2006年03月22日

No.7 恐怖のしりとり

うちにはPSPが2台ある。
ひとつは私の、もうひとつは弟の。
このPSPは昨年暮れに発売した、モンスターハンターポータブルのために購入したのだが、PS2でドスが発売したため連動するとき以外はまったく使わなくなった。
だからPSPもホコリをかぶっている――のではなく、姉と妹が貸して欲しいということで貸してあげたのだ。

しかしこの二人、いったいPSPで何をやっているのだろう?
特に姉――気になる。
気になるが、本人に直接聞くのは、ヤクで中毒症状の人を閉じ込めた個室へ丸裸で突貫する、に等しい行為なのでとても危険。
そこで妹に聞いてみた。

「どこでもいっしょをやってるよ。この間しりとりもしたよ」

あっさりと明快な答えが返ってきた。
どこでもいっしょとは、ポケピと呼ばれる人語を解する動物に言葉を教えることで発生する、ちょっとズレた会話を楽しむゲームだ。たぶん。

妹が言ったしりとりとは、教えた言葉を使ってしりとりすることができる遊びで、相手がポケピたちに普段教えている言葉などがわかってしまう。
人によってはとても恥ずかしいと言えよう。
しかし趣味の合うもの同士でやれば、話が弾むのは必然で、コミュニケーションゲームとして結構面白かったりする。





しかし気になる。
姉はいったいポケピとどんな会話を交わしているのだろう?
普通の会話は想像することができない。
気になる、すっごく気になる。
まずいと頭で分かっていつつも、好奇心が抑えきれない。

このときの私の心理状況を一言で表すのであれば、怖いもの見たさ、であっただろうか?
とうとう私は好奇心が恐怖を上回るのを抑えられず、妹に言った。

「PSPを一旦返してくれ。姉としりとりしてみたい」

恐怖の幕開けであった。


続きを読む


posted by BlueTasu at 00:29| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。