2006年07月21日

No.115 感無量

 感無量。

 ただその一言に尽きる。
 私はサーラの冒険に出会えてよかったと――心の底からそう思った。

 運命とは?
 罪を償うにはどうすればいいのか?

 昔、初めて読んだ頃はサーラと変わらぬ年齢であった私も、今ではダブルスコアをつけるくらい年齢を重ねた。
 サーラは私よりも半分ほど、というかちょうど半分の13歳という年齢なのだ。
 だというのに、サーラは私なんかより遥かに自分を、信念をしっかりともっていて、行動力には溢れ、知性に富んでいた。
 諦めて、挫折して、投げ出して、自暴自棄になってもおかしくない難問とも命題ともいえる2つの問いに、見事自分を貫き通して答えを出した。

 15年前、1巻が出た際のサーラは普通の子供だった。
 だけど、今、最終巻で彼は英雄となった。

 王道ともいえるストーリーだったかもしれない。
 だけど、私はその展開に何度も驚き、かつ深い感銘を受けた。

 6巻.jpg

 ヒーローになりたい、というタイトルで始まった物語は、やっぱりヒーローになりたい、というタイトルで完結した。
 今全てを読み終えたが、また一から読み直したい。

 誰にでもお勧め出来る、良作がここに完結した。

 ―――――――――――――――――――――――― 

 ちなみに7月はソードワールド祭り。
 ソードワールド関連の本がサーラを含めて4冊刊行された。

 sw.jpg

 こんな感じ。
 今日はそれを読むのに忙しいので、このへんで。




posted by BlueTasu at 00:00| Comment(17) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。