2006年04月05日

No.21 かまいたちの昼

 本日は臨時休日。ぽかんと空いてしまった空白の一日。
 これはもう買ったばかりのユグドラ・ユニオンを1日中遊び倒すしかない、と思ったその時であった。

「○○くーん、あーそーぼー」

 いい歳こいたおっさんが、幼児的呼び声で人の名前を玄関先で叫ぶ。
 どうやって私の休日を知ったのか? (たぶん)友人である、タカが遊びにやってきた。

 こいつがかなりの曲者なのである。
 とにかく遠慮とか配慮というものが、産まれた瞬間に抜け落ちてしまっており、当然気遣いなどといった単語もタカの辞書にはない。
 それを裏付けるかのごとく、つい先日も、私がポートピア連続殺人事件をやっていると、その犯人の名前をいきなり暴露されてしまったという経緯があった。
 このとき、私は事件の真相など全然知らなかったのだ。
 推理モノの犯人を先に言う、という暴挙に、当然私が怒りまくったことは言うまでもない。
 そしてこのことは私の古傷となって、いまだ引きずっている。

「この間、お前がポートピアやってるのをみて推理ゲームしたくなってさ、かまいたちの夜を衝動買いしてしもたよ」

 しかし、タカはこちらの想いなどお構いナシに、古傷をさっくりエグる。
 貴様、ポートピアの一件に関する罪の意識はゼロかっ!
 私が再び激しい怒りを再燃しかけた瞬間、こちらの思惑など関係なしに、かまいたちの夜のことをベラベラと喋りだすタカ。

「お前、この犯人は何回目でわかった?」

 そして唐突にこの質問。
 私はこの質問に答えることなど出来ない。
 なぜなら、やったことがないからだ!

「は? お前推理モノ好きだって言ってたよな? ゲームも好きだよな? なのになぜ、かまいたちの夜をやってないんだ!」

 何故と言われても、やってないものはやってないのだから仕方がないではないか。
 それにかまいたちはやっていなくても、東野圭吾の推理作品の犯人と手口なら全て言えるぞ!(関係なし)
 そもそもこのHNだって東野圭吾の作品 『ブルータスの心臓』 からとってるんだぞ!(全く関係なし)

「やれ、今すぐ俺の目の前でかまいたちをやれ! そしてその無様な死に様を俺に見せろ!」

 そういってタカはGBA版のかまいたちの夜をさしだした。
 受け取らなければ犯人と手口など、全て語りだしそうな雰囲気だったので、私はしぶしぶながらもそれを受け取った。

 こうして、真昼間だというのに、私のかまいたちの夜が始まった……。


当然ですがネタバレあります。(ただし犯人のネタバレはない)


posted by BlueTasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。