2006年11月21日

No.240 マイホーム

 昨日、棟上式に行ってきました。

 会社の近くの土地を買い、一戸建てを建設。
 それの棟上式が昨日でした。
 そもそも何故一戸建てを建てる決意をしたのか。
 普通は結婚の方が先じゃね? とか思いますよね。
 姉の魔の手から逃れるため実家から遠ざかりたい、というのであれば、別に一戸建てではなく、賃貸なりで安く済ませればいいわけなのですから。
 理由をひとつずつ説明していきたいと思います。

 まず家を出る理由。
 これはもうわかりきってますよね。
 姉から逃げたいから、姉と同じ空間で住むのがイヤだから。
 常にご機嫌を伺わねばならない今の生活は、苦痛以外のなにものでもありません。

 次に一戸建てな理由。
 それは弟と妹のためだったりします。
 我が家は超がつくほどのど田舎で、夏にはホタルが舞い、秋には冬眠を控えたクマさんとコンニチワ、冬には雪が降り積もる、なんともダッシュ村な場所なのです。
 つまり、交通の便が大変よろしくない。
 去年は大雪が降って回線が1週間ほど断線しちゃったときもありました。
 大雨により地崩れが起き、仕事に行くどころか買い物にさえ行けない日々が1週間近く続いたこともあります。
 私の家は、守りやすく攻め難い、戦国時代なら大変よろしい環境ですが、現代においては非常に不便な土地なのです。
 弟と妹は来春、順調ならば大学へ行くことになります。
 今まで高校へは、毎朝私が会社へ行く際に送ってやるか、親父が車を出すか、もしくはバスでふもとの駅まで通っていました。
 ですが、大学ともなると、バスの時間を気にしたり、門限を気にしたりなんて生活、できるわけがありませんし、何より可哀想です。
 というわけで、会社と駅にほど近い場所に家を建てることは、それら交通の便の悪さを一気に解消できるということなんですね。

 弟や妹が車か単車の免許をとれば解決する問題といえば、確かにそうですが、春夏秋はよくても、雪に閉ざされることのある冬は辛いですし、なにより危ないです。
 どうせ3,4人が過ごせるアパートを借りようと思ったら、結構かかりますし、それならいっそ建ててしまえ、ということになったわけです。
 ま、これからローンに苦しんでいく生活となるのだけが憂鬱なのですが、結果的に家をでるのならば、最終的に目的は一戸建てにたどり着くわけだし、このほうがいいかなぁ、と思ったわけです。

 そんな具合で建てた家。
 上棟式も終わったので、今は部屋を仕切ったりなど、内部の作業中。
 12月の中頃には完成するとのことなので、そろそろ引越しのための荷物整理などを始めていたりで、完成が楽しみです。



posted by BlueTasu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。