2006年09月28日

No.194 DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件

 DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件.jpg

 仕事上のミスにより停職中のFBI捜査官、南空ナオミの元に、突然 L を名乗るものからメールがあった。捜査機関に身を置くものとして知らぬことは許されぬ名前 L からの突然のコンタクト。
 何故私に?
 これは後にロサンゼルスBB連続殺人事件、と呼ばれるようになる、 L と南空ナオミがコンビを組んで解決した事件の物語。
 そしてこれは、L が初めて「竜崎」という名を使用した初めての事件である。

 原作も完結し、映画はもうすぐ後半が上映されることになっているデスノート。
 L 派と公言している西尾維新氏が、その魅力を120%引き出したのが本作です。L の話ですので、ライトやデスノート、死神などは一切でてきませんが、これは紛れもなくデスノート。キャラの特徴とその魅力が随所に光る、ファンなら誰もが楽しめる小説です。

 犯人は最初からわかっており、それを L と南空ナオミの2人がその足取りを追う、という展開ですが、最後のどんでん返しというか、ミスディレクションが秀逸。これ、絶対ひっかかりますね。

 南空ナオミは本編ではレイ・ペンバーの婚約者として登場。2巻でライトによってサックリとお亡くなりになってしまうキャラなんですが、まさかこんな面白いキャラだったとは。行動力があるのはわかっていましたが、さすが日本人女性でFBI、という無茶な設定だったというだけあるな、って感じです。

 本作は L の後継者であったメロが、L から聞いた事件を語るという設定。
 サラっと触れてありましたが、L がメロに語った事件は3つあったそうで、1つはこの本作の事件。もう2つは、バイオテロ事件と L とワタリが出会ったウィンチェスター爆弾魔事件(当時 L は8歳!?) があるそうです。つまり、残り2冊はでるのかな? 出たら必ず買います。

 でも8歳の頃の L って想像すると怖いね……。



posted by BlueTasu at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.193 イジメの構図

「ビリヤード見てみたい」

 ビリヤードへ行って来る、と言うとハルちゃんが激反応。

「見たい。どんな風なのか見たい!! 迷惑じゃなかったら連れてってほしいっす」
「迷惑じゃないんだけど……ツレも来るんだよ。それでもいいの?」
「ん? いいよ」

 というわけで、彼女連れでビリヤード、という事態になりました。
 実は今日どうしてもビリヤードに行きたかった理由として、とうとうマイキューを購入したので試し撞きしたかった、というわけだったりします。
 私のツレは皆マイキューを持っており、やはり上達するには同じキューで練習するのがいいからだそうです。

 マイキュー.jpg

 これが私のマイキュー。
 価格はピンキリですが、とりあえず最初ということもあり、一番安い8000円のものにしました。古くなったらこれをブレイクキューにして、新しく買うというのが良いようです。
 
 ちなみにビリヤードを知らない人に解説いたしますと、ビリヤードには主に用途が3つあり、それぞれに3本のキューを持つのが普通です。
 1つ目が購入した通常のキュー。普段はこれを使ってプレイします。
 2つ目が先ほど言った、ブレイクキュー。
 ブレイクキューとは、その名の通りブレイクする用のキューのこと。ブレイクとは、最初に並べてある玉を思いっきり撞いて、バラバラにすることです。
 思いっきり力強く撞くことになるので、傷んだキューでやるのが良いようです。新しいキューでやるとタップ、先っぽの部分がまだ弾力があるため、強い玉を打てないばかりか、傷めてしまう可能性があるからです。
 3つ目はジャンプキューと言って、その名の通りジャンプする玉を打つときだけに使用するキューのことです。ちょうど上から手玉を撞くことになるので、通常のキューより短めに作ってあります。
 これは上級者にならないとラシャ、緑のマットを破いてしまう恐れがあるため、私のような初心者はそれを試みることすら禁止されてます。破いちゃったら5,6万円くらいの弁償となりますので……。

 というわけで、私は通常キューを購入しました。これが傷んだらブレイクキューにすればいい、という意味が分かってもらえたと思います。ブレイクキューがない間は、店で貸し出してくれるハウスキューを使用すればいいわけですね。

 ――長々と語ってしまいました。

 ツレ2人には先にビリヤード場へ行ってもらい、ハルちゃんを迎えに行きました。

「で、Blueさんはビリヤードどれくらいうまいの?」
「どれくらい下手なの? と聞いたほうが良いくらいペーペーだよ」

 できればもっと上手くなってから見て欲しかったですね……まぁそれだといつになるかわかんないけど。
 そんな雑談をしつつ、ビリヤード場に到着。

「ほー、これがBlueの彼女か!」
「あんなのやめて、俺の彼女になってくれ」
「第一声で口説くなよ……」
「あはは、邪魔しないで見てるから、よろしくです」

 そんなワケで、始まったビリヤード。
 一番負けた奴は本日の夕飯オゴリ、という約束を交わし勝負は開始されました。

 3人なのでルールはカットボール。
 カットボールとは、1〜15番の玉を1〜5、6〜10、11〜15という風に、ロー、ミドル、ハイに分けます。そしてそれぞれ持ち球を決めて、持ち球以外をテーブルから落とした人が勝ち、というルール。
 つまり、例えば私の持ち球がハイ(11〜15番)だったとすると、ハイの玉を落とされないようにして、1〜10番の玉を落とし切れば勝ち、というルールです。
 持ち球以外は好きに狙ってよいので、初心者向けのゲームといえます。

 ――が、このルール。ひとつ欠点があります。

「よっしゃ、Blueの持ち球はミドルか! まずはミドルを落としきったる!」
「おうよ! 彼女連れで来る奴なんかに勝たすんじゃねぇっ!」

 2人でタッグを組まれると勝ち目なんかあるわけねぇよ! ってことです……。
 2人して私の持ち球を集中的に狙われてしまい、まったく勝てません。
 つか、面白くねぇっ!

 焼肉.jpg

 結局私が晩飯を奢るハメに……。しかも焼肉。こいつら遠慮なしに食いまくり!

「店員さん、このカルビ、おかわりっす!」

 ハルちゃんも遠慮なしでした……。

「お会計、13840円になります」

 ……キューより高いし。

posted by BlueTasu at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。