2006年09月19日

No.185 名馬ファイル vol.06

世紀の一発屋

ダイユウサク.jpg

ダイユウサク

一発屋といえば連想されるものはなんだろう?
私にはクリスタルキングの大都会
ル・クプルのひだまりの詩などが思い浮かぶ
ならば競馬界の一発屋と言えば?

それはもちろん、ダイユウサクが真っ先に思い浮かぶ

いくら手薄なメンバー構成であったとしても
伝統ある一戦にして格式高い有馬記念
おいそれとフロックなど起こらない、強い馬が勝つレースだった

それがびっくり
圧倒的1番人気であった1.7倍のメジロマックイーンを
ブービー人気の137.9倍のダイユウサクが差し切ったのだから驚いた

あれはなんだ?
ダイユウサク?
そんな馬いたか?

ざわめき揺れる中山競馬場
馬主さえも勝つとは思わず自宅で観戦
翌日、新聞には「世紀末を理不尽馬が駆け抜けた」と評された

まぐれか?
いやいや、まぐれで12年間も破られないレコードはたたきだせるはずもない
ツインターボ大逃げと、マックイーンのマクリでの超ハイペース
そんな展開もツイていたとは言うけれど
それが正真正銘、一世一代の大駆けであったとしても
これはまぎれもなく実力だったのだ
事実、マックイーンの競馬をした武豊は2着だったではないか

有馬記念を数日後の控えた調教師、内藤は夢を見た
5枠に入ったダイユウサクが、並み居る強豪を差し切る夢を
調教師という立場を忘れ、馬券をしこたまに買い込み億万長者となった夢を...

当日、本当に5枠に入ったダイユウサクの馬体は、これ以上ないほどピカピカで
まさに生涯に一度の究極の仕上がりだったと言う
勝算はあったのだ、最初から...

デビュー戦、ダート1800mを2分6秒7という大差のシンガリ負け
続く2戦目ですら芝1800mを2分ジャストでシンガリ負け
よくもまぁ、この時点で処分されなかったものである
そのつぶらな瞳と、人懐っこい性格が彼にチャンスを与え続けた

そして馬は応えたのだ
しょうがねぇなぁ、とチャンスを与えられ続けた馬は
しゃあない、1回だけだから、良く観とけよ
てな具合で、年末の大舞台、有馬記念で本気をだしたのだ

こんなことがたびたびあっては、馬券を買う身としてはやってられないが
たまにこんなことがあるからこそ競馬は面白い
さぁ、第二、第三ののダイユウサクはどの馬だ?

〜 重賞成績 〜


posted by BlueTasu at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 名馬ファイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.184 Backstreet Boys

 母国アメリカでは全く売れず、欧州で人気が爆発したバックストリートボーイズの面々は、そのヒットを皮切りに全世界で火がついた。もちろん、母国アメリカも、そして日本でも、だ。

 私は洋楽はほとんど聴かない。理由は単純。意味がわかんないから。
 でもやっぱり聴いていてノリが良い音楽や、日本人にはない歌唱力には心揺さぶられるものがある。意味なんかわからなくたって、名曲は名曲。リズムは心に刻み込まれ、意味さえ知らずに口ずさむ。
 私が高校の頃は、カラオケブームも相まって、次々と音楽番組が増えていった頃。そんな数ある音楽番組の中でも (なんていう番組かは忘れたが) 洋楽をメインで紹介している番組があった。J-POP全盛の時代に珍しいことである。
 そこで私は彼らのこと、Backstreet Boys のことを知ったのである。

 欧州で売れに売れ、有名になった彼らだったが日本では一部の洋楽好きにしかまだまだ認知されていなかった頃。私は日本で1stアルバムとなる、彼らグループの名前そのままのアルバム、Backstreet Boys を何故か手にとることとなる。

 なんでだったかな〜?

 ともかく音楽番組で紹介された、今欧州で最もホットな奴ら、的な紹介を見た瞬間から、なんとなーく、本当になんとなーくだけど、テンポ良く馴染みやすいポップスを歌う彼らの曲に惹かれちゃったんだなーと思う。
 インディーズとか全く聴かない私にとって、音楽に関して先見の明があったのは彼らだけで、日本でメジャーになる前から唯一知っていて、CDも買ったのがこのバックストリートボーイズだった。
 いやー、あんだけも売れるとは思わなかったね。

 確か日本でも認知され、爆発的に売れたのが、私が高校を卒業してから発売された3rdアルバム、ミレニアムの頃だったかなーと思う。2ndアルバム、バックストリート・バックがお気に入りだった私は、当然このミレニアムも購入したのだが、その直後に品切れ店続出。

「貸してくれ!」「録音してくれ!」「むしろ焼けコラ!」

 などと、今まで聴きもしなかった友人たちが、手のひらを返したように食いついてきたのをよく覚えている。つかお前ら、金出して買えよ。

「バックストリート……なんだって? 俺は日本名か、6文字以内のグループじゃないと覚える気なんかしねー。そんな長い名前のグループなんか売れるかよ」

 などとほざいていたタカですら、ハマっちゃったくらいだからね。
 ちなみに私は、この瞬間、冷めた!(ぉぃぉぃ)
 なんというか、自分だけが好きだったマイナーなグラビアアイドルがメジャーになっちゃって、とっつき難くなったって感じだ。あまりにも売れちゃって広まると、なんか冷めちゃったんだよなー。
 その点 DEEN はそういうことないから安心だよな、うん。(いや、でももうちょっと売れてほしい、という願望はありますが……)

 で、私も完全にバックストリート・ボーイズの持っていたCDのことなんか、完全に抜け落ちていたのですが、つい先日、友人から――

「そういえば何年借りてたかわからんが、部屋を掃除してたら出てきたから返す」

 と、たぶん3,4年ぶりにCDを返してもらった。うむ、貸したことすら忘れてたね。

 Millennium.jpg

 これがそう、たぶんブームの火付け役となったアルバム、ミレニアムだ。
 誰が言ったかは知らないが、音楽に国境はない、という言葉通り、久々に聴くとこれがまた懐かしさと相まって良い感じなんですな。

 でも最近彼らの情報は聞かないなぁ(メンバーが一人脱退したってのは聞いたけど)。
 人気も下火になったっぽいし、もう一回、ファンになるのもいいかなー、とか思います。

 以下、ちょっとだけ曲紹介 (みんなにはナイショだよ)
posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。