2006年04月16日

No.33 TRPGなこと

 以前、TRPGというゲームを紹介したことを覚えているだろうか? (覚えてない人はNo.10の記事へ)
 今日は会社を さぼって 休ませてもらい、大阪某所へTRPGのコンベションに参加した。

 コンベションとは?

 TRPGとは、ある程度の人数が集まらなければできないゲームである。
 そこで月に1、2回程度の頻度で、こうしたファンによる集いがあるワケだ。
 主催者は様々で、TRPGメーカーが主催する大規模なコンベションもあれば、大学のサークルや一個人が開催する小・中規模のコンベションもある。
 今回、私が行ったコンベションは、とある大学のサークルが主催するコンベションだった。
 私は友人の通っていた大学が主催するコンベションに招かれたのである。

 人数は40人に満たない程度。
 少なくもなく、多くもなく。まぁまぁの規模と言えるだろう。
 まず最初に、本日、ゲームマスター(以下GM)を務めてくれる7人の人が壇上に昇った。
 そして1人1人、「今日はこのシステムでこういうゲームをします」という説明とアピールを行う。
 プレイヤーである残りの30数人は、やりたいゲームのGMの名を、第一希望、第二希望、第三希望とにわけて紙に書き提出する。

 さて、私も選ばなくてはならないのだが、誰を選ぶべきか?
 システムはファンタジー、SF、時代劇、中華風、選り取りみどりである。
 だが、残念ながら、楽しめるGMと楽しめないGM、つまり当たり外れというものは存在する。
 会話が中心となって遊ぶゲームだ。
 ましてや知っている人より知らない人の方が圧倒的に多い。
 どういったシステム、というよりGMを選べば、今日という日を有意義に過ごせるかという、まさに究極の選択を強いられるのである。

 こういうときは、紹介のときで声がよく通る、明らかに場慣れしている人を選ぶに限る。
 私は第一印象の順に、第一希望、第二希望、第三希望、と記入していった。
 用紙はすぐに回収され、人数が均等になるよう、主催者の人たちが素早く集計し、発表を行う。
 このへんは何度もこなしているだけあってスムーズだ。

 その結果、私が今日遊ぶのは 『ゲヘナ』 というシステムになった。
 ゲヘナとは、一言で言うならば、アラビアンダークファンタジー、である。
 私は詳しいルールを知らないが、プレイ内容を綴ったリプレイ本というのは読んだことがあるので雰囲気は知っていた。
 ただし、知っているだけ。
 ゲヘナをするのは、今日が初めてであった。

続きを読む


posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。