2006年06月14日

No.81 日常

 繰り返される日常ってのはありえない。
 いつか日常というものは終わりを告げるものだからだ。
 例えば、それは卒業・進学といった春ならではのイベントであったり、自分、もしくは誰かの引越しであったり、誰かの死であったり、彼氏・彼女ができたからであったり。
 本当に些細なことで日常は崩れ、また新たな日常が生まれる。
 だから今というかけがいのない日常を大切にせねばならない。
 戻ることの出来ない今という時を大切にせねばならない。
 しかし固執してはいけない。
 それはいつか終わるものだからこそ、次という時に向かって動き、考え、受け入れないものだとしても、いつかは現実を向いて受け入れて対応しなければならない。

 ・
 ・
 ・

 以上、これ、ギャルゲーやってて思ったことだ(^^;)

 つよきすというゲームは、(たとえそれが非日常的な世界であったとしても) その日常をありきとして描ききった作品だと思う。
 日々繰り返される日常が、主人公の選択し次第で (というか主人公が選んだヒロインによって) 変化して行く様を描いた作品だ。
 その日常を一番大切にしているのはスバルというキャラなのだが、主人公はもっとスバルの存在をありがたいものとすべきだよなぁ、とか思う。
 いや、まぁそれはどうでもいいんだけど (いいんかぃ)、私はそんな彼らの日常が好きだったりする。
 彼ら、というのは主人公を含む、フカヒレ、スバル、カニの4人のことで、彼らが織り成す日常は見ていて非常に楽しく、また微笑ましいと思った。

 彼らの日常のサイクルは大方決まっていて、朝、スバルが主人公を起こし、主人公がカニを起こし、学校へ登校。
 変化のない学校生活をそれなりに、それぞれが楽しく惰性に過ごし、夜、主人公の部屋で集まり他愛もない会話に終始する。
 それだけだ――それだけなのだが、見ていて楽しい。
 何故楽しいのかはプレイしていただければわかると思うのだが、その一見して同じような日常にも、さりげない変化がセリフとなっているから楽しいのだ。
 できれば彼らの日常をずっと眺めていたいくらい面白い。

 ――が、それだとゲームがなりたたないわけで

 主人公が誰かを好きになり、行動を起こすことで彼ら4人の日常も変化していくことになる。
 私としては彼らの行く末を見守りたいのだが、ゲームのフラグはどんどん立っていく。
 それにともない、彼ら4人の関係や日常に変化が起こる。
 そういう展開も、それはそれでまた違った楽しさがあるのだが、やっぱりそういうのを見ると、冒頭の通り、今という日常を大切にせにゃあかんなぁ、と感じてしまう。
 時間ってのは戻らない。
 失った日常ってのは戻ってこないんだなぁ、としみじみ思った。

 そんな私だからこそ、一番好きなエンディングは主人公は誰とも付き合わず、4人でスキーへ行くシーンだったりする。
 全部のエンディングはまだ見てないのだけれど、これが一番のグッドエンディングじゃないかな、と思っている。
 このスキーのあと、彼らの日常にはどのような変化が訪れるのか、はたまた訪れないのかはわからないが、これの続きをずっと眺めていたい、とか思ったのは私だけかなぁ?

 幼馴染.jpg

 ま、これはこれでいいんじゃねーの?



posted by BlueTasu at 23:43| Comment(7) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。