2006年05月22日

No.60 街

 連休は終わりを告げた。
 明日から仕事だ、憂鬱だ。
 そうやって仕事が多忙になるとゲームに割ける時間が短くなる。
 つーわけで、私の場合携帯ゲームが多くなるのは致し方ないかなぁ、と思う。
 だって手軽だし、いつでも中断できるから眠くなったらすぐやめれるし、仕事に持っていけるなど、場所を選ばないのも利点だ。
 なんか据え置き型のゲームをやると疲れるのは病気のせいか、それとも年だろうか?
 そんな私が今やっているゲームは、PSPのノベルゲーム、『街』 だ。

 元々セガサターンで好評を博したゲームなんだけど、その評価の割りにあまり売れなかった不遇のゲーム。
 PSに移植する際に、これが売れなきゃ続編が出せないんです、という謳い文句を今でもハッキリと覚えている――うん、たぶんそうだった。(はっきり?)

 私は当初、SSで発売されたときはノベルゲームにまったく興味がなかった。
 PSで再発売されたときは実写ということで敬遠した。
 だけど今、タカに借り、どっぷりとハマっている。
 
 まったく顔も知らない、赤の他人同士の主人公8人。
 そんな彼らが本人も知らないところで繋がり、変わっていく運命。
 ノベルゲームの本質は製作者が作ったレールをそのままなぞるだけ、読み進めるだけで、ゲーム性ってあまりない。
 だけど、街というゲームはそのレールをなぞることが本当に楽しく感じるのは、8人の主人公たちが抱える問題、悩みが面白くまとめあげられているからだろう。

 ノベルゲームは読むゲーム。

 根本的に話が面白くないと成り立たないんだけど、そこはチュンソフト。
 渋谷に爆破予告を解決しようと奔走する おたく ゲーマー刑事。
 自分とそっくりの役者と間違われ、流されるままにドラマの脚本を演じる元ヤクザ。
 宝石店強盗犯の相棒と間違われ、逃走し、必死にその自分そっくりの元ヤクザを演じる不幸な役者。 
 寝ている間、自分の望まない話が勝手にできあがり苦しむプロットライター。
 謎の組織・七曜会から脅迫され、自らも脅迫者となる大学生。
 5日間で17kg (ぐらい?) 痩せないと別れると恋人から宣言され、ダイエットに望む女性。
 1度関係しただけの女性が妊娠してしまい、本命との狭間で揺れる自業自得な高校生。
 軍に従属していたが日本へ帰国、あてもなく故郷を彷徨う脱走兵。

 納得いかない唐突なバッドエンディングもあるけれど、十人十色な主人公をたちをなぞる楽しさが止まらない。
 街ってこんなに面白かったんだな、と感心することひとしきり。
 私は今日も彼らの運命を変えるべく、私はちまちまと進め、ザッピングを繰り返す。

 街、これは面白い。



posted by BlueTasu at 00:33| Comment(6) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。