2006年04月23日

No.40 意思の強弱

 すでに4月20日は過ぎた。
 4月20日という日は、あのマザー3と大神の発売日である。
 私はこの2本を楽しみにしていたのだが、まさか同日に発売するとは思わなかった。
 さらに、FF12の1ヵ月後に発売するなんて夢にも思わなかったのである。

 困ったことになった。
 私の財布は無限にお金が湧いてこない。
 お金には限りがあるし、時間にはもっと限りがある。
 FF12もそうだが、私にはまだメトロイドやモンスターハンター2があるのだ。
 FF12はまだクリアしていないし、メトロイドは買ってから手すらつけていないし、モンハン2は回線待ちとはいえ、その間にハチミツや光蟲を集めたりしなければならないし、お金ももう少し稼いでおきたいところだ。
 ちなみにメトロイドと同時期に買ったユグドラ・ユニオンは速攻でクリアし終えた。
 かなり満足度の高い良作だったのだが、あんまり売れていないのが悲しいところである……。

 それはともかく、そんなやることいっぱいのこの状況の中、マザー3や大神を買っていいものか?
 さらに言うなら、今夏発売予定のカルドセプトサーガのために、Xbox360を買わなければならない。
 先日もPS2を買ったばかりだし。
 そして今申し込んでいる光回線の料金も馬鹿にならないハズだ。
 現在はISDNで月額などたかが知れているが、光にするための工事費など確保しておかなければならない。
 いくらお金に余裕のある独身貴族だとしても、こんな無計画極まりない散財を繰り返して良いものか?

 答えは決まっている、断じて否だ。

 時間は有限だ。
 まずはFF12をクリアし、メトロイドをやってから、マザー3か大神に手をだせばいい。
 その頃には少しくらい安くなっているかもしれないし、選択肢としてはそれが最善のはずだ。
 そう、頭ではわかっている。


「ありがとうございましたぁ」


 私の背後で 『がーっ』 と自動扉が閉まる。
 思わず上を見上げ、「いい天気だなぁ」 などと見上げてみたりするものの、右手に下げた袋の重みを無視するには至らない。


「か、買っちまった……」


 最初は売れているかどうか、チェックするためだけに入店したのだ。
 そこは行き慣れた知り合いの店。
 マザー3と大神がどの程度推移しているのかを店長と談笑し、それをネタに持って返ってブログに書くはずだったのだ。

「おう○○、マザー3な、ぎりぎり1本、お前のために残しておいたぞ」

 親父、絶対嘘だろう。
 だけど、最後の1本だということは事実なのだろう。
 思わず財布の中身をチェックし、今後の予定やゴールデンウィークといった休日も脳裏をよぎる。

 どうする、どうすればいい、買うべきか? やめておくべきだ。普通ならやめておくべきだ。
 だけど普通ってなんだ?
 男が普通などという2文字に縛られていいのか? いやだめだ、そんな普通の生き方をしていたらビッグにゃなれねぇ、買うべきだ、そう買うべきだ。
 心の底では買うつもりだったんだろう? そのつもりでここへ来たんだろう?  常識という武装で心を固めても、結局本能には逆らえないことを、お前は知っていてここに来たんだろう?

 この頭で甘くささやく妖精さんの名は、悪魔。
 私はこの悪魔のささやきに抵抗できたことは1度もない……。
 ああ、私ってなんて意思が弱いんだろう……。

 そう思いながらも、ペットの名前やかっこいいと思うもの、を考えながら家路を急ぐ私がいるのであった。




posted by BlueTasu at 22:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。