2006年04月30日

No.46 衝撃の天皇賞・春

 あ〜あ……。
 破られてしまった。
 燦然と輝く3分14秒4の京都3200mのレコードタイム。
 それが今日、怪物によって破られてしまった。

 ディープインパクト

 言うまでもない、史上2頭目の三冠馬である。
 強かった。その一語に尽きる。
 3角から4角、武がディープを押さえきれず先頭へ。
 向こう正面までは後ろから2番手の位置だったのに、馬なりで先頭なんだからやってられない。
 そのまま脚色が鈍ることなく押し切ってしまった。
 そして掲示板に輝くレコードの文字。
 タイム、3分13秒4は日本レコードだ。

 それは9年前

 私が競馬を大好きになったきっかけとなった一頭の馬、マヤノトップガンの最後のレース。
 それはマヤノトップガン唯一のレコードタイム。
 サクラローレル・マーベラスサンデーとのライバル対決、3強決戦を制したタイムが3分14秒4の日本レコード。
 それは当時、ライスシャワーが最強馬、メジロマックイーンとの一騎打ちを制し、叩き出したレコードタイムを3秒近くも上回るスーパーレコードだったのだ。
 春の天皇賞のたびに皆思い出した3強対決が、9年という歳月を経て上書きされてしまった。
 来年から春の天皇賞を語るときは、マヤノトップガンではなくディープインパクトの名が挙がるだろう。

 レコードとは、いつか破られるものなのだ。
 あの東京競馬場の2400m、ホーリックスとオグリキャップの死闘のレコード、2分22秒2のタイムも、昨年アルカセットによって破られたではないか。
 悲嘆することはない。
 悲しむことなどないのだ。

 ――だが

 やはり、一抹の寂しさは拭えない。
 レコードから名前が消えるということは、その馬に触れる機会が減ったということ。
 みなの記憶から、また接点として、マヤノトップガンの名が消えて行くのは寂しいものだ。
 しかし、私の記憶からは決して色褪せることはない。絶対ない。
 私はディープの勝利に酔いしれる京都競馬場で、感慨深げにいつまでもレコードの文字が点灯した掲示板を見つめていた。

 外れ馬券を握り締めながら……。



posted by BlueTasu at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。