア度=E ST=0 MHP=40 魔力=100
 アイテム制限:巻物不可
 特殊能力:戦闘中[ST=相手セプターの持つ領地の数×10、HP=使用者の持つ領地の数×10]
 取得場所:クリア後、過去のステージで風の港クラヴォニアで勝利する
 私的評価:★★★☆☆
 私的見解:領地の数で能力が変化するので、広いマップだと比較的強くなるハズだが、魔力100分の働きをするかどうか……。とりわけSTが相手の領地の数任せという、なんともいい加減なナイトである。所詮は畜生か(超暴言)。ちなみにカードの説明では獅子面の騎士で、騎士道を貫いて死んだ伝説の騎士の魂を宿しているらしい。ふーん。

 レッドキャップ.JPG レッドキャップ配置.JPG

 レッドキャップ レア度=S ST=20 MHP=40 魔力=50
 特殊能力:戦闘中[ST&HP=配置されている『ゴブリン』の数×20:応援[全てのゴブリン・ST&HP+20]]
 私的評価:★★★★☆
 私的見解:通称・変態マスク。こやつが配置されているとゴブリンが侮れなくなる。またゴブリンの配置数によって能力が変化するため、時には恐ろしく手ごわくなる変態。またゴブリンレアやチェンジリングなど、サポートスペルも豊富。くそ、変態のくせに!

 ワンダーウォール.JPG ワンダーウォール配置.JPG

 ワンダーウォール レア度=R ST=0 MHP=30 魔力=30+□
 アイテム制限:武器・鎧不可
 特殊能力:防御型:無効化[火水地風]
 私的評価:★★☆☆☆
 私的見解:無属性クリーチャーに対しては無力だが、色付には圧倒的な強さを誇る。無属性クリーチャーにターンウォールを使うとこれになることも記憶しておきたい。つか、何気に巻物が使える。一体どうやって……。 

●アイテムクリーチャーについて。
 その名の通りクリーチャーでもあり、アイテムでもある。単体としては弱いが、一応クリーチャーと同じように領地に配置できたりする。戦闘中は手札にあればアイテムと同様、使用できる。その際には自身が持つST、MHP、特殊能力が加味される。そしてここが何より肝心だが、アイテムの分類がないので、どのクリーチャーでも使用可能という点。アイテム制限の多いクリーチャーが多いブックでは、とても頼りになるクリーチャーなのだ。
 以下、リビング、と付いたクリーチャーは全てアイテムクリーチャーである。

 リビングクロー.JPG リビングクロー配置.JPG

 リビングクロー レア度=S ST=10 MHP=20 魔力=50
 アイテム制限:武器・防具・巻物不可
 特殊能力:攻撃成功時[マヒ]:アイテムクリーチャー
 私的評価:★★★★★
 私的見解:マヒの能力がとても使えるクリーチャー。こいつだけは単体でもその能力を活かして結構頑張る。さり気なくMHPも20上がるので、それに助けられることもしばしばで、コストも50とお得。下手なアイテムより役立つ。

 リビングシールド.JPG リビングシールド配置.JPG

 リビングシールド レア度=N ST=0 MHP=30 魔力=40
 アイテム制限:武器・防具・巻物不可
 特殊能力:アイテムクリーチャー
 私的評価:★★★☆☆
 私的見解:HPが30プラスされるアイテムクリーチャー。たかだか30程度だが、防具を使用できないクリーチャーでも使用できる点は魅力。だけど、どうせならリビングミラーのほうをブックに入れたい。――関係ないが、イラストを見てると吹き出しつけて何か喋らせたくなるんだよなぁ……。実際やったし。教科書に載ってたら落書きされる確率95%と見た。

 リビングスクロール.JPG リビングスクロール配置.JPG

 リビングスクロール レア度=R ST=0 MHP=20 魔力=40
 アイテム制限:武器・防具・巻物不可
 特殊能力:戦闘中[アイテムを使用しない場合、ST=20の巻物攻撃]:アイテムクリーチャー
 私的評価:★★★☆☆
 私的見解:30なら使えたのだが、20では強打しても30にしかならない、なんとも微妙な巻物。間違いなく火力不足。何気にHPが20上がる点を明記しておきたいが……。

 リビングスピア.JPG リビングスピア配置.JPG

 リビングスピア レア度=N ST=20 MHP=20 魔力=50
 アイテム制限:武器・防具・巻物不可
 特殊能力:アイテムクリーチャー
 私的評価:★★★☆☆
 私的見解:STとHPが20ずつ上がるバランスの良いアイテムクリーチャー。ま、それだけ。こいつを使うならリビングレイピアとかのほうが良いかと。

 リビングミラー.JPG リビングミラー配置.JPG

 リビングミラー レア度=R ST=0 MHP=30 魔力=60
 アイテム制限:武器・防具・巻物不可
 特殊能力:反射[巻物攻撃]:アイテムクリーチャー
 私的評価:★★★★★
 私的見解:HPがシールドと同じく30上がる上に、巻物反射という珍しい効力。スモークトーチをブックにいれるくらいなら、こちらを入れたい。巻物反射がなくとも、HPが30あがる効果だけでも使えるし。

 リビングレイピア.JPG リビングレイピア配置.JPG

 リビングレイピア レア度=S ST=20 MHP=10 魔力=60
 アイテム制限:武器・防具・巻物不可
 特殊能力:先制:アイテムクリーチャー
 私的評価:★★★★★
 私的見解:ST20アップに先制能力は、あらゆる場面でとても役立つ。武器を使えなくても先制能力を付加できるしね。アイテムクリーチャーをいれるなら、コイツかクローか、あとミラーかな。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 以上、無属性クリーチャーでした。

 ニル、レオナイトといったレオカードも載せてみたよ。
 これでクリーチャーは全て載せた。
 いやー、疲れた疲れた。
 さすがにアイテムやスペルまでは気力がもちまへん。
 堪忍してくだされ。



posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。