2006年11月19日

No.238 マイルチャンピオンシップ・結果

 1着、ダイワメジャー

 ダイワメジャーがニッポーテイオー以来となる、天皇賞・マイルCSの連勝。
 先行抜け出し、並ばれても抜かせない、まるで天皇賞の再現リプレイのようなレースだった。
 アンカツとよっぽど手が合うんだろうね。
 早仕掛けから粘りこむスタイルは、確かにアンカツぴったり。
 これで毎日王冠から重賞3連勝。
 距離が伸びても、なんてコメントしてたし、もしかしたら有馬出走って可能性もあるのかな。
 まぁ馬の状態次第だろうけど、もし出走してくれるならまた応援したいね。

 馬券は今回は相手が全然わからなかったので、単勝だけ勝っておいた。
 プリサイスマシーンが沈んじゃったし、結果的にこの買い方でよかった。
 あんまり儲かってないけどさ。

 2着はダンスインザムード。
 雨がどうかなぁ、と思ったのと、天皇賞では直線、あっさり沈んじゃったからもう終わったかな、と思ってた。
 でもよくよく考えたら、フラワーカップも重馬場で快勝してるし、ヴィクトリアマイルでも稍重で勝っていたんで、雨は逆に得意だったんだな。
 うーむ、なんで忘れるかな。まぁ今回単勝しか買ってないんだけどさ。
 ムードはダイワメジャーと同じ年のクラシックホース。
 こういうライバル関係ってのもいいね。

 3着はシンボリグラン。
 マイルだと長いかな、と思ったけどよく伸びてた。
 柴山騎手はGIじゃあんまり聞かない名前だけど、確か昨年の中日新聞杯でトップガンジョーを応援してたらグランリーオで勝った騎手という記憶はあった。
 で、調べてみたら去年80勝も上げてたんだね。
 重賞勝ちは2つしかないけど、今回初めてGIで複勝圏に突っ込んだ。
 これでまた騎乗数も増えるんじゃないかな。

 4着マイネルスケルツィ、5着キンシャサノキセキは共に3歳馬。
 マイネルは前走の富士Sで13着からの巻き返し。
 ずっとマイルで使われているみたいだけど、スプリント戦での適正を見てみたい気がする。
 キンシャサノキセキは大崩れしない、安定感のある成績を維持したね。
 こういうタイプの馬は、馬主さんに喜ばれそうだ。
 桂川Sで一皮向けた感があるし、これからは使われるごとに良くなっていきそうな雰囲気だけに、来年が楽しみだ。

 6着はプリサイスマシーン。
 内枠が効いたのか、直線伸びなかった。
 松岡騎手も良く乗ったと思うけど、仕方ないかな。
 とにかく無事ならよし。
 来年、4着だった高松宮記念に向けてまた頑張って欲しいな。

 期待していて見てたマルカシェンクは12着。
 馬場が合わなかったのか、それとも3000m走った後の疲れなのか。
 敗因はわからないけど、怪我が癒えてからは大きいところを使われてきたのは期待の現れ。
 来年、素質馬の巻き返しに期待したいね。

 さて、来週はジャパンカップダートとジャパンカップ。
 ジャパンカップダートでは、今年は外国馬0頭みたいで、国際レースとは名ばかりのレースになりそうだ。
 名称、距離共々、色々改善してほしいレースのひとつなんだけど……参戦なしという現実に、JRAはどう考えているんだろうなぁ。

 ジャパンカップではディープとハーツが再び激突。
 薬物疑惑と喉鳴り症状、と良いニュースばかりではないが、レースではそんなことは関係ない。
 欧州の年度代表馬も参戦するみたいだし、良いレースが期待できそうで楽しみだ。
 ……ところでドリーム競馬では、ジャパンカップの出走予定馬のところに、バランスオブゲームの名前があったんだけど(^^;
 確か左前浅屈腱不全断裂で引退しちゃったハズなんじゃ……。



posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。